ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

2017年12月15日 BoseIronFactoryは拡張移転しました。
弾道計測、シミュレーションゴルフも出来る、道東で一番の設備で皆様のお越しをお待ちしております!!
なお、MOIマッチングを伴わない作業はどんなにお金を積まれたらやりますが、あまり積まれなければ(縦に立たない限り)やりませんのでご了承ください。
MOIマッチングのご依頼・お問い合わせはseabose@me.com
までお願い致します。

「MOIマッチングなんてファルコンまつばらとか言うどう見ても怪しい奴が推奨しているだけでどのメーカーも採用(中途半端にしてたところもありますがね)してないんだから、たいしたことないでしょ?」
という皆さんへ。

Facebookで三木龍馬プロのスプーンのことを取り上げたら、なかなか面白い展開になったので、そのまま掲載してしまいましょう。

ことの始まりは私のこの書き込みでした。。。。


三木プロからスプーンが届いた(^^)
早速クラブMOIを計測したけど、いくら三木プロでもこれじゃ無理(-.-)
世楽師匠だったら打っちゃうかもしれんが・・・(笑)

IMG_2281



コメント
本夛 真茂 :あか~~~ん!ですね


ファルコン :まつばら 三木プロの場合はドライバーでも2750近辺だから明らかに高杉っす。
石川遼からは未だ連絡ないし、いったいどうなってんのかと(笑)


本夛 真茂 :石川遼。やる気ないっすね(笑)チャレンジしてみなきゃ何も始まらないのに


三木 龍馬 :これはつまり
どっちなんですか!笑
教えて詳しいひと!笑


本夛 真茂 :この3Wは打った?右にいかない?


三木 龍馬 :これを使っている頃は
全部右に行ってたので
よく覚えてないですが、いくら捕まえても左に行くことが
なかったのは覚えてます!笑



ファルコン まつばら :MOI高いので振るのにそれだけのチカラが必要。
うまくそのチカラが出力できない場合は振り遅れて当たるのでフェースが開いて当たるので右に行くということ。ね?物理の法則には勝てないでしょ?



ファルコン まつばら :はいここ!!
試験に出ますよっ!!(笑)



本夛 真茂 :右に行きやすいMOI値で素直に右にすっ飛ばすか、無理して捕まえに行ってインパクトが崩れることになりますね



ファルコン まつばら :そ。無理して捕まえに行くとチーピンになるって訳です。
石川遼はまさにそのパターン(本人気づいてないけど)。
三木プロはそうなる前に弟子屈に送って大正解( ´ ▽ ` )ノ



三木 龍馬 :ありがとうございます!
今使ってるスプーンの球が上がらなくなってきたので
助かります!



ファルコン まつばら :それは寒さで身体がうまく回ってない部分も大きいと思います。
預かったスプーンは冬使用のMOIにしときます!!



本夛 真茂 :これでファイナル(QT) もばく進じゃ~~~~



ファルコン まつばら :テストに出るまとめ!!

三木プロと言う日本プロに出ちゃうようなプロをもってしても、いくらつかまると言われているヘッド、シャフトであっても、クラブMOIが高すぎると右に行きます。
クラブMOIが高いということは、振るのにそれだけのチカラが必要ということになりますが、人間の出せるチカラには限りがありますし、許容出来るクラブMOIの差も個々人で変わってきます。(もちろんその差は広いものとは言えません)
また、違うクラブMOIのクラブセット(=クラブMOIマッチングされていないクラブセット)を使っていて、ドライバーからスプーンだったり、ドライバーからアイアンに持ち替えた時に違うクラブMOIに対応するには相当量の練習をして個々のクラブMOIによる振り感の差を身体に叩き込んでおく必要があります。
一打一打を争うトーナメントプロはもちろんですが、トーナメントプロのような練習量を持てないアマチュアの方々にもクラブMOIマッチングは絶大な効果を発揮します。
「そんな訳分かんねーもんよりも気合や根性で何とかならぁ!!」と世楽師匠は言いますが、師匠のは分かった上で洒落で言っているんで無問題。
それよりも本当に「クラブMOIマッチングなんてどうせたいしたことないでしょ?」と思っている貴方や石川遼プロのほうが心配なファルコンなのであります(^^;;



ファルコン まつばら :はい!!ここ、試験に出ますよっ!!

適正なクラブMOIは人それぞれ。
人それぞれだから、三木プロが打てなくても坂本さんには打てちゃう可能性もあるんです。
体格や体型、年齢やスポーツ歴の差だけでなく、持って生まれたMOIの許容範囲の差もあるし、その許容範囲を広げる事ができる人もいるし広げられない人も居ます。

適正MOIはひとりひとり全部違うので、他の人がMOIったクラブを借りてきて使ってもダメ、ゼッタイ!!

BoseIronFactoryでは「合わなかったら元の状態に戻して全額返金!!」ということも行っていますが、今までもとに戻してという人は1人もいませんから、まずはやってみる事をお勧めするものであります( ´ ▽ ` )ノ

FullSizeRender



昨日予約を開始したばかりですが、NEW HAYABUSAウェッジの56度の在庫がもう無くなってしまいました。

50度と52度、58度に関してもほとんど在庫が無くなってしまいましたので、ご検討中の方はお早めにお願いいたします!!


結構たくさん作ったつもりなのですが、こんなに早く売れてしまうとは・・・・。

既に追加製造をすることにしておりますが、HAYABUSAに関しては、その特殊なソール形状から、時間がかかるので何卒ご了承くださいませm(_ _)m

営業熱心なやまととたける。

特にやまとは暗くなっても戻ってこないことも多いので、GPSロガーを付けてやまとの行動範囲を見てみようと・・・。

付けたGPSロガーは
データロガー
データロガー2
こんなんで、シリコンのケースにつけて首輪にくくりつける簡単なもの。

「iPhoneを探す」みたいにリアルタイムなGPSトラッキング機能は無く、戻ってきてからGoogleEarthの地図上に表示するというものです。

リアルタイムにトラッキングするのが一番探しやすくて良いのでしょうが、それだと野生生物の学術研究用が多くて、GPSというよりはVHFやUHF電波を使ってトラッキングするものになってしまいます(それ以外もありますけどね)。

とりあえずは行動範囲を知っておけばある程度は探せますし、100m程度まで近づけばBluetoothで探せるものもあるので、併用するのもアリかと。

で、実際に今日のやまとの行動は・・・

11月20日ヤマトの行動範囲

こんな感じでした。
猫といえども、ほぼ道を使っているところが草です。

IMG_6382


BoseIronFactoryの敷地とお隣さんの家の周辺ですね。

先日お隣さんの家の前でやまとを確保して連れ帰ったことがあるし、呼んでもすぐに帰ってこなかったことも考えると、呼んですぐ帰ってこない時はお隣さんの家まで行っている可能性が高いかなと。

弟子屈はここ数日でかなり冷え込んできていますので、やまともたけるも出ていってもすぐに帰ってくるのですが、雪積もっても営業行くのかなぁと今から興味津々であります(^^


IMG_2266

皆様、たいへんお待たせいたしました。
HAYABUSAノーマルバージョンの後継モデル、NEW HAYABUSAがついに完成いたしました。

12月1日発売ですが、既にBoseIronFactoryWebShopではご予約を開始しております。

50度、52度のAW、56度、58度のSWのロフト構成で、販売価格はDGの場合で32,400円(税抜き30,000円)と、ノーマルバージョンよりもかなりお求めやすい価格に設定しております。
MODUS WEDGEシャフトの場合は税込みで34,000円(税抜き31,481円)という価格になります。

FullSizeRender

HAYABUSAの^丸バージョンとの違いは2点。

1.フェースミーリング、スコアラインミーリングをやめ、このためだけに作った専用プレスにてプレスでスコアラインを入れました(当然ルール適合溝です)

2.バックフェースはシンプルなHAYABUSAの文字刻印のみ(隼の鳥のマークはありません)


性能的にはほんの少しスピン性能が劣りますが、HAYABUSA本来の特徴であるヌケの良さ、チャックリザックリのしにくさ等は全く変わりはございませんので、ご安心ください。

既に複数のご予約を頂いており、ファーストロットの入庫量も少ないために、早目に在庫がなくなる可能性がございますので、ご購入を検討されている方はお早めのご予約をお願いいたします。

石川遼プロの記事で石川遼プロが以下のようにお話されているとの報道があります。

「ドライバーとスプーンで長さが1.5インチしか変わらないのに、スプーンでは打ったことのないミスショットがドライバーでは簡単に出てしまう。大きいヘッドに対してついていけていない感じが、5年くらい続いている」


キャロウェイさんとしても困った問題だと思います(^^;;

良いクラブ作っているのに、石川プロほどの実力を持つプロがついていけないというのは出口の見えない問題だとお感じになっていることでしょう。

当然原因を探し、対応策をいくつも考えて対応されていると思います。ですが、まだ出口は見えていませんよね?

