ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイの連載「ゴルフ〜北の国から〜」と連動し、クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

クラブMOIマッチングのことならクラブMOIマッチング専門の当Factoryへ!!

BoseIronFactoryはクラブMOIマッチングを通じて全てのゴルファーにゴルフの楽しさを再認識していただけるよう、クラブMOIマッチングを専門に行なっております。

MOIマッチングのご依頼・お問い合わせはseabose@me.com
までお願い致します。

先日も同じようなことを書きましたが、大切なことですので、もう一度。

クラブMOIが高いと振り遅れて右に行くことは何度もご説明してきました。

ですが、ドライバーでのチーピンをはじめ、殆どすべての番手で左に行く人も少なくありません。

このことでクラブMOIマッチングを否定される方もいらっしゃるでしょうが、クラブMOIマッチングから見えてきたこと、分かってきたこともあるんです。


実際にそのような症状のオーナーに宛てて書いたメールをここに載せさせてもらいます(^^


○○さま

ほとんどのクラブが左に行きますか(^^;;
試しにグリップエンドにカウンターバランス(硬貨2~3枚をガムテで巻いても可)をつけて打ってみてください。
それで解消されるのであれば腕や肩のMOI(第一次MOI)が不足していることが考えられます。

一次MOIが不足していると、クラブMOIが高くても低くてもダウンスイングでクラブが垂直に降りてこないため、コックが必要以上に早く開放されてアーリーリリースになります。
そのためクラブMOIが高くてもクラブだけが先に行ってしまいます。
このことで、フェースローテーションフェースが本来よりも早くローテーションしますので、フェースが閉じた状態でボールコンタクトを迎えることとなり、左に行くということになります。

クラブMOIだけでなく、第一次MOIのことまで考えて行うのが我々JCMOのクラブMOIマッチングですから、各番手でどのくらい左に行くかを問診票に書いていただくことで、それぞれの番手に必要な重さのカウンターバランスをグリップ内に入れたクラブMOIマッチングが出来ます。






腕や肩のMOIを可変させることは我々クラフトマンに取って出来かねることですが、このようにしてカウンターバランスをグリップエンドに仕込むことで、腕や肩のMOIを増大させることが出来ます。
グリップエンドにカウンターバランスを仕込むことで、ダウンスイングでクラブが真下に落ちやすくしてやるんです。
結果、アーリーリリースが解消され、タメが出来る。
タメが出来た後に一気にクラブが回ってきますから、アーリーリリースによるクラブの先行を抑えることが出来て、左に行くことも無くなります。


こうした研究・検証も行い、活かしていくことが大切だと私たちは考えています。


IMG_8946 (3)

写真は特に意味はありませんが、欠品前に皆さんご依頼を!!

 




クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。

なお、1ヶ月も待てない!!と言うお急ぎの御客様はJCMO認定の工房へお問い合わせください。
皆さん、素晴らしい技術と知識をお持ちですし、BoseIronFactoryでMOIマッチングしてもキチンとデータの共有などもできますから安心してくださいね(^^

BoseIronFactoryは、東京23区より広いのに人口7800人弱しかいない弟子屈(てしかが)という北海道の超ど田舎にあります。 


風も強く1日の中に四季があり、夏でも冷涼な気候のスコットランドに近い環境と言うことでこの地を選びました。


実際にこの弟子屈に暮らしてみて、その選択は間違いではなかったと感じております。



ただ、そんなど田舎にあるため御客様の99.9%はスイングを見たことが無いばかりか、お会いしたことも、電話でお話ししたことも無い御客様です。




御客様とお会いしたことが無いのに、御客様に合ったクラブを作れるのか?


御客様のスイングを見てないのに、御客様に合ったクラブに調整できるのか?



そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかとおMOIますし、MOIマッチング自体のことを先のブログに書いたようなオカルトチューンだとお考えになっている方もいらっしゃるとおMOIます。




こちらの方もMOIマッチングのことは知っていらっしゃったようですが、いろいろ悩んでご決断され、ご依頼を頂きました。


〜〜〜〜〜〜ここから〜〜〜〜〜〜


アイアン届きました!
最高です!
少しだけ打ってみましたがなんとも体験した事ない事でただただ驚いております!
ありがとうございます。
本当に不思議な感覚で長いアイアンも短いアイアンも番手を見ないと本当に間違えます(≧∇≦) 
MOIマッチングを経験してないのにMOIをとやかく言ってる人にはっきり言えます!
ファルコンさんの組んだMOIマッチングのキマったアイアンを一度でいいから使ってみろと!
使えばどんな鈍感な人でも分かる!
自信を持ってオススメします♪( ´▽`)

正直僕も実際に球を打ってみるまでは半信半疑でした。
これはやってみて初めて分かる感覚なので是非皆さんにも体験してほしいですね(≧∇≦)
MOIマッチングの普及応援します♪( ´▽`)

〜〜〜〜〜〜ここまで〜〜〜〜〜〜




なんちゃってでは絶対に無理な本物のMOIマッチング、私だけではなくJCMO認定店でしたら可能です!


