ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイの連載「ゴルフ〜北の国から〜」と連動し、クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

クラブMOIマッチングのことならクラブMOIマッチング専門の当Factoryへ!!

BoseIronFactoryはクラブMOIマッチングを通じて全てのゴルファーにゴルフの楽しさを再認識していただけるよう、クラブMOIマッチングを専門に行なっております。

MOIマッチングのご依頼・お問い合わせはseabose@me.com
までお願い致します。

先日書いた、クローズドスタンスとオープンスタンスに関してもそうなのですが、グリップにもウィークグリップとストロング(フック)グリップがあります。

ドライバーやロングアイアンではストロンググリップで、ショートアイアンではウィークグリップと使い分けている方もいらっしゃるかもしれませんけれども、そうした使い分けをしなくて済むのであればそれに越したことはありません。

また、ストロンググリップでフェースをスクエアにしようとすると、通常よりハンドファーストにして意図的に振り遅れた状態を作ってやらないとスクエアにはなりませんし、ハンドファーストになる分ロフトは立って入ることとなります。

その場合、ただでさえボールが上がらないと言うロングアイアンなどで、よりボールの上がらない状態を作る訳です。

引っ掛けやすいショートアイアンでストロンググリップにする人はそれほどいないでしょうが、ショートアイアンでストロンググリップにすると引っ掛けが助長されますから、相当にハンドファーストにコンタクトしないとおそらく使い物になりません。



そうした面からもMOIマッチングを行い、シンプルにグリップし、シンプルなスイングをやったほうが良いと考えます。



MOIマッチングするといろいろな面でゴルフがシンプルになっていきます。

そしてそのことはゴルフクラブが本来求めていた姿なのではないかとおMOIます(^^






クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。 

今日は工房のお休みの日。

タケさんのラジオショッピングに影響され、サロマ湖までホタテツーリングに行こうと思っていたのですが、MOI弟子の羽鳥さんが新しい工房を作るのに頑張っていられる様子を見て、私も頑張らなくてはとおMOI、ツーリングを中止し新工房の建築作業を再開しました。


断熱はしっかり。
50mmのスタイロを大引きの間にいれ、更に50mmの根太を300mm間隔で。

根太の間にまた50mmのスタイロを張り込んでスタイロだけで計100mmにします。

母屋の床が冷たくて仕方がないのですが、母屋が建てられた40年前は床下断熱はほとんどされていない状況ですから、新工房はしっかりと断熱してやります。

スタイロだけで100mmってのはこちらでもかなり厚めで、効果が期待できますから、夏は涼しく、冬でも暖かい快適な工房になると思われます。

更にその上に30mm近いトドマツ無垢の床板を貼りますから、強度も断熱も問題なしかと。

ちなみにこれは床板を置いただけです(^^;;
でも気持ちよさそうですし、実際この上で寝転がってみたのですが、気持ち良かったです(´∀`*)



BoseIronFactoryですが、木のぬくもりがある工房にしたいと思っています。


まだまだ先は長いですが、MOIマッチングの合間に大工仕事をやっていって、早めの完成を目指したいですね。


ここが出来上がっても敷地の整備などもあるので、まだまだクラブMOIの聖地への道は長く険しいのです(^^;;

いろいろとやるべきことが多く、ほぼほぼテンパっているファルコンです(^^;;


さて、クラブMOI VS スイングバランス検証 その5は元研修生の今田さん編です。


まずは元データです。

今田元研修生試打データ元





今田元研修生試打データ

はい。3Iの飛距離が大幅に落ちています。

ゴルフフェアの時に収集した情報の中には、「クラブMOIマッチングしたら飛距離が落ちた」と言うプロの声がありましたが、今田元研修生もこの状態ではクラブMOIマッチングなんて使い物にならないと言う印象をお持ちになるのではないかとおMOIます。

飛距離が落ちた原因として1番にあげられるのはクラブMOIが適性で無いこと。

試打クラブのクラブMOIを2630kg-c㎡と言う低めのMOIとしたことで、振り心地が軽すぎていい形でインパクトを迎えていません。

MOI合わせの3番、7番の打ち出し角がバランスより高く、バランスのPWの打ち出し角が高い。
→スイングバランスのPWのクラブMOIは2609kg-c㎡と低い。

これ、クラブMOI理論通りの結果になっていますので、至極当然のことです。

MOI説明2
高いクラブMOIでは振り遅れるので1の位置で。
低いクラブMOIでは振りすぎるので3の位置で、
それぞれインパクトを迎えます。

打ち出し角が適正以上に高くなることで、キャリーとランの両方で飛距離が落ちる訳です。

PWに関してはバランスクラブよりMOIクラブのほうが適正MOIに近いので飛距離・打ち出し角等々でいい結果が出ていますし。


方向性に関しては統一されたクラブMOIによって改善の傾向が見られます。
改善と言っても標準偏差ですから、左右にブレていたものが左に統一されたと言う形ですが(高いMOIの3番バランスで左右距離が右に左に振れていたものが、MOI3番で左に統一されているのが分かりやすい)。


