ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

2019年11月1日HAYABUSA Ironついに発売!!
マッスルバックアイアンの常識を覆す優しさと美しさで大好評を頂いております。

MOIマッチングを伴わない作業はどんなにお金を積まれたらやりますが、あまり積まれなければ(縦に立たない限り)やりませんのでご了承ください。
MOIマッチングのご依頼・お問い合わせはseabose@me.com
までお願い致します。

R-SOLE2
IMG_4528
IMG_4524

RODDIO公認でやらせていただいているFWのR-Soleチューニング。

非常に好評です。

HAYABUSAウェッジや、HAYABUSA Ironで芝との摩擦抵抗を常に考えるBoseIronFactoryならではのR-Soleチューニング。


BoseIronFactoryがここ弟子屈に移ってきたのは、タフな環境の中、イチから芝を育て、ありとあらゆるライを作り、その芝の上からこうした実践的なテストを行うため。

芝の上からボールを打つゴルフというスポーツにBoseIronFactoryが向き合うためにはそこまでの覚悟が必要でした。

そうして創り上げたHAYABUSAウェッジやHAYABUSAIron、そしてこのR-Soleチューニングですので、皆さんに絶対の自信を持ってお勧め致します(^^


R-Soleチューニングのご依頼は下記のBoseIronFactoryWebShopから!!


前回はダメのお手本をご紹介しました。

では逆にどのようなセッティングが良いのかを見ていきます。


多くの皆さんはクラブの流れをあまり重要視せずに、ドライバー、FW、UT、アイアン、ウェッジ、パターでそれぞれ"飛ぶ"ものを選びがちですが、スコアメイキングにはそれほど"飛ぶ"ということは重要では無く、クラブの流れのほうが重要だとファルコン自身は考えています。

クラブの流れというのはロフトや長さによって作られる「飛距離のフロー」、ヘッド重量やシャフト重量、グリップ重量によって作られる「総重量のフロー」、フレックスやシャフトの素材等によって作られる「振動数のフロー」、そしてクラブ全体のMOIによって作られる「クラブMOIのフロー」を総合的に勘案した流れです。

もう少し突っ込むと先調子や元調子などを含む「シャフトの性格のフロー」というのもあります。
シャフトの性格のフローの中であまり考えなくても良いのが、捕まり系とか逃げ系と言われるものです。

クラブMOIマッチングのやり方次第で、捕まり系でも捕まらないように組み上げることも可能ですし、逃げ系で捕まるように組む事も出来ますので、JCMO認定店以外で頼む時はあまり考えなくてもOKです。

この4つのフローが大切で、このフローの傾き加減は人それぞれなのですが、谷が出来ていたり山ができていたりするのはNGです。

ひとつ前に上げたブログでのゼクシオカーボンのアイアンからボーケイのDGというのは総重量とクラブMOIのフローでアイアンからウェッジになる時に思いっきり大きなエベレスト並みの山が出来るのでNGという訳です。


では、これらのフローを具体的にご説明していきましょう。

飛距離のフローの場合、アイアン1番手の距離差は10ヤードが目安とされていますが、一概にそうも言えません。

ヘッドスピードが50m/sの人と5m/sの人が"仮に"いた場合で、50m/sの人が1番手10ヤードの飛距離差さとすると、5m/sの人は1ヤードの飛距離差になります。
ということは、同じクラブを使った場合、40m/sの人で10ヤードとすると36m/sの人は9ヤードの飛距離差ということになります。

実のところ、このあたりをしっかりと把握されている方は意外にも少ないです。そしてそれはまた多くの人が100を切ったり切れなかったりする原因の大きな部分でもあります。

練習場でこの部分はある程度把握できるはずなんですが、実際に1ヤードの飛距離差を把握するのは結構難しいと言えます。
こういう場合、スイングが安定していない事も多く、左右のブレと同じように前後のブレも大きいのが飛距離差を把握するのを難しくさせている要素でもありますので。

スカイトラックやトラックマンなどの弾道測定器を使うと数字で出てくるのでよく分かるのですが、一般の方はそういった測定器を買えないので、練習場でもある程度分かりやすい方法をご紹介しましょう。