悩んでいらっしゃる方は是非一歩を踏み出してください!!

ファルコン自身バイク海苔で、車も嫌いじゃない(でも欲しい車は高くて買えない)のですが、バイクや自動車の世界にはオカルトチューンと言う効くか効かないか科学的に検証されていないチューニングが多数あります。

燃料チューブやプラグに付けるだけで燃費が良くなったり、回転がスムーズになったり、馬力が上がるといった類のものです。

オイル添加剤と言うエンジンオイルに入れるとコーティングされて摩擦が少なくなったりといったやつもあります。

これらのパーツや添加剤って実はファルコン自身も使ってみたこともあるんですが、確かにそんな効果があるようには感じるんですね。→科学的に根拠は無いものでも・・・(^^;;

プラセボ効果のほうがきっと強いと思うのですが。。。



実はゴルフにもそうしたオカルトチューン的なものが結構あります。

オカルトチューンとまでは言わなくても、根拠の希薄なものだったり、「その実証方法間違ってませんか?」といったツッコミどころ満載のものはたくさんあるんです。



先日イギリス人がツイッターで執拗なまでに(笑)絡んで来たのですが、そのイギリス人に言わせると日本のクラブフィッティングやクラブのクラフトはそうした感覚や経験を中心にやっていて、理論的な整合性が無いからレベル低いんだそうです。
(まぁ、正直ちょっとムッとしましたが・・・。)

もちろんゴルフは人間がするものですから、人間の感覚や経験は大切だと思うのですが、それだけだと確かに理論とは言えませんし説得力には乏しいかもしれませんね。






クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。

お急ぎの方はJCMO認定の各工房へ!!
知識も技術もファルコンが保証します!!←私じゃ心配ですかね・・・(^^;;

まだメッキ前のHAYABUSA AWとSW。


SWは初公開ですね。


2017-04-19_11-43-49_449





2017-04-19_11-45-55_687


ご予約頂いている皆様、もう少しお待ち下さい!!

先日書いた、クローズドスタンスとオープンスタンスに関してもそうなのですが、グリップにもウィークグリップとストロング(フック)グリップがあります。

ドライバーやロングアイアンではストロンググリップで、ショートアイアンではウィークグリップと使い分けている方もいらっしゃるかもしれませんけれども、そうした使い分けをしなくて済むのであればそれに越したことはありません。

また、ストロンググリップでフェースをスクエアにしようとすると、通常よりハンドファーストにして意図的に振り遅れた状態を作ってやらないとスクエアにはなりませんし、ハンドファーストになる分ロフトは立って入ることとなります。

その場合、ただでさえボールが上がらないと言うロングアイアンなどで、よりボールの上がらない状態を作る訳です。

引っ掛けやすいショートアイアンでストロンググリップにする人はそれほどいないでしょうが、ショートアイアンでストロンググリップにすると引っ掛けが助長されますから、相当にハンドファーストにコンタクトしないとおそらく使い物になりません。



そうした面からもMOIマッチングを行い、シンプルにグリップし、シンプルなスイングをやったほうが良いと考えます。



MOIマッチングするといろいろな面でゴルフがシンプルになっていきます。

そしてそのことはゴルフクラブが本来求めていた姿なのではないかとおMOIます(^^






クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。 

今日は工房のお休みの日。

タケさんのラジオショッピングに影響され、サロマ湖までホタテツーリングに行こうと思っていたのですが、MOI弟子の羽鳥さんが新しい工房を作るのに頑張っていられる様子を見て、私も頑張らなくてはとおMOI、ツーリングを中止し新工房の建築作業を再開しました。


断熱はしっかり。
50mmのスタイロを大引きの間にいれ、更に50mmの根太を300mm間隔で。

根太の間にまた50mmのスタイロを張り込んでスタイロだけで計100mmにします。

母屋の床が冷たくて仕方がないのですが、母屋が建てられた40年前は床下断熱はほとんどされていない状況ですから、新工房はしっかりと断熱してやります。

スタイロだけで100mmってのはこちらでもかなり厚めで、効果が期待できますから、夏は涼しく、冬でも暖かい快適な工房になると思われます。

更にその上に30mm近いトドマツ無垢の床板を貼りますから、強度も断熱も問題なしかと。

ちなみにこれは床板を置いただけです(^^;;
でも気持ちよさそうですし、実際この上で寝転がってみたのですが、気持ち良かったです(´∀`*)