このことから今田元研修生も適正MOI(2660~2670位と推測)になってくれば一層の球筋の安定が見られることとおMOIます。



次回はいよいよスーパーゴルファーサンシャイン今野一哉プロのデータを見ていきましょう。

 

クローズドスタンスにすれば捕まる球が打てるのかもしれないけれど、番手によってクラブMOIが違うのだから、全番手でクローズドスタンスの度合いを変えなくちゃいけないことになり、ショートアイアンでは逆にオープンスタンスにしていかなければなりません。

クラブMOIマッチングすれば、そうした面倒からも開放されてゴルフ自体がシンプルになるのになぁ・・・。


まぁ、面倒なこと=ゴルフの楽しさだと思っている方はクラブMOIマッチングは必要ないですね・・・(^^;;←居るのか? 

先日のゴルフフェアのあとでクラブMOIマッチングの工房向けセミナーを行いました。

セミナーでは私達が持っているノウハウのほぼ全てをお教えし、実際にクラブMOIの違いによる球筋の違いなどを体感していただいた上で、実際にクラブMOIマッチングでクラブを組んでいただいた後に厳密な審査を通して認定となります。

 

今回認定となったのは、 千葉県市原市にある「ゴルフハーツ工房」さんです。

(ごめんなさい、写真等を撮るの忘れていました・・・)


圏央道市原鶴舞インター出入り口の交差点にあるゴルフハーツ工房さんですから、周りはゴルフ場がたくさんあります。

市原鶴舞のゴルフ場でラウンドしたあと、ゴルフハーツ工房さんにクラブ一式を預けて来れば、次に市原鶴舞のゴルフ場に来る時にはクラブMOIマッチングされた相棒となっているに違いありません。

ゴルフハーツ工房さんの住所は、
〒290-0515
千葉県市原市田尾127-5
となっておりますので、皆さんお近くに行かれた際は是非よろしくお願いいたします!!
 

御殿場のY様

メールでお返事差し上げておりますので、迷惑メールフォルダのご確認もしくは受信のドメイン設定を変えていただけますようお願い致します。

返信メールでお返事差し上げているのでアドレスも間違いないと思われますから、こちら側の設定や通信環境によるものでは無いと思われます。

よろしくお願いいたします。


ファルコンまつばら 

はい。
早くバランスVSクラブMOIマッチングの続きをやれと、各省庁から催促が来ているファルコンです(←弟子屈の町役場からは来てませんが)。

分かっちゃいるけどもう少し待ってくださいね。 なにしろ結構時間かかるので・・・(^^;;


さて今回はそんな忙しさにかまけて試打用(テスト用)の発注するのを忘れていたRODDIO UTのお話しです。 


RODDIOと言うとやはりぶっ飛びのFWが最初に思い浮かびますが、今回のUTはFWを凌駕する程の出来の良さです。

そのまま組んでも素晴らしいのですが、チューニング幅の広さで言ったら今までのRODDIOを遥かに凌ぐチューニング幅がありますから、きっちりとチューニングできる所で組んでもらうのが最善だといえるでしょう。


中にはいるんですよ。
シュリンクそのままでハッチを1回もあけることなく組み上げてお渡しするようなところも・・・。
(どこだとかは絶対に言いませんし言えませんし聞かれても答えませんが、「RODDIO買ったけど合わないから、ファルコンさん、MOIマッチングすれば良くなりますかね?」というような方が結構いらっしゃってそのクラブを見てみると、ハッチを開けた形跡すら無いという・・・)

もちろんほとんどのコンシェルジュショップはそんなこと無いとはおMOIますが。

ヘッドが45,000円、シャフトが20,000円と計65,000円と言うRODDIOの価格設定ですが、それに見合うチューニングが出来る所を探して組み上げてもらうことをお薦めするものです(BoseIronFactoryでも良いですが、他のクラブでMOIマッチングした実績が無いと適正MOIが分からないため組み上げ出来ませんのでご了承ください)。


で、その価格。
税別65000円、高いです。

でも、他のメーカーの高いUTでもそのくらいの値段のものはあります。
で、他のメーカーの高いUTにはどれほどのチューニング幅があるかというと、ほとんどのメーカーは個体差で指定するだけでそれ以外は全くチューニング出来ないものもあります。
同価格帯の他のUTを見てもスクリューがあったり無かったりするくらいで、ぶっちゃけチューニング幅としてはそれほどあるというわけでもなく・・・。

2017-03-17-11-55-35
2017-03-17-11-55-57
2017-03-17-11-56-05
2017-03-17-11-56-11
2017-03-17-11-56-29
2017-03-17-11-56-38
2017-03-17-11-56-55
2017-03-17-11-57-52
2017-03-17-11-59-45
2017-03-17-12-00-36

これだけの作りの良さ、精度の高さ、チューニング幅の広さを見てしまうと45,000円と言うのは正直バーゲン価格です。
もちろん私達工房にはもう少し安い値段で入ってくるので、RODDIO自体の儲けもそれほどありません。

こういうのを見てしまうとチューニングできないヘッドをそのまま接着しておしまいのヘッドは4,5○○円でも良いのではないかと思うくらいです。←また叩かれるぞ!!