ヘッドの大きさから来る重心距離の長さ、そしてそこから来るネック軸周りMOIというところまではお気づきになられていると思いますが、それでも上記のような状態が続いているのは・・・。


それは間違いなくクラブMOIの問題だと考えられます。


クラブMOIに関してはBoseIronFactoryは日本一の取扱数で、ノウハウも数多く持っています。

僭越ではありますが、キャロウェイさんには絶対に持っていない知識と経験があります。


宜しければお手伝いさせて頂けませんか?


私の連絡先は以下の通りです。
決して損はさせませんし、口外もいたしませんのでその点はご安心ください。

よろしくお願いいたします!!


080-5444-0101もしくはseabose@me.comまで!!

石川遼プロ
「ドライバーとスプーンで長さが1.5インチしか変わらないのに、スプーンでは打ったことのないミスショットがドライバーでは簡単に出てしまう。大きいヘッドに対してついていけていない感じが、5年くらい続いている」

1.5インチ違ったら全然クラブMOIは変わります。
大きいヘッドでネック軸周りMOIが高いのが合わないということもありますが、原因はそれだけじゃないと思いますよ(^^

もし私達に相談してもらえればすぐにでも解決する可能性は高いですよ( ´ ▽ ` )ノ
5年も悩んでいらっしゃるのでしたら、クラブMOIマッチングを試して見る価値はあるのでは無いでしょうか?
万が一ダメでも石川遼プロならいつでも元に戻せますしね(^^
(もちろんダメってことは無いと思いますが・・・)

もしこれをご覧の方で、石川遼プロと連絡取れる方、下記の連絡先とクラブMOIマッチングというチューニング方法があることを石川遼プロにお伝え頂けないでしょうか?

用具契約があるのは重々承知の上ですので、キャロの方とお話することももちろんOKです!!

080-5444-0101もしくはseabose@me.comまで!!

BoseIronFactoryには究極に精度にこだわったクラブMOIマッチングを行うプレミアムプランというのがあります。
調整方法は基本的に通常のプランと同じですが、最終的に狙い値からプラスマイナス0.4kg-cm2の範囲に収めるという、どちらかというと私個人(だけ?)の拘りのプランです。

料金は1本15,000円と高額ですが、当初1ヶ月で1セット(6本以上)のみの限定で行っていますが、毎月複数のご依頼が来ていますので、時間を作ってもう少し行っている状態です。

ぶっちゃけ、こんな高い調整料金ではご依頼なんて来るわけないと高をくくっていました。

しかしながら、現在お待ちいただいている方の中にはプレミアムプランのリピーターもいらっしゃいますし、プレミアムプランを行ったご依頼主様からは本当にやって良かったという感想を頂いています。

こんなことを書いたらまたお叱りを受けそうですが、通常プランとプレミアムプラン、どちらも違いを感じられる程のものはありません。

ただ、プレミアムプランに関しては価格の違い以上の時間を手間暇をかけて行っていますので、そのこだわりの部分(数値や感覚に現れてこない部分)に関して価値を感じてくださる方のみのご依頼で良いと考えています。

プレミアムプランのご依頼は、seabose@me.comまでお願いいたします。

T島さんの感想を載せた途端に多くのお問い合わせが・・・(^^;;


ということで、HAYABUSAノーマルバージョンは廃盤ですが、ノーマルバージョンの後継モデル「HAYABUSA」に関してお話しましょう。


IMG_1847
HAYABUSAの試作品


ノーマルバージョンと後継モデルの違いは、
1.AWが50度、52度、SWが56度、58度の4種のロフト設定のみ。(オーダーで曲げることは可能ですが、若干顔やバウンス、ソール形状が変わって来る場合があります。また曲げる際に曲げ痕が残る可能性が高いです。)

2.フェースのスコアライン彫刻、フェースミーリングは行わず、新開発のプレス型によるプレスでのスコアライン入れ。

3.バックフェースの刻印に隼の鳥のマークは無く、HAYABUSAという文字の刻印のみ。
50D-00001740
この鳥のマークがなくなります。

4.MOIマッチングしていない方でも購入が可能。もちろんMOIマッチングされている方は適正MOIにMOIマッチングしてお渡しします。

ということで、性能に全く妥協すること無く、多少のコストダウンをしています。

4.のMOIマッチングしていない方でも購入可能ということですが、HAYABUSAの凄さはご購入頂いた方皆さんに分かっていただけると確信しています。
そうなると・・・
HAYABUSAスゲェ!!=BoseIronFactoryに興味を持っていただける=MOIマッチングってなんぞや?となる=MOIマッチングする人増える( ´ ▽ ` )ノ
という図式になるのではないかと考えているので、私の師匠にも相談した上で決定しました。


