ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

2017年12月15日 BoseIronFactoryは拡張移転しました。
弾道計測、シミュレーションゴルフも出来る、道東で一番の設備で皆様のお越しをお待ちしております!!
なお、MOIマッチングを伴わない作業はどんなにお金を積まれたらやりますが、あまり積まれなければ(縦に立たない限り)やりませんのでご了承ください。
MOIマッチングのご依頼・お問い合わせはseabose@me.com
までお願い致します。

関西初のJCMO(日本クラブMOIマッチング機構)認定店が誕生しました。

神戸のOtiey Golf Islandさんです。

37392841_208367359876710_8223938992526065664_n


認定クラフトマンの川崎さんは神戸からわざわざ弟子屈までMOIマッチングを学びに来られました!!

お近くの方は是非行ってみてくださいね!!
お店の住所等は以下のJCMOオフィシャルサイトから御覧ください!!

マッスルバックは難しいと皆さんお考えのことと思います。

BoseIronFactoryにご相談に来られたり、お問い合わせを頂く度にお話しているのですが、マッスルバックは難しいけれど難しくありません(^^;;

まず難しさを構成する要素として、

1.「マッスルバックはヘッドが小さいのでスイートスポットが小さい。」ということがあります。

次に、

2.「マッスルバックは重心が高いので球が上がらない」という点かと思います。

ではJCM-01BLADEとキャビティの代表格である三浦のCB-2007の大きさを比べてみましょう。


IMG_1230
7番アイアンです。

spec-pic

  CB-2007   JCM-01BLADE

A:73.5mm    71.4mm
B:55mm     55mm
C:53mm     53.5mm
D:31.5mm    32.0mm
E:67mm     63mm
F:29mm     31~35mm(MOI値による)
G:13.7mm    13.62mm
H:9.1mm(9.3mm) 9.2mm(9.4mm)

CB-2007は公表値、JCM-01BLADEは実測値。

Aのフェース長さに関してはCB-2007のほうが2.1mm長いのですが、Bの実質的な有効打面長は同一で、Cのトゥ側のフェース高とDのヒール側のフェース高ではJCM-01BLADEのほうが若干大きくなっています。

大きさ的にはほぼ互角と言っていいでしょう。
次に重心高に関してですが、CB-2007のソール幅が18.6mm(実測)なのに対してJCM-01BLADEは16.3mmと2.3mmソール幅は狭くなっています。

この点では確かに重心高がJCM-01BLADEでは負けていますが、注目すべきはE~Hの数値です。
Eのホーゼル長が4mm短く、Fのホーゼル穴深さは2mm~6mm長い。
Gのホーゼル外径も若干細くて、Hのホーゼル内径は0.1mmですが広い。

ショートホーゼルで、ホーゼルの深さも深く、かつ、薄いホーゼルとすることでマッスルバックでありながら重心を極力低くするように設計しているんです。

結果どういう事が起きるかと言うと・・・。


実測での重心高は・・・・。



CB-2007が21.8mmなのに対して、JCM-01BLADEは21.0mmという結果に・・・。

三浦さん、ごめんなさいm(_ _)m


ちなみにJCM-01BLADE以外の弊社マッスルバックではDoMアイアンがありますが、もうDoMの方はヘッドも小さく超ロングホーゼルですので、マッスルバックのイメージ通りの高重心で難しいアイアンだと言えます(まぁ、でも皆さんがお考えになるほど難しくはありません)。


IMG_1229
これぞマッスルバック!!
というタフな見た目ですが、FOR CLUB MOIの文字の下の部分を大胆に落とすことで低重心化に貢献しています。


IMG_1228
HAYABUSAほどではありませんが、ラウンドしているヌケの良いソール形状です。


IMG_1225
一見普通のマッスルバックですが、様々な工夫が詰まっています。


IMG_1224
難しそうに見えますが・・・



IMG_1223
極薄のトップブレードも低重心化に大きく貢献しています。


なお、重心距離ですが、CB-2007が36.9mmに対してJCM-01BLADEは32.3mm(それぞれ)実測。
CB-2007が460ccなどの大型ヘッドのドライバーとの相性が良く、JCM-01BLADEはRODDIO CompactDriverのDeepBack(32.5mm)とほとんど変わらない重心距離でヘッドの返りが良く、相性も良いことが分かります。

