ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」でお馴染みのファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

2017年12月15日 BoseIronFactoryは拡張移転しました。
弾道計測、シミュレーションゴルフも出来る、道東で一番の設備で皆様のお越しをお待ちしております!!

MOIマッチングのご依頼・お問い合わせはseabose@me.com
までお願い致します。

テーラーメイドM3やM4、Callawayのローグ等々、新製品ラッシュです。

ですが、BoseIronFactoryではあまり新製品をお勧めする機会は少ない。


新製品をたくさん売るのは儲かるし、新機能などが満載なので売りやすいです。

もちろん新製品として出てくるまでに様々なテストをされて前よりも良い!!ということで発売されるわけですし、新製品が良いのは間違いありません。


ですが、その新製品は合う人と合わない人が必ず出てきます。

万人に合うクラブが存在しないのと同様に、万人が恩恵を受けるクラブの進化はありえないからです。

例えばパーシモン時代からゴルフをしている人の中には、460ccで重心距離の長いドライバーは打ちこなすことが難しい人もいるでしょう。←私がそうです。
逆に460ccのドライバーに慣れた人にとっては今度出るRODDIO 385コンパクトドライバーを打ちこなすのは難しいと言えます。

大きいから、重心距離が長いから優しいとか道具の進化とかは少し違うような気がしています。


自動車のパーキングアシストとかの自動運転技術などは紛れもない進化だとおMOIますけれど(^^;;


実はゴルフにおいての道具の進化はファルコン自身、言われているほどの進化は無いのではないかと感じています。
今のクラブの方が昔のクラブよりも飛ぶのは間違いのないところでしょうが、イマドキのクラブであれば100人中100人がキチンと飛ぶというわけでもありません。

イマドキのクラブが苦手と言う方も多いとおMOIますし、実際にクラブの進化(?)の恩恵に預かっていない人もこうしてクラブチューニングを生業にしていると非常によく見ますから。
(思いっきり恩恵に預かっている人がチューニングしに来ることもありませんしね(笑))

ヘッドがパーシモンからメタルになったのがピッツバーグパーシモンの1980年くらいとするなら劇的な進化から約40年。
シャフトはヒッコリーからスチールシャフト、そしてカーボンシャフトへ進化しましたが、クラブ全体の中での進化はどうでしょう?
仮に飛距離が伸びたとしても、アベレージゴルファーのアベレージが伸びているかというと、全くと行っていいほど伸びていません。

飛距離にしろ、方向性にしろ、スコアが良くするために皆さんクラブを買い換えるはずですが、実際にスコアが良くなる方はどのくらいいるのか・・・・。




実のところ、物理的な視点で見てここ40~50年で一番の進化はフジクラのMCI BLACKの発売だと思っています。

約100年に渡ってスイングバランスが隆盛を極めてきた中、ようやくクラブMOIマッチングをシャフトの見地から具現化しようとして出てきたのがMCI BLACKだからです。



2016-11-18-00-30-41




MCI BLACKが発売され非常に好調ですが、ホイールで調整するよりもタイヤで調整するほうがより効果的ですから、やはりヘッドでクラブMOIを意識して作る必要があると言えるでしょう。



クラブMOIマッチングをすると多くの方がベストスコアを更新されます。

1打の重みを一番良く知っているプロゴルファーでも、平均スコアは伸びるプロがほとんどです(まぁ、用具契約もあるのでそれほど多くのプロがMOIマッチングをしているわけではありませんが)。


そうなるとやはり次はヘッドの進化ですが、MOIマッチング専用ヘッドはまだ私達が開発したヘッドのみ。

大手や中堅どころのヘッドメーカーには出来得る限りアプローチしていますが、フジクラさんでさえ提案しても却下されるという状態が続いているとのことですから、まだまだ時間はかかりそうです。

クラブMOIマッチングは物理的な理論です。
有象無象の都市伝説的、オカルト的なクラブ理論(オカルトは理論とは言えませんが(笑))とは違います。

14インチのところに100キロのおもりを付けても全く変わらないスイングバランスと違って、論理的破綻もありません。

未だに天動説が信じられているゴルフ業界ではクラブMOIマッチングの普及までには時間がかかるとは思います。
早くても10年、遅ければ20年や30年はかかるでしょう。


MOIマッチングは地動説ですから、天動説を唱える人たちから見ると異端ですし、実際に排除しようとしてくる人たちもたくさんいます。

でも、事実は曲げることは出来ませんし、物理的に整合性の取れたものであること、力学的に正しいものであることは間違いありません。

ですので、たとえ50年100年かかったとしても、私の意志を継いでくれる人は必ず出てきますから、実際のところそれほどの心配はしていませんけどね(^^;;






2017-05-12-10-43-22
HAYABUSAノーマルVer.

9211-2
HAYABUSA LimitedForgedのフェース





2018-01-13_10-26-23_929
そのHAYABUSAの原点のひとつでもあるI.O.grind1





2018-01-14_17-26-51_951



I.O.grind1の接着待ちの間に風除室の看板作成。






寒いときにはマイナス20度にもなる弟子屈ですが、BoseIronFactoryは殆どの作業を人の手のぬくもりがある手作業で行っています。










 

仕事をしていて、なんか寒いなぁと思ったら、工房のストーブが止まっていました(>_<)

電源抜いてから刺しても症状は変わらず・・・。

ヤヴァイ、壊れたか?

と思ってバラせるところはバラし、エアコンプレッサーと固く絞った雑巾を使ってホコリや汚れや基盤の接点をクリーニングしてやったらきちんと動くように・・・。

1時間以上かけて綺麗にしてようやく動くようになりましたが、いやぁ焦りました(^^;;


弟子屈はこの時期マイナス20度にもなりますから、吹雪いていて身動きの取れないときに本当に壊れて動かなくなったら仕事が出来ないだけではなく、凍死する可能性もゼロではありません。

更には吹雪いている時には、停電で電気が来ない時もあり得ますから、いろいろな対策を講じています。

1.電源の確保→キャンピングカーを自分で作ったこともあるくらいですから、キャンピングカーや船舶で使う大きなバッテリー2つとバッテリーの12vを100vに変換する機材を常備。
最大1500wまで使えますから、電子レンジやエスプレッソメーカーも使えます。


2.暖かさの確保→ストーブが壊れたり、停電のときには通常使っているストーブは動きません。その為に2台の電源いらずの石油ストーブと1台の移動できるファンヒーターがあります。


3.工房機材の予備→機材に関しては電源の確保は必要ですが、主だった機材は必ず予備機を用意しています。
クラブMOIスケールはもちろんのこと、シャフト抜き機もロフトライ調整機も、ボール盤もバランス計もグラインダーもです。
予備がないのはヘッドスペック測定器くらいですが、ヘッドスペック測定器はデジタルの部分が無いので、そう簡単には壊れませんから(^^;;
パソコンも以前壊れたときに、復旧させたものを含めると3台ありますので、まずは大丈夫かと。

何か壊れても仕事に大きな支障が出ないようにするのはこうしたところでやっていると必須なのです。


2018-01-12_17-30-40_024
2台体制のクラブMOIスケール。


4.肝心のデータは?→MOIマッチングはかなりの量のデータを扱いますので、ハードディスクに保管しているだけではディスクがクラッシュした時に泣くに泣けません。
ですので、データは全てクラウドに保管しています。
クラウドもアップルのiCloudとマイクロソフトのOneDrive、そして写真や画像データなどはAmazonDriveを使うことでひとつのクラウドが不具合を起こしたとしても他のクラウドからデータを復旧させられるようにしています。


