ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

2017年12月15日 BoseIronFactoryは拡張移転しました。
弾道計測、シミュレーションゴルフも出来る、道東で一番の設備で皆様のお越しをお待ちしております!!
なお、MOIマッチングを伴わない作業はどんなにお金を積まれたらやりますが、あまり積まれなければ(縦に立たない限り)やりませんのでご了承ください。
MOIマッチングのご依頼・お問い合わせはseabose@me.com
までお願い致します。

先にお知らせしておきますが、2016年のゴルフフェアでの出展はございません。

昨年のゴルフフェアではジオテックさんと共同でMOIマッチングの体感をしていただきましたが、2016年はジオテックさん単体での出展となり、JCMOやBoseIronFactoryのアイアン等が出品されることもございません。


とは言いましても、吹雪などが無ければ18日木曜日に横須賀に戻る予定としておりますので、19日(金)と20日(土)はゴルフフェア会場をウロウロしております。

仕事は無いのでホントにウロウロしているだけですが、見かけた際は決して石を投げたり、ガソリンを浴びせて火をつけたりしないようお願い致します。

 指差して「あ~!ファルコンだ!!ホントにハゲてやんの!!」位でしたら多分飛び蹴りか馬乗りになってグーパンチの連打位で済むと思いますが、飛び道具やテロ行為は硬く禁じさせていただきます。


 あ、あと、あり得ないと思いますが、「サインください!!」というのも禁止です。
ペンがあれば出来ないことはありませんが、普通にカタカナで「ファルコン」と書くだけですので、こちらも禁止とさせていただきますm(_ _)m


ではでは、よしなにお願いたしますm(_ _)m


ソケットを仕上げる時は指先に神経を集中させます。

指先に神経を集中させ、ホーゼルからソケットの繋がった部分がどこか分からなくなる直前で2000番のサンドペーパーの手を止めます。

そしてアセトンをこの

医療用の不織布ガーゼに染み込ませて軽くなぞってやると指先に段差を感じないソケットの繋がりが完成します。

医療用の不織布ガーゼを使うのは医療用ということで不織布のキメが細かく、繊維が残らないから。

以前は毛の細い絵筆を使っていましたが、不織布ガーゼの方が私はきれいに仕上げられます。

ソケットの段差は性能に影響ないからそれほど拘らないという方もいらっしゃいますが、汚かったり浮いていたりするよりは綺麗な方が良いと思うんです。

これは私の個人的な拘りですから、気にならない方は気にしないでも構いませんが、ソケットを綺麗に仕上げることはそのクラフトマンの技術を知るには1番分かりやすい部分であるとも言えますから、ソケットの仕上げを見ればある程度のことは分かるようになってきました。



いくら有名なところでも、こうした仕上げ(挿しっぱなしで仕上げてもいませんが)をするところは少し注意した方が良いかもしれませんね。

ソケットの仕上げは技術はもちろんですが、それなりに時間と手間のかかる作業です。
それをしないということは・・・。

とも言えますからね(^^;; 



クラブMOIマッチング、クラブメイキングのお問い合わせは、
seabose@me.com
㈱BoseIronFactoryまでお願い致します。

クラブMOIマッチングされた方からご感想を頂いたので掲載させていただきます。

安心してください!
もちろんご本人には掲載のOKを頂いております!!


~~~~~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~~~~~

BoseIronFactory ファルコン様

先日MOIマッチングしていただいた◯◯◯です。
 
あれから練習には3回ほど、ラウンドには2回行きました。
 
マッチングしていただいたアイアンの感想です。

 
7番を基準にしていただきましたが、
ショートアイアンがひっかからなくなりました。驚きました。
 
今まではこわごわそーっと打っていたショートアイアンを全く普通に振ってみてもひっかかりません。
 
そして6番でもドローがしっかり打てるようになりました。

もちろんそもそもの技量が技量ですからミスショットしないわけではありませんが、
少なくともアイアンを持った時に今までのようにそーっと打たなきゃとかも っと右狙わなきゃとか、
余計なことを考えなくてもいい、ということだけでも楽にプレーできました。


こうなると他のクラブもマッチングして、
もっとシンプルにゴルフを楽しみたいと思うようになりました。


是非次の機会でまた他のクラブのマッチングもお願いしたいと思います。



~~~~~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~~~~~ 


ありがとうございます!!


