ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

2017年12月15日 BoseIronFactoryは拡張移転しました。
弾道計測、シミュレーションゴルフも出来る、道東で一番の設備で皆様のお越しをお待ちしております!!
なお、MOIマッチングを伴わない作業はどんなにお金を積まれたらやりますが、あまり積まれなければ(縦に立たない限り)やりませんのでご了承ください。
MOIマッチングのご依頼・お問い合わせはseabose@me.com
までお願い致します。

いち早くクラブMOIマッチングに着目したプロゴルファーである、本夛真茂プロ。通称マモさんのクラブセッティングです。




アイアンばかりで変態的なセッティングですが(笑)、プロでもウッドが苦手な人は実は多いんです。

アイアンとウッドでは構造が全く違うので、重心距離や重心深度が違います。

その違いに対応する能力が高い人に関しては問題ないのですが、その違いにシビアな方はクラブMOIマッチングを行っていても違和感が払拭出来ません。

それはプロだからとかアマチュアだからという理由ではなく、誰にでもあり得ることです。


零式


ちなみにこちらが本夛プロ使用の0番アイアン「零式」です。

かなり前から使ってもらっていますので、現行の零式では本夛プロと同じシャフトはもうありませんが、逆に最新のシャフトでの製作が可能です。


Fi-0
こちらが使用アイアンの共栄ゴルフとのコラボモデル、ZESTAIM Fi-0CB LimitedForgedでBoseIronFactory以外では入手不可能なモデルになっています。

共栄ゴルフからZEATAIM Fi-0CBとして発売された限定モデルを、BoseIronFactoryの技術と経験を元に様々な部分を変更しています。

その変更点は現在最終段階に来ているHAYABUSA Ironにも通じる部分もあるんですよ(^^


是非御覧くださいね!!



ファルコンに信頼を寄せてくれている三木プロが三木プロTVでMOIマッチングの解説を始めてくれております。

三木プロだけじゃイマイチ説明できないってことで、本夛プロと今野一哉プロも参戦してのMOIマッチング徹底解説!!

より詳細な解説を聞きたいということで私ファルコンも緊急参戦!!
(でもまだ第一弾では出てきません)

HAYABUSA Iron最終試作が上がってきました。

1番から10番までのフルラインアップでの試作です。


IMG_4172

IMG_4174


ここから多少の形状変更をし、番手表示をロフト表示に変更して量産に移ります。

既に多くの方からご予約を頂いていますが、完成までもう少しお時間を頂きますのでご了承ください。

お盆休みに北海道にいらっしゃる皆さんへお願いです。
札幌などの大都市の中心部から少しでも離れるとエゾシカやキタキツネなどの野生動物を見ることも多いです。
道東や知床などではタンチョウやヒグマを見ることもあるかもしれません。

そうした野生動物を見ても、決して近づいたり、餌を与えたりしないで下さい。

餌を与えることはもちろんですが、近づいて動物が人馴れするだけでもそれらの動物は人里に降りてきます。
人里に野生動物が降りてきて良いことは何もありません。

ヒグマは人里に降りてくると人を襲う可能性が高いので「確実に殺されます」。
キタキツネも人馴れして道路に出てくるようになったキタキツネは車に轢かれて死ぬか、自分で餌を取れなくなって死にます。

エゾシカも車に轢かれる事故は多いですし、轢かれたエゾシカはジビエとしては使えない(内臓破裂で死にますから食用にはならない)ので捨てられるだけです。

近づいたり、餌を与えることは動物にとっても、人間にとっても何ひとつ良いことはありませんので、どうか近づかない・餌をやらないということだけは守っていただきたいと思います。


このリンクを見て、それでも野生動物に近づきたい・餌をやりたいと思う方はきつい言い方をしますが、北海道には来ないで頂きたいです。

よろしくお願いいたします。

ヒグマ革パターカバー1
ヒグマ革パターカバー2
ヘッドカバー生成り

ナイフ1


ナイフ5

BoseIronFactoryは常にオンリーワンの製品を考えていますので、基本的にBoseIronFactoryでしか手に入らないモノが多いです。

その中でも弟子屈ならではのものとして、エゾシカやヒグマ革製品などが上げられるのですが、弟子屈町のふるさと納税返礼品にそれらをエントリーすることといたしました。


ヒグマの革で作ったパターカバーなんてものは、日本広し猫ひろしといえども(聞き流して下さい)作っているのはBoseIronFactory以外には無いので、ふるさと納税の返礼品としても(採用されれば)初ということになるでしょうね(^^