MOIマッチングをやっていると、MOIマッチング自体で見た目はほとんど変わらないということもあり、モノの価値って何なのだろうと考えるときがよくあります。

RODDIOの場合、チューニング幅と言う、見えない部分で付加価値を大きく上げることが出来るという点でMOIマッチングに共通した部分があるというのもRODDIOに惚れ込んだひとつの要因なのかもしれませんね(^^



発売は5月15日。
5/14出荷になるでしょうから、ここ弟子屈にヘッドが到着するのは16日になると思われます。その上1本きっちりとチューニングするのに2~3日はかかりますから、その頃のMOIマッチング作業が無くて暇を持て余していたとしても、5月20日前後のお送りになります。


1日も早く使いたい方は15日に受け取れるような工房さんで頼むことをお勧めします(^^;;←ヲイヲイソレデイイノカ!?

2017-04-11-08-47-47
M1 194.5g
(MOIマッチングでのヘッド調整済み)

2017-04-11-08-48-04
M2 194.0g
(MOIマッチングでのヘッド調整途中)

シャフトは全く同じ(1本のシャフト)を使っています。


スイングバランスで考えるとM2のほうが少し低く出る事になり、M2がC9.5、M1がC9.7となりました。

ところが・・・。

image
こちらがM2


image
こちらがM1
 クラブMOIを測ってみると、上記のようにヘッド重量が軽いM2のほうがクラブMOIは高いんです。


2~3程度でしたら誤差とも言えるのでしょうが、20kg-c㎡も変わってくると誤差とは到底言えません。(なんちゃってMOIの中にはこのくらいの誤差があるものも多いですが)


その昔、有名ゴルフギアライターの方と対談をした時にその方が「重心距離などの違いがMOIには反映されないから・・・」 おっしゃっていたのですが、奇しくもそのことを反証する結果になりました(^^;;


先に上げたM1のスライダーの件に関してもですが、クラブMOIは奥が深いですね(^^

日々是精進です。もっともっと頑張ります(^^;; 

2つのスライダーでの調整機能を持つM1。

ドロー側、フェード側での横のスライダーだけでなく球の上下をコントロールする縦のスライダーも重要な役割を担っています。




横のスライダーは重心距離をコントロールするだけでなくクラブMOIも大きく変わって来るのは分かっていたのですが、縦のスライダーに関しては今日ちょっとした発見がありました。

球が上がるポジション(深重心)にすると、重心がシャフト軸線上から離れるのでMOIが高くなるのだろうと単純に考えていたのですが、実際には逆に低くなったのです(^^;;

クラブMOI理論上は球が上がるためにはMOIが低くなる必要があるのである意味当たり前なのですが、思い込みというものは怖いですね(^^;;

実際に縦のスライダーを動かし、「ほらMOIが高くなったでしょう?」と言おうとして、「え?逆に低くなってる?えぇ!?」となり、よくよく見てみたのが上記の写真です。

よく見てみると分かるのですがシャフト軸線上からは離れますが、スライダーのバットからの位置はソールがラウンドしている分短くなっているんです。

だからスライダーをHighの位置にするとMOIが低くなると言う・・・。


まだまだ学ぶべきところはあるのだなぁと感じ、これからも日々研鑽を積んで行かねばとおMOIました(^^;;


理論とは対象となる事象の原因と結果の関係を合理的に説明する論述。
思い込みやイメージで考えたとしたらそれは理論ではありません。

そのことは私自身が1番気をつけなければいけないのですが・・・(^^;;

結構前から敬愛するタケ小山さんが「4月に網走まで行くよ〜」と言われていたので女満別空港で出待ち中です(^^;;

タケさんにご紹介したいコースや観光していただきたいところ、食べていただきたいものなどは沢山ありますが、お忙しいタケさんがリタイヤしたあとには(なかば冗談だとはおMOIますが)弟子屈のウチの隣に家を建てて週イチで漁師をするとのことですから、それはその時までとっておきましょう(´∀`*)


と、書いたころに飛行機は到着し、差し入れの美幌の肉まんを差し入れさせていただきました(^^;;

点香苑の肉まん!

旨いものだらけのHKDにあってその旨さとデカさ、そして圧倒的なコストパフォーマンスによって常に行列の絶えない人気肉まん店のバカウマ肉まんです。




着陸の少し前に空港に着いて出待ちして、出てきた所で肉まんをお渡しし、握手と現状報告をした後にお別れしましたが・・・。
(もちろんその場で食べるわけにも行かないので・・・)



タケさん肉まん

非常に美味しいと、タケさんのFacobookだけでなく、メッセージで直接言っていただけたので、往復150キロの道のりを行った甲斐があるものというものですね(^^



タケさん!!

気に入っていただけたようで何よりです!!


↑このページのトップヘ