ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

2017年12月15日 BoseIronFactoryは拡張移転しました。
弾道計測、シミュレーションゴルフも出来る、道東で一番の設備で皆様のお越しをお待ちしております!!
なお、MOIマッチングを伴わない作業はどんなにお金を積まれたらやりますが、あまり積まれなければ(縦に立たない限り)やりませんのでご了承ください。
MOIマッチングのご依頼・お問い合わせはseabose@me.com
までお願い致します。

こんちゃんが「マッスルバックは難しいと言われているけれど、本当に難しかったらトッププロだってマッスルバック使わないでしょ?」という感じのことをツイッターに書いていたのですが、激しく同意しました(^^)v

ということで、なんで難しいって思われているのかこちらで考えていきましょう。



だってクラブMOIが全然違うんだもの!!



以上。




というわけにもいかないので・・・


そもそもキチンと振るために必要なチカラが=クラブMOIが違うクラブを同列に扱って難しいとか簡単とか言うコト自体が間違っていると思うんですが、クラブMOIという基準の無いままにクラブを作っているのですから、どうしようも無いのかもしれませんね(^^;;

そうした意味では某メーカーさんが3球打っただけであなたの全てが分かる!!ということを売りにしたフィッティングを推していますが、分かるわけないし、仮に分かったつもりになったとしてもピッタリ合うクラブ(特にアイアンの場合)はほぼ作れないと言ってもいいでしょう。


これ、「田舎のハゲが何たわけたこと言ってるの?」と、メーカーの方を始め多くの方が思うでしょうが、10年後20年後MOIマッチングが普及してきたらファルコンの言ってきたことは間違いではなかったをお気づきになるかとおMOIます。
まぁ、その時に頭を下げてきても「どうぞ頭をお上げください」というでしょうが(^^

片山晋呉プロの件に関してはどちらの言い分もまだ出てきていないので私がとやかくいうことではありませんが、プロアマの開催に関しては思うところもありますので書こうとおMOIます。

現在のプロアマって、単にスポンサーに対しての接待ゴルフをプロゴルファーが行うということです。

まぁ、何千万~数億払っているんだからプロとのラウンドくらいさせろというのは分かりますが・・・。

ともあれ、本来プロアマという言葉から私が連想するのは、プロゴルファーとごく普通のアマチュアとの親睦会的なお祭りです。
私が子供の頃は「なんでウチの父ちゃんは青木功プロと回ったりしないんだろう?プロアマというのがあるんだからそれで一緒に回ったら楽しいだろうなぁ」なんて思っていて、実際にそういうものだと思っていたんですね(^^;;

今の薄ら。。。ちゃうちゃう、薄汚れた大人になってしまってからはスポンサーのための接待ゴルフだって知るようになりましたけれども、海外のプロアマってまだそうした面も残されていると効きましたし、そうであっても良いんじゃないかとおMOIます。


で、1人5万とか10万くらいの参加料だったら参加したい人はかなりいるでしょうし、10万の20組としたら600万です。
その600万を賞金にしてもいいでしょうし、スポンサー料をその分下げるのもいいでしょう。

プロアマは試合が終わった後に開催すれば練習に一生懸命になるプロも少ないでしょうし、賞金を自ら稼ぐという意識も出てくるでしょうから、アマチュアとの親睦をはかるという意味でも良いかと。

まぁ、日本のプロゴルファーの中には自分さえ良ければ、自分さえ稼げれば良いという考えの人も結構いるのでなかなか根本的な解決には遠いでしょうが、そうした人を含めて考え方からの解決をしていかないと無理でしょうね(^^;;


ということで、日大出身でもこんな事考える人もいるんですよ~~~(^^;;←問題を起こさない法学部出身。

忙しいです(泣)

って、忙しいっていている隙があるなら働けと、以前世話していたバンドに言われたのでバタバタしていると言っていましたが、忙しいもんは忙しいんだいっ(^^;;


すみませんメールのお返事、その他も多少滞っておりますが、ちゃんと読んでますし、準備はしております。


申し訳ありませんが、身体が一つしか無いので、寝る時間削っても時間には限りがあります。
まぁ、あまり寝る時間削ってもいい仕事は出来ませんので、3時間位は寝るようにはしていますが・・・(^^;;←だったら寝るな

先日に話題になってFacebookでも話題になっていたのが石川遼プロのドライバーが安定しないお話。

「本当はいいたくないけど…」石川遼が初めて明かしたドライバー不調の本音
http://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=90966


