ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

2017年12月15日 BoseIronFactoryは拡張移転しました。
弾道計測、シミュレーションゴルフも出来る、道東で一番の設備で皆様のお越しをお待ちしております!!
なお、MOIマッチングを伴わない作業はどんなにお金を積まれたらやりますが、あまり積まれなければ(縦に立たない限り)やりませんのでご了承ください。
MOIマッチングのご依頼・お問い合わせはseabose@me.com
までお願い致します。

アイアンの重量フローは7gピッチじゃないといけないというのは、スイングバランスを合わせやすいと言うだけの理由なんです。

そこで精度がどうとか言っても、クラブMOIマッチングはもっともっと上のレベルにいるので、ぶっちゃけどうでもいいんです。

本当に申し訳ありませんm(_ _)m


実際にMOIマッチングする場合、一般的に精度が高いと言われている0.5gどころかプラマイ0.05gで最後の加工をしてから組み上げます。
(実際にどのような重量フローとするかはMOIマッチングのキモの部分ですのでお知らせすることはしておりません→その重量フロー(だけ)で簡単にできると思われると結局はお客様に迷惑をかけることになりますので)

それでも0.1gも違えばMOIマッチングにとっては大きな違いですから、シャフトの公差や長さの0.1mm単位での調整と合わせ技にして最終的にMOI値を合わせていきます。

ヘッド単体の状態でも10倍の精度までにして、更にはシャフト重量公差や長さまでも本当に細かな調整をした上でMOIマッチング組み上げをするので、一般的な工房さんでの組み上げに比べて恐ろしいほどの手間と時間をかけています。


IMG_4031
IMG_4030

今回更新を行った試打スペースですが、ようやく発芽して、だいぶ伸びてきました(^^

今回更新を行った部分だけでも約1,000坪。
砂を入れようと思いつつもスプレッダー(蒔く道具)では水分を含んでいると詰まってしまって播けなかったので、キチンと砂or土をかけてやらなければ発芽しないんですが、種を蒔いた後にレーキで表面の土を引っ掻いてやることでなんとか発芽のスイッチを入れることに成功しました(^^

ただ、まだまだまだらになっていますので、発芽が少ない部分に関してはタネの追い蒔きが必要ですね(^^;;


IMG_4029


一方で工房横のスペースはというと。。。
写真のようにかなりいい感じで生えてきています。
こちらも発芽が少ない部分はありますが、土だった部分の9割位は生えてきているので、刈れる程度まで伸びてきたらタネの追い蒔きでイケると思います。

晴れてある程度気温が上がってくれたら一気に加速するんですが、出来れば25度くらいまででお願いしたいところです(^^;;
(7月30日31日の予報は29度と30度。年に2~3回は30度になる日がありますが、そこまで上がらなくて良いです)



全英オープンをずっとリアルタイムで見ていましたが、見ていて追々2グリーンにしたい欲求が・・・(笑)

ひとつはニューベントのCY-2を中心にして、ケンタッキーブルーグラスも混播した割とフラットな高速な砲台グリーン(12フィート目標)。
もうひとつはトールフェスク(フェスキュー)を中心としたポテトチップで10.5フィートくらいの全英的なグリーンです。

トールフェスクのほうに関してはなるべく大きめのが良いと思うんですが、基本ほとんどの部分がトールフェスクなので、特に造成はせず、敷地の奥のほうに作れないかとちょっと思案中です(^^


試打スペースイメージ

GoogleMapが全然更新されないのでアレですが、イメージとしてはこんな感じでしょうかね(^^


まだまだ先は長いですが今年の秋までにはなんとか形にしたいですね(^^

さて、グリーン予定地のほうですが、こちらもなかなかに難儀しております。

夜のうちにグリーン予定地の上をエゾシカさんたちが走り回って造成したところが崩れて来ていますし、グリーンの床にする砂は確保してあるものの、砂に混ぜるパーライトやピートモスなどが入って来るのは7月末になります。

