ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

HAYABUSA Ironついに発売!!
マッスルバックアイアンの常識を覆す優しさと美しさで大好評を頂いております。

MOIマッチングを伴わない作業はどんなにお金を積まれたらやりますが、あまり積まれなければ(縦に立たない限り)やりませんのでご了承ください。
MOIマッチングのご依頼・お問い合わせはseabose@me.com
までお願い致します。

相変わらず、忙しくさせていただいており、ブログを楽しみにされている方、なかなか更新できずに申し訳ございませんm(_ _)m

HAYABUSA Ironの在庫用ヘッドが年末にかなりの数届いたのですが、お陰様で非常にご好評を頂いておりますので年末入庫分の在庫は完売いたしました。

以後のご依頼分に関しましては、2月上旬に入庫してくるヘッドになりますので、組み上げてお送り出来るのは早くても2月中旬~下旬になるかと思われます。
順次発注は行いますが、鍛造型を打たねばいけないタイミングに当たりますと少々お時間を頂く形になりますので何卒ご容赦願います。


IMG_2466

blog_import_55b6d92ad62a1

大きいヘッドは優しい。のか?

ドライバーの大型化でまことしやかに言われていますが、本当に大きければ優しいのであれば、ドライバーだけでなく、アイアンもフェアウェイウッドもUTもどんどん大きくなるはず。

普通に考えたらそうじゃないでしょうか?


ところがドライバーは460ccのルール上限ギリギリなのに、FWになると大きいモデルでも200cc無いくらいで、小さいモデルだと150ccにも満たないものがたくさんあります。
3wでも平均すると130~150ccと言ったところで、ドライバーの1/3以下です。

UTになると115cc~110ccが平均的な体積で、アイアンになると見た目だけでも相当大きいPINGの7番アイアンでも70cc程度です。

本当に大きければ優しいのであれば460ccのアイアンやウェッジがあっても良いはずなのに。


ちなみにファルコン個人的には大きい=優しいと言うのは信用していません。

実際に460ccのドライバーは打っても右にしか行きませんし、右を嫌って振ると今度はチーピンですが、200ccちょいのパーシモンだったら真っ直ぐにしか飛びませんから。



更に言うとゴルフクラブは様々な点で流れを重視しますが、ヘッド体積だけでなく、長さ、総重量、ロフト角、クラブMOI®、そしてシャフトまでもドライバーだけ突出していることになります。

ドライバーだけ突出しているのですから、同じスイングで打てるとは到底思えないのです。


この件に関するBoseIronFactoryとしての解答を形にして皆さんにお見せ出来る日に向けて頑張っていきますので、どうかご期待くださいね(^^

弟子屈のことだとか移住のお話だとか、割とゴルフ以外のことが中心になってはいますが、実はnoteもやっています。

いろんな所に手を広げていっておりますが、それぞれ細々とでも長く続けていけるようにしていきますので、よろしくお願いいたします。






ゴルフのことに関しては引き続きこちらを中心に書いていきますが、noteでも少しづつ書いていきますので、よろしくお願いいたします。

相変わらず、忙しくさせていただいており、ブログを楽しみにされている方、なかなか更新できずに申し訳ございませんm(_ _)m

HAYABUSA Ironの在庫用ヘッドが年末にかなりの数届いたのですが、お陰様で非常にご好評を頂いておりますので年末入庫分の在庫の残りはあと1セットとなりました。

以後のご依頼分に関しましては、2月上旬に入庫してくるヘッドになりますので、組み上げてお送り出来るのは早くても2月中旬になるかと思われます。
順次発注は行いますが、鍛造型を打たねばいけないタイミングに当たりますと少々お時間を頂く形になりますので何卒ご容赦願います。