気になる価格ですが、シャフトやグリップによっても変わってきますが、DGでツアーベルベットラバーの場合で1本36,000円(税別)、MODUS WEDGEやMODUS(125以外)でツアーベルベットラバーの場合で1本38,000円(税別)という価格を考えています。
ヘッドのみの販売は行いません(世界最小のクラブメーカーではありますが、ヘッドメーカーではありませんので)。

基本販売は弊社WebShopにて行います。

出来るだけ年内の販売開始としたいのですが、製造のほうは順調に遅れているようですので、期待に胸を膨らましきって鳩胸になってお待ちいただければとおMOIます(^^

T島さんと言えば、ゴルフ業界の中でもかなりの目利きでお馴染みです(^^

そのT島さんが購入されたのが、HAYABUSAノーマルバージョンの最後の1セット。
(HAYABUSAノーマルバージョンの後継は現在鋭意製造中です)

IMG_1847
こちらがノーマルバージョンの後継モデルの試作品
その名も「HAYABUSA」です(^^

ということで、T島さんから頂いた感想をば。(カッコ内の赤字は私の注釈です)


~~~~~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~~~~~~


こんにちは メッチャいい感じです 感想はこんな感じ。
まず、ハンドファーストに構えても、突っかかりそうもなく。開いても違和感がない構えやすい顔。そして小さすぎず大きすぎないサイズ。ソールは曲線で面になっている部分が無いが、幅だけ見ればかなりワイドソールとなっている。

以前の試打したHAYABUSAとは、違うロフト角をオーダーしたが、他のウエッジのように、ロフト調整ではないので、顔やソールの感じが変わらない。オーダーが入ると、ロウヘッドのネックを曲げて、再研磨して、メッキするするとのこと。ロフト角にこだわりがある人はこの仕組みは嬉しい。単にネックを曲げで調整するだけでは、当然顔も、バンス角もかわり、ソールの機能は100%にならないと思われるからだ。(はい。その通りです。HAYABUSAは全てにおいてこだわり抜いた最高のウェッジを!!というコンセプトで作っていますので、曲げてからファルコン自身が再度研磨して、顔つきもバウンスもソール形状も変わらないようにしてからメッキをかけます。単に曲げるだけでは曲げ痕が残りますが、予め少し重めにしておくことで研磨してもMOIマッチングに十分な重量になるようにもしています。低めのMOIが適正MOIの方には顔つきもソール形状もバウンスも変わらないようにしながら重量だけ落とすという研磨をすることも。)

打ってみると、ボールに当たる音が気持ちよく伝わってくる。『抜けがいい』と言われるウエッジ、実はあまり得意ではない。ボールの手前に入ったヘッドが抜けてしまうと致命的なミスになるからだ。しかしHAYABUSAはヘッドが手前から入っても、一度地面を受けてから、ボールがヘッドに当たる。アベレージゴルファーだと少し手前に入った事に気が付かないかも?と思うぐらい、地面とのコンタクトがいい。

地面とのコンタクトしてくれたあとに、抜けるのでミスに強いわけだ。その時のヘッドの減速が殆ど無い、ウエッジが柔道で言えば『受け身』をしてくれる。ハンドファーストに構え、ヘッドをまわしながらソールを地面にコンタクトするかしないかぐらいで入れるときに、突っかから無く低く抑えた球が打てる。何だこれはと思う、コレは楽しい。アプローチ練習場にこもりたい。(はい。ここもその通りです。地面とコンタクトしても通常のソールのようにブレーキがかかることはありません。そのためボールコンタクト直前にヘッドスピードが落ちるということが無いように設計しています。)

打感は気にならないと公言にしているのだが、ボールがズーンと乗ってる感は癖になる。そしてオートマチックに打っても、ややこしい打ち方しても、ノープロブレムなこと、やさしいウエッジというのは『こういう打ち方したらやさしい』という前置きがあるもの。HAYABUSAにはそれがない。インサイドからヘッドを入れても、カット軌道で入れても、プレーンに乗せてスパッと打っても、気持ちよく決まる。(ここが一番苦労したポイントです(^^;;私のようなボトムアマチュアは『こういう打ち方をしたらやさしい』という打ち方が出来ません。ダフったりチャックリ、ざっくりした次のショットではダフリやチャックリが怖くてトップするんです。それを防止するには多少ダフり気味、チャックリ気味に入ったとしてもダフらない・チャックリしないソールにするしかありません。ましてや、グリーン周りで使うことの多いウェッジです。グリーンが周りより低くなっている(すり鉢の一番下にグリーンがある)ゴルフ場はほぼありませんから、グリーン手前からでもグリーン奥からでも横からでもほぼ確実に左足上がりのライになります。そうしたライは水平なライよりも何倍もダフったりチャックリザックリしやすい。そうした左足上がりのライにおいてもやさしいウェッジを作るために、HAYABUSAの設計をして、様々なゴルフ場の様々なライから何千もの試打を繰り返してようやく作ることが出来ました。)

飛びすぎないウエッジなので、アプローチイップスな人にもぜひお勧めしたい。勇気を持って振っていけばそれに答えてくれるはず。LimitedForgedというさらなる限定モデルがあるが、ノーマルでこれならどんなにいいんだろうと思ってしまった。弱点は、『ウエッジは消耗品』と思っている私でも、美しいので使い込んで劣化していくのが忍びないことぐらい。

まだ野芝、高麗芝、バミューダでしか試していないが、洋芝のラフで打ってみるのが楽しみでならない。


~~~~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~~


弱点は使い込んでいくのが忍びないことだけって、褒めすぎです(^^;;
まぁ、実際に弱点は価格くらいで他はほぼ無いと思っていますけど・・・(笑)

ちなみにT島さんも皆様と同じ価格でご購入いただきましたので、ご心配なくです(^^;;
(この感想も原稿料とかは発生してません)

残念ながらHAYABUSAのノーマルバージョンはT島さんにお買い上げいただいたもので最後です。試打用として作ったものもシャフトを変えて三木龍馬プロに使っていただいてますし(三木プロ、HEIWA PGMカップお疲れ様でした!!)。

HAYABUSA LimitedForgedは継続販売していますが、現在ヘッドの在庫がほとんどありません(AW2本、SW1本のみ)。
しかも、作るのに恐ろしく時間がかかるので、今年中に入ってくるかどうかもまだ分かりません。

ノーマルバージョンの後継モデルは現在製造中で、年内に入ってくるとは思います。


弟子屈はそろそろ冬支度をしないといけない時季です。

今日はノンロケット川村プロとそのお母様がその手伝いに来てくれました。

(川村プロのお母様はにゃんこを見に来たとも言う)


一番の懸案は室内から外に打ち出す試打スペースの扉の断熱です。
昨シーズンは50mm厚のスタイロ1枚を木枠にはめて対処していましたが、木枠の継ぎ目の部分で、どうしても隙間風が・・・。(とくに吹雪いている時が問題でした)

ですので、今回は50mm厚を2枚で100mmのスタイロを外断熱のパターンで。

IMG_2160

扉の内側に50mm厚のスタイロを2枚継ぎ目が互い違いになるようにはめ込み、その内側から2×4の3.6mを溶接した枠に固定して押さえて断熱自体は完了です。

その後、2×4に石膏ボードを貼り付けると・・・。

なんということでしょう~(笑)

IMG_2161

新築同様の壁の完成です(^^

実際の家の場合は石膏ボードを貼り付けた際の凹凸をパテ埋めして、その上から壁紙を貼ったりペンキを塗ったりしますが、夏の間はこの壁自体を撤去しますから、そのままです。
しかも石膏ボードを切ると微妙に隙間ができるので重ね張りしてますから、パテ埋め自体出来ない位の段差があります(笑)

それでもOKなのは・・・。

IMG_2167

この150インチの巨大スクリーンを設置したのと、
IMG_2168

スクリーンを使わないときは緞帳的にカーテンで隠すから。

石膏ボード自体も多少の断熱効果はあるでしょうし、カーテンも遮光&断熱カーテンにしているので、現段階でもめっちゃ温かいです( ´ ▽ ` )ノ

この扉部分以外の全ての壁&床&天井にはしっかりとスタイロ100mmで入れていますから、かなりの高断熱仕様になっています。

工房が快適すぎるので、自宅の貧相な断熱が悲しくなるくらい。



また意図しない効果として、野良猫が近寄ってきてちょっかい出そうとしても野良猫の匂いがしないので、営業部長&営業次長がウーウー唸ったりすることが無くなったという点もあります(^^
酷いときはオカマちゃんなのに、扉近くにスプレーして縄張りを示すような時もあったのですが、それも現時点で解消されています。

スタイロは今までの倍使いますが、OSBやベニヤなどよりも石膏ボードのほうが安いというのも良かったかと(^^


いろいろとトライ&エラーをしながらの2年目、ほぼほぼこれで工房に関しては完成したと言ってもいいかと思います。


来年は今年思うように出来なかった試打スペースですね(^^

あ、その前に社用車のE51をスタッドレスに変えないと・・・(^^;;←一部未完了なのはスタッドレスに変える部分なのでした・・・。

↑このページのトップヘ