PWで10球程度打ってみて、キャリーの飛距離を覚えておいて、その後7番アイアンを10級程度打ってみる。
3番手変えることで、その差が明確になるはずです。

また、7番アイアンでしたらミドルアイアンで得意な方も多いので、(MOIってない)ロングアイアンほど飛距離が出ないと言う事も無いでしょう。
なので、PWで仮に110ヤード、7番アイアンで140ヤードのキャリーでしたら、9番120ヤード、8番130ヤードと推測出来ます。
MOIってあるアイアンでしたら6番150ヤード、5番160ヤードと言う具合になることが多いのですが、MOIっていなくて且つロングアイアンになるほどに苦手意識が出てくる方は、6番147ヤード、5番154ヤード、4番161ヤードと言った具合に、7掛け(6番なら10ヤードの7掛け=7ヤード、5番なら20ヤードの7掛け=14ヤード、4番なら30ヤード7掛け=21ヤード)程度で考えておくと良いかと思います。


そう考えていくと、次に出てくるのがウェッジとUTです。

どちらもアイアン未満の飛距離とアイアン以上の飛距離のしっかりとした階段が必要です。

どちらも選ぶ際の目安となるのがロフトです。

アイアンのロフトピッチの上下を埋めていく事が大切ですから、ご自身がお使いのアイアンのロフトは(覚えていなくてもいいので)把握だけはしておいてください。

ここでよく言われるのが、「メーカーの発表しているロフトは誤差が激しくあてにならない」といったことですが、そんなこと無いです(キッパリ)。

誤差1度位はあるかもしれませんが、2度や3度違っているのは見たことが無いです。
(違っているとしたら計測方法に難ありの可能性もあります)

キャスト(鋳造)でそこまで狂うことは鋳造型がおかしいということになりますし、鍛造でもネック溶接の場合で2度違っていたら完全な溶接不良です。
一体成型の場合でしたら穴あけの不良で弾かれますし・・・。

打っているウチに変わってくることはあり得ますが、よほどのハードヒッター(HS55m/s以上)か、設計ミスで懐が極端に狭い場合(BANG-GOLFのBang-O-maticの0番等)などには可能性はありますが、通常のメーカー製であればほぼ無いと言ってもいいです。
あと考えられるのは元々20度のロフトのアイアンを15度とかに曲げている場合。
この場合、「曲げ戻し」と言う素材の元に戻ろうとする応力が働いて少しづつ曲がる事があります。

大手メーカーの場合は番手ごとに鍛造型を作って鍛造段階でそのロフト・ライになるように鍛造をウチますし、鋳造の場合も番手ごとに鋳造型を作りますから、ほぼ曲げ戻しが発生することは無いと言えるでしょう。



文字ばかりで長くなりました。
次回以降、また書いていきますので、今回はこのへんで勘弁してやってください(^^

ゼクシオは良いクラブです!!

ボーケイも(なかなか)良いウェッジです!!

(なかなかというのはHAYABUSAウェッジには・・・・以下自粛)

なのですが、ゼクシオのカーボンのアイアンにボーケイのDGモデルと言った場合はダメのお手本と言えますので注意が必要です。

例えばゼクシオ11の場合、7番で総重量が366gです。
PWの総重量は公開されていませんがおおよそ387g近辺と思われます。
スイングバランスは意味がありませんけれども、C8とかC9となっています。

XXIO11_navy_iron_main


一方でボーケイのウェッジはDGだと462gから477g、バランスだとD3~D5(実測ではD6とかも多い)。
NS950GHでも435gから448gとなっています。

ボーケイ


DGの場合ではPWから次の番手の48度とかになっても75gもの重量差があるんです。

クラブMOIで言うとおそらく2470kg-c㎡から2720kg-c㎡もの差があると言うことになります。




いくらクラブ自体が良いクラブだと言ってもこれじゃあダメです。

敏捷性と小回りの良さがウリのマツダロードスターと大きいけれど圧倒的なパワーで加速するダッジ・バイパーみたいなもので、どちらもいいクルマだけど性格が全然違うんです。

どちらも良いアイアンと良いウェッジなのは間違いないのですが、良いからと言って合うかどうかは全くの別物ですし、全く性格の異なるアイアンとウェッジの両方に合わせられる腕を持っているのはごく一部のプロだけです。