IMG_2466

皆様、あけましておめでとうございます。

昨年は5年ごしで開発したHAYABUSA Ironの発売もあり、非常に忙しくも有意義な1年となりました。

これも皆様が日々応援してくださっているお陰であると感謝しております。

本当にありがとうございます。


2016-01-30-08-12-59



さて、HAYABUSAシリーズもHAYABUSAウェッジから始まって、HAYABUSA Ironと順調にその実績を伸ばしております。

BoseIronFactoryが創り出したゴルフクラブとしては、ジオテックのプロトタイプJF-1の監修から始まって、DoMアイアン、ZESTAIM(共栄ゴルフ)との共同開発のFi-0CB LimitedForged、そして零式やJCMシリーズ、零式キャビティ、JPF-01パター、HAYABUSAウェッジ、HAYABUSA Ironと、全て現在でも販売継続しているものばかりですが、ウッド類のみオリジナルでは製作しておりませんでした。

そもそも私がゴルフクラブを作ろうと思ったきっかけというのが、どのメーカーも私が欲しいクラブを販売しておらず、作ってもくれないことから、自分で作るしか無いということが原点です。

そのためどのクラブも納得できるまで拘って作っていますし、どのクラブメーカーよりも私自身が使いやすいクラブになっています。

MOIマッチングで培った物理的にゴルフクラブを再構築する観点からも、どのクラブも他のメーカーには無い新たな視点を取り入れて設計していますし、実際にどれも素晴らしい性能を持っていると自負しています。

零式クラバーさん-2
殆どの方が打てる0番アイアンの零式。

IMG_2525 (2)
マッスルバックでありながら、フルキャビティ以上のミスヒットへの優しさも兼ね備えた
HAYABUSA Iron

Fi-0
共栄ゴルフとの初めてのコラボモデル
ZESTAIM Fi-0CB LimitedForged


50D-00000179
零式から更にミスヒットに強くなった零式キャビティ
JCM-03 Div.ZERO


50D-00002696
現状、世界で唯一となるレフティ用1番マッスルバックアイアン
(完全受注生産モデル)

50D-00001740
9211-2
市販ウェッジでは世界初の特殊ミーリングのHAYABUSA LimitedForged

2016-11-16-15-08-08
IMG5にリスペクトしつつ現代の芝に対応する性能を持たせた
JPF-01ToeHeel
(完全受注生産)

2018-02-12_12-43-00_046
世界で唯一100%エゾシカ革で作ったアイアンカバー。





さて、HAYABUSA Ironの次にBoseIronFactoryが開発しようと企んでいるクラブですが・・・。


ドライバーとアイアンです。



どちらもまだ詳細をお知らせできる段階ではありませんが、どちらも一癖も二癖もあるクラブになりますので、HAYABUSAウェッジやHAYABUSA Iron同様にゴルフクラブの常識を変えるようなクラブにしていくことだけはお約束出来ます。

また、アイアンに関してだけ言うと、HAYABUSA Ironとは全く違った性格のアイアンになるということだけはお知らせ出来ますね。

発売時期や価格、スペック等をお知らせできるのはまだまだ先になりますし、まだ殆どの部分が開発に着手したばかりですので流動的です。

まずは新年のご挨拶と共に、作りますよ!!と書くことで自分に対してもプレッシャーをかけてみようかと(^^;;

IMG_2525 (2)
IMG_2553

お陰様で非常に好評を頂いているHAYABUSA Iron。

11月1日の発売からのご注文が少し落ち着いてきたこともあり、現在ヘッド在庫に若干の余裕がございます。




難しそうな見た目とは違って、ミスにも寛容で且つプロの要求にも応えられるアイアンが出来ました。
アイアン本来の性能に拘った現時点で究極のアイアンだと、自負しております。



WebShopの価格は5番相当26度からPW相当46度までのヘッド単体での価格になっておりますので、この他にシャフト代及びグリップ代がかかります。
シャフト・グリップに関しましては、打ち合わせの上決定いたしますので、どのようなシャフト・グリップでも対応は可能です。

是非この機会にHAYABUSA Ironをよろしくお願いいたします。

「アプローチで芯を食うように練習場で直したら、今度はドライバーでスライスが止まらなくなった…」
「せっかくパー取れそうだったのに、いきなりアプローチがトップで、結局ダボになってしまった…」
「飛距離を伸ばしたくてドライバーを修正したら、今度はアプローチでダフりばかり出てしまう…」

なぜ、こんな風にせっかく練習場で練習したのに、ラウンドに行ったら急に崩れ始めて、スコアが出せなくなるのでしょうか?