このオーナーはまだゴルフ歴はそれほど長くはなく、スコア的にはまだまだ伸びる余地があるごくごく普通のゴルファーです。

ですが、そうしたオーナーであっても、オーナーに対して適正なクラブMOIにMOIマッチングしたクラブであれば、練習の効果もより高いものになりますし、実際に今までなかなか難しかった6番アイアンが打てるようになったり、ショートアイアンでの引っ掛けも解消されています。

クラブMOIマッチングは上級者だけではありません。
初心者であればMOIマッチングされたクラブでの練習はその上達を早めますし、中級者であれば上級者への道のりは短くなり、シンプルなゴルフはゴルフをすること自体も楽しくしてくれます。

人のためにMOIマッチングされたクラブを借りて打ってみて、ダメだと判断すること無く、ご自身にとっての適正クラブMOIにされたクラブを打ってみてから判断してくださいね。



クラブMOIマッチング、クラブメイキングのお問い合わせは、
seabose@me.com
㈱BoseIronFactoryまでお願い致します。


 

これから少し特殊なメッキをかけてヘッドの完成となりますが、BoseIronFactoryのハンドグラインドパターのご紹介です。





ベースはオーソドックスなIMG5をリスペクトしたもので、
この個体はオーナーのお好みでセンターにドットを入れています。





ソール形状はフィッティングによって打ち方を見ながら決定してまいります。
このオーナーの場合はリーディングエッジもトレーリングエッジもかなり丸く落とし、
座りよりも抜けを重視した形にしています。

 


ご希望により、Made by B.I.Fの文字をネックに刻印可能です。


 

ロフト・ライはオーナーのパッティングを見て、慎重に決めていきます。
ロフト・ライは荒鍛造から少し研磨した段階で曲げていきますのでロフト・ライの調整痕が付くことはありません。

また、曲げるときには単にチカラで曲げることはせず、2100度の業務用バーナーでネックが1200度の鍛造する時と同じ温度までしっかりと時間をかけて熱してから曲げますので、軟鉄本来の持つ鍛流線はそのままに曲げることが可能です。

もちろん顔つきもトゥ・ヒールの形も変更可能です。





素材は軟鉄S20Cで、軟鉄の中でも柔らかめの素材を使用。
更にネック一体成型による打感の柔らかさは秀逸です。


ヘッドの総重量はオーナーへのフィッティングによって変わってきますが、従来のIMG5タイプは総じて重量が軽く、今のベントグリーンには対応しきれない部分があります。
そのため、基本的なヘッド重量を350g強と現在のパターヘッドと同等の重量とすることで今のグリーンに対応可能としています。


ハンドメイドパターというだけあって、刻印とメッキ以外は全て手作業。
手作業でないとここまでの拘りは実現不能だからです。

電動ツールも使いますが、手で持てるツールでないと繊細なラインなどは出せませんし、サンドペーパーやヤスリを使うことも多いです。

最後の仕上げに関してはフェルトを使って手で磨き上げますから、ご依頼頂いてフィッティングしてからお届けまで2ヶ月はかかります。


ここまでの手間をかけていますので、お安くはありません。
ベーシックなもので、43,200円からとなっていますが、正直な所それでも割りには合いません・・・(笑)

ただ、こうした拘りをご理解頂けるオーナーのご依頼であれば喜んで作りますのでお問い合わせください。



クラブMOIマッチング、クラブメイキングのお問い合わせは、
seabose@me.com
㈱BoseIronFactoryまでお願い致します。

 

BoseIronFactoryはゴルフ用品を販売するショップではありませんが、実際に使ってみて良い物は販売することがあります。

その中のひとつが今回ご紹介する「キャタピーゴルフ」です。

キャタピーゴルフ


キャタピーゴルフは結ばない靴ひものキャタピランの姉妹商品で、足と靴のフィット感を高めます。
従来の靴ひもやFOOTJOYに採用されているBoa®システムなどはほぼ一定の圧力でフィットさせていましたが、キャタピランやキャタピーゴルフは伸縮性のあるゴム紐で部分締めも出来ますし、キャタピーのコブが紐穴をしっかりホールドしてくれます。


キャタピーゴルフ説明

嬉しいのは、しっかりとホールドしてくれるだけでなく、その伸縮性です。
ある程度しっかりと締めあげても伸縮性があるのでラウンド中にアップダウンのあるところを歩いても締め付け過ぎることがありません。
結果、足が痛くなったりすることも少ないですし、ラウンド後の疲労感は激減します。

キャタピーゴルフだったら1日2ラウンド位はそれほど疲れること無く可能ですし(←私の場合)。



ランニング用のキャタピランは市民ランナーに好評で、マラソン等でかなりの使用率ですので疲れにくいということはキャタピーゴルフでも言えますね。


ゴルフ用のキャタピーゴルフは色数もあり、


シルクホワイト
シルクホワイト、


ジャガーホワイト
ジャガーブラック、


レッドスパイラル
レッドスパイラル、


イエロースパイラル
イエロースパイラル、


ピンクスパイラル
ピンクスパイラル、


ブルースパイラル
ブルースパイラル

の6色展開です。



BoseIronFactoryでは送料込みで1つ1,460円で販売しています。



まだキャタピーゴルフを試していない方はぜひぜひお試しください!!