BoseIronFactoryにもMOIマッチングでこうした組み合わせのクラブセットが届く時もありますが、それはごくたまにで、殆どの場合はここまで極端なものではありません。

でもゴルフ場などでは本当によく見ます(^^;;

見る度にその人にお話してご理解頂きたいと言う衝動に駆られるのですが、さすがにそこまでは出来ませんので・・・。

HAYABUSA Ironの凄さを1人でも多くの人に知っていただくため、2019年度で3rdQT以上のトーナメントプロの方にはHAYABUSA Iron及びHAYABUSAウェッジを無償にてサポートします。

IMG_2466
IMG_2525 (2)
IMG_2516 (2)
IMG_2553


使って頂くからと言ってサポート料はお支払い出来ませんが、クラブMOIマッチングを含めてご興味のあるプロはseaboseアットマークme.comまで是非ご連絡ください。

3rdQT以上のプロだったら技術的な面では申し分ないのはもちろん、3rdQTのプロでしたらファイナル~レギュラーまで、本当にあと一歩と言うところです。
そのあと一歩の後押しが可能なだけのポテンシャルをHAYABUSAシリーズやクラブMOIマッチングが持っていると思っていますし、実際に三木プロなどはMOIマッチングしてからスポット参戦のレギュラーツアーは全戦で予選を通過し、3rdQTも上位で通過していますので、ここにHAYABUSA Ironが入ったらと思うと楽しみで仕方がありません。




3rdQT以上とかなり強気な態度であるとお感じになる方もいらっしゃるかとは思います。
「ティーチングプロやレッスンプロには?」とお感じになる方もいらっしゃるでしょう。

正直現在のBoseIronFactoryに余裕はありません。また、過去にかなりの数のクラブを支給してきたのですが、そこから仕事に繋がったことは殆どないばかりか、本人からのリアクション(「ありがとうございます」というようなお礼も含めて)は殆どないのが現状です。

仕事にも繋がらず、お礼の一言も無い、そういった状態では正直こちらのやろうとする気力も失せます。
余裕があればそうした事も余裕で受け流す事も出来るのでしょうが、それはまた難しいと言わざるをエませんね。もっとこちらも頑張らなくてはいけませんね。



そんなHAYABUSA Ironですが、昨日三木龍馬プロへの支給が決定しました。
三木プロは2年連続でファイナルQTへの進出が決定していますが、ファイナルQTで20位以内に入ってレギュラーツアーの出場権を獲得すべくのアイアンサポートです(^^

三木プロへは3番相当20度からPW相当46度までの8本をサポートします。
シャフトはKBS C-TAPERのR+、グリップはエリートグリップとなります。

そんな三木プロですが、シャフト・グリップは持ち込みになるので、こちらで提供するのはヘッドのみ。レギュラーツアーの予選もここ4戦は全部通るトーナメントプロでもシャフトとグリップは自前と言う・・・。

そんなことに気を使わせないよう、もっともっと頑張っていきます!!

1枚目
3枚目





12月末でふるさと納税の寄付に関しての締め切りがあることから、11月に入ってからのふるさと納税のお申し込みが急増しています。

BoseIronFactoryとしても、弟子屈町に対しての日頃の恩返しの意味を込めて、ふるさと納税返礼品を数多く出していますが、ヘッドカバー類はかなりお勧めしたい製品なんです(^^

1枚目
3枚目
1枚目
3枚目


弟子屈町奥春別地区で獲れたエゾシカ革をタンニン鞣しで鞣し、革職人さんの手縫いでヘッドカバーを作りました。
鹿革はセーム革としても使われる柔らかくしなやかな革ですので大切なクラブを優しく守ってくれる事でしょう。

継続してエゾシカの頭数管理を行うことで、農業や酪農に対する被害を抑え、野生動物と人間の営みとを未来に渡って継続的に共存させる目的で設立した弟子屈エゾシカプロジェクトの製品となります。

色:飴色又は生成り(色の指定は出来ません)





分かりやすく太字のフォント大きめで(笑)