その前にやらなくてはいけない作業もたくさんあるのですが、砂が流れ出ないようにこんなのを使って流出を食い止めたりします。

IMG_4007

フェルトのような見た目ですが、れっきとした土木資材で、水はバシャバシャ通すけれども土や砂は通さないと言う、土砂崩れの防止などに使われるもの。
椰子の繊維で作られたものもあるんですが、今回はより施工のしやすいフェルトっぽいバージョンにしてみました。

これをIMG_3952
この堤防に杭で固定してやる事で、砂の流出を防いでくれます。

砂の流出を防ぐには帆布を使うパターンもあるんですが、帆布は高いですし、こっちならバンカーの底にも使えると思いこちらにしました。

そして肝心のグリーンの芝の種類ですが、ベントのCY-2という種類を中心にトールフェスクやケンタッキーブルーグラスも少し混ぜた形にします。
グリーンもスコットランドリンクスと同じ状態にしたいのですが、こちらでも良く使われているペンクロスに比べCY-2はダラースポットもブラウンハッチも出来にくいというメリットがありますし、低刈りによる速いグリーンにも対応したニューベントになります。
弟子屈がスコットランドリンクスと唯一違うのは冬の寒さと雪ですので、その点を考慮すると値段以外の部分で1番最適なのがCY-2になると思われますので。


IMG_4011



まだまだ先は長そうですが、じっくりやっていきましょう。

トトロ、早よ来て〜(^^)

と思いながら毎日芝の成長を見ておりまふ。

工房裏の狭いスペースのほうはというと、
IMG_4002
昨日はこんな感じでしたが、



IMG_4004
今日はこんな感じに(^^)

このトトロ、ちゃう、このところ毎日ジリ(=蝦夷梅雨、濃霧からの霧雨)のような天候が続いていて、発芽は順調なれど雨で表土が洗い流されて小石が浮いて来ています。

もう少し芝の芽が強くなってきたら表面を優しく熊手でかいてやれば細かい石は除去出来るかと思います。



一方で地獄のバンカーがあるほうは・・・


IMG_4006


タネを蒔いてから日にちも経っていないこともあってか、まだ発芽していません。

タネを蒔いてすぐに雨が降り続いていたので、タネにかかっていた土が洗われてしまい、タネが見えてしまう状態に(^^;;
そうしてタネが空気に触れているとタネの発芽スイッチが入りませんから、蒔いたタネ30kgくらいが無駄になる可能性も(^^;;


1000坪近くはあるので手作業で土をかけたり、砂を入れたりは不可能です。

なので熊手で表面を引っ掻いてあげてその上を芝刈り機にローラーを付けて走ってやる事で、タネに土をくっつけてやります。
そこにジリの霧雨が降れば発芽のスイッチが入るはず。

最悪の場合は再度タネ蒔きをやり直さなければなりませんが、もう少し様子を見てみることにします。


自然相手のことですので、なかなか難しいのですが、グリーンキーパー見習いを一年間やった経験を上手く活かしつつ、なんとか秋までには綺麗な洋芝の試打スペースにしたいですね(^^)



ヒモに砂袋を吊るして手を離す。

すると、この映像のように動きます。


これと同じような映像ご覧になったことがあるのではないでしょうか?

シャフトスパインの検証ということで、こうした動きをするゴルフクラブを見たことがある方は多いと思いますが、シャフトスパインで様々な方向に動くのはこれと同じ原理です。


砂袋をヒモで吊るして起こるこの現象は、ヒモの延長(重心)線上に重心が無いことで起こります。
完全完璧にヒモの延長線上に砂袋の重心があったのであれば、こうした動きはせず、引っ張った方向と180度逆の方向に動きます。

ただし、この180度の動きは完全完璧に延長線上に重心があり、且つ完全完璧に無風であることが要求されますし、ヒモを吊るした金具(?)の抵抗も360度どの方向にも全く同じ抵抗が要求されます。



