ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

2017年12月15日 BoseIronFactoryは拡張移転しました。
弾道計測、シミュレーションゴルフも出来る、道東で一番の設備で皆様のお越しをお待ちしております!!
なお、MOIマッチングを伴わない作業はどんなにお金を積まれたらやりますが、あまり積まれなければ(縦に立たない限り)やりませんのでご了承ください。
MOIマッチングのご依頼・お問い合わせはseabose@me.com
までお願い致します。

RODDIOのヘッドの魅力はそのチューニングのしやすさとチューニングの許容範囲の広さにあります。

これは裏を返せば吊るしのままではその性能を発揮できないということでもありますし、他の人にマッチするように作られたRODDIOを打っても合うはずもありません。

おひとりおひとりに合わせてチューニングしていくと言うこと、そして他の人のために作られたクラブではその性能が発揮されないということは、MOIマッチングと似ている部分もありますね。

ですので、コンシェルジュショップでの購入は必須で、中古やオークションに出ているものを購入しても全く意味はありませんし、RODDIO本来の性能は発揮されませんからご注意願います。
image
ハッチのカーボン化でより一層の軽量化が図られ=チューニング幅の広がった。


もう一つのRODDIOの魅力。

それはRODDIOそのものが素材提供に徹して、そのチューニングはコンシェルジュショップに任せるという点です。

例えば当店のFW用チューニングソールプレートはもちろんRODDIO純正ではありません。

 
 通常こうしたメーカー純正以外のチューニングパーツを作った場合、メーカーはそのショップに対していい顔はしません。
「設計値と変わってくるから・・・」とやんわりと圧力をかけてその販売を中止させたり、ガッツリと圧力をかけて正規販売特約店から外すこともありえます。
ですがRODDIOの場合、「ファルコンさんとこのチューニングソールプレート、面白いし効果的なのでウチでも作ってみたんですよ!!でもファルコンさんのようになかなか作れないので開発中断したんです(^^;;」なんて平気で教えてくれます。

その他にも、
2015-10-31-10-49-29
こんなチューニング(ソールプレートを削って重量調整)や、

2016-02-14-22-06-51
こんなチューニング(プレートを止めるネジを削って重量調整)を

 
認めてくれるどころか、「どんどんやっちゃってください!!」なんて言ってしまう、そこまで懐の広いメーカーってRODDIOとBoseIronFactoryくらいです(笑)


単に組み上げるだけなら誰にでも出来るけれど、RODDIOというメーカーは素材の提供に徹すると公言しています。
そこでその素材をオーナーの好みに合うよう、どうやってい料理していくか。それがRODDIOから我々クラフトマンに与えられた役割です。



大手メーカーのカチャカチャはユーザーにそのチューニングを任せているとも考えられるのに対して、RODDIOは我々クラフトマンにオーナーにとって最高の味付けをして販売することを求めています。

このことを素晴らしいと取るオーナーとクラフトマンにとっては、RODDIOは最高の素材メーカーなのですが、オーナーがクラフトマンを信頼して任せてくださらないと意味がありません。

決して悪いようにはしませんから、どうかBoseIronFactoryを、ファルコンを信頼してお任せくださると幸いです。


 

クラブMOIマッチングには、今までのゴルフの概念を変えていくチカラがあります。

例えば、今までの7gピッチのアイアンヘッドの重量。

どのメーカーに聞いても7gでなければならない理由を明確に持っているところはありません。


裏を返せば、7gピッチであることに今まで誰も疑問を持たず、今までそういうものだという既成概念だけで7gピッチにしてきたということです。

7gピッチということ自体に理由が無いのに、7gピッチにこだわって、7gピッチから少しでも外れると「精度が低い。」と言ってきたゴルフ業界。


こうした既成概念をクラブMOIマッチングを知ることにより変えていくことが出来ると思うし、変えていかなければいけないと思っています。


ただ単に流行りそうだから、ただ単に儲かりそうだから、と言ったところは別にMOIマッチングをしていただかなくても良いんです。
本質を知らずに闇雲にMOIマッチングをするところが増えるということは、MOIマッチングが正しく正確に理解されないままに増えていくことも考えられますから。

MOIマッチングを正しく、正確に理解されることの無いままに増えていくと、そうしたところでMOIマッチングされたオーナーの皆様にも中途半端なままに広がることとなります。

中途半端なままに広まっていくと、MOIマッチング自体が中途半端なものであると誤解されたまま広まっていくこととなりますから、MOIマッチングは一時期の流行りということになりきちんと普及することは難しいと考えています。



私自身、MOIマッチングにゴルフを変えていくチカラがあると信じているからこそ、JCMOを立ち上げ、MOI関連の商標も取得したわけです。 
とは言いましても、MOI関連の商標で儲ける気持ちはありませんし、JCMOで儲ける気持ちもありません。

