D型倉庫の工房兼工場兼試打室への改装は少しづつ少しづつ進めていますが、理想の工房にしていくためにはまだまだやることが山積です(^^;;

大きな要素のひとつとして、敷地内にグリーンやバンカーを作り、アプローチも本物の芝の上から出来るようにするというのがありますが、そちらの方も少しづつ少しづつ進めています。


ということで、昨日の18時くらいに黒ボク土が8トン(10立米ほど)ほど届きました(^^
(暗いので写真はありません(^^;;)

今日の夕方にはもう8トン届きます。
 
黒ボク土はこのあたりではよくある黒土で、HKDのゴルフ場のほとんど、牧草地のほとんどは黒ボク土で出来ています。

黒ボク
(写真は黒ボク土を見に行ったときのものです)
 

黒ボク土はリン酸が少なく、そのままでは芝も育ちにくいので、リン酸肥料を充分に撒いて成分調整をする必要があるようです。

リン酸肥料が充分に行き渡るには少し時間が必要でしょうが、届いた黒ボク土の1/4程度を使って敷地を程よいアンジュレーションにし、残りの3/4をグリーンの造成用に使う予定です。

15立米位あれば、低めの砲台グリーンならできると思いますし(^^
まぁ、ポテトチップグリーン(グリーン刈りが大変ですが)にもしたいので、足りなければまた頼みますけどね(^^


グリーンには黒ボク土の上に厚さ20cm位の川砂を入れなければなりませんが、川砂入れての造成はおそらく来年かと。

グリーンはどのベントにするかまだ決めていませんけれども、出来ればセント・アンドルーズオールドコースと同じ芝にしたいと思っています(^^

どなたかセント・アンドルーズオールドコースの芝の種類をご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?






クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。