5.グリップやシャフトの仕入れなどは?→グリップやシャフトの仕入れに関しても4つの仕入先があります。4つの仕入先はその配送をヤマト運輸、佐川急便、ゆうパックとそれぞれが使い分けていますので、仕入れ価格だけでなく、時期によって変えることもあります。
ex.年末の時期には年賀状の配達もあってゆうパックは遅れがちなので、急ぎのものはヤマトを使っている卸さんにシフトしたりとか・・・。


6.仕上がってからの配送は?→基本ヤマトの宅急便ですが、九州や沖縄などはゆうパックを使うことも多いです。海外の場合もたまにあるのですが海外の場合はEMSを使います。EMSは早いし大きさではなく重量で送れるので宅配便で沖縄にクラブを送ったりするより東南アジアの場合は安かったりしますので。



そんなこんなで様々な予備を持ってなるべく皆様に早く良いものをお届けできるように頑張っておりますが、一つだけ予備が用意できないものが・・・。


そうです私、ファルコン自身の予備が無いんです(>_<)

こればかりはノウハウや知識、技術や考え方などがあるので、どうしようもありません・・・。

なのでぶっ倒れないようにしながら頑張ってますが、頂いた仕事は基本お断りしていませんし、クオリティを落とさず常に最善の形でお届けできるように頑張っておりますので、お時間がかかったとしてもどうかお許しくださいませm(_ _)m



クラブMOIマッチングを考えていくと、ゴルフの様々な事柄の何故?に対する理由がわかってきます。

捕まるはずのドライバーでも捕まったとは言えない球筋(スライスとか)になるのは何故か?

ボールを置く位置が番手が長くなるに従って左に置くようになるのは何故か?

ショートアイアンが引っかかる理由は?

ロングアイアンが捕まらない理由は?

抜けが良いはずのウェッジでチャックリが出るのは何故?

等々・・・。



今まではクラフトマンに向けたMOIマッチングセミナーでそうした疑問にお答えしてきましたが、2018年はそうしたゴルフの疑問(常識?)をクラブMOIの視点から検証していくことを積極的に行っていこうかとおMOIます。

クラブMOIマッチングとクラブMOIマッチングの物理的考え方は、は振り心地が揃うだけでなく、ゴルフクラブに係る様々な問題にも関係しているんです(^^)v



さて、第1回目は・・・・、

ボール位置の不思議。

ボールを置く位置は番手が長くなるに従って左に置くようになっていきます。
ボール位置を変えずに右足を左に寄せることもありますが、相対的にボールが動くことは間違いありません。

でも何故左に置くようになっていったかは明確な説明はしていません。

ボール位置の違い(全体図)
左からドライバー、FW、UT・アイアン(長~短)、ウェッジ。
(左右の部分だけ見るためにあえて長さによるボールの遠さは無視しています)



ではここでドライバーからウェッジまでの標準的なクラブMOIの推移を見ていきましょう。

岩崎くんMOI

岩崎Pはまだまだ若いプロなので平均より全体的に少し高めですが、クラブMOIのカーブは標準的と言えますので、古くからのブログの読者であればお馴染みですね・・・(^^;;

このグラフを見ると長いクラブほどクラブMOIが高いのがお分かりになるとおMOIます。
クラブMOIが高いと振るのに力が必要で、クラブMOIが低いと振るのに力は必要ではありません。

そして、人間の出せる力はそれぞれの適正値を基準にそれほど大きな開きはありませんから、7番アイアンの2643kg-cm2が振りやすく結果も良い人の場合、6番以上で振り遅れて8番と48度、60度は振りすぎてしまうこととなります。

MOI説明

結果、ショートアイアンは図のAの位置でボールコンタクトを迎え、ロングアイアン~ドライバーはCの位置でボールコンタクトを迎えるということになります。

振り遅れのインパクト
少し合成に無理がありますが・・・(笑)

ボールを置く位置を体の真ん中にした場合、ドライバーやロングアイアンなどはこうした形でボールコンタクトを迎えることになります。

逆にショートアイアンの場合は、

ショートアイアンのインパクト
こちらも合成に無理くり感が・・・(笑)

