ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

2017年12月15日 BoseIronFactoryは拡張移転しました。
弾道計測、シミュレーションゴルフも出来る、道東で一番の設備で皆様のお越しをお待ちしております!!
なお、MOIマッチングを伴わない作業はどんなにお金を積まれたらやりますが、あまり積まれなければ(縦に立たない限り)やりませんのでご了承ください。
MOIマッチングのご依頼・お問い合わせはseabose@me.com
までお願い致します。

ロフト・ライに関してのご質問をコメントにていただきましたので、ご返信させていただきましたが、ちょうどよい機会ですので、もう少し突っ込んで書いてみましょう。

「アイアンのライ角が0.5度刻みで合っていないと方向性が悪くなる。」
といったことを良く聞きます。

仮にその通りだとしたら、ライ角が0.5度刻みで合っていてもショートアイアンが引っ掛かり、ロングアイアンが右に行く理由を説明できなくてはいけません。

しかしながらその説明をしている方はほとんど見受けられません。少なくとも私自身は見たことがありませんし(^^;;



ロングアイアンが右に行き球が上がらないのはのはライ角が合っていないからではなくて、「長くてロフトが立っているから」という説明ばかりです。

この説明自体も「なぜ長いと右に行くのか?」ということや「なぜロフトが立っていると右に行くのか?」の説明にはなっていません。

ショートアイアンのひっかけに関しても同様です。
「腰の回転が止まっているから」だとか、「ロフトが寝ているとひっかけやすい」とか・・・。




スイングロボットと違い、人間のするスイングは毎回完全に同一であることはありません。
0.5度ピッタリにライ角がフローしていたとしても、毎回0.5度の変化なしにスイングすることは難しいのです。

 
そして身長が高くて手が短い人もいますし、身長が低くて手が長い人もいます。
そうであれば、「ライ角が0.5度刻みでなければいけない」ということ自体が疑われても良いのではないかと考えます。




そもそも、ひっかけや右に行くのがライ角が原因でしたら、最大でもライ角が狂っている範囲内で右に行ったり左に行ったりしなければなりませんよね?
でも実際の出球は0.5度や1度といった違いではありません。

そう考えるとライ角が0.5度刻みで合っているから方向性は完璧。ということ自体に無理があります。



では、ひっかけの原因や右に行く本当の原因は?

そう。クラブMOIの違いによるものです。


クラブMOIが高いと振るのにより一層の力が必要ですが、なかなかその力をきっちり出すことは難しい。
力が出せずにいると結果振り遅れることとなって、フェースは開いてロフトが立って当たることとなります。

逆に一般的にクラブMOIが低いショートアイアンでは、振りすぎてしまうこととなりますから、フェースは閉じて当たりロフトは寝て当たります。

振り遅れ振り急ぎ
振り遅れ振り急ぎ2





クラブMOIのことをきちんと考えると、今まで常識として疑うことなく信じてきたことに対して「なぜそうなるのか?」ということを考えるようになります。

そうすることで出球のまとまりが出てくるだけでなく、ボールを置く位置などのこともわかってくるようになります。

ということで、次回はボールを置く位置の不思議について書きたいと思います。


(実は結構いろいろなことでテンパっているので、すぐに書けるかはわかりませんけれども・・・)


仕事用として使っている東芝のダイナブックが昨日壊れました・・・。

パソコンがないと仕事にならないので すぐに釧路の家電量販店まで行ってLenovoのシンプルなパソコンを購入。
Officeがサクサク動くのが条件だったのですが、Office付きでも49,800円(税別)でもあるんですね(^^

10万くらいすると思っていたのでイマイチ調子が悪くてもだましだまし使っていましたが、この値段でしたらもっと早めに買い換えたほうが良かったかも (^^;;

データはiCloudに全部入れていますので、OfficeとメールとWi-Fiが動けばとりあえずは問題なしです(^^




それにしても家電量販店の店員さんってなんであんなに(自主規制)なのでしょうか?

そりゃあ少しでも高いパソコンを買ってもらいたいのでしょうし、マウスなどの小物も買ってほしいのでしょうが、家電量販店とゴルフ量販店の店員さんはイチイチ(自主規制)ポイントを押さえてきます(笑)


聞いてもいないことを長々と説明するのが接客だと思っているのかもしれませんが、聞かれたことをしっかりと答えるほうが大切だと、店員さんの対応を見て自分自身に対して思ったファルコンなのでした(^^;;



さぁ、設定もできたし、がっつりと仕事しましょう!!