この記事に対して、私は5月18日の夜中に以下のようにFacebookで書きました。

ファルコン まつばら
5月18日 3:05 · Bose Iron Factory Teshikaga Branch
「ネック軸周りMOIが高く、かつクラブMOI自体も高いことからでも起こると思われます。
彼の場合はロングアイアンも右に行くので、長いクラブのMOIは明らかに高すぎるのだと思われます。
ここからは推測ですが、石川選手の場合、クラブMOIの高低に関してはあまり適応範囲が広くないような気がしています。手嶋プロのセルフMOI的に長いクラブのスイングバランスを落とすか、キチンとMOIマッチングを行うと球がバラけること無く、もっともっと活躍出来ると考えています。
って、私がいくら言っても本人には伝わらないとは思いますが、おっしゃっていただければいつでもご協力しますので試して見る価値はあるかと(^^;;
万が一にもあり得ないですが、やってみてダメだったら戻せばいいですしね。」


もちろん石川遼プロからは連絡はありませんが・・・(笑)


このドライバー不調の記事に対して、多くの方がFacebookやツイッター、ブログ等でそれぞれの考えを書いていましたから、ご覧になった方も多いのでは無いかと思います。

もちろん私達以外の人達はクラブMOIが球筋に影響を与えることをほとんど知りません。
ですから重心距離から来るネック軸周りMOIが影響を及ぼしていて、重心距離が短く、ネック軸周りMOIが低いドライバーを使えば良いと言う方が多く、その事は新たな記事として取り上げられることもありました(^^

中には「スイングが悪いから曲がるんだ」という方もいらっしゃいましたけどね(^^;;
(石川遼プロのスイングが悪いと言える方は石川遼プロよりもいいスコア出せるのかな?←意地悪なファルコン(笑))

石川遼プロは間違いなく凄いゴルファーで、数々の実績もあるゴルファーです。そのスイングが悪いというのは考えにくいことです。

「そもそも石川遼プロに合わせて作ってあるはずのクラブで曲がるというのはCallawayのツアーレップが悪いんからだ」という声も聞かれましたが、広告塔でもある石川遼プロにRODDIOのCompactDriverを使わせるわけにもいきませんしね(^^;;


そんなこんなでファルコンとしてはネック軸周りMOIだけでなく、クラブMOIも影響しているという2本立てで考えた訳です。


そのことを証明する記事がファルコンが横須賀出張から戻ってきたら出ていました(^^;;←悩んでいる御本人に申し訳ないので汗かいてます。




その記事は・・・

ドライバー復調の石川遼「今度はアイアンが左にいく」
http://www.alba.co.jp/sp/tour/news/article/no=91809?tourid=92049&cat=0

というものです。

この時にFacebookに書いたのが、次のことです。

ファルコン まつばら
5月25日 16:47 · 

「そりゃそうですよね(^^;;
ドライバーのクラブMOIは高くて、アイアンは低め。
クラブMOIの高いドライバーの不調をなんとかしようと練習にハゲめば、クラブMOIが低いアイアンは振り過ぎることになって当然左に行きます。
いつもクラブで悩んでいるようですが、クラブMOIマッチングならそれ、すぐに解決できますよ。

遼くん、クラブMOIマッチング、いい加減にやろうよ~~~~(^^;;」


そうなんです!!

石川遼プロはやっぱりクラブMOIの違いに翻弄されているのです・・・。
5月18日に書いたとおり、石川遼プロのクラブMOIに対する適応範囲はそれほど高くは無いと思えると書きましたが、この記事でアイアンが左に行くという事で、重心距離から来るネック軸周りMOIだけでなくてクラブMOIが非常に強い影響を及ぼしていることに確信を持ちました(^^

Callawayさん、石川遼プロに重心距離の短いドライバーを支給するだけじゃダメですよ!!
重心距離(ネック軸周りMOI)だけなら、すぐにまたドライバーの不調に繋がりますし、根本的な解決にはなりません。

石川遼プロのクラブのクラブMOIマッチングをさせてもらえたら、石川遼プロの優勝を3つくらいは約束しても良いくらいです(^-^)v

BoseIronFactoryの名前出さなくても構いません(そのかわり料金はしっかりいただきますよ~)から、マジで試すだけでもやってみる価値はありますよ~~~!!

