ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイの連載「ゴルフ〜北の国から〜」と連動し、クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

February 2016


お風呂で良くお会いする自治会長さんとの話題の98.764%が天候の話題の弟子屈です。


今現在の弟子屈の天候は普通の吹雪ですが、いつもの北風ではなく、東南東の風がちょっと強め。

プチ荒れ




視界もたまにホワイトアウトになるプチホワイトアウト程度ですが、明日は昼前から大荒れの予報です。


大荒れ




風速18メートルということはここは風当たりが強いところですから、25メートルくらいにはなりますね(^^
瞬間最大だったら32メートルくらいかな(^^





まぁ、それで喜ぶのは東品川の馬場ちゃんくらいでしょうが・・・。



 

皆さん、弟子屈ってところは寒いし、遠いし、お店もあまりなくて不便なところだとお思いでしょう。

でも実際に住んでみるとデメリットよりもメリットのほうが多い場所なんですね。

メリットのほうは何度も書いて来ているので割愛しますけれども、デメリットとして感じたことを幾つか上げてみましょう。


1.夜中~明け方までやっているラーメン屋さんが殆ど無い。
ゴルフトゥデイの連載にも載せた「いぶき」は美味しくて良いのですが、深夜0時30分には閉店してしまいます。

2.家風呂が無い。
まぁ、これはファルコン宅に限ったことではないのですが、温泉がたくさんありすぎて家風呂が使えないお宅もあります(笑)

3.各家庭が広いので雪かきが大変。
ウチの場合、舗装され、除雪される町道までは80m。ジョセフィーヌがいなかったらと思うと、寒気がします。

4. マクドナルドがない。
別にどうでも良いすが・・・(笑)

5.ケンタッキーもない。
これも別に・・・(笑)

6.ローソンがない。
町のどまんなかに近々出来る模様。 セイコマがあるのでほとんど利用はしませんが・・・。

7.ファミマがない。
はこBOONという宅配が使えません。

8.都銀がない。
北洋銀行と郵便局があるから大丈夫。

9.スーパーにあまり牛肉が置いてない。
北海道は豚肉文化の土地ですから、クレアおばさんのビーフシチューが置いてあっても牛肉があまりありません。

10.アマゾンのプライム会員であっても到着するのは翌々日以降。
プライムビデオで007シリーズがあるのでたまに見てますが・・・(笑)


11.鰻の蒲焼きはあっても、蒲焼きのタレが売っていない。
やっぱり疲れている時には鰻は必須。どこにも売ってないのでアマゾンで買ってしまいました(^^;;
うなぎのタレ
 
12.ちくわぶが売っていない。
釧路まで行くと売っている所もありますが、北海道民はちくわぶ自体の存在を知らない人がほとんどです。 ちくわぶも大人買いして冷凍してあります(^^;;

ちくわぶ


13.セイコーマートに肉まん・あんまん・おでんが売っていない。

おでんはまぁ良しとしますが、イタリア出身、横浜育ちとしては、やはり肉まんは食べたくなるのです。
 


つらつらと書き連ねてみましたが、半ばどうでもいいことばかりですね(^^;; 





image

大好評のMIURA CB-1008&MODUS105TOUR、そして

image

MIURA CB-2007&MODUS120TOUR。

011



RegioFormuraはFormuraBの市販を待ってのMOIマッチングとなりますが、今日はNS&MIURA祭りです。


でも、こういうのも平行してMOIマッチングしています。


image

LYNX マジックマリガンウェッジ。

ヘッド重量が非常に重い面白いウェッジで、マーク金井さんが監修した優しいウェッジです。

こうしたアイデアを実現してしまうマークさんはやはり凄い!!





クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。

 

ゴルフトゥデイにて好評(?)連載中の「ゴルフ〜北の国から〜」ですが、3月5日売り号は諸事情により休載となります。


楽しみにしていらっしゃる全国4〜5人の方にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承の程をお願い致しますm(_ _)m


あ、締め切りに間に合わなかった!!ということではありませんので・・・。
諸事情ってやつです(^^;; 

関東(&中京)ローカルのお話で申し訳ありませんが、敬愛するタケ小山名誉顧問がDJを務めるinterFMのグリーンジャケットのコーナーのひとつに三菱レイヨンPresents「The Choice To Win」というコーナーがあります。

今日の「The Choice To Win」ではシャフトのクラフトの重要性に関しても話題に登り、ドライバーはそのまま挿すけれども3wの場合はチップを0.5インチカットするとかをお話されておりました(まぁ、私達にとっては極々当たりまえの事ですが・・・)。

お話されていたことの中で重要と思われることのひとつに、「クラブが長くなるに従って軽くなり、短くなるに従って重くなる」ということがあります。

まぁ、これも当たり前のことではありますが、そもそも何で長くなると軽くなり、短くなると重くなるのかということを考えると、「長くて重いクラブは振りにくいし、短くて軽いクラブも逆に振りにくい」ということが言えます。
 
ここで考えていただきたいのが、前回ブログに書いたことで、クラブを振るにあたっては適切な抵抗が必要であるということです。


長くなると軽くなり、短くなると重くなる事でゴルファーにとっての抵抗を均一化しようとしているんですね。
ただ、残念なことにスイングバランスという考え方があるために、ほとんどのクラブの抵抗は均一化されていません。


長船プロ クラブMOI



上図のように、バランス合わせされたクラブの場合クラブMOIはこれだけ違います。

それをひとりひとりに適切な抵抗=クラブMOIに合わせていくと、

MOIマッチング後


このようなグラフになります。

抵抗が違うクラブを振るのと、抵抗が一定のクラブを振るのと、どちらがより安定したスイングになるかは明白ですね。


スイングスピードが最大となり、スイング自体も安定するための”適切な抵抗”はゴルファーひとりひとりで違います。

その抵抗を数値化、可視化したものがクラブMOIで、ひとりひとり違う、適切な抵抗に合わせていく作業がクラブMOIマッチングです。






クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。

「振り切れる範囲で重いクラブを」

ということは、良く言われますが、まず「振り切れる」という言葉自体が曖昧です。
普通の大人であれば、おおよそ市販されているどんなクラブでも振り切ることは出来ますが、実際にそのクラブで上手く飛ばせるかは別と考えることが必要です。

逆に総重量が軽ければ軽いほどスイングスピードが速くなると言うのは確かに一理あります。
ヘッドの付いていないシャフト=クラブMOIの低いクラブを振れば、スイングスピード自体は速くなります。

ただ、何事にも加減というものがあるように、仮に質量がゼロでしたら速く振るのも難しくなります。


例えば総重量ゼロ=クラブを持たずにスイングしてみてください。
310g、45インチのドライバーでヘッドスピードが45m/sの方でもクラブを持たずにスイングしたら速くは振れません。
 
同様にヘッドの付いていないシャフトだけでスイングしたら・・・。
確かに速くは振れるかもしれませんけれど、身体にかかる抵抗=MOIが少なすぎてマン振りをし続けたら身体を壊します。


すごく重くて長いクラブをずっと振り続けたとしても身体を壊すのは明白です。
(ですので、Falcon1250GTなどを通常のラウンドで使うのは止めましょう。Falcon1250GTは実際に球を打てますが、非常に重く振りづらく作っています。そのため、Falcon1250GTで数球打ったあとに適正MOIにマッチングされたクラブを使うと軽く感じてスイングスピードが上がる効果があります)
 


振り切れる範囲で重いクラブを・・・と良く言われますけれども、これは振りきれるなら重いクラブのほうがスイング軌道が安定しやすいということでもあります。

クラブMOIの考え方から言うと、振り切れる範囲で重いクラブでは無く、適度の抵抗=クