ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

2017年12月15日 BoseIronFactoryは拡張移転しました。
弾道計測、シミュレーションゴルフも出来る、道東で一番の設備で皆様のお越しをお待ちしております!!
なお、MOIマッチングを伴わない作業はどんなにお金を積まれたらやりますが、あまり積まれなければ(縦に立たない限り)やりませんのでご了承ください。
MOIマッチングのご依頼・お問い合わせはseabose@me.com
までお願い致します。

BoseIronFactoryの停電は昨晩11時過ぎに復旧いたしました。

しかしながらまだ北海道全域の5割程度しか復旧していません。

全ての電源が復旧しないと、ヤマト運輸などの物流も動きませんし、仕事が出来たとしてもご依頼頂いた方にお送りすることも出来ませんし、HAYABUSAウェッジや0番1番アイアンのメッキ出しも出来ません。

もちろんグリップやシャフトなどの部品も届きません。

全ての電気が復旧したとしても、物流などがキチンと動き出すまでは暫くかかると思います。


皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

北海道全体が停電してるようです。

電気が無いと生活のほとんども仕事も出来ません。

メールでのお問い合わせにもパソコン落ちてますし、Wi-Fiも使えませんし、クラウドにあるデータもとれませんからお答え出来ません。

申し訳ありませんが諸々ご了承願います。

皆さまご存知の通り、北海道の厚真町や千歳などを中心に震度6強の大きな地震が起きました。
BoseIronFactoryのある弟子屈は離れているので震度2とたいして揺れませんでしたが、北海道のすべての地域で停電となっております。
いつ停電が復旧するかはまだ分かりませんが、復旧したとしても今日いっぱいは混乱するかと思います。

幸い弟子屈ではこうして携帯からのネットは通じますし、携帯からは電話も出来ます。
停電以外では全く被害はありませんが、停電で計測機も使えませんし、クラウドに保管してある各種データも使えません。
電動工具も使えませんので、全く仕事になりません。

停電で信号も止まってるので物流も動かず、部品も届きませんし、こちらから送ろうとしても受付は不能です。

IMG_1836

天気はいいけど、電気が無いと何も出来ません(^^;;

申し訳ありませんが、電気が復旧するまで臨時休業とさせて頂きます。


よろしくお願いいたします。

おかげさまを持ちましてHAYABUSAノーマルバージョンは完売となりました。

今後の生産は基本行いません。

現在後継モデルの制作に入っておりますが、発売は11~12月になる予定です。


後継モデルはフェースミーリングが無く、スコアラインもミーリングではなくプレスになります。
もちろんルール適合モデルとなります。



50D-00001740


後継モデルのスペックやソール形状にノーマルバージョンとの違いはなく、上記のミーリングの違いと刻印の違いのみとなりますので、HAYABUSAならではの抜群の抜けとチャックリやザックリのしにくさは継承いたします。

後継モデルはHAYABUSAの性能は(スピン以外は)ほぼそのままで、ノーマルバージョンよりも少し価格を抑えた形にて販売いたしますので、発売まではもう少しのお時間をいただきますが、どうかよろしくお願いいたします。

MOIマッチング®専業になってから、ず~っと同じ工賃でMOIマッチングを行ってまいりましたが、9月1日受注分より値上げをさせていただきたいとおMOIます。

今までの基本工賃5,500円(税抜き)より6,800円(税抜き)に値上げさせていただきます。

理由といたしましては、
1.数多くのお弟子さんを持つようになり、お弟子さんとほぼ一緒の5,500円で私がMOIマッチングを行うと、私の所にばかり依頼が来るようになり、お弟子さんの所にあまり依頼が行かないということ。

2.一次MOIの調整も並行して行うことが多くなり、今までの工賃では作業量も増え、更には部品代等がショートすることも多くなってきたこと。

などです。

2に関してはまだ多少は頑張ることも可能ですが、1に関してはいかんともし難い状況があります。

また、最初期にセミナーを行った際に弟子となった人たちの中には、ほとんどMOIマッチングを行っていない人もいるようです。
ほとんどMOIマッチングを行わなかったとしても、こちらにいろいろと連絡を頂ければいくらでもお教えすることは可能ですが、中にはもう3年も全く連絡をしてこない人もいます。

そうした最初期のお弟子さんと私の間に技術的な差がかなり大きく開いているという面もあります。

最初期の頃には一次MOIのことはあまり考えられていなかったので、特に一次MOIに関しての差は広く開いていると思われます。
MOIマッチング自体が最新のクラブチューニングですから、技術的な部分、ノウハウの部分、様々な点で最初期から相応の進歩をしているのですが、流石に私と距離を取って何の連絡も無いような方にはお教えしようもありませんので、そうした方とはノウハウや知識の面でも差がついていると思いますし。