こうした形でボールインパクトを迎えることになりますね。

まぁ、元々のこのイラスト自体が分かりやすいように誇張して書いていますので、実際にはもっと微妙な差になります。


ボールを身体の中心に置くのが自然ですから、中心に置きたいところですが、ボールを身体の中心に置くとこうした弊害が出てくるので、ドライバーやロングアイアンなどはより右にしか行かなくなり、ショートアイアンはひっかけが酷くなります。

この、右と左に行く状態をクラブMOIマッチングという概念を用いずに対処するには、長くなるに従ってボールを左に置くことで対処するのが、現在言われているボール位置ということになります。




ちなみに・・・ですが、こうした状況は100年位前にはほとんどありませんでした。
スイングバランスという考え方が出てきたのが1920年代で、ヒッコリーシャフトの100年くらい昔のクラブではバランスにとらわれず人間の感覚を絶対的な指標としてゴルフクラブを作っていたからだと思われます。
実際に100年くらい古いクラブのクラブMOI を測定してみると、MOI値自体はかなり低いのですが、イマドキのクラブよりもはるかにクラブMOIとしては揃っているんです。


ではこのような状態になったのはいつ頃なのか。


1920年代にスイングバランスの考え方が発明され、その後それほど時を開けずに浸透していきます。
1940年代にはかなり浸透してきて、1950年代にはほぼスイングバランスの考え方が広まっていると考えられます。

そして、ベン・ホーガンのモダンゴルフが出版された年が1958年となっていて、モダンゴルフにはボールを置く位置のことが書かれていますから、スイングバランスの考え方とボールを置く位置を変えていくことで対処していくのはリンクしていると考えるのが自然ではないかと。

極論すると、スイングバランスがあるからボールを置く位置を変える必要があって、それがゴルフ自体を難しくしているとも言えるかもしれません。



クラブMOIマッチングしたクラブをお使いの皆さんは、そうした面倒なことはしないで済みますから、クラブMOIマッチングでゴルフ自体がシンプルになっていきますね。


ただし、ドライバーに関してはティーアップしますから、最下点より上(前方)にボールがあります。
最下点より上(前方)にあることから、MOIマッチングしたドライバーはアイアンなどよりもクラブMOIを高めに設定するのが基本です。
アイアンよりも高めに設定することで、最下点では意図的に振り遅れるようにし、ティーアップされた状態でベストなフェース向きになるようにしています。
ですので、ドライバーに関してはボールを左に置いてティーアップすることを前提にMOIマッチングしていますのでご注意くださいね。

すみません、ゴルフと関係の無い話で・・・m(_ _)m

ここ弟子屈に引っ越してきて良かったなぁ(^^と思う理由のひとつとして、水が圧倒的に旨い!!というのがあります。

ここ弟子屈は阿寒摩周国立公園(阿寒湖~摩周湖~屈斜路湖~神の子池)があるところ。

摩周湖といえば霧の摩周湖で有名ですが、摩周湖はその湖水の透明度の高さでも有名です(^^

日本有数の透明度を誇る摩周湖。


摩周湖


なぜ透明度が高いかというと、プランクトンもミネラル分も少ないためなんですね。

プランクトンが少ないので摩周湖に生息する魚も多くはなく、かつ、それほど大きくは育ちません。

魚が少なく、かつ、大きくも無いということで、食べるプランクトンも少ないだけでなく魚が排出する糞も少ないということで汚れることも少ないという訳です(^^

ミネラル分が少ない理由は流れ入る川が無いということが大きいです。

川の水は川底の砂や土、岩などを常に洗いながら流れているので、それらのミネラル分が水に溶け出すということでもあります。
(その証拠に長い川だと下流域になるに従い水が濁ってきますよね(^^))


