さてさて、今回のQ&Aコーナーは前回1つめで終了してしまったご質問の2つ目です(^^

mini-cafe hiroの美味しい珈琲を飲みながらの回答ですみませんm(_ _)m

image


~~~~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~~~


2つ目は、ドライバーのカチャカチャ機能とMOIの関係です。
私はヤマハのRMX02に、長尺と短尺の2本のシャフトを
差し替えて使っています。距離重視のコースでは長尺を。
コントロール重視のコースでは短尺を。また、調子が悪い時も
短尺を指します。この様な1つのヘッドと複数のシャフトを
一度にMOIマッチングする事は可能でしょうか?

~~~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~

BoseIronFactoryではカチャカチャクラブのMOIマッチングもたくさんのご依頼をいただきます。 
多くの場合は短尺と長尺という使い分けではなく、シャフト特性の違いを楽しむために同じクラブMOIにされる方が多いですが・・・。

ご質問の場合、クラブMOIとしては同一のMOI値にすることは難しいとおMOIます。
ですので、アイアン<UT<FW<Drと少しづつMOI値をフローさせて行くことの応用としてドライバーでも2種のMOI値とする考え方をされればOK。

短尺のドライバーのほうはミート率を上げ、精度高くするためにFWに近い少し低めのMOIとして、長尺のほうは気合い充分、ドラコン狙いのような場合や競技などで力が入ってしまうときに使う。

トーナメントプロが最終日最終組で回っているようなとき、力が入りすぎてグリーン左にボールが行ってしまい優勝争いから脱落するような場面をよく目にします。
そういうときこそ、MOI違いのクラブを予選・本戦・最終日と言った形で使い分けて行って欲しいと思うのですが、短尺・長尺の使い分け=MOI低め・MOI高めの使い分けはある意味トーナメントプロもやっていないような高度な使い方であると言えます。

そこで問題となるのがどの程度のMOI差を持たせるかという点になりますが、そこはお任せいただければ今までのノウハウなどからどうにでもいたしますので・・・(^^)v





クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約2~3週間待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。