ギックリ腰では無いのが幸いです。

今日は朝イチのバンカー整備が終わってからずっとカート道の整備。

肉体労働なのはもちろんですが、しかもしゃがんでの芝張りがメインでしたから腰に来てしまいました。

マッサージ機も温泉もここまで痛いとあまり効き目がありません;^_^A


芝だけでなく、私自身も養生しなくてはいけませんね(^^;;


皆さんがプレイ中はこんな林の中で待機です。

林の中からそっと見ていると、グリーンオンしない方の8割位は左に外しています(^^;;
オンした方でもピンの右につける方はほとんどいなくて左ばかりです。

バンカーならしをしていても、圧倒的にグリーン左のバンカーのほうに入っています。

クラブMOIマッチングをすれば改善される可能性が高いだけに、なんかもったいないなぁと思ってしまいます(^^;;

雲ひとつ無いし暑いくらいです。




カート道の整備でなく、ゴルフしたいですね〜(^^;;

仕事が終わったらたっぷりと試打しまうが、仕事終わりだと疲れが・・・;^_^A

グリーンキーパー見習いの立場を利用(悪用?)し、あらゆるライからの試打を重ねているMOIマッチング用ウェッジ。
 
IMG_0008
(写真は荒鍛造にスコアラインを入れただけのものです)

 
開発は順調に進んでいます。


 
研磨した翌日には試打して、その日の夜にまた研磨するというスケジュールで進められるのは、毎日コースに出て芝と接しているグリーンキーパー見習いの立場を悪用できるからこそですね。

グリーンキーパー見習いの仕事とともに、クラブMOIマッチングの仕事、クラブメイキングの仕事も平行して行っていますので、なかなか寝る時間が取れずにおりますが、ウェッジやアイアンの開発をしてこそのBoseIronFactoryですからここで眠いからといって手を抜くわけにはいきませんね(^^;;


ウェッジ類の開発のコンセプトとしては幾つかのパターンに分けているのですが、基本はボールを打つのでは無く、ボールを運べるウェッジにしようと考えています。

ボールを運ぶウェッジにすることで、一番効果があるのは、コースでもよく見る、チャック・ウィルソンな方々。
チャック・ウィルソンを恐れてトップしたりする場合も多いので、チャックリを阻止できればトップの軽減にも繋がります。

このチャックリの恐怖は3rdQTを通るようなプロでも持っているのですが、実際にそうしたプロのウェッジ研磨を行って見えてきた形状があります。

MOIマッチングを通じて様々なウェッジを見てきましたが、チャックリを防止できる形状のウェッジはありませんでした。
プロの研磨などを通じて、そして弟子屈カントリーでのグリーンキーパー見習いや試打を通じて見えてきたもの、それを形にすることで今までとはひと味違ったウェッジになってきています。


あと少しで第一弾の試打が完了しますので、皆様楽しみにお待ちくださいますよう宜しくお願いいたします。 

弟子屈カントリーでのグリーンキーパー見習いも1ヶ月を過ぎ、カップ切りやバンカーならしだけで無く、ティーグラウンドの補修やグリーンの補修まで大分仕事の幅も広がってきました。

朝5時からの仕事開始も慣れ、週に1度の休みの日も朝(深夜?)4時前に目がさめるように・・・。
それでも夜にMOIマッチングを行っていますので夕方の仮眠は欠かせませんが(^^;;


カップ切りもですが、ティーグラウンドやグリーンの補修は本当に勉強になります。

まだ、身体の疲れがあるので仕事終わりに試打はあまり出来ていませんが、なにひとつ無駄にしない気持ちで頑張っていきたいと思います。


image

「私のようなものがMOIマッチングやっても意味があるのでしょうか?」


これ、頂くお問い合わせの中で一番多い質問です(^^;;


ゴルファーには、MOIマッチングに向いている人と向いていない人がいます。 
向いている人は向いていない人では無ければ大丈夫です。
このブログを読んでくださっている方はほとんどの方が向いていると思います(^^


では、向いていない人はどういう方かというと・・・、

「そんなこと言ったって振り心地なんて揃う訳がない!!」と思っている方。

「◯◯な訳がない!!」と言うことは、その時点で懐疑的と言うよりは否定的であります。
否定的な目を持って見るということは、否定の先入観をもって見ることとなります。
そうなると、3というソールの刻印を見ただけで「自分には打てない!!」といったイメージを持ちます。
そうなってしますとこちらでいくら振り心地を同じにしても「やっぱりロングアイアンはロングアイアン」といった事となり、クラブMOIマッチングをして物理的に右に行かないはずの3番アイアンが右にしか行かないということになります。


