フジクラのMCI BLACK、相当売れているようで、MOIマッチングの専門店であるBoseIronFactoryとしても嬉しい限りです(^^

クラブMOIマッチングの概念をシャフトの面から実現しようとする意欲的なシャフトですから、売れてもらわないと困るのですが・・・。


2016-11-18-00-30-41


とは言いましても、実はBoseIronFactoryでのMCI BLACKの取扱い数はほとんどありません。

と言うより、正直0(ゼロ)です(^^;;



「ゴルフ~北の国から~」でも紹介するくらいですから、MCI BLACKは本当に良いシャフトです。それは間違いありませんし、自信を持ってお勧め出来るシャフトです。

なのになぜBoseIronFactoryでの扱い数がゼロなのか・・・。


それには物理的な要因があるんです(^^;;



MCI BLACKは「クラブMOIマッチングの概念をシャフトの面から実現しようとする意欲的なシャフト」であると最初に述べました。
実はこの「シャフトの面から実現する」というところがBoseIronFactoryで使わない最大の理由なのです。


クラブMOIマッチングはMOIを整えていくことがポイントなのですが、MOI=慣性モーメントは長さが同一だとすると回転する外周部にある重量物が重ければ重いほどそのモーメント値は増大しますし、軽ければ軽いほどそのモーメント値は減少します。

これをクラブMOI=クラブの慣性モーメントに置き換えて考えてみると、 外周部にある重量物=ヘッドの重量を変えていくことが一番効果的ということになります。


MCI BLACKはシャフトの面から~ですので、ヘッドで重量を変えていくことが出来ない場合には有用ですが、BoseIronFactoryの場合は問題なくヘッド重量を変更するノウハウもありますし、より正確なクラブMOI値を計算していくことも可能ですので、ヘッドの調整のみで充分調整が可能なんです。

また、MCI BLACKはクラブMOIの変化に影響のあるシャフトを作るためにシャフトの重心をフローさせていくだけでなく、シャフト重量もフローさせています。

当然ヘッドの重量変化のほうがクラブMOIに影響を及ぼしますから、シャフトの重量物フローの度合いはヘッドの重量を変えていくよりも大きな重量増減となります。



それはすなわち、総重量のフローの量もクラブMOIマッチングで行うよりも大きな変化をもたらします。

ロングアイアンではより一層重量は軽くなり、ショートアイアンではより一層重量が重くなる。ということです。


クラブMOIマッチングの知識・技術があれば、一番効果的なヘッド重量と長さなどを複合的に組み合わせることが出来ますから、総重量のフローもよりスムーズになります。


MCI BLACKのシャフト挙動がどうしても欲しいという方がいれば別ですが、BLACKも通常のMCIもシャフト挙動は出来る限り同じように感じられるように作ってありますから。


ということで、MCI BLACKはクラブMOIマッチングの知識や技術が無い工房でMOIマッチング的なことを行いたいという方には有用ですが、BoseIronFactoryなどではその必要が無いので取扱い数がゼロということとなります。

お値段的にも通常のMCIのほうが少し安いですし、重量帯も豊富なMCIのほうが選択肢は広いですから(^^ 



でも、フジクラとしてはヘッドは作っていませんから、シャフトからクラブMOIマッチングの考え方をやっていくしか無いんです。

MCI BLACKがもっともっとヒットすれば、ヘッドメーカーもクラブメーカーもクラブMOIマッチングの考え方を取り入れたヘッドやクラブの開発をしてもらえるとおMOIますから、その際は是非私までご連絡くださいね(^^)v

ちゃんとご連絡(seabose@me.comもしくは080-5444-0101) 頂ければMOI関連の商標使用権も(非独占になりますが)無償で使用していただいて構いませんし、MOIマッチング専用ヘッドの開発ではJCMO及びBoseIronFactoryが一番数量も多くノウハウも出し惜しみすることなくご提供しますから。





クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在新年明けてからの作業となる状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。