ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

2017年12月15日 BoseIronFactoryは拡張移転しました。
弾道計測、シミュレーションゴルフも出来る、道東で一番の設備で皆様のお越しをお待ちしております!!
なお、MOIマッチングを伴わない作業はどんなにお金を積まれたらやりますが、あまり積まれなければ(縦に立たない限り)やりませんのでご了承ください。
MOIマッチングのご依頼・お問い合わせはseabose@me.com
までお願い致します。

ゴルフフェアでは多くのクラブが展示されています。
それぞれのクラブにそれぞれ素晴らしいポイントがあり、甲乙つけがたいです。
ですが、そのほとんどのクラブが似たように見えてしまうというのは正直なところ。

このあたりは私自身がゼロからゴルフクラブを自分で開発しているからですが・・・。


BoseIronFactoryの開発するゴルフクラブの基本コンセプト、それは他のクラブと比べた際にBoseIronFactoryならではの明確に優れた部分をつくることです。


Bose Iron Factoryは私一人の世界最小のゴルフクラブメーカーですから、他のクラブメーカー必死になって競い合っている部分に関しては太刀打ちできません。

例えば飛びの部分や、スピン量などです。

ドライバーだけでなく、昨今はアイアンでも飛距離を求める傾向がありますが、Bose Iron Factoryとしてはこの部分にはあまり興味はありません。
ウェッジで言えばスピン量に関してもあまり興味はありません。

スピン量に関してはそれぞれの番手でそれぞれに適正なスピン量があればいいと考えていますし、アイアンに於いての飛距離性能に関してはほぼ興味は無く、番手間で適正な飛距離の階段が出来ること。

それが何よりも大切だと考えています。


明確に優れた部分というのは、例えばアイアンとウェッジでも違っていて、HAYABUSAウェッジの場合は「抜け」が、開発中のHAYABUSAアイアンの場合は「どのようなライからでも安定した飛距離」がその明確に優れた部分です。

IMG_2050

IMG_2035

HAYABUSAウェッジの抜けに関しては既に多くの方々に実際に感じていただいていると思いますが、HAYABUSAアイアンの「どのようなライからでも安定した飛距離」というのがどういったことかをお話しして行きましょう。

アイアンの本質を考えていくにあたって、まずアイアンは飛距離の階段を明確に作ることが必要なクラブであるとファルコンは考えています。

5番アイアンで170ヤードだったら6番アイアンで160ヤード、7番アイアンで150ヤードと言った形で、飛距離の階段を作る事自体はそれほど難しいことではありません。

ただし、ライが変わると飛距離も変わりますよね?
その最たるものがフライヤーです。

フライヤーしないアイアンというのは今までのゴルフクラブの常識から言ったらまず無理なことではあります。
でももし本当にフライヤーしないアイアンを作ることが出来たら、ラフでもフェアウェイでも飛距離差が無くなる事になりますから、スコアがまとめやすいアイアンを作ることが出来ます。


更に突っ込んで考えていくと、ラフの長さやラフの状況に於いてフライヤーでどの程度の距離が伸びるかが一定でない以上、「一律10ヤード伸びるから1番手落とそう」という事は無理でしたが、フライヤー自体しないアイアンを作ることが出来たら、そうした問題も解決することとなります。

それって実は凄いことなのではないかと(^^;;



はい。実はHAYABUSAアイアンのプロトタイプでテストを重ねた結果、根室GCのような鬼のようなラフからでもフライヤーしないアイアンが出来ています。

長くなりましたので、今回はこのへんで・・・。

次回はフライヤーのメカニズムとその対処をHAYABUSAアイアンでどのようにして解決しているのかをご説明していきます(^^

少し前に入庫したRODDIOのドライバーで実際にあったことなのですが、リシャフトされたものの入庫でした。

何でリシャフトされているのかって分かったかと言うと、RODDIO純正のソケットでなかったのと、RODDIOのホーゼルに抜いた痕が残っていたから。

RODDIOのドライバーホーゼルってアルミで出来ていますので、強い力をかけると痕が付くのです。




可変ホーゼル


RODDIOの場合リシャフトする際にはシャフトを抜く際に熱をかけるのでホーゼルを新しいものに変更する必要があります。
シャフトを抜く際の熱は、当然ホーゼルの接着剤にもかかってきます。
といいますか、シャフトとホーゼルを接着しているところよりも前にホーゼルの接着部分があるのでより高い熱がホーゼルとヘッド本体にかかることになりますから。

当然RODDIO純正のホーゼルはRODDIOコンシェルジュでしか手に入りませんし、サードパーティ製のRODDIO用ホーゼルはありませんから、RODDIOコンシェルジュ以外でリシャフトをした場合、ホーゼルを抜かずにリシャフトすることとなります。

今回入庫したものは古いシャフトだけ抜いてホーゼルはそのまま抜かずに利用するという、一番最悪なパターンでした。

ちなみにですが、RODDIOのホーゼルを抜く場合ですが、ホーゼルを傷つけずに抜くことはまず出来ません。
ホーゼルを活かして抜くにはソケットを活かして抜くのとほぼ同じ方法で抜くことが出来るはずなのですが、アイアン等と違ってネック部分が非常に短いので、実質ほぼ不可能と言っても良いです。