クラブMOIマッチング、クラブメイキングのお問い合わせは、
seabose@me.com
㈱BoseIronFactoryまでお願い致します。

クラブMOIマッチングで皆さんが感激なされるのは、ロングアイアンなどの長いクラブが圧倒的に打ちやすくなることです。

打ちやすくなると言っても単に振り心地が軽くなるというだけではなく、今まで4番アイアンや3番アイアンの球が上がらず、スライスして距離も出なかったという症状が無くなり、キチンとストレートやフェード、ドローと言った本来の持ち球になっていくこと、 そしてロフト通りに球も上がるので、飛距離の階段もより作りやすくなると言った本来あるべき形になっていきます。

クラブMOIマッチングをご自身にあった適正なMOIで体感してしまうと、「もうクラブMOIマッチングされていないクラブは気持ち悪くて打てない」 と言ったご感想を頂くことも多いです。


そのためBoseIronFactoryも加盟しているJCMO(日本クラブMOIマッチング機構)のオリジナルアイアンJCMシリーズはJCM-01BLADEが1番アイアンから、JCM-02中空Muscleは2番アイアンから、そしてJCM-03Cavityはなんと12度の0番アイアンからのラインアップです。

JCMシリーズよりも前に発売した、共栄ゴルフ工業とのコラボレーションモデル、ZESTAIM Fi-0CB LimitedForgedでもベースとなったFi-0CBが4番からのラインアップなのに対して、Fi-0CB LimitedForgedは3番からのラインアップ。


ロングアイアンがスイングバランスと言う古い慣習によって絶滅の危機に瀕している現在、日本で1番アイアンから新品のセットで購入できるのは私が監修させていただいたジオテックゴルフのプロトタイプJF-10とJCM-01BLADEのみ。
そして日本で0番アイアンからセットで購入できるのはJCM-03Cavityのみです。
(アイアン型ユーティリティーは除きます)



そうした長いクラブが圧倒的に打ちやすくなるクラブMOIマッチングをやっていて、特に嬉しいのは 「◯番アイアンまで作ったけれど、クラブMOIマッチングしたらもっと長いのが打てると思うので今よりも長いクラブをMOIマッチングで組上げてもらえませんか?」と言うご依頼です。

image

今まで3番からだったのですが、新規組上げで1番と2番のご依頼を頂きました。
 
3番~PWはオーナーが筋トレをされ、前に組み上げたMOIが適正値よりも低くなってしまったためにMOIを上げるための再調整での入庫です。




1番から9番まで9本揃った姿はやはり壮観です。


他にも5番からだったオーナーが同じアイアンの4番をご依頼頂いたりしていますし、6番からのオーナーは新規で5番からのご依頼を頂きました。



古くからの知り合いはご存知だと思いますが、私自身元々がロングアイアンが好きで始めたクラフトですから、クラブMOIマッチングを通じてロングアイアンが広まっていくことが、本当に嬉しく、感謝の気持ちが溢れてきます。

ロングアイアンでいいショットが打てると、本当に気持ちいいですし、その球筋にも惚れ惚れします。

日本ロングアイアン協会は諸事情により活動休止していますが、その想いはクラブMOIマッチングを通じて少しづつですが広がりを見せています。

こうした広がりを見せていってくれることで、少しづつではありますが、大きな目標に向かって進めていることに本当に感謝です!!




クラブMOIマッチング、クラブメイキングのお問い合わせは、
seabose@me.com
㈱BoseIronFactoryまでお願い致します。


こちらはいつもの定点観測ですが、同じ窓から見える下のほうを撮ってみたら・・・、




こんな不思議な絵になりました。




携帯カメラを構える時に上下逆さまにしてしまっただけですが、不思議な光景ですね(^^;;




クラブMOIマッチング、クラブメイキングのお問い合わせは、
seabose@me.com
㈱BoseIronFactoryまでお願い致します。 

その性能だけでなく、ミスに対する寛容さも高次元で実現しているRODDIOのユーティリティ。

とても好評で、BoseIronFactoryで新規組上げするUTの90%以上はRODDIOが占めるほど。


今日もまた、新規のMOIマッチング組上げでのRODDIOUTが入荷したので、ちょっと写真を撮ってみました。


imageimage

こうして見ると、その性能の高さやミスへの寛容さだけでなく、所有感もとても高い次元で実現していますね。

これだったらラウンド後にしっかりと手入れをしてやりたくなります。


クラブMOIマッチングをすれば、UTに限らず長く使える良き相棒となってくれますから、ラウンド後や練習後に綺麗に磨いてやりたくなるようなカッコいいクラブを選ぶのもひとつの選択肢ですね。