「マッスルバックは難しい!!」と思わせておいて実はキャビティとほとんど変わらない優しさを兼ね備えているのがJCM-01BLADEです。

ちなみにJCM-01BLADEのトップブレード少し厚めバージョンであるJCM-01MUSCLEもトップブレードが厚い分ほんの少し重心は高いですが、大きさや重心距離は全く同じ。
トップブレードが厚いほうが安心感があるという方にはBLADEではなくMUSCLEのほうもお薦めです。


はい。実は凄いヘッドなんです。>JCM-01

三浦技研のCB-1008。

発売当初の異様なまでの人気は一段落したものの、今でも非常に人気の高いモデルです。

このCB-1008以降、三浦技研の各モデルはデザインも性能も洗練されてきたというか、現代的になったというか、少し変わってきたのではないかと言えるでしょう。
この後に続くCB-2008も三浦初のポケットキャビティですし、最新モデルのMC-501はマッスルバックの打感と格好良さを持ちながらキャビティの寛容さと球の上がりやすさを兼ね備えたモデルですし。

ある意味、最近の三浦技研の意気込みを象徴するモデルの最初がこのCB-1008なのではないかと。

cb1008_1-800x12002-800x580


また、もうひとつ最近の三浦技研の意気込みを象徴するのが純鉄です。

純鉄のレギュラーモデルはウェッジで既に出ていますが、純鉄ならではの吸い付くような打感からくる操作性が非常に好評です。


MG-S01-800x1200-800x580
これですね(^^



そんな中、やはりアイアンセットで純鉄のモデルが欲しいというご要望も多く、まずは限定300セットでのCB-1008純鉄モデルが8月24日に発売になります。

純鉄アイアン1008
純鉄アイアン1008-2


合うか合わないか分からないモノ(=売れるかもしれないけど合わないものを無理に購入して欲しくない)は基本仕入れないBoseIronFactoryですが、CB-1008に関してはもう何セットもMOIマッチングでの新規組み上げをして素性は良く分かっていますし、その性能の高さは重々承知しています。

しかも待望の純鉄アイアンということもあり、自信を持って多くの人に薦められるアイアンとなっていますので、BoseIronFactoryも頑張って数セット確保致しました!!

もちろんMOIマッチングを行ってのお届けになりますので、BoseIronFactoryで扱うのは4番アイアンからの7本セットになります。

純鉄アイアンは4-PWの7本セットは150セット限定で、5-PWのセットを入れても300セット限定ですので、超がつくほど希少でもあります。
もちろん性能あってのご紹介ですけどね(^^;;





以下、三浦技研からのプレスリリースです(^^






2016年2月の発売以来、上級者の好む小ぶりなヘッドでありながら、あらゆる使い手にも馴染む易しさを併せ持ち、多くのゴルファーに支持頂いたロングセラー商品「CB-1008」を、ウエッジで使用し打感の良さが際立つPure Iron 99.3(純鉄)にて制作したモデルを300セット限定でご用意いたしました。

純鉄を表す刻印をあしらったこだわりの純鉄鍛造ヘッドであるだけでなく、従来品とは異なるサテンミラー仕上げで、全体的に丸みを持たせた限定用スペシャルチューンスペックでお届けいたします。

8月24日発売 #4-P 7本セット ヘッド価格168,000円(税別)←ヘッド単品での販売は行いません。



ご依頼はaeabose@me.comまでお願いします!!