そんな中、昨日まで弟子屈に研修に来ていた羽鳥さんのギアサポートや林ゴルフ工房などの前向きな方と同じ金額でやっていたのではなかなかそうした方たちにMOIマッチングの依頼が行っていないということも聞きました。
やはり同じ料金で師匠と弟子であれば師匠の方に頼みますもんね(^^;;

急な値上げで申し訳ございませんが、本日までにお問い合わせ・ご依頼頂いた方にはもちろん今までどおりの5,500円(税抜き)の基本工賃にて行いますのでご安心くださいませm(_ _)m

偉そうに聞こえるかもしれないので以後はプライベートモードでパスワードをかけます(^^;;

それでも読みたい人はいらっしゃるでしょうが、いつものパスワードですので、知っている方のみとさせていただきますm(_ _)m続きを読む

まぁ、秘密でも何でも無いんですが、HAYABUSAの秘密です。

チャックリしにくい、ザックリしにくいHAYABUSAですが、どういった状況でチャックリやザックリが起こるかを考えると簡単に解決できるんです。

チャックリやザックリというのは、どういった状況で起こるかというと、エイーディングエッジが地面や芝に刺さることで起こります。

リーディングエッジが地面や芝に刺さり、その抵抗で急ブレーキがかかるからチャックリやザックリが起こるのです。

簡単に言うと、ソールがのウェッジとソールがのウェッジがあったらどちらが刺さりやすいかすぐにお分かりになるとおMOIます。

FullSizeRender

2018-01-30_22-01-25_193
これらの鋭角なリーディングエッジと、




hayabusaソール2
このHAYABUSAのソール

どちらが刺さりやすいのか。
お分かりになりますよね?

特にグリーン周りはグリーンが高くなっている分、左足上がりですから、ヘッドの入射角がダウンブローになっていなくても傾斜の分自動的にダウンブローな入射角で入ります。
ただでさえ鋭角なリーディングエッジの場合、バウンスが大きく付いていたとしても刺さりやすさはそれほど変わりません。

分かりやすく大げさに言うとスコップとゴムボールでどちらが土を掘りやすいかということです。

丸いリーディングエッジはボールのように土に刺さること無く、滑ってくれるのでチャックリもザックリもしにくいというわけです。


nyuushakaku
仮にウェッジの挙動が水平だとしてもリーディングエッジで四角で囲んだ部分が削れていく抵抗は大きいですが、

hayabusaソール3
HAYABUSAのソールでは同じウェッジの挙動でも土に刺さらず、ソールが跳ねるのでチャックリしないんです。


今回はHAYABUSAのソールのチャックリ、ザックリしない秘密(?)をお知らせいたしました。

近々HAYABUSAのソールのヌケの良さの秘密をお話しましょう(^^

弟子屈で獲った野生のエゾシカ革でヘッドカバーやティーホルダーなどを作っています。

野生のエゾシカですので、傷などがある場合もございますが、それも味としてご理解頂ける方のご購入をお待ちしております。

なお、これらの製品の売上げは鞣し代などの経費をトップオフした後、ハンターさん、革職人さんに配分することで、継続的なエゾシカの頭数管理に活かされます。

ご購入はこちらから!!

弟子屈エゾシカプロジェクトはこちらから!!

プロの仕事もアマチュアの仕事もBoseIronFactoryは区別せず同じやり方で同じようにやらせて頂いています。
クオリティそのものもプロもアマチュアも全く区別せず行っていますし、そのことが多くの方に喜んで頂けるただ一つの手段だと考えております。

また、一般的な工房の作業だけでなく試打スペースの芝の管理、整地作業、その他全て1人でやってます。
そのためメールやメッセンジャーでの返事が2~3日、場合によっては1週間程度出来ないこともございます。

メールでお返事した時間を見ていただければ分かりますが、ほとんどのお返事は深夜もしくは早朝に行っております。
BoseIronFactoryは株式会社の組織は取っておりますが、社員1人の極小企業です。会社としてみると社員を1日20時間近く働かせる超ブラック企業です。

だからといってご依頼をお断りすることは基本しておりません。寝る時間を削って仕事すればその分お一人でも多くのゴルファーに喜んで頂け、こちらとしてもなんとか食べていけて、試打スペースの整備や設備投資に回せるだけの仕事をさせていただいているからです。

ただ、こちらとしてもお一人のお客様だけ手厚くすることは出来かねます。
お一人のお客様だけ手厚くすることは、他の大勢のお客様を更にお待たせしたりすることに繋がります。

どうかその点をご理解頂き、ご了承いただけますようお願いいたします。

↑このページのトップヘ