 



クラブMOIマッチング、クラブメイキングのお問い合わせは、
seabose@me.com
㈱BoseIronFactoryまでお願い致します。

image

クラブMOIマッチング専用に設計したJCM-03

image

単にクラブMOIマッチング専用になっただけではありません。



実はJCM-01Blade、JCM-02中空muscle、JCM-03Cavityのどれもその見た目よりは遥かに優しいんです。

その優しさの秘密は幾つかのポイントがありますが、そのひとつが、下の写真のソールです。

 



image

リーディングエッジもトレーリングエッジもかなり大胆に丸くしていますから、座りはあまり良くはありません。練習場などの人工芝の上ですとより一層座りが悪く感じるかもしれません。

ですが、実際のラウンドで芝の上で構えるとそうした座りの悪さは全く感じないと思います。

この拘りぬいたラウンドソールはフェアウェイはもちろんのこと、どんなラフでも引っかかること無くスムーズな抜けの良さを実現してくれます。

また、テイクバックの時もバックフェースに当たる芝以外はスムーズにいなしてくれますから、ほとんど抵抗を感じること無くテイクバックに入ることが可能となります。

そして一番凄いのは、少しダフり気味に入ったとしても、リーディングエッジが芝や引っかからずに滑ってくれるところです。


BoseIronFactoryがFactoryである以上、単にFOR CLUB MOIの刻印を入れただけでオリジナルモデルとすることはありません。

こうした様々な拘りと設計をもって初めてオリジナルモデルと言えると思っています。


他にも様々な拘りがありますが、それはまた別の機会に・・・。




なお、JCMシリーズはクラブMOIマッチング専用に設計されていますので、組み上げ・販売はJCMO加盟店のみとなります。
ヘッド単体での販売等は行いませんので、ご了承ください。



クラブMOIマッチング、クラブメイキングのお問い合わせは、
seabose@me.com
㈱BoseIronFactoryまでお願い致します。

クラブMOIマッチングとは、

クラブMOI(クラブの慣性モーメント)を振り心地もよく、結果も良いクラブ(いわゆる得意番手)に揃えることで、振り心地だけでなく実際の球筋も得意番手のようにしていくチューニングです。

バランス合わせのクラブをお使いで得意番手が7番アイアンだった場合、4番や5番アイアンでスライスして、9番アイアンやPWで引っ掛ける、と言った症状があると思います。

それはライ角が揃っていたとしても誰でも起きうる問題です。

ロングアイアンではクラブMOIが高すぎ、ショートアイアンではクラブMOIが低すぎるのでロングアイアンではスライスが起きて、ショートアイアンでは引っ掛けるのです。

CallawayVForgedMOIグラフ



 ロングアイアン=クラブMOIが高い=振るのにチカラが必要=チカラを出しきれず振り遅れる=フェースが開いて入り、ロフトは立って入るので球は上がらずスライスする。

ショートアイアン=クラブMOIが低い=振るのにチカラは不必要=振りすぎてしまう=フェースは閉じて入り、eオフとは寝て入るので球は上がるが引っ掛ける。


物理的に考えれば極々当たり前のことですが、ほとんどのメーカーやクラブ設計者はこのことに気づいていませんし、ツアーレップも知らないことから、まだまだ一般ゴルファーもプロゴルファーもこのことは知りません。

クラブMOIマッチングはアメリカでは一般的とも言われていますが、実際には日本と同様ほとんどの人が知りませんし、クラブMOIマッチングをやっていません。
一般的だったら米国ツアーのツアーバンにバランス計しか無いのが説明できませんし、テーラーメイドやCallaway等々がクラブMOIマッチングの観点から作ったクラブがないのを説明できませんよね(^^;;


知らないからこそ今ほとんどのゴルファーがクラブMOIマッチングをしていません。

知らないからこそ、ほとんどのゴルファーがクラブMOIマッチングをしていない今がチャンスなのです。

プロだったらそれがクラブMOIマッチングがアドバンテージになりますし、アマチュアでもライバルに差をつけるチャンスと言えましょう。


まずはアイアンセットからのMOIマッチングをお勧めします。

PINGのGシリーズを始めとしてほとんどのクラブでMOIマッチングをしてきた、クラブMOIマッチング専門のBoseIronFactoryだからこそ、多くのノウハウと技術で皆様からのご依頼をお待ちしております。 






クラブMOIマッチング、クラブメイキングのお問い合わせは、
seabose@me.com
㈱BoseIronFactoryまでお願い致します。 

↑このページのトップヘ