「そんなに良いのならプロが全員やっているはずでしょ?」とか、「そんなに良いのならクラブメーカー全部がやっているはずでしょ?」とか、「そんなに良いのならゴルフ雑誌がこぞって取り上げるはずでしょ?」

そうした方もあまり向いていないのかもしれません。
そうした方もMOIマッチングに対してマイナスの先入観をお持ちですから、上記のようなイメージを持ってしまいます。
プロやメーカー、ゴルフ雑誌がやっていないのはクラブMOIの考え方や知識自体が無いということに尽きます。
存在自体を知らない方がほとんどですから、調べたり、興味を持ったりすること自体無いのですから・・・。
普及していくためにはまずは知ってもらうことが大切です。

知ってもらって、実際にやっていただければ、ゴルフ歴の浅い女性でも以下の様な嬉しいご感想を頂けるのですから(^^;;

「2ラウンド、アイアンを振るのが楽しくて楽しくて仕方ありませんでした(笑)
飾りものだった5i、6iが打てるって…。嬉しい。
 
これからバシバシ打ち込んで、道具じゃない、腕だというオッサン連中をギャフンと言わせます。
自分が打てなきゃ説得力がないので( ̄O ̄;)」

 

2016-05-01-15-07-22
 

ちょうど1年前の今頃、大洗港から苫小牧に向けたフェリーに乗りました。

ツアーバンに満載の荷物を積んでシャコタンになってしまい、途中寄り道した時に停めたコインパーキングでは、ほとんど車止めが上がらないくらいでした(^^;;

フェリーの乗り場で「荷物満載ですが、大丈夫ですか?」と聞いて、「一応お腹擦らないようにこっちを通ってくださいね(^^;;」と言われたり・・・。



19時間の船旅の後に苫小牧~弟子屈の350キロを走っていた時も、できるだけ路面が良いところを選んで走らないとお腹をこすりそうだったり、サスペンションがフルダンプしたりしないかとゆっくり走っていたことを思い出します(^^;;





正直無謀だったのかもしれません。

お世話になった方々、気にかけてくれる方々からはまず間違いなく「まだ早いと思いますよ」って言われましたし(^^;;


弟子屈(てしかが)に引っ越してきて丸一年、こんな超が100個位つくド田舎で、厳しいながらも何とか生活が出来ていること自体が奇跡とも言えますが、横須賀で考えていた「クラブMOIの聖地を整地するところから作る」という目標にほんの少しでも近づけたことはもっと奇跡と言えるのではないでしょうか?


予定が狂ってきた部分はたくさんありますが、少しづつであっても目標(夢ではありません、あくまでも目標です)に近づけたことに感謝です。


それもひとえにこのブログを読んでくださっている皆様が応援してくれるからこそ。


今後共ファルコンまつばら及びBoseIronFactoryを宜しくお願いいたしますm(_ _)m 

私達が作るワンレングスアイアンは単なる真似ではありません。

image

 
ワンレングスアイアンはあくまでクラブMOIマッチングの考え方に基づき、検証していくためのひとつの手段なのです。

ワンレングスアイアンはクラブMOIマッチングを体感して頂くための一番わかり易い手段であり、ワンレングスとクラブMOIマッチングはそれぞれに良い面があります。

 
ワンレングスアイアンは完全に同じスイングで済むという点と、クラブMOIの知識や経験、計測機がなくても"ある程度のもの"は作れるという点。
 
対してクラブMOIマッチングは、オーソドックスなレングスフローですから今までのクラブとの違和感は無く、飛距離の階段もより作りやすくなりますが、クラブMOIの知識や経験、技術はもとより計測機は不可欠と言えます。

もちろんクラブMOIの知識や経験、技術があれば、製作するワンレングスアイアンも"ある程度のもの"では無く、もっともっと精度の高いものを作ることが可能です。

そうしたこともあり、BoseIronFactoryが製作するワンレングスアイアンは厳密にはワンレングスではありません。
ヘッドやシャフト、グリップの公差を埋めるため、場合によっては1~2mm、少ないものでも0.1mm単位では長さが違うからです。




私達が製造・販売するワンレングスアイアンのヘッドには、「FOR CLUB MOI」の刻印が必ず入ります。

image
 
この刻印こそが、クラブMOIを統一するためのひとつの手段としてのワンレングスアイアンの証でもあり、単に重さや長さやライ角を統一しただけでは無い。ということの証明でもあるのです。

 

↑このページのトップヘ