今日はグリーンにする部分の作業。

グリーンの下にひく砂を10立米以上運び、レーキで均す作業。

最初は一輪車で地道に運んでいたけれども、果てしない作業が故に、お隣の酪農家さんからタイヤショベルをお借りして重機による作業に変更しました。

重機を使うと効率はものすごく上がるのですが、重機の重さでせっかく生えてきた芝が痛んで枯れてしまうのが嫌だったのですが、背に腹は変えられません。

枯れたらまた種から育てることとして、重機による作業としました。


明日は入れた砂に肥料と土壌改良材を入れ込んで平坦にした後に転圧。

転圧が上手く出来ればグリーン用の芝の種を蒔くところまで出来たら良いなぁと。

ちなみにグリーンの芝はクリーピングベントグラスのCY-2をメインにして全英オープンと同じトールフェスクを混播するというパターン。

目の詰まった低刈りにも対応するCY-2に全く逆の性質を持つ、目が荒くて芝高も高いトールフェスク(しかも法面緑化用のトールフェスク)を混播するというのはちょっとした賭けですが、楽しみでもあるわけです。



すみません、今日は写真を撮る余裕も全く無かったので、文字だけです。

これからフルセットを1つMOIマッチングします。

ヒグマ革パターカバー1

ヒグマの革で作ったパターカバーです。

ヒグマの皮は本当に希少で、狩猟を職業としているハンターさんでも一生のうちにヒグマを撃つことはそれほど多くはありません。
撃ったとしても毛皮にしてご自身の狩猟生活の証とされる方が多いので、こうして鞣される事はほとんど無いといってもいいです。

このパターカバーは、弟子屈町のふるさと納税返礼品としてエントリーしますが、通常の販売価格でも48,000円とかしますから高額と言えば高額です。


零式
零式(0番アイアン)

ロフト12度、ドライバー用のカーボンシャフト装着専用の8.5mmホーゼル。



LDI-1
LDI-2
L.D.I.Project-X

ロフト8度、一般市販アイアンとしては世界一ロフトの立っているアイアン。

50D-00001740
9211-2

HAYABUSA LimitedForged
全てに於いて一切の妥協なく製作している究極のヌケと究極のスピンを誇る超絶ウェッジ。
1本128,000円。


BoseIronFactoryで製造しているモノは高額な製品も多いです。


アイアンにしても、ウェッジにしても、ヒグマ革製品にしてもですが、こういう事書くと叩かれるのかもしれませんが、高いと思うのであれば買っていただかなくても大丈夫です。

ただ、どれも他では絶対に手に入らないモノであることも確かですし、それぞれにその価格以上の価値があるのも間違い無いところです。


世界中探してもBoseIronFactoryでしか手に入らないモノ。

その価値を分かって頂ける方でしたら、決して高いと思うことは無いと思っております。

ありがたいお話ですが、ダントツのトップ通過はオーナーの実力ですので(^^

ということでHAYABUSAウェッジの感想を頂きましたので、掲載させていただきます。

なお、本日は定休日ですので、メールなどのお返事その他は明日以降とさせていただきます。
何卒ご了承下さいませm(_ _)m


IMG_2038



~~~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~~~

お忙しいとは思いますが、ウェッジの感想とお礼を言いたくご連絡しました!

ハヤブサですが最初は抜けすぎて距離感がなかなか合わせづらかったのですが、アプローチ練習場で芝の上で使い込んで慣れてくると、恐ろしいものを手にしてしまったことに気づきましたw

所属クラブはニラのような茎の太い芝とティフトンが混じっているラフなのですが、全く突っかかることなく抜けていきます。
今までは芝の状態を見ながら抜けを作って行くようなアプローチが必要だったのですが、勝手に抜けるのでストレスフリーでアプローチできます。

そして本日、クラブの理事長杯予選だったのですが、まさかのフルバックからベストが出て独走で予選通過できました!

初めてハーフ潜れました!

パット数28だったので、間違いなくハヤブサ効果出ています!ショートゲームに自信が出るとショットもそこそこでいいと言う安心感から力が抜け、全体が良くなりました!

もう、ユーザーから沢山の感想や感謝の言葉を貰われていると思いますが、私からも感謝の言葉言わせてください!
ありがとうございました!
スコアの半分はMOIマッチングとハヤブサ、ファルコンさんのおかげです。ゴルフがもっと楽しくなりました!

練習がんばって来週の決勝もいいプレーをしたいと思います!

お忙しいところ失礼しました!これからもよろしくお願いします!