ゴルフクラブはシャフト軸線上に重心が無いので難しいと言えますが、このような砂袋でさえ完全完璧にシャフト軸線上に重心はありませんから、絶対にブレない動きはありえません。


唯一ブレない動きをする可能性があるのは、引っ張る方向に重心を持ってくることですが、ブレードアイアンでトゥを下に向けた場合位ですから、スイングは振動する方向と90度ズレますので現実的ではありません。




シャフトスパインは確かにありますし、スパイン調整をすることで方向性が良くなったりすることもあるでしょう。
ですが、もしBoseIronFactoryにスパイン調整を頼まれる場合はこの映像をご覧になって頂いた上で、ご依頼ください。
BoseIronFactoryでのスパイン調整は、1cm単位でシャフト360度を5度づつずらして1周で72回測りますので、1mのクラブでも7,200回測ります。
そのため1本のスパインを割り出すのに丸一日かかります。そこまでしないとある程度正確なシャフトスパインは測れません(実際それでも不十分だと思えます)。
1本40,000円かかりますので、今までやった方は数人しかいませんけど・・・。

IMG_3615
FullSizeRender
IMG_3492
IMG_3491
写真はプロトタイプ(試作品)です。
発売するHAYABUSA IronはHAYABUSAロゴ(文字のみ)が入るとともに、形状も
もう少し変更されます。
また、番手表示ではなく、ロフト表示となります。




性能面での特徴としては・・・・

1.HAYABUSAウェッジ譲りのソール形状により、アイアンとしては抜群のヌケを実現。
2.敢えてコンパクトなマッスルバック形状を採用。フェースの投影面積を少なくすることでラフからもヌケが抜群。
3.丸いリーディンウエッジでダウンブローに打っても芝を切ることがなく暖簾に腕押しの上下逆バージョンになり、芝がフェースとボールに挟まれないため、ラフからのフライヤーが激減。
4.バックフェースの大胆な窪みによりフェース左右に重量配分されるため、通常のキャビティ以上に左右のミスヒットに強く、スイートスポットが広い。
5.トップラインを激薄にすることで、キャビティ以上の低重心化を実現。
6.薄いトップラインでラインを出しやすく、非常にシャープな形状。
7.バックフェースの窪みはあっても、ボールが当たる部分の肉厚は十分厚くなっているので、軟鉄鍛造ならではの柔らかい打感を実現。

トップライン極薄、ソール幅広くない、マッスルバック形状、ソールまでに及ぶ窪みと、構えると難しく感じる要素ばかりですが、上記のような理由で設計していますので、難しく見えることが実は簡単に、ミスに寛容にしていくための設計要件だったりします。

そのため、バッグに入れてあるだけで「を!この人は上級者だな!!」という見栄張くん的なメリット?も。
でも実際は普通のキャビティなどよりは全然優しいという・・・(笑)




一方でデメリットとしては、
1.コンクリや練習場のマット、床の上等での座りが悪い。
2.ターフが取れにくい。
3.難しそうに見える。
4.バックフェースの窪みに手間と時間がかかるため、価格が高い。
5.トップライン極薄により、フェース上下のスイートスポットは通常のキャビティ並み。
6.ほとんどフライヤーにならないので「あ~、俺ってハードヒッターだから飛び過ぎちゃったよ(^^」と自慢できない(笑)

ということが考えられます。



既に多くのご予約を頂いているHAYABUSA Ironですが、市販ヴァージョンの最終的な仕様等も決定し、現在最後の詰めの作業をしています。

ご予約も開始しており、既に相当数のご予約を頂いている状況です。


価格は5-PW(ロフト表示ですが)の6本(個)セットで、ヘッドの価格が150,000円(税別)。
1~4番はオプションでヘッド価格25,000円(税別)となります。

ヘッド価格にはMOIマッチング組み上げ工賃(5,500円、税別)も含まれておりますので実質19,500円。

ヘッド単体での販売は行いませんので、これにシャフト・グリップ代と送料がかかります。


発売の時期ですが、10月から消費税10%になりますので、9月末までにはなんとか発売にこぎつけたいと考えていますが、万が一引き渡しが10月1日以降となっても9月末までに正式なご予約を頂いていれば、8%の経過措置が適用されますのでご安心ください。