時計や貴金属を磨くためにも使われるセーム革と同じ鹿革ですから、アイアンもドライバーも、FWもUTも、大切なヘッドをしっかりと守ってくれるだけでなく、綺麗に磨き上げてくれます(^^

ヘッドカバーの素材として、これ以上のものは無いと思っていますし、本革ならではの高級感も。

使い込んでいくうちに、より一層風合いも増してきますし、価格相応以上の満足感がある製品だと思いますよ(^^

クラブMOIマッチングを否定される方の中には、「腕や肩等の体の慣性モーメントや角加速度が考慮されていないから全く意味が無い」と言う方もいらっしゃるようです。

確かにそれは一理ある考え方と言えましょう。


ですが、そうお考えになる方ご自身であっても、実際に腕や肩の慣性モーメントを計測することは出来ません。
計測するには腕や肩を切断して計測する必要がありますから実際には不可能です。


ですが、ご安心ください。
腕や肩などの身体の重量や長さ、筋力や動かし方の癖などはハーフ終わっていくらバイキングで満腹になっても変化することはほとんどありません。
物理的に考えて変化しないものに関して考慮する必要はありませんから、クラブ単体でクラブMOIを計測しても何ら問題はありません。

また、クラブ総重量の番手間フロー(ヘッド・シャフト・グリップ・グリップテープ・ソケット・接着剤の量の重量管理)やシャフト振動数の番手間フロー(シャフトの番手間振動数管理)に関しては当然行っており、当然過ぎて書いていなかった位です。


「クラブMOIの調整は上記が完全に調整・管理されていなければ効果はゼロ、全く意味がありません。」とのことですが、当然行っているので効果はあると言うお墨付きを頂きましたね。
逆にプロモーションして頂きましてありがとうございます。


逆に腕や肩のMOIを反映させようとしてアームを付けている工房さんもいらっしゃるようだとお聞きしております。
100人いたら100人で、100万人いたら100万人で違う腕の長さや骨格、筋肉や脂肪を全て反映させなければ全く意味のない、効果ゼロのMOIですから、当然アームも何万種類を付け替えて計測なされているのでしょう。

弊社では変化しない物に、そのようなことまでは出来かねますので、本当に頭の下がる努力をされているのだなぁと感服致します。

人間だもの。そりゃ、間違うこともあります(^^;;


と、開き直るのはよろしくはありませんけれども、そりゃ私だってミスはします。

IMG_4750
0.5インチシャフトカットするところを1.5インチカットすると言う、
超初歩的にも程があるやろ!!と言うミスを犯しました。





まぁ、さすがにこうした取り返しのつかないミスはほとんどやらかすことは無いのですが、3~4年に1回位はやからします(爆)

年間1,200~2,000本作業するので、3~4年と言うとおおよそ5,000分の1位の確率ですが、それでもやはりこうした超初歩的なミスをやらかすと落ちますね・・・。


こうした場合は新品のシャフトを発注してやり直すことになりますので、時間とお金の両方で更に落ちる訳です。


まぁでも新品のシャフトがあるだけ好しとしますか(^^

45575103_2250633298345122_7187093746507317248_n


絶対離さないぞっ!!

という感じが伝わってくるので、動くに動けません・・・。


こいつら、オスなのですが・・・(タマタマは無いですが)。


可愛いですが、少し困ります(笑)

明日から10日夕方までの間、諸事情により昼間の工房での営業はお休みさせていただきます。

メールのお返事は夜間になりますのでご了承ください。

HAYABUSA Ironの組み上げも夜間にご予約順にて行い、逐次発送いたしますので、昼間は工房におりませんが、出来る限りお客様にはご迷惑をおかけしないようにしたいと考えております。


ご面倒をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

BoseIronFactoryにてクラブMOIマッチングを行った方に対しての再調整はいつでも、何回でも工賃無償の実費にて行っています。

何回でもいつでもと言うことで、「本当にそこまでやるの?」という疑問を持たれる方もいらっしゃいますがやります!!のでご安心くださいね。

再調整
しかしながら、この再調整には少しばかり条件と言うかがありまして・・・。

※再調整と言えないものは工賃がかかります。

例その1:MOIマッチングした後に、「このシャフトやっぱヤダ!」となってお近くのJCMO認定店ではない工房に持ち込んでリシャフトした場合。
当然MOIマッチングでリシャフトすることはありませんので、MOI値も全然違うものとなります。さすがにそれは再調整とはいませんので通常料金をいただきます。