BoseIronFactoryですが、木のぬくもりがある工房にしたいと思っています。


まだまだ先は長いですが、MOIマッチングの合間に大工仕事をやっていって、早めの完成を目指したいですね。


ここが出来上がっても敷地の整備などもあるので、まだまだクラブMOIの聖地への道は長く険しいのです(^^;;

いろいろとやるべきことが多く、ほぼほぼテンパっているファルコンです(^^;;


さて、クラブMOI VS スイングバランス検証 その5は元研修生の今田さん編です。


まずは元データです。

今田元研修生試打データ元





今田元研修生試打データ

はい。3Iの飛距離が大幅に落ちています。

ゴルフフェアの時に収集した情報の中には、「クラブMOIマッチングしたら飛距離が落ちた」と言うプロの声がありましたが、今田元研修生もこの状態ではクラブMOIマッチングなんて使い物にならないと言う印象をお持ちになるのではないかとおMOIます。

飛距離が落ちた原因として1番にあげられるのはクラブMOIが適性で無いこと。

試打クラブのクラブMOIを2630kg-c㎡と言う低めのMOIとしたことで、振り心地が軽すぎていい形でインパクトを迎えていません。

MOI合わせの3番、7番の打ち出し角がバランスより高く、バランスのPWの打ち出し角が高い。
→スイングバランスのPWのクラブMOIは2609kg-c㎡と低い。

これ、クラブMOI理論通りの結果になっていますので、至極当然のことです。

MOI説明2
高いクラブMOIでは振り遅れるので1の位置で。
低いクラブMOIでは振りすぎるので3の位置で、
それぞれインパクトを迎えます。

打ち出し角が適正以上に高くなることで、キャリーとランの両方で飛距離が落ちる訳です。

PWに関してはバランスクラブよりMOIクラブのほうが適正MOIに近いので飛距離・打ち出し角等々でいい結果が出ていますし。


方向性に関しては統一されたクラブMOIによって改善の傾向が見られます。
改善と言っても標準偏差ですから、左右にブレていたものが左に統一されたと言う形ですが(高いMOIの3番バランスで左右距離が右に左に振れていたものが、MOI3番で左に統一されているのが分かりやすい)。


このことから今田元研修生も適正MOI(2660~2670位と推測)になってくれば一層の球筋の安定が見られることとおMOIます。



次回はいよいよスーパーゴルファーサンシャイン今野一哉プロのデータを見ていきましょう。

 

クローズドスタンスにすれば捕まる球が打てるのかもしれないけれど、番手によってクラブMOIが違うのだから、全番手でクローズドスタンスの度合いを変えなくちゃいけないことになり、ショートアイアンでは逆にオープンスタンスにしていかなければなりません。

クラブMOIマッチングすれば、そうした面倒からも開放されてゴルフ自体がシンプルになるのになぁ・・・。


まぁ、面倒なこと=ゴルフの楽しさだと思っている方はクラブMOIマッチングは必要ないですね・・・(^^;;←居るのか? 

先日のゴルフフェアのあとでクラブMOIマッチングの工房向けセミナーを行いました。

セミナーでは私達が持っているノウハウのほぼ全てをお教えし、実際にクラブMOIの違いによる球筋の違いなどを体感していただいた上で、実際にクラブMOIマッチングでクラブを組んでいただいた後に厳密な審査を通して認定となります。

 

今回認定となったのは、 千葉県市原市にある「ゴルフハーツ工房」さんです。

(ごめんなさい、写真等を撮るの忘れていました・・・)


圏央道市原鶴舞インター出入り口の交差点にあるゴルフハーツ工房さんですから、周りはゴルフ場がたくさんあります。

市原鶴舞のゴルフ場でラウンドしたあと、ゴルフハーツ工房さんにクラブ一式を預けて来れば、次に市原鶴舞のゴルフ場に来る時にはクラブMOIマッチングされた相棒となっているに違いありません。

ゴルフハーツ工房さんの住所は、
〒290-0515
千葉県市原市田尾127-5
となっておりますので、皆さんお近くに行かれた際は是非よろしくお願いいたします!!
 

御殿場のY様

メールでお返事差し上げておりますので、迷惑メールフォルダのご確認もしくは受信のドメイン設定を変えていただけますようお願い致します。

返信メールでお返事差し上げているのでアドレスも間違いないと思われますから、こちら側の設定や通信環境によるものでは無いと思われます。

よろしくお願いいたします。


ファルコンまつばら 

↑このページのトップヘ