弟子屈に来ていただきさえすれば、無償で私達の持っている知識・技術・ノウハウを全て隠すところなくお伝えしますし、商標の使用に関してもお金を頂くことはいたしません。

ただ単に、MOIマッチングの精度を一定以上のものに保ちたいということの保険としてMOIマッチングというワードを商標にしているので、5年後10年後、きちんとした形でMOIマッチングが普及していけば、商標自体をオープンにすることも考えていますから。 



では、どうしてBoseIronFactoryは儲けていくのか・・・。
ぶっちゃけ食べられるだけプラスアルファで良いとは思っていますが、 MOIマッチング以外は行わない工房・FactoryとしてはBoseIronFactoryは日本で一番の老舗であることは間違いありません。そしてこれからMOIマッチングが確実に普及していく5年後10年後まで閉店するつもりもありません。

こだわりのゴルファーが多いからこそ、流行りそうだから、儲かりそうだからと昨日今日MOIマッチングを始めたところに頼むよりも、老舗でありMOIマッチングを専門に行なってきたBoseIronFactoryに依頼される方も多くなってくると考えています。

そうなれば今でも食べていくだけプラスアルファのご依頼はあるので、まぁなんとかなるかな・・・と(笑)


MOIマッチングを信じているから、MOIマッチングの将来に大きな希望を持っているからこそ、収入がサラリーマン時代の1/4になっても、こうして弟子屈(てしかが)まで来てここを聖地にしようと頑張っているわけで・・・。



BoseIronFactoryはゴルフを変えていきます。

すぐにはできませんけれども、少しづつでも確実に進んでいきます!!



2016-06-17-18-57-26




2016-06-17-18-58-07
2016-06-17-18-58-07
2016-06-17-18-57-27


RODDIOから待望のUT専用シャフトが発売されます(^^

今までのIシリーズはアイアン&UT用で、全体的にしなり感をあまり感じさせない設計になっており、硬く感じる人も多かったのですが、今回のUT専用シャフトはIシリーズよりチップ側とバット側の剛性を少し落とすことでワッグルするだけでも適度なしなりを感じさせる設計になっています。

評判の良いアモルファススリムシャフトが振動数からすると柔らか目の設定になっていますから、今回のUT専用シャフト用シャフトは、アモルファススリムとのつながりも抜群になりますね(^^


kaminomuchi_yoko1

ちなみにこのアモルファススリム。
振動数だけで見るとえらく柔らかくてハードヒッターには「打てない」と思われがちですが、全くそんなことはありません。

髪の無理。。。ちゃう、神の無知、それもちゃう、「神の鞭」と言うコピーはまさにその通りで、鞭のようにしなり、鞭のように戻ってきてボールコンタクトポイントでは最速のコンタクトスピードを実現してくれます。


これは単に柔らかいだけでなくて、しっかりとした剛性があるからこそで、その剛性をアモルファスで具現化しています。

実際に某ゲーハー(別名ファルコン(笑))のHS60近い超マン振りでもしっかりと戻ってきてくれるので、シャフトが遅れて入ってくることもなく、スクエアなインパクトでボールコンタクトを迎えることが可能です。


税別で70,000円と高価ではありますが、その価値は十分以上にあるシャフトですよ(^^




クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

精緻な作業を行いますので、お預かりしてから2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在7月8日以降の作業ご予約日程が空いております。

すみません。

メールやメッセージでお問い合わせを頂いた皆様、諸事情によりお返事が遅れております。 

 明日か明後日には必ずお返事いたしますので、もう少しお時間をいただけますよう、お願い申し上げます。

PCMやゴルフトゥデイに連載を持ったり、こうしてブログを書いたりしていますが、文章を書くのって実は苦手です。

きちんと人に読んでもらえる内容にしたいので、ゴルフトゥデイの連載で10~15時間程度、ブログでも2~3時間、メールでも30分~1時間位の時間はかかってしまいますし。

その時間をもう少し上手く活用できれば良いのですが、手先は器用なのに、そうしたところは不器用ですのでなかなか上手くいきません。

そんなメールがドメイン拒否設定で戻ってきたりするととてつもない徒労感が・・・(泣)


と、いうことですので、お問い合わせの際はme.comやmac.comのドメイン拒否設定を解除することをお忘れなくお願い致します(^^;;


明日も(今日も)朝5時からグリーンキーパー見習いの仕事ですが、まだまだやらなくちゃいけないことが終わりません(^^;;

あと6本今日中に仕上げなくちゃ・・・(^^;; 

北海道には梅雨がありませんが、このところ梅雨みたいな日々が続いています。

カラッとした青空を期待していらっしゃる方には申し訳ありませんが、今日の弟子屈カントリーもこんな感じの空です。


薄いのですが、こうした天気は蝦夷梅雨と呼ぶようです。





せめてこのくらいは青空を見せて欲しいものですね(^^

次号のゴルフトゥデイの「ゴルフ~北の国から~」は・・・

「ゴルフ ~北の国から 2016 野望~」と題してお届けします。

”野望”と言っても連載自体がクラブMOIマッチングの聖地を整地するところから作る!!という遠大なる野望を実現していくまでの過程をお知らせするものですから(^^;;