スコティッシュオープン
スコティッシュオープン会場1番ホール。


IMG_1186
BoseIronFactory試打スペース(修理地)



スコティッシュオープンの会場より、BoseIronFactoryのほうが仕上がっているように見えるのですが(^^;;


まぁ、BoseIronFactoryにもまだまだやらなくちゃいけないことがありますので、じっくりしっかりゆっくりとやっていきますよ(^^

夏になって北海道に来る方たちも増えてきますので、こちらでの注意事項を(^^;;

まず気候。 富良野や旭川、帯広などの内陸に近い部分は日中は暑くなりますが、日が沈むと寒くなるので長袖もあったほうが良いと思います。
暑いと言っても湿気があまりないので、日陰に入ると本土よりは十分涼しく感じます。

一方で釧路や根室の夏は涼しいです。 8月でも最高気温が17~18度、最低気温が10度前後ということもありますし、晴れていても25度以上になることはそう多くはありません。
ただし、釧路や根室などは夏の間、海霧と呼ばれる霧が多く、霧のために涼しいということもありますが・・・。

海沿いの地域は関東や関西からマイナス5~10度位の地域が多く、夜でも18~20度位かと。

弟子屈に関して言うと、朝晩は12~15度位、日中は晴れたとしても25度くらいのことが多いです。


ちなみに7月4日午後11時現在のBoseIronFactoryの外気温は10.3度。
室内気温は20度でTシャツの上にフリースを着てこれを書いています。

いろいろ持ってくるのは大変ですから、フリース1枚あると良いかと思います。



北海道に来るほとんどの皆さんの移動手段は車(一部バイクかな)でしょう。

北海道では札幌などの大都市圏を除いて渋滞はほぼありませんから、基本移動は快適と思われますが・・・。
移動距離に関してですが、都市部を除く移動であれば1時間に50~60キロ走れるとして問題ありません。
2時間で100キロ、3時間で150キロと見ておけばコンビニ休憩(こちらではセイコーマートがおすすめです)を入れても十分かと思います。



でも、せっかく楽しい旅行に来たのにスピード違反で捕まる方、やっぱり多いです。

国道などの幹線道路は制限時速60キロ、カーブが多い山道等は50キロ、そして町中(村も集落も)が40キロとなっているところが多いです。都内で見られるような30キロ規制の道は北海道ではほとんど見た記憶はありません。

流れに乗っていれば安心と思う方もいらっしゃるでしょうが、走っていると前後に車がいなくて流れが読めないところもたくさんあります。
(BoseIronFactoryの前の町道なんて国道と道道をつなぐ抜け道なのに1時間に1台も通らないときがありますから)

制限速度を超えて走るのはもちろんNGですので法定速度で走るのはもちろんですが、流れを見ていると70位で走っている車は多いですね(^^;;

ちなみに町中に入る時は要注意です。
60キロから急に40キロ制限になるので、注意していてもステルスやらネズミ取りが結構いることも多いので。


車で走る際に、スピード以外で注意してほしいのが動物です。

ヒグマはさすがに道で出くわしたことはありませんが、エゾシカ、キタキツネ、タヌキ、にゃんこ等は車で走っていてもよく道に飛び出してきます。

場所によっては24時間いつでも出てきますが、轢いたらやばい筆頭はやはりエゾシカでしょう。
エゾシカは大きいものだと150キロ位になるみたいで、エゾシカも車もお亡くなりになる確率が高いので、轢いちゃダメです。

エゾシカは大都市の都市部以外ならどこでも居ます。
弟子屈くらいの小さな町になると町中にも迷い込んで出てくる時もありますから。

(今こうして書いている間にもエゾシカがウチの敷地内でせっかく撒いたケンタッキーブルーグラスはみはみしてます。多分。)

エゾシカ


エゾシカの出没時間帯は朝(夜明けちょい前~朝8時位)と夕方(16時位~20時位)が多く、山道はもちろんですが、市街地の終わり部分(民家がポツンポツン)にも出ますから、注意が必要です。

そしてこの時期は牧草の一番草を刈って、新芽が出てくる時期なので、その新芽を食べに森から退去して来ることも多いです。
見晴らしのいい牧草地を通る時も注意が必要。

鹿って奴は馬鹿と書くようにあまりアタマはよろしくありません。
(馬はおりこうですけどね)