「メンタルとか、ですか?」
「練習不足なんでしょうか?」
「傾斜対策ができてないからですか?」

いえ、どれも不正解です。

練習場でできたはずのことが、ラウンドに行くと急に崩れ始め、スコア100切り、90切りと安定してベストスコアを出せないのは「本当の基礎練」を知らないからでした。

この練習法さえ試せば、今まで散々悩まされた、癖になっているスライスもチーピンも3日で修正し、もう二度とスコアを叩かない安定したスイングが手に入るのですが・・・





という広告を見たのですが、私達から言わせていただけば、この広告も不正解。

何でゴルフクラブの物理を無視してスイング論だけで解決しようとするのか不思議でなりません。

物理的根拠の無い、バランスで作られたクラブを使っていて、スイングだけ直そうとしても結局は13通りの正しいスイングをしなければいけないわけで、到底合理的とは言えません。

このブログをお読みになっている皆さんはそのことが分かっているからお読みになっていると思いますが、やはりゴルフクラブの物理=クラブMOIマッチング®を無視しては無駄が多いとおMOIますよ(^^

MOIマッチング関連の商標の無断使用に関してですが、中にはこちらから何度お願いしても無視される傾向にある工房さんもおられます。

そうした工房さんのお名前に関しては出すのは控えますが、そうした無断使用を指摘され、何度も止めて頂けるか正規に使って頂けるようお願いしているにも関わらず、無視をして無断使用をし続ける工房さんに関しては、お願いから警告、そして然るべき手段に訴えることをしないといけないかなと考えております。

こちらとしてもキチンと手順さえ踏んで頂けるのであれば、無償にて使用可能ということでお願いしておりますので、本当はやりたくはありませんが・・・。

なお、こちらから何度もお願いをしているにもかかわらず、無断使用をお止めにならない=無視し続けている工房は「そんなメール届いてもいないし、もちろん見てもいない」とおっしゃると思いますが、到着確認と開封確認のオプションを付けて送信していますので、届いていないとか見ていないといった言い訳は通じませんので、その旨お気をつけくださいませ。


また、ここを読んでいらっしゃる方に於かれましてはJCMOの正規認定店以外でのMOIマッチング的なものに関しましては、絶対に行わないよう重ねてお願いいたします。
商標を無断で使用するということは違法な行為です。
ゴルファーである皆さんが、違法である行為を平然と行っている工房でMOIマッチング的なことを行うというのもよろしくないですし、違法行為を平然と行う工房に適正なMOIマッチングが出来るという保証はどこにもありませんので。


皆様には安心して適正なMOIマッチングを行っていただく意味でも、下記の正規認定店にてMOIマッチングをなされるようお願いいたします。


2019年も残すところあと1週間となりました。

BoseIronFactoryの年末年始休業に関しましてお知らせいたします。

年末は31日午前中まで通常営業、年始は1月2日から通常通りの営業となります。
お陰様で沢山のご依頼を頂いておりますので、年末年始だからといってそうそう休んでいられませんし、仕事していないと不安になる困った性格ですので・・・(笑)

但し、シャフト・グリップ等の卸しさんの営業や、ヘッドの製造を委託している製造会社さんなどは通常通りの年末年始休暇となると思いますので、若干作業の順番が前後する場合もございますので、ご了承ください。


なお、BoseIronFactoryWebShopやJCMO WebShopなどは年中無休で営業しておりますが、シャフトやグリップの仕入れが必要な場合は通常より遅れますので、ご容赦くださいませ。








IMG_2466


年末の駆け込み需要か、零式マッスルバックの在庫が切れてしまいました。
研磨前のヘッド在庫はありますので、これから最後の研磨をしてメッキに出しますが、年明けになってしまうと思いますので、どうかご了承くださいませ。

零式Ver.2015-2
零式Ver.2015-3
零式

なお、もうひとつのマッスルバック0番アイアンは鍛造が無くなりましたので販売終了となっておりますが、零式キャビティ(0番キャビティ)のヘッド在庫はまだございますので、キャビティでしたらそれほど待たずにお渡し出来ます。



お買い求めは下記のWebShopからお願いいたします。

https://longiron.net/

↑このページのトップヘ