ご予約される方は、ファルコンまつばら seabose@me.comまで。
ご予約の際には、何番から何番まで(5-PWはセット)と、シャフト、グリップのご指定をしてメール頂けますと幸いです。

バタバタで寝る時間もまともに取れないため、時間は頂きますがお見積りを作成してお返事させて頂きますので。



今秋からの弟子屈町のふるさと納税返礼品にエントリーすべく、弟子屈町奥春別地域で獲ったエゾシカ製品をご紹介していきましょう(^^

ナイフ4

大きく分けて2つのカテゴリーでやっています。

まずは、ヘッドカバーを中心としたエゾシカ革製品。

このブログでも何回か紹介してきましたね。

2018年に奥春別地域に出没したヒグマのヘッドカバーもあります。

ヒグマの革は本当に貴重で、おそらく今後10年20年の単位でこうした形での販売は出来ないと思われます。
(なにしろヒグマの生息域は基本人里ではありませんから、なかなか捕まらないですし、エゾシカに慣れたハンターでも一生に数回しかハントするチャンスは無いので)







 

また、ヒグマの場合、撃つのも命がけですし、駆除のために撃ったとしてもほとんどの場合そのまま毛皮にしてハンターさんのご自宅に飾られるので、全く市場に出ているのを見たことがありません。
(ちなみにこのあたりでは私もヒグマを見たことがありません)


これらの革製品はBoseIronFactoryWebShopにて取り扱っております。


そして、もう一つのカテゴリーは、エゾシカの角を使った製品です。
こちらの鹿角カテゴリーの製品はJCMOオフィシャルショップにて販売しています。






エゾシカの角を持ち手に使ったカスタムナイフ。
エゾシカの角は尖ってはいませんが突起があります。その突起が釣りやアウトドアで濡れた手にフィットして抜群のホールド感が得られます。
ほとんどのナイフはフルタング構造のナイフを使っており、強度もしっかり。

私自身、ほぼ毎日がキャンプ生活みたいなものですから、そのあたりはしっかりとこだわって作っています。

アウトドアなことはしないでゴルフばかりなんだけど・・・
と言う方にお薦めなのが、鹿角グリーンフォークです。




2本爪と1本爪の物があり、ファルコンは1本爪のモデルを愛用していますが、鹿角の絶妙な凸凹が指に馴染んで使いやすいです。

今後は薄く輪切りにした鹿角をコーティングして、ボールマーカーも作ってみようと思っていますので、皆さんぜひお楽しみに!!

あるプロがクラブを短く持ってティーアップを低くしたら飛距離が伸びたという事をFacebookで書いておられました。

そのプロは全部正解で合うか合わないかであると書いていましたが、とても興味深いお話ですので、
なんでこのプロの場合これが正解だったのかに関してクラブMOIマッチング的な視点から書いてみようと思います。

結論から言うとこのプロの仰るとおりなんですけども・・・。



さて、どんなことがこのプロに起こったのか・・・。

短く持つとクラブMOIは低くなる。
クラブMOIが低くなることで振るために必要となる抵抗が低くなるので振りやすくなり、よく言われているようにヘッドスピードも1インチで1m/s落ちることはありません。
更には短く持つことで芯に当たる確率が上がるので飛距離が伸びる可能性も高くなります。

ティーアップと低くすると、アッパーではなくレベルブローに近いところでボールコンタクトを迎えることになりますから、リアルロフトは小さくなり、ボールはよりロフトに近い打ち出し角で飛んでいきます。
それなりに速いボール初速とした場合では、打ち出し角が高すぎると前に伸びるためよりも上に上がるためにエネルギーを消費しますから、適正な打ち出し角となり、飛距離が伸びたものと考えられます。