川の水が入ってこないのでミネラル分が少なく、ミネラル分が少ないのでプランクトンも少ないということに。



そうした透明度の高い水が更に砂礫などによって濾過され湧き出してくる水。

珈琲や日本茶、ご飯を炊くのには最良の軟水、日本有数の軟水になって湧き出てくる水。


湧き水を汲むところもありますし、そうした湧き水を水源として水道も供給されているので、良い豆を使って珈琲を淹れれば旨い珈琲が出来るという・・・。



そうなんです(^^;;


弟子屈というと温泉や湖、大自然!!といった観光地というに着目されがちですが、実は旨い水もたっぷりとあるんです(^^


MOIマッチングの聖地を探したら水も旨いという、副産物的なよっしゃよっしゃ~がある弟子屈なのでした(^^)v


ちなみにBoseIronFactoryにおこしのお客様で珈琲好きな方がいらっしゃいましたら、厳選した世界のスペシャルティ・コーヒーを摩周湖の伏流水で淹れた珈琲をごちそうしますので、おっしゃってくださいね(^^)v


MOIマッチングがたくさんの方に浸透して、BoseIronFactoryの仕事を弟子に任せられるようになったら私は第一線から引退して美味い珈琲を出してゴルフや音楽、バイク談義をするようなカフェをやりたいですね~(^^

実は年末に風邪をひいて寝込んでしまったということもあるのですが(ブログは気合と根性と愛と勇気で更新しました)、昨日までお休みを頂いておりました。

弟子屈に引っ越してきてから(と言うかサラリーマン時代から)、盆暮れ正月はほとんど休まずに仕事をしていたのですが(だって紅白とか仕事で行っていた時もあるし)、今年は休むときはきっちり休んで仕事にメリハリをつけようと目標を立てたので、お待たせしている皆様には申し訳ないのですが、しっかりと休んで英気を養うことといたしました。

そんなこんなで本日(4日)より仕事を再開。

8本のリシャフトMOIマッチング作業を終え、その後は年末からのメールでのお問い合わせなどに返信をさせていただいてこの時間です(^^;;

2017-12-28_15-47-06_844

いやぁ、休みって良いですね(笑)

たまにはしっかりと休まないといけないのだなぁと、感じたファルコンなのでした(^^

あけましておめでとうございますm(_ _)m

2018年もあと364日と23時間を残すのみになりました(笑)

本年もBoseIronFactoryとファルコンまつばら、そして何よりMOIマッチングをよろしくお願いいたします!!

image
営業部長は寝正月ですが、許してやってください。


新年は本日元旦から営業を始めますが、通常営業と言うよりは初詣などの合間を見ての適当営業になりますので、もしお越しの際は事前にご連絡いただけますよう・・・お願い致します。


ちなみに今年の目標・・・は、

1.外の試打スペースにバンカーとグリーンを作る!!

2.MOIマッチング(新規組み上げを含む)は2,200本!!←1割増しで許してください。

3.ゴルフ雑誌での連載再開。←出来ることならMOIマッチングの連載で。

4.しっかりと休みを取ってファルコン号で10日くらいのキャンプツーリングをする。

5.シカを轢かない。

6.エゾシカ革製品の業務拡大。

7.ヒッコリーシャフトの新規製作

といったところでしょうか。


中にはすでに難しいもの(4とか)もありますが、目標は高めに設定しておかないといけないので、頑張って全部達成できるようにしたいとおMOIます(^^

まだまだやらなければいけないことがたくさんありますが、今日は12月31日。

このブログをご覧になっていただいたお客様、地域の皆様、影になり日向になりご協力を頂きました皆様、そして何よりもBoseIronFactoryにMOIマッチングのご依頼を頂いた多くの皆様、本当に有難うございました!!

image
弊社営業部長からも暑く御礼申し上げますm(_ _)m




50歳の誕生日までに新工房を稼働させるというひとつの目標はクリアしましたが、まだまだ課題は山積しています(^^;;