2017-09-28-08-10-14
石川遼プロの写真が無いのでイクラ丼にしてみました(^^;;
だってライセンスフリーのが無いんだもの・・・。



ちなみに・・・、クラブMOIが石川遼プロの球筋に大きな影響を及ぼしている証拠として、、、、

石川は705ヤードと異例の長さの16番(パー5)でつまずいた。第1打を大きく右の林に曲げると、ここからラフを渡り歩いて5オン2パットのダブルボギー。予選落ちに直結する痛いミスとなった。
 決勝ラウンドに進めなかったのはミャンマーで行われた1月の第2戦以来で今季2度目。26歳の選手会長は「試合が続いて疲れもたまっていた。ただ、アイアンショットの修正はできてきている。来週までにいい準備をしたい」と話した。

ほらね、クラブMOIの低いアイアンショットが調子良くなると、クラブMOIの高いドライバーショットが右に行くんです・・・。

ああ!!歯がゆい!!
すぐにでも石川遼プロのクラブ弟子屈まで持ってきなさいってば!!(^^;;

大変ですっ!!

工房の周りがこんな事になっていますっ!!



FullSizeRender



IMG_0807



IMG_0802




これじゃぁタンポポの花畑なのか工房なのか分かりませんっ!!



IMG_0808
試打スペースは花畑ぢゃありませんけれども・・・。

IMG_0802

今日午後のBoseIronFactoryから見た景色です。

この後強い雨が降ったりしましたが、なかなかにいい季節になってきました。


ちなみにBoseIronFactoryの試打スペースも少しタンポポが生えていましたが、キチンと手入れをしておりますので現在はほぼない状態です。

明日からは土と砂を入れて現状より平坦にすると共に、全英と同じフェスキュー芝の種を蒔いていきます。
既に良い形で生えている部分もより密度の高い芝の状態にするためオーバーシードしていきますので、今年中にはある程度良い形で試打スペースを作ることが出来るのではないかと考えています。

IMG_0800

まだまだ薄いところもありますし、生え揃っていない部分もあるのが現状ですので、明日の土入れがどのようになるか楽しみです。

おかげさまで無事、弟子屈に戻ってきております。

途中でタイムアウトしてしまった作業を中心に行ってから、メールなどのお返事にお答えしてまいりますので、お返事させていただいていないお問い合わせ・ご依頼に関しましてはもう少々、お待ちくださいますようお願い致しますm(_ _)m


5月19日(土)午後から5月23日(木)まで東京出張のため、作業は出来ません。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了解の程お願い申し上げます。

お客様からのクラブの受け取り等は巨大宅配ボックス完備(風除室とも言う)しておりますので、問題なく荷受けは出来ますが、中身の確認はさすがに出来ませんので、出来ましたら戻ってくるタイミングでお送りくださいますと助かります。


なお、出張前は出来る限り作業を優先して行います。

出張中は作業が一切できませんので、出張中でも可能なメールのお返事等は作業を優先し遅くなる場合がございます。というか多分遅くなりますので何卒ご容赦くださいm(_ _)m

よろしくお願い致します。


IMG_0482
建坪60坪の宅配ボックス?(^^

ファルコンが取り囲まれる会。


いよいよ来週21日(月)18:15とに迫ってまいりました。

早い時間の開催なのですが結構な人数のご参加を頂きました(^^
(申し込みは締切とさせていただいていますが、どうしても取り囲んでやりたいという方はメールください)


さて、参加される方にお知らせです(^^

もろもろ検討させていただいた結果、飲み放題付きの6500円のコース(料理4500円、飲み放題2000円)にしたいと思います。


「え~!俺は水しか飲まないので飲み放題いらない~~~!!」という方はここにコメントするかファルコンまでメッセージ下さいませ。

お知らせいただきましたら、ファルコンのお肉(脂の乗りまくったハラミ)2000円分をお持ち帰り頂けるように致します(ここは嘘です・・・)


ookiya

うんうん。
やっぱりお店じゃなくて良いです(^^;;

基本技術を売る商売なので、工務店や陶芸の工房みたいなもんです。

工務店に行って「家見せてください!!」というのは無いですし、その作家の陶芸が欲しいから窯元に行くことも(直売推しでない限り)ないでしょうし(^^;;

さて、その2(各論-1)はカカクドットコム的なお客様です。



BoseIronFactoryで取り扱うのはTitleistやYAMAHAやTaylorMadeやMIZUNOやCallaway等々のクラブメーカーのものはございません(^^;;