なので、一気に走って逃げれば良いものを、道路の真ん中で「え?俺轢かれるの?死んじゃうの?」といった表情で固まります。

固まるのでそのままズドーンと轢いてしまうことも多いので、すぐにブレーキかけられるようにしておきましょう&気持ち中央に寄って走ると回避スペースが気持ち広くなりますので、出てきそうなところは中央線に少し寄って走るのも良いかと(基本はキープレフトですが)。



さて、その次に轢きたくないのがキタキツネやにゃんこやタヌキ。

この中で一番多いのはキタキツネです。
特に今の時期はコギツネが親から離れて独り立ちする時期ですので、車や人に免疫のないコギツネなどは結構車道に出てくることが多いです。

人馴れしているのは餌をもらいに自分から近づいてきますが、そういうキタキツネは数日後その場所で車に轢かれて死んでいることがほとんどです。
スピード落として止まってくれて餌をくれる車ばかりじゃありませんから。

そうしたキツネは車に轢かれずに生き残っても、冬の間は餌をもらえないので確実に死にます。
ゴルフ場にいるキタキツネなども自分で餌を取ることを止めた時点でもう翌年に生きて会えることはないのです。

観光で北海道にいらっしゃる皆さん、キタキツネは可愛いですが多くの場合エキノコックスという病気を持っていますし、皆さんが餌を与えることで車を怖がらなくなり轢かれたり、冬を越せなかったりしますので、餌やりはお止めください。


長くなりましたが、もう一点車に関すること。
暗くなってからの長距離移動はできる限り止めましょう。
エゾシカ、キタキツネ、タヌキににゃんこはもちろんですが、確実に殺戮してしまうのが大量の虫です。

峠道でも走ろうものなら、バチバチバチバチと、ゲリラ豪雨の中を走るくらいの勢いで車にあたってきます。
中には体長10cmを超えるような大きな蛾も居ますから、決して気持ちのいいものではありません。

(精神的に病んでいて「殺してやるぅ~~~!!」というような方には夜の長距離ドライブをお薦めしますが・・・)


そうそう、虫で思い出しましたが、7月後半からお盆明けまでの期間は、アブにも注意です。

特に牧草地帯などにはもう勘弁してくれ!!というくらいのアブが居ます。
(主に牛を刺して血を吸って卵を生むようですが、牛よりも人間の血のほうが美味しいらしく、これでもか!!ってくらい来ます)

アブは温度に反応して寄ってきますので、エンジンの熱に反応して車にたかります。

車を止めた瞬間から何十匹何百匹のアブが車にたかってきて、エンジンが冷えるまでの間いなくならないので、エンジンが冷えるまで車の外に出ないか、逆にすぐに出てサッと室内に避難するのがよろしいかと。

ちなみにこちらでアブ避けとして必須なのがハッカ油。
ハッカ油を来ている服や首筋にちょんとスプレーしておくとアブは匂いが消えるまでは近づきませんのでお試しを。
ハッカ油でどの空港でも売っているのが北見ハッカ商会の10ml1,080円のスプレー。ちょっと高いですが、お二人で1週間程度の旅行なら十分な容量です。
(ちなみにBoseIronFactoryでは違うメーカーの大容量のモノを常備して結構大量につかっています)


またこの他に何かご質問があれば、コメントいただければお答えしますので・・・。

BoseIronFactoryでは害獣として駆除されたエゾシカ等の皮を鞣して革にしています。

鞣された革はアイアンカバーやヘッドカバーに生まれ変わって、皆さんの元に。

2018-02-12_12-43-00_046
283)


肉はジビエとしてレストランなどで重宝されています。
角(つの)は民芸品や砥の粉として利用されていますすし、骨は犬のおやつや乾かして粉砕すれば肥料にも。

しかしながら、エゾシカを駆除しても1頭あたり8,000円の駆除料が出るだけで、肉を売っても大したお金にはならず、手間暇やエゾシカ猟にかかる燃料代や弾などの諸経費を考えると猟師さんの収入はほとんどありません。


