ヘッドメーカー、クラブメーカーの皆様へ。
フジクラのMCI BLACKやトゥルーテンパー社のDG-AMT、そして日本シャフトのMODUS PROTOTYPE等のシャフトが非常に好評です。
これらのシャフトに共通しているのは、クラブMOIマッチングを非常に強く意識したシャフトであることです。各番手の振り心地を揃えることで、各番手のボールコンタクトの一瞬をもコントロールすることで、結果的に出球までもコントロールしてしまう。これは今までのスイングバランスの概念では考えられなかったことです。

2016-11-18-00-30-41


シャフトメーカーはクラブMOIマッチングを意識したモデルを世に出していますが、ゴルフクラブはシャフトのみで完成するものではありません。
ヘッド、シャフト、グリップの3つが融合し、それぞれの役割と良さを引き出してこそ、ゴルフクラブとして機能することになりますし、ヘッドはその中でも一番重く、一番先端に付いていて、何よりもボールにコンタクトする唯一の接点です。

ヘッド、シャフト、グリップの3つがあって初めてクラブになるように、3つがあって初めて”クラブMOI”マッチングになっていきます。
中でもヘッドはクラブの先端にあるわけですから、クラブMOI=慣性モーメントのキモと言える部分で、その効果も絶大です。

シャフトのみでクラブMOIマッチングを完結させようとすると重量フロー・重心位置のフロー等々で行うしか方法はありません。
そのことは非常に難しいとともにクラブの総重量差が激しくなり、結果肝心のクラブMOIマッチング自体をスポイルしかねません。

クラブMOIマッチングがクラブMOIをマッチングしていくチューニングである以上、ヘッドをクラブMOIマッチング用に作ることが一番最善で一番効率的な方法となりますし、MCI BLACKやDG-AMTに頼らずクラブMOIマッチングしていくことが可能となります。

そこで、ヘッドメーカー、クラブメーカーの皆様にご提案です。
クラブMOIマッチングのノウハウ、知識、技術的なことを無償にて提供いたしますし、MOI関連の商標に関しても非独占にはなりますが、無償にて使っていただいて構いませんので、一緒にクラブMOIマッチングを見据えたヘッド・クラブを作りませんか?
全てのゴルファーが3番アイアンを7番アイアンと同じように打ちこなせるゴルフがクラブMOIマッチングで実現できるのですから!!


ご連絡・お問い合わせは:seabose@me.com 080-5444-0101
BoseIronFactory ファルコンまつばらまでお願いします。​