~~~~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~~~

ちなみにこちらのお客様は、現在WebShopでも販売している、NewHAYABUSAウェッジのAWのとSWをシャフト&MOIカスタムにて組み上げました。
現在ご利用のシャフトにして、更にはMOIマッチングすることでHAYABUSAウェッジの本当のヘッドの性能の違いが分かりやすくなりますし、HAYABUSAの究極と言えるヌケの良さを最大限に引き出すことが出来るようになっていきます。

BoseIronFactoryへのお問い合わせで携帯電話やタブレットからのお問い合わせをされる方の中で、メールの受信設定がされておらずお返事が出来ない方が最近また増えてきました。

頂いたお問い合わせにはキチンとお返事したいということから、2~3行の要件だけのお問い合わせでも10行20行のお返事を差し上げておりますので、1通のお返事をするのに15~30分はかかります。

そうして精一杯お返事して、よし!!メール送信!!

すぐにメーラーデーモンで送れなかった時の悲しみたるや、にゃんずが捕まえてきたネズミの死骸を知らずに踏んづけてしまったくらいの悲しみに打ちひしがれるものであります(泣)

もしくはせっかく一所懸命に土地を耕して肥料撒いて芝の種蒔いて、せっかく芽が出てきたのにエゾシカのヤローが「新芽美味しいぜ!!パクパクムシャムシャ」というのを発見してしまった時の悲しみにも似ています(号泣)

ということで、どうかお問い合わせの際にはseabose@me.comからの受信ができるようにしてからお問い合わせ下さい。

よろしくお願いいたします( ´ ▽ ` )ノ


大切なことなのでもう一度書きます!!

どうかお問い合わせの際にはseabose@me.comからの受信ができるようにしてからお問い合わせ下さい。

よろしくお願いいたします( ´ ▽ ` )ノ

クラブの試打やシャフトの試打で好結果が出たからと言って安心してはいけません。
同じヘッド、同じシャフトで組み上げても、クラブMOIまでは同じにはなりません。

試打で良くても実際に打ってみると「あれ?なんか違う」ということはいくらでも起こります(^^;;

Ver.2015-2WebShop
Ver.2015-1WebShop


例えば零式の場合ですが、ヘッド重量はプラマイ0.05g(0.1gの誤差)まで落とし込み組み上げをしますが、同じシャフトで同じグリップ、同じ長さ(42.5インチ)でもクラブMOIの公差はプラスマイナス20kg-c㎡程度は普通に出ます。

プラマイ1~2gのドライバーヘッドなどをMOIらずにそのまま組み上げるとMOI値でプラマイ40kg-c㎡程度は出てきますから、別物と言っても良いかとおMOIます。

みなさんも「ヘッドもシャフトもグリップも同じで組んだのになんか違うんだよなぁ・・・」ということはよくあると思いますが、その事を「ご自身のスイングが悪いから」だとか、「試打の時は体調が良かったけれど今日は疲れてるのかなぁ」とかMOIとは違う理由をつけていないでしょうか?

特にスイングバランスだけを合わせる事をすると、ホーゼル内に鉛を入れたらグリップを重くするということでいくらでも調整出来てしまいます。

かりにそうやってスイングバランスを試打クラブと同じにしたとすると、(MOI以外の)スペックは同じでも全く違うクラブになります。


購入したショップでも「試打クラブと全く同じスペックですから」と説明せざるを得ないでしょうから、「なんか違うなぁ?」と感じてもご自身が悪いから違うように感じるということになってしまう恐れもあります。


こうした事はとても残念ではありますが、MOIマッチングがもっと普及して皆さんに知られていくにつれて少なくなっていくと思っていますから、もっともっと頑張って普及させていかなければいけませんね(^^;;

↑このページのトップヘ