そして、エゾシカの皮に関しては今まで捨てられていて、活用されることはありませんでした。

鹿の皮はセーム革として使われる位で、その柔らかさ・しなやかさは一級品です。
そして極寒の北海道で育っただけあって温かみもある風合いです。


BoseIronFactoryはクラブMOIマッチングの専門工房ですのでエゾシカ革に関して儲けようと言う気持ちはありません。
 (会社ですのでエゾシカ革の事業で赤字になるとそれはそれで問題ですが(笑))

今まで捨てられていたエゾシカ皮を有効利用し、製品として販売することで、エゾシカの命の多くの部分を有り難く”頂く”ことにもなります。

 また、猟師さんや革職人さんにも販売した利益をフェアに分配していくことでここ弟子屈に貢献出来ていったらと考えております。

これからも継続して小さな貢献が出来ますよう、Teshikaga Deer Skin Projectへのご理解・ご賛同をお願いいたします。




なお、写真のアイアンカバーに関しましては、BoseIronFactoryWebShophttps://longiron.net/にて32,400円にて販売をしております。

お買い上げいただきますと、諸経費:1万円、猟師さん、1万円、革職人さん1万円といった形で分配されます。

たいした技術でもノウハウでもありませんが、皆さんが見ていて面白いと思うんじゃないかと(^^;;

グリップ挿しの動画を撮ってみました。



一瞬で挿すことで、余分な溶剤がグリップの前方に押し出されます。
ゆっくり挿すとグリップも曲がりやすいですし、ゴム厚も均一にはなりにくい。
このやり方ですと曲がる余地がほぼ無いのと、伸ばして戻すことでゴム厚自体も均一になりやすいんです(^^

まだまだ修行ですが、多少いい感じにはなってきました(^^;;



ちなみに溶剤ですが、市販のホワイトガソリンや灯油ですと揮発するのが遅く、真冬などは配送途中でグリップが曲がってしまったということもあったので、ホワイトガソリンとベンジン、そしてちょっと特殊な溶剤を季節などに応じてブレンドを変えて作っています。

そうしたこともあって、すばやく挿すという形になっていったということもありますね(^^;;

ゴルフは止まっているボールにゴルフクラブを衝突させることで起こるエネルギー変換の法則です。

ゴルフクラブを止まっているボールに衝突させるのですから、いい球筋になる形でボールとのインパクト(衝突)を迎えさせることが出来ればOK。

いい形で衝突させることの出来るクラブを使えば、いい球筋になりますよね?


いい形でボールに衝突させることの出来るクラブというのは、いわゆる得意クラブになります。


全ての番手が得意クラブと同じように振ることが出来たら、全ての番手は得意クラブを同じようなボールとの衝突になるので、良い球筋になるのは自明。


ところが、スイングバランスというものは、番手が変わると物理的に同じように振れないように出来ています。
なので、全部の番手を同じようなインパクト(ボールとの衝突)を迎えられるように皆さんは練習をするわけです。
違うものを同じように振るための練習。

あまり意味ないのでは無いでしょうか?



スイングバランスに慣れている方をわざわざクラブMOIマッチングする必要は無いと思いますが、違うものを同じように振れるようにわざわざ練習するよりは同じ振りでより精度を高くするための練習のほうがより効果的だと思います。



すみません、出来ることは全部やっておかないといけませんので・・・


BoseIronFactoryWebShopからグラインドワークスMB-1をお買い上げいただきました奈良県のA様。

組み上げて発送しておりますが、ヤマト運輸からお届け先ご住所にいらっしゃらないとの連絡が来ております。

頂いた電話番号に電話をかけても「現在使われておりません」というアナウンスですので、6月22日現在、お届けできずにヤマトの営業所に保留中です。
(私も電話してみましたが「現在使われておりません」でした)


メールでの確認も何度かお送りしておりますが、メールは届くものの、お返事を頂けていない状態です。
(これは迷惑メールに振り分けられている可能性が高いと思われますが・・・)


A様には誠にご面倒をおかけいたしますが、ブログを見ていらっしゃるのであれば、正確なご住所をご連絡頂きたく思いますので、何卒よろしくお願いいたします。

IMG_0950


↑このページのトップヘ