そんなファルコンの野望は1歩進んで半歩下がるといった感じで、歩みは遅いものの、少しづつ匍匐(ほふく←書いている私が読めないので(笑))前進しております。


そんな野望の大元となるクラブMOIマッチング。

クラブMOIマッチングの聖地を作る過程の連載なのに、クラブMOIマッチングという事自体がほとんど知られていないという状況を打破するため、今回の「ゴルフ~北の国から~」遅まきながらクラブMOIマッチングの簡単な解説を書きました(^-^)v


まだゴルフトゥデイの発売は先(弟子屈等、一部地域を除いて7月5日)ですが、(編集の人が見ていないと信じて)挿入されるイラストをお見せしましょう(^^←イイノカ?

イラストB
イラストA
 
はい、このブログの読者のみなさんはよくご存知の長いクラブは球も上がらず右に行き、短いクラブは球は上がるけれど左に行く。という、このブログでは何度もご説明しているイラストですが、今回紙面に載せるにあたって、描き直してもらいました(^^

さすがプロ、すぐに綺麗なイラストが出来上がりましたです(^^



クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在6月25日以降の作業ご予約日程が空いております。梅雨明け前に間に合いますよ!!
 

BoseIronFactoryにご依頼頂くクラブMOIマッチングやクラブMOIマッチングでの新規組み上げの95%程度がご来店頂くことが難しい遠方のお客様からのご依頼です。

そのため、BoseIronFactoryにお送り頂く際にはファミリーマートからお贈り頂く、はこBOONの配送手配をおすすめしておりますが、弟子屈には(といいますか札幌近郊にしか)ファミリーマートが無いため、こちらからお戻しする際には、割りと確実に送ることのできるヤマト運輸の宅急便を利用しています。

ネット上で配送の伝票を発行して、町中のヤマト運輸の営業所に持ち込むのですが、オーナーの大切なクラブですので、配送事故の無いように気をつけています。

「ワレモノ」とか、「天地無用」とかいろいろとある中でBoseIronFactoryでは「精密機械」と「下積み厳禁」という注意項目を使ってお送りしています。

精密機械
 


0.01g、0.1mmまで追い込むことでクラブMOIを合わせていくので、「精密機械」ということは間違いのないことですし、聞いたところ一番気をつけて丁寧に荷役してくれるのが、精密機械であると聞いています。
また、「下積み厳禁」はクラブ用のダンボールでお送りするので、下に置かれると潰れてしまう可能性も有ります。
ですので、精密機械と下積み厳禁のオプションを選んでお送りするようにしています。



こちらにお贈り頂く際のはこBOONはワレモノしかオプションが無いので、ワレモノを選んでくださいね(^^




JCM-01Blade

JCM-01Bladeは1番アイアン15度から、



012


JCM-03Cavityは0番アイアン12度からのラインアップです。


どちらもMOIマッチング専用モデルとしてロングアイアンでも格段に打ちやすくなることから、4-10(PW)の7本セットが基本です。

しかしながら0番、1番と超ロングアイアンからのラインアップということで、ゴルフトゥデイ主催のアイアンマンカップにお使いになる方も多いです。


今のところほとんどご要望は無いのですが、もしアイアンマンカップ用にの4・6・8・10偶数番手、3・5・7・9の奇数番手のハーフセットが欲しいという方が多ければ、偶数番手・奇数番手のセットの発売も考えたいと思っています。

ただ、こちらとしても偶数番手・奇数番手のみが在庫として残ることになるとリスクが大きすぎるため、ご要望が多ければ・・・ということでお茶を濁しておきます(爆)

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、seabose@me.comまでお問い合わせください。

その際、ご希望が偶数番手か奇数番手かをお忘れなくお願い致します。 


とは言いましても、基本はオーダーメイド。ご依頼頂いてからヘッドの鍛造を打ちますので、ご依頼の内容によってはご依頼いただいてから1~2ヶ月かかることもございます。

ここに来て単品の1番アイアンなどのご注文も増えてきていますので、アイアンマンカップに向けたご依頼はお早めにお願い申し上げます。


JCM-01Blade

Muscleではなく、Blade。

JCM-01Blade2

Bladeを名乗るからには、その切れ味は鋭くなければなりません。


切れ味鋭く、操作性も高いJCM-01ですが、MOIマッチング専用の設計と、ソール形状等々から難しいアイアンではありません。
オーナーおひとりおひとりに合わせてオーダーメイドされるJCMシリーズは、オーナーとなる方専用に考えぬかれた形で、非常に丁寧に作られます。

オーナー以外の方が打ったら難しいでしょうが、JCMシリーズシリーズのオーナーにとっては、かけがいのない、強力な味方になってくれる。

そんな気持ちを目一杯込めて作っています。



クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在6月15日以降の作業ご予約日程が空いております。

↑このページのトップヘ