実際にホーゼルを抜くこと自体もかなり大変な作業を要しますし。



ですのでRODDIOコンシェルジュ以外でリシャフトするのは安全面から考えても(いくら安くても)絶対にNGです。
実際にヘッドが外れてシャフトにホーゼルが付いた状態で入庫したクラブもありますし。


RODDIOの場合、安物買いの銭失いは本当です。
チューニング幅が広い=オークションや中古ショップで買ったものはほぼ100%合いませんし、RODDIOコンシェルジュの最大の売りはアフターケアだとRODDIO自身も言っていますし。



続きを読む

IMG_2935

ゴルフプライドもひでぇの作るなぁ・・・。

ということでは無くて、一番下のが本物のCP2Wrapで上の2本はニセモノです。

ロゴが滲んでいるものは問題外として2本めの物もロゴのフォントが違いますよね。


IMG_2936
これも一番下が本物なのですが、色合い的には1番上もまぁまぁ近いかな。


IMG_2937
これは右が本物で左がニセモノです。
ニセモノの方は3本の白線が少し短いし、色入れが雑です。
(グリップが太く見えるのは本物がカットして抜いたダミー用だからです)

IMG_2938
グリップエンドの厚みが全く違います。
そのためニセモノは本物よりも20~25kg-cm2ほどクラブMOIが高く出ます。

また、グリップエンドの太さもニセモノのほうが細いです。

IMG_2939

ニセモノのほうが全体として細いですね。


IMG_2940

移出整形のヘソの部分が雑です。
普通に握って分かる程では無いかもしれませんが。

IMG_2941

こちらは本物のヘソです。
キチンと研磨してあるので、握ってもわかりませんね。

IMG_2946

シュリンクもされていて、シュリンクで見分けるのは難しいですね。
(下は新製品のツアーベルベットラバーのプラス4)


IMG_2942

一番の違いですが、キモとなるコントロールコアが無く、グリップエンドの青いゴムがあるだけです・・・

まぁ、この違いは外見上は分かりませんので、細かい部分の違いで見分けるしか無いでしょう。



CP2Wrapに限らず、確実な見分け方をお教えしましょう。

それは価格です。

CP2Wrapなら1本800円を下回ったらほぼ確実にニセモノです。
ニセモノが多いND-MCC(マルチコンパウンド)でしたら1本1,000円を切るものはほぼ確実にニセモノです。

写真は本物の写真を持ってくればいいだけの話ですので、写真では見分けはつきません。
ヤフオクなどで恒常的に上記の値段よりも安値で出しているものはほぼ間違いなくニセモノと考えていいでしょう。


ニセモノはコントロールコアが無いように、性能的にも酷いもんです。

安いほうが良いという気持ちは分かりますが、ニセモノを使うこと自体がマナー違反ですから気をつけないといけませんね(^^;;

決してニセモノを掴まされないよう、ご注意くださいね。

配達範囲

明日は終日ゴルフフェアで会場におりますので、ファルコンまつばらが本当に存在しているのかどうか確かめに来てくださいね(^^


というのはオイトイテ・・・


上記の地図はBoseIronFactoryから半径150キロくらいのところを◯で囲んだものです。

これが何を意味するかと言いますと・・・。


新規組上げクラブ等の配達範囲です(^^

半径150キロというと根室や帯広も含む広範囲ですので、「まぢにそんなところまで配達してくれるの?」ってお思いでしょうが配達しちゃいます!!


と言いますのも、ファルコン自身がドライブ好きなので配達にかこつけてこのくらいだったら行っちゃうのさ!!という感じです(^^

時間指定は昼くらいから夕方にかけての割と大雑把な感じでしか出来ませんのでその旨ご容赦いただければと。



誠に勝手ながら、ゴルフフェア等での出張のため、明日(3月20日)から3月25日までBoseIronFactoryでの作業はお休みとさせていただきます。

メール等でのお問い合わせ、作業ご予約などは行いますが、お返事等が遅れる事もございますので、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

なお、ゴルフフェアへは金曜日は終日おりますが、土日は行ったとしても滞在は数時間になると思われます。
会場で見かけた際はお気軽にお声がけください。

(見た目と違って打たれ弱いので石や罵声は投げかけないようにお願い致しますm(_ _)m)

昨日入庫して、今日MOIマッチングを開始したアイアン型UTのお話です。

DG-AMT BLACKの4番用を挿してあるUTでそれほど長く作っていないのにバランスはD3.1という状態だったので予想はしていましたが、ヘッドを抜いてみて「あらやっぱり・・・」という状況。

シャフトからリードパウダー(鉛粉)が出るわ出るわで、リードパウダーが13g弱も入っていました。


IMG_2932

このクラブは友人からの戴き物だということですが、高いお金出して手放すしかなかった前のオーナーさんが可哀想に思えてしかたがありません。

せっかく良いクラブなのに、このように13g弱ものリードパウダーを入れるということは、DG-AMTというウエイトフローして長くなるに連れて軽くなるシャフト、A-GRAINDという良いヘッドの性能をスポイルする方向で組上げているんですから・・・。