クラブメーカーさんのクラブももちろん良いんですが、BoseIronFactoryの場合ゴルフショップではありませんので、まずもって取り扱いさせて頂けないんですね。

YONEXさんやPRGRさんなどは工房向けに部品で出して頂ける場合もあるのですが、契約条件などが難しいといったこともありますし、各メーカーさんともBoseIronFactoryみたいなチューニングが主な工房はなかなかお取引出来る量も金額も少ないことから、難しいんです。

ゴルフ工房の多くがコンポーネントパーツメーカー(地クラブ?)が中心というのはそういうこともあるのですが、まぁ、そうしたクラブメーカーのものをご所望されるお客様はほとんどいらっしゃいません。

そうした意味ではカカクドットコムで価格を調べて、BoseIronFactoryにいらっしゃってもほぼ100%在庫も取扱も無いのです。


でも、カカクドットコム以外でコンポーネントパーツメーカーのヘッドやシャフトを安売りしているネットショップは数多くありますから、そうした所で事前に調べてから見積もりを出してくださいというお客様は結構いらっしゃいます。

そうした激安?ネットショップとBoseIronFactoryは全くもってこれっぽっちも価格競争するつもりはありませんし、第一に競合するとも思ってはいないんです。

BoseIronFactoryが競合するのはJCMO認定店だけです。
(まぁその認定店自体も私がお教えしている訳で、競合を自ら増やしている訳ですが・・・しかも無償だし、MOI関連の商標に関しても無償です)

JCMO認定店に関してはMOIマッチングという世界に誇る技術と考え方、ノウハウを持っていますので、思いっきり競合しますが、あまたあるネットショップはどこもMOIマッチングが出来ません。
(勝手にMOI関係の商標を使っているショップはありますが・・・)

MOIマッチングは単にサービスとしての名称だけでなくて、JCMOにあるノウハウがあってこそのものです。
測定器を使って測る事自体にもノウハウはありますが、本当のキモはJCMO認定店しか知らない特別なチューニング方法にありますから(^^
なので、JCMO認定店以外の工房さんなどがMOIの測定器を使って調整していても競合はしません。


JCMO以外の工房さんの多くがMOIマッチング(的)なチューニングを継続して行っていないのはJCMOならではの特別な方法を知らないからなのかもしれませんね(^^;;
お教えするのも無償ですし、商標も無償でお使い頂けるのになぜでしょうね(^^;;




はい、ちょっと話がそれてしまいました。

BoseIronFactoryはMOIマッチングという技術とノウハウを売りにしている工房ですので、ネットの激安店のようなヘッドとシャフトを接着してグリップ挿してはい終了というお店とは全く違いますし、価格競争出来るような体力もありません。

また、どんな作業であっても必ずMOIマッチングのノウハウを駆使して行いますので、そうした技術やノウハウなどは(見えることはありませんが)必ず組み上げられたクラブには入っています。

ですので新規で組み上げる場合もBoseIronFactoryでは希望小売価格で行います。

MOIマッチングの技術やノウハウ等々を習得するためにかかった時間や労力・費用(機材等々含む)等々はそうしたところから回収しないと行きていけませんから(^^;;
(よく絵を書く人が知り合いだったりした場合に、「書くだけならタダでしょ?」みたいなことを言ってその方の技術をないがしろにする人がいらっしゃいますが、レストランに食材を持っていって「料理するだけならタダでしょ?」とは言いませんよね?)




そうしたことから、ちょっと困ったお客様 です。

「このヘッドでこのシャフトでいくら?」
『◯万に消費税になります』
「え?定価?バカじゃないの?〇〇はいくらだよ。」
『いえ、ウチでは価格競争出来るほどの・・・』



「MOIマッチングお願いします!!シャフトは◯◯にリシャフトしてください!!」
『承知いたしました。』
「ちなみに△△では◯◯シャフトは☓☓円でしたので、それでお願いします!!」
『・・・・』



「MOIマッチングの再調整お願いします!!ヘッドもシャフトもグリップも持ち込みます!!前に調整していただいた数値にしてもらいたいので再調整という事で無償でお願いします!!」
『ヱ・・・・?』


IMG_0390
こまったにゃぁ・・・


いろんなお客様がいらっしゃるようです・・・。


↑このページのトップヘ