ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

2017年12月15日 BoseIronFactoryは拡張移転しました。
弾道計測、シミュレーションゴルフも出来る、道東で一番の設備で皆様のお越しをお待ちしております!!
なお、MOIマッチングを伴わない作業はどんなにお金を積まれたらやりますが、あまり積まれなければ(縦に立たない限り)やりませんのでご了承ください。
MOIマッチングのご依頼・お問い合わせはseabose@me.com
までお願い致します。

image

RODDIOファン待望のカーボンハッチのS-TUNING&アモルファススリムシャフトが到着!!


後ほど測定して組上げます!! 







クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在4月12日以降の作業ご予約日程が空いております。

潰れてしまったD型倉庫の建て替えを考えなければなりませんが、先立つものに先立たれてしまった私には豪華な建物を建てるなんて宝くじが当たらなければ到底無理なことです(^^;;

ただ、不幸中の幸いで安くて誠実な業者さんを紹介していただいたので、そちらで見積もりをしてもらいました。

どちらにせよ建て替えなければいけませんから、できるだけ将来的なことも考えながら・・・。



建坪面積は60坪の標準タイプですが、大きなトラクタなどは持っていませんので60坪そのままでは少し大きすぎます。

芝刈り機の芝咲GOさんは小さいですし、お隣さんから頂けることになっている古いトラクタも70~80馬力のものですからそれほど大きくはありません(この辺りでは小さいのですが、本州では馬鹿でかいです)。

そうは言っても馬鹿でかい(^^
(60馬力でこれだもの・・・)

実際には古いものですからこんな感じだと思います(^^;;

十分でかい!!

まぁ、これでも十分でかいと思いますが、それでも60坪は必要ないので、18坪分を将来の工房&試打スペースとすることに。


実際には・・・
D2

こんな感じのD型倉庫の奥の18坪部分に壁を付けてもらい、その部分に天井を付け2階建てにします。
天井高は写真ですと2400mmですが、試打スペースも兼ねているので中央部分の天井高を3600mmにします。


新規D型平面図1

新規D型俯瞰図

新規D型俯瞰図2
新規D型俯瞰図3

18坪の奥の部分は土間にして木工などの木くずが出る作業も出来るようにして、将来的には木工旋盤を入れてヒッコリーシャフトの新規製造も出来るように。
18坪の手前の部分は工房&試打スペースとして天気の良い時は扉を開けて外に向かって打てるように。

D型倉庫の中に家を建てるイメージですね。

予算はありませんからD型倉庫のガワだけ作ってもらい、実際には私が 中を作ることになりますが、こうした目標があると一層気合が入るというものです(^^)v



理想の工房作りのためには、もっとやることがありますから、まだまだこれは序の口ですけれどもね(^^ 

今朝の最低気温はマイナス2度。

昨日は頭痛に悩まされていたので暖かくするためにストーブを付けて寝ましたが、日中はストーブなしでも十分過ごせる気温になってきました。

長かったようで実はそれほど長くは感じなかった冬が終わりました。

さすがに4月に入ってマイナス20度になることは無いでしょうし、吹雪くことも(ほぼ)無いでしょう。


と、いうことで、

北側の窓の防雪用の板を外しました(^^)v


image


image


吹雪の時に雪が吹き込まないように、打ち付けたものですが、少ないながらも勢いのあった今年の雪では隙間なく打ち付け、更には周りをシリコンシーラントをたっぷり塗ったにも関わらず、2016-03-01-12-37-42


この状態でしたから、その吹雪の凄まじさが分かるというものです。


でも、春が来るのはやっぱり楽しみなものですね(^^





越冬用に冷凍してある食材をそろそろ消費しなくては・・・・(^^;;


ワンレングスアイアンはクラブMOIマッチングと同様、ゴルフをシンプルにするのではないかと考えています。

まだまだ製品化には難しい壁がありますが、可能性としては非常に面白いと思うんです。


例えばロフトを5度刻みにして番手刻印のかわりにロフト表記にすれば5本で25度から45度まで作れます。

そうすれば飛距離の階段もより一層作りやすくなり、クラブ構成自体もシンプルに出来ます。

シンプルになれば価格も安く出来ますから、これからゴルフを始める方にもクオリティの高いクラブを安くご提供出来ます。

更に同一重量のヘッドですから、吊るしの状態でもシャフトを変えれば、ある程度のスパンでクラブMOIを変えられます。
より適正なMOIにする場合はクラブ長を少し変えていくだけで可能です。


クラブMOI計測機が無くても構いませんし、計測方法やクラブMOIマッチングのノウハウが無くても問題ありません。

そういった理由から今まで出来なかったクラブMOI専用ヘッドのヘッド単品販売も可能になりますから、振り心地と球筋の統一というクラブMOIマッチングの本質を普及する一助となるやもしれません。


image
 



クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在4月10日以降の作業ご予約日程が空いております。

全体を写すとちょっと見にくいですね。

ワンレングスアイアン579スペック


ワンレングスアイアン579スペック2


ワンレングスアイアン579スペック3

ワンレングスアイアン579スペック4


という組上げとなりました。

クラブMOIが同じ5番と9番、7番も0.5kg-cm2しか違わないということで、これではどなたも目をつぶって振ったら全くわかりません。

重量的にも誤差と言えないくらいの差ですから、長い9番、短い5番という"違和感"さえ払拭できれば全く問題はないと考えられます。

更に驚くのは、振動数が0.01CPMしか違わない5番と7番、そして0.5しか違わないという点。

振動数は5回計測しての平均ですので、平均してこうした数字が出るのは非常に興味深いことと言えるでしょう。




実際に打ってみたSさんの感想では飛距離の階段もキチンと出来ていたということですので、面白いことになるやもしれませんね。






クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在4月10日以降の作業ご予約日程が空いております。

通常は4~10(PW)のセット販売なのですが、製造元の特権ということでとてもレアな番手構成で作成です。

アイアンが8番からで、その上はUTと3w、Drというセッティングのオーナーです。


012


5年ほど前の私でしたら、おそらくお受けしなかったセッティングですが、ファルコンまつばらと松原学は別人格ですので・・・(笑)





クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在4月10日以降の作業ご予約日程が空いております。
 

雪が溶けてくると、いろいろなものが見えてきます。

一番見たくないものの代表としては、


見るも無残なD型倉庫・・・(泣)



2016-03-30-11-00-49
2016-03-30-11-01-03
2016-03-30-11-01-19

最後の写真なんて、元々D型倉庫の中だった場所から撮った写真ですよ・・・(泣)

50坪の倉庫が20坪くらいになっています(泣)



続きましては、雪解けの時にどうしても出来てしまう水たまり。

2016-03-30-11-01-42

摩周湖位の水たまりになれば笑えるのですが・・・。


2016-03-30-11-01-59
取付道路もグチャグチャ・・・

2016-03-30-11-02-10
 
宅配の方、その他我が家にいらっしゃる方、端っこを通らずに真ん中通ってくださいね(^^;;

 2016-03-30-11-00-30

おまけ。
D型から離れたところで見つけたD型の屋根の破片・・・(泣) 

ブライソン・デシャンポーの活躍で注目されるワンレングスアイアン。

BoseIronFactoryでは先日もお伝えしたとおり実際に制作して検証をすることとしていますが、5・7・9番の3本でご依頼いただいたS様分のワンレングスアイアンが完成いたしました。

image
並べ間違いましたね(^^;;
真ん中が5番、左が9番、右が7番です。 
 

製造公差で若干の重量・ライ角の違い(と言っても±0.2g、0.3度)がありましたのでこちらで修正して組上げました。

同じ長さでロフト以外は見分けがつきにくいのと、シャフトの重量公差を相殺するためソケットを変更しています。


今回はS様がいろいろな人に試してもらうということで多くの方が打ちやすく感じるMOI値にしておりますが最終的にはS様の適正MOI値に組み直す予定です。


今回はあえて1本だけ仮組み時のクラブMOIを計測して後の2本は重量等を全く同一にする以外はMOI値を計測せずに組み上げたのですが、3本とも誤差と言えない位の近接したMOI値になったのは非常に興味深いことといえます。 


詳細なスペックは次回に載せますが、実際にワンレングスアイアンを作ってみてクラブMOI理論が正しく、そして考えていたとおりであることを確認できました。



引き続き3-PWの8本のワンレングスアイアンの製作に入ります。




クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在4月8日以降の作業ご予約日程が空いております。

BoseIronFactoryの本社のある横須賀もそれなりに田舎ですが、弟子屈は日本でも屈指のド田舎です(弟子屈の皆さんごめんなさい)。

BlogPaint


TeshikagaBranchはこの写真の場所にありますが、一番近いお隣さんでもBranchから250ヤード離れていますが反対側のお隣さんはこの写真よりもっと先で1100ヤードほど離れています。

横須賀本社は50坪位ですがTeshikagaBranchは敷地だけでも約2,000坪ありますから7番アイアンでフルショットしても問題ないくらいの広さです。

そして周りはどこまでも続きそうな牧草地ですから仮に朝からどんな爆音を立てて作業したとしてもクレームを付けるのはエゾシカやキタキツネやエゾユキウサギくらいですし、たまに野良のタンチョウが「クルックゥ~ッ!!」とクレームを入れてくる位かと思われます。

まだまだTeshikagaBranchの機能が完遂するまでは時間がかかります。
ですが、この弟子屈を選んだのには大きな意義、いや、むしろ野望と言ってもいいくらいの選択です。


土地が安いので弾道解析に頼らず実際にフルショット出来る試打環境のあるFactoryを作れます。

クラブ開発にあたっては製作~試打~調整~試打という行程をシームレスに行うことでより実践的で効果的なクラブ開発が可能です。

釧路空港、 中標津空港、女満別空港と3つの空港から1時間半圏内という立地です。

冬以外の季節は1日の中に四季があり、且つ真夏でも日中20度を下回ることもある冷涼な気候でスコットランドに近い気候条件です。

工場・工房としての敷地や建物を建てることも土地があるのでそれほど難しいことではありません。

来ていただいたゲストにお泊り頂けるゲストハウスも建てることが出来ますし、弟子屈カントリーまでは車で15分、日本最高のリンクス根室ゴルフクラブまでも充分日帰り圏内で他にもたくさんのゴルフ場があります。

ゲストにくつろいで頂ける温泉も豊富にあり、摩周湖や屈斜路湖、硫黄山、釧路川などの観光スポットで家族サービスももちろん出来ます。

クラブMOIマッチングを学びたいクラフトマンにも試打・体感~クラブMOI理論研修~実際のクラフトという行程をシームレスに行えることでより効率的で効果的なものとなります。


タイトリストを有するアクシネットの試打・開発フィールドはおおよそ3万坪の敷地だということですが、ここ弟子屈であれば3万坪以上の土地、しかも牧場跡地で整地不要の土地が頑張れば購入できる価格でありますから、アクシネットと同等の規模のテストフィールドを持つことが可能です。




そこまで行うのはまだまだ先は長く、何年もかかりますけれども、壮大過ぎてやはり野望ですね~(^^;;



 

↑このページのトップヘ