特に重量帯別になっているDG-AMTの場合、13g者リードパウダーを入れるのであれば、通常のDG-AMTでもDG-AMT TOUR WHITEでも全く問題なく、むしろ軽いくらいですから、わざわざAMT BLACKにする意味なんて全く無いんですから。

そう考えるとバランスを出すためだけにリードパウダーを入れていると言うことは明白であって、スイングバランス有りきということになります。
せっかく選んだAMT BLACKというシャフトも全く意味は無く、単に降りにくくなるだけです。


他の工房さんを否定するようなこと、他の工房さんの考え方を否定するようなことは書かないようにしようと思っていましたが、この13gというのを見るとあまりのレベルの低さに怒りを通り越して、悲しさがこみ上げて来ます。



皆さんにはそうした無駄なお金を使って欲しく無いので、禁を破って敢えて書かせていただきました。

IMG_2934
写真だと大した量には見えませんが、実際にシャフトの中に入ると雪崩のように出てきます。

NewHAYABUSAウェッジの嬉しい感想を頂いておりますので、ご紹介させていただきますね(^^

「ハヤブサウェッジはもうすごい!
54度が届くまでに行ったラウンドで、56度で冬芝なんですけども、チャックリなく、なんとも気持ちいい感じで打てますね。
これはもう市販のウェッジは打てません!
早く夏芝で打ってみたいです。
M425も作ってもらってなんなんですが、M425のグース感でファルコンソールなんてウェッジがあれば完璧じゃないか、とグース好きの僕は思ってしまいます。いやぁ、ファルコンソール、おそるべし!!!」

IMG_2050
IMG_2035



50度、52度、54度(SWベース)、56度、58度在庫ございます。
お買い求めはBoseIronFactoryWebShop
https://longiron.net/
からお願い致します。

IMG_2050
IMG_2057-2
IMG_2052


New HAYABUSAウェッジの写真を撮ってみました(^^


カッコいいだけじゃないんです。

カッコ良いのは性能を追求した結果、たまたまカッコ良くなってしまったとも言えますので、実は設計・製造字にカッコ良さはホント二の次三の次でした。

HAYABUSAというとBoseIronFactoryファンの方にはHAYABUSA LimitedForgedがお馴染みかもしれませんが、HAYABUSA LimitedForgedの性能を100%とすると、こちらのNewHAYABUSAは95%くらいのところまで追求しています(MOIマッチングの部分は除き、ヘッド本体での性能のイメージです)。

価格はLimitedForgedが128,000円なのに対して、こちらのNewHAYABUSAは高い方のMODUSでも
34,000円ですので、4倍弱の価格設定です。

5%を追求するために4倍以上の手間暇と技術をかけているLimitedForgedはファルコン的には本当に究 極のウェッジであると自負していますが、高いのも重々承知しておりますので、一人でも多くの方に MOIマッチングの物理的考え方が無ければ作ることの出来なかったこのHAYABUSAの凄さを感じて頂け ればと思っております。

ロフト設定も48、50、52、AW54、SW54、56、58と非常に豊富なバリエーションとなっています。
(48度は5~6月発売予定、54度AWは欠品中で5~6月入庫予定)

50度、52度、56度、58度に関しては在庫もある程度ございますが、一度欠品すると2~3ヶ月はお待ち 頂く事になりますので、在庫のあるうちにBoseIronFactoryWebShop(←クリッククリック!!)からお 買い求めください(^^

FullSizeRender
FullSizeRender
   


うむむ。

単に「これ組みました〜(^^)」
って感じのブログ、私個人が見てつまらないのであまり書いてませんが、ちゃんと仕事はしてますので半ば生存確認の意味を込めて(笑)

RODDIOクリークRソールのファルコンチューニングバージョンです。

Rソールの方向性、抜けの良さはそのままにテイクバック時の引っ掛かりを無くすソールチュー二ングです。
削った分ソール重量は軽くなりますが、スクリューやタングステンシートなどで幅広い重量調整が可能なRODDIOならではのチューニングと言えるでしょう。

こんな大胆なチューニングを許してくれるRODDIOに感謝!!




IMG_2854


IMG_2841
雪の中外回りして疲れた弊社取締役営業部長と宣伝部長(^^)
起こすんじゃにゃいにゃ!

IMG_1969


大変ご好評を頂いているNewHAYABUSAウェッジですが、多くの方のご希望により、新ロフト48度を製作する方向で考えております。


IMG_1970

ロフトを変更するとソール形状が変わってくるので、曲げた場合は再研磨をしなければその性能を発揮することは出来ません。

そのためHAYABUSAの場合は最上級バージョンのLimitedForgedを除き、48度には対応しておりませんでしたが、多くのご要望をいただきましたので、専用設計にて48度の製作をすることに致しました。

これから作るので2~3ヶ月はかかるとおMOIますが、48度でもHAYABUSAの性能の全てを発揮できるよう製作致しますので、よろしくお願い致します!!

↑このページのトップヘ