ただ、ここでいちばん大切なのは、これが合う人と合わない人が居るということ。
短く持たなくても適正MOIの場合もありますし、ヘッドスピードが一番出るところ(ボール初速が一番出るところ)がアッパー軌道に乗ったところという方もいらっしゃいます。

そのへんが難しいのと、プロゴルファーに対してのクラブMOI値の階段が、一般的なアマチュアゴルファーよりも段差が少ない(ex.仮にプロのドライバーMOIが2780kg-c㎡でアイアンが2680kg-c㎡だったとすると、一般的なアマチュアのドライバーが2800kg-c㎡でアイアンが2650kg-c㎡と150kg-c㎡差だったりする)こともあります。

正解はゴルファーの数だけありますし、同じ人でその正解も体力が落ちたり体力が付いたりして変わってくることも。

一番良いのはキチンとしたノウハウと経験を持つプロにクラブの調整を任せたほうが良いということですね(^^;;

現在、BoseIronFactoryでは試打スペース及びグリーンの造成が着々と進行しています。


大元の状態(ここを買った当初4年前)がこちら。


2015-06-16
蕗の圃場(農場)かっ!!!
という状況でしたが・・・


2015-06-16-2
何度も何度も刈り取っては耕して、蕗を駆逐。


そして、穴を埋めたり均したり、いろいろと手を入れていって・・・
IMG_3962
これが現在の状態です。

手前に見えるのが深い深いバンカー(最深部で2メートル以上)で、黒く囲われている部分がグリーンになります。
写真だと浅いバンカーに見えますが、ごめんなさい、北海道の広大な大地だと比較するものが無いので小さく見えてしまいます(笑)

黒く囲ってある部分は、
IMG_3952
こんな感じに土で堤防を作って、

その中に砂を入れていくのです。

砂は30cmは必要で、10トン位は入れることになります。
もちろん砂だけでは水はけは良いものの保水力や保肥力がありませんので、保水のためのピートモス(水苔を乾燥させたもの)や保肥のためのゼオライトなどを入れていく形になります。


この時期に一気に進めておかないとすぐに芝の生えない寒い時期になってしまいます。
MOIマッチングの作業ももちろんやっていきながらですが、メールのお返事の遅れなどはどうしても出てきてしまいますので、何卒ご了承いただきたいと思いますm(_ _)m













さて、いきなり本題です(^^;;

まずはこの表を御覧ください。


MO


アイアンに関しては、2630kg-c㎡合わせでHAYABUSAウェッジでは10kg-c㎡だけ下げての2620kg-c㎡合わせで作っています。

この数値自体が高いか低いかに関して言うと、28歳の若人としてはぶっちゃけ低いほうですね。


では2セット目のクラブMOIを見ていきましょう。

MOI-2

ドライバーも2750kg-c㎡から20kg-c㎡下げの2730kg-c㎡にしていますが、アイアンも20kg-c㎡下げの2610kg-c㎡です。

HAYABUSA3本

HAYABUSAは15kg-c㎡下げですが2605kg-c㎡合わせ。

私が打ったら完全に左にしか行かないでしょうね(^^;;





このように、若いからとか体力があるからとか、大柄とか小柄とか、プロゴルファーだからだとかアマチュアだからとかでは無いんですね。

「俺はハードヒッターだからD2じゃなきゃ」とか「私はもう60近いからC5じゃなきゃ」とか全くそんな事はありませんし、ほとんどのゴルファーよりも圧倒的に体力のある池田勇太プロでさえ、C6とかC7のドライバーで結果を残していますし、池田勇太プロよりも若い三木龍馬プロもドライバーはC7.5です。
それぞれ適正な振り心地と結果を求めていくと、C6になったり、D4になったりとスイングバランスでは測れないところ(スイングバランスでは論理的整合性が取れない所)に行き着きます。

大切なことなのでもう一度言いますが、若いからとか体力があるからとか、大柄とか小柄とか、プロゴルファーだからだとかアマチュアだからとかでは無く、人それぞれでそれぞれに合った適正なMOIがあるのです。

↑このページのトップヘ