今年のMOIマッチング(新規組み上げも含む)は2024本になりそうです。

2024本ということは1日平均で5.54本。


昨年が1800本ちょっとでしたから、1日あたり0.5本増えたこととなります。

単純に工賃が5500円とするとそれなりに儲かっている事になりますが、この中には工賃無償の再調整もありますし、プロのために支給したものも有りますので、正直それほどのことはありません(笑)
それに、新工房の建設費で利益はほとんど無いんです(^^;;

あと14本、今日中にある程度のところまでは目安を付けておきたいので、もう少しGMに働きます(^^;;←この分は今年の本数にカウントしてませんけどね(^^;;

きれいなスイングとか、スイングプレーンとか、スイング自体にも様々な理論だったり、方法だったり、やり方がありますね(^^

いくらゴルフは物理だからインパクトの瞬間が大事だと言っても、そうしたことを否定するものでは全く無いのでご留意ください。


こうしたスイングにかかる様々な理論や方法ややり方に関して、クラブMOI的な視点で見ると、どの方法に関しても「一番効率的にヘッドのパワーをボールに伝えるか?」という点に集約されるとおMOIます。


私はクラフトマンですので、スイングがどうかと言ったことはプロではありませんから、何も言いません。

どのようなスイングであれ、最適なクラブを作るだけです。


仮にHAYABUSAのようなとてつもないクラブであっても、合わないMOIで作られたのではその性能の半分も引き出せないので。


スイング論やレッスンなどでは、いかにしてボールに効率的にエネルギーを伝えるかを教えるものだと考えています。

そしてその頂点にあるものは、エネルギー保存の法則という物理法則なんですけどね(^^;;

というタイトルだけで萎縮しちゃう人もいらっしゃると思いますが、大丈夫です。

こう見えても(どう見える?)ファルコン、思いっきり文系です(^^;;


そんな文系のファルコンは物事を単純にして考える癖があります。

スイングがどうだとか、プレーンがどうだとか、ボディターンなのかフェースマスクなのかは置いといたとして、結局のところゴルフってボールとクラブのヘッドの衝突でしかありません。

言い換えると、明治の大砲のスイングでも、手打ちでも、こねくり回して打ったとしても、ボールとクラブが衝突する瞬間にキチンと当たっていれば良いんです。

ボールとヘッドの衝突で、その衝突エネルギーがクラブからボールに伝わり、ボールがその場に居ようとする力(慣性)よりも大きなチカラになるからボールが飛んで行く訳です。

バックスピンは衝突時に生じる縦方向の摩擦で、サイドスピンは横方向の摩擦です。

打ち出し角はボールにどの角度からチカラがかかっているかということで、ボール初速は衝突エネルギーが速度に変換されたもの。


どの部分を見ても感覚や感情とは無縁で、きれいなスイングである必要もありません。

そしてどの部分をみても超がつくほどの古典力学の世界で、ニュートンやニュートンの少し後には解明されていたことばかりです。


話が少しそれましたが、要はボールとフェースがコンタクト(衝突)する瞬間さえコントロールすることが出来ればゴルフにとっては充分だと言うことだけ覚えてください。

では、今度は逆に考えてみましょう。

一番の得意クラブはボールとフェースの衝突の瞬間が良いからこそいい球が打てる訳です。

いい球が打てるからこそ得意クラブであって、それ以外のクラブも得意クラブと同じような衝突の仕方さえすれば、ボールは気持ち良い球筋を描いて飛んでいってくれます。

と、言うことは、他の番手も得意クラブと同じような物理特性にしていくことでボールコンタクトの瞬間もコントロールすることが出来る訳で、それがすなわちクラブMOIマッチングであるという訳です。

ハァハァ、ちょっと興奮して写真も何も無いまま書きなぐってしまいました(笑)


もう少し詳しいことは、落ち着いてからまた書きますね(^^

↑このページのトップヘ