やはりというかやっぱりと言うか(←同じやん!!)悩めるゴルファー、皆さんいろんな疑問をお持ちのようでして・・・(^^


今回は先日ご質問を頂いた方からのご質問です!!

さてさてどんなご質問でしょうかね~(^^



~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~


先日させて頂いた質問がブログに掲載されて
何だか少し嬉しかったです。
調子に乗ってあと2つ質問させて頂いで
よろしいでしょうか?

1つ目はMOIとシャフトスタビライザーの関係です。
シャフトスタビライザーを装着したクラブを後からMOIする
ことは可能なのか?その際はスタビライザーを外すのか??
つまりMOIとスタビライザーは物理的にも合理性でも
両立するものなのでしょうか?
シャフトスタビライザーに限らず、ヘビーウェイトの
グリップでカウンターバランスを狙うクラブなどもあります。
こういったグリップ側を重くする行為をMOI的に説明する
記事を是非読んでみたいです。


~~~~~~~~まずはここまで~~~~~~~~~~

 
MOIマッチングでは、あまりグリップ重量に細かな気を配ることは必要ありません。
グリップはシャフトのバット側に挿してあるため、ヘッドやシャフトよりもクラブMOIに及ぼす影響は少ないからです。
(そう入っても長いクラブで軽めのグリップ~短いクラブで重めのグリップと言うのはMOIマッチング以前のクラフトの基本ですからそのように挿しています。)
で、シャフトスタビライザーですが、グリップに重いものを挿すのと同様、もしくはそれ以上の効果があります。
その効果は、第一次MOI(腕や身体のMOI)の調整効果です。
チーピンに悩む人が腕時計をしたままスイングすると、チーピンが治る場合が多いのですが、それと同じことが第一次MOIにも言えます。
クラブヘッドのボールコンタクトをコントロールするのがクラブMOIであるのに対して、第一次MOIはいわゆるタメの部分のコントロールとなります。
シャフトスタビライザーやカウンターバランス、重いグリップなどで第一次MOIを増大させてやると、その分タメができてシャフトが降りてくるタイミングを調整できます。

結果、チーピンやフックが収まるという訳です。 



クラブMOIマッチングの際にBoseIronFactoryでは問診票にそれぞれの番手の球筋を書いていただくのですが、その際にクラブMOIは高いのに左に行くと書いてある場合があるのですが、その場合には第一次MOIを疑って症状の度合いに応じてカウンターバランスを2g~11g程度仕込むことがあります。
重量的には軽めですが、通常のMOIマッチングとの相乗効果もあり、殆どの方にはそのくらいで十分です。

しかしながら「カウンターバランス入れました!!」というと、実際は5gしか入れていないのに手元側に重さが来てヘッドが効かない・・・という方もおられます。
センシティブな方もいらっしゃいますから、BoseIronFactoryではかなりの重量になるシャフトスタビライザーは使っていませんですね(^^


通常のMOIマッチングと第一次MOI。
どちらもMOIという点では同じですので、今後共さらなる研究をしていきたいとおMOIます(^^




2016-10-27-06-23-52
これで7gくらいのカウンターバランスになりますです(^^






長くなりましたので、2つ目の質問はまた次の機会に・・・m(_ _)m




クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約2~3週間待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。