例その2:MOIマッチングした後に、「このシャフトやっぱヤダ!」となってBoseIronFactoryにMOIリシャフトを頼む場合。
この場合も再調整とは言えないのでMOIマッチング工賃(シャフト代・グリップ代もかかります)を頂くこととなりますが、BoseIronFactoryに頼んで頂いたお気持ちを斟酌し、通常料金より割り引いた形でMOIリシャフトを行います。

例その3:シャフトが同じでヘッドが変わっている場合。
この場合も再調整とは言えませんので、通常料金がかかります。

※他店で行ったMOIマッチングの再調整は工賃が発生します。
他店で行ったMOIマッチングに関しては責任は持ちえませんので、通常料金をいただきます。
JCMO認定店で行ったMOIマッチングの再調整に関しましてはBoseIronFactoryの弟子が行ったMOIマッチングでもありますので、師匠としての責任から割引価格で行いますが、基本的には頼んだお店にご相談くださいね(^^;;
例えばAと言うチェーン展開しているお店で買って持ち帰りした牛丼のクレームをBチェーンのお店には言いませんよね・・・。でもAチェーンで買って持ち帰りした牛丼ならAチェーンの本社はクレームとして受けてくれる場合もあるかと思いますので・・・。


と言ったところです。



それとは別によくお問い合わせを頂くのは、

※グリップ交換はお近くの工房やゴルフ量販店でやって頂いても構いません。

グリップ重量が極端に変わる場合や下巻きを3重以上に巻いた場合など、グリップ部分の重量が5~6g変わるとMOIもかなり変わってきますので、そうした場合はBoseIronFactoryにご相談頂いたほうが良いかと思いますが、2~3gのグリップ重量の変化では殆どの方は気づかない程度のMOI値の変化となります。
グリップ交換をご自身でなさる場合でも以上のことに気をつけて頂ければOKです。

ちなみに同重量のグリップでもMOI値が大きく変わりますので、グリップを挿す時は奥までしっかりと挿すようにお願いします。


また、BoseIronFactoryでMOIマッチングしたり、組み上げたクラブが故障したり、壊れた場合、まずは直接ご連絡ください。
当たり前ですが直接ご連絡頂けない場合(ブログに書いた、ツイッターでつぶやいた等々)では対応のしようがありません。

直接ご連絡頂きましたら弊社の責めに追うべき事項に関しましては殆どの場合送料まで無料(着払い等)で誠意を持って対応させていただきますし、BoseIronFactoryの責に負わざる事に関しましても出来る限りの対応をさせていただきます。

責に負わざる事というのは、例えばBoseIronFactoryで新規に組み上げたクラブのヘッドやシャフト・グリップの瑕疵(ドライバーヘッドが割れた等)だったり、カートでクラブ踏んだり、ミスショットしてクラブにあたって壊したり、木の根元からボールを出そうとして木にクラブ当てたりと言うことです。

BoseIronFactoryで新規に組み上げたクラブの瑕疵に関しては、メーカーにBoseIronFactoryから連絡して新しいヘッドやシャフト・グリップを手配することが出来る場合が多いです。
(手配出来ないメーカーとは以後のお付き合いを止め、BoseIronFactoryが自腹で同じ物を手配します)

それ以外の責に負わざる場合には工賃は頂きませんが、実費を頂くことになります。
ただし、ゴルフ保険で対応出来る場合も多いので、ゴルフ保険に入っている場合はお知らせください。
ゴルフ保険の申請に必要な書類は結構手間がかかりますけれど、無料にて作成致します。

また、テーラーメイドやタイトリスト、ミズノやホンマ等々のパーツメーカーではない吊るしのメーカーの場合や、EPONやJUSTJICK等のBoseIronFactoryで取扱の無いメーカーの場合、購入したお店にもご相談ください。
ちゃんとしたところであればキチンと対応してくれると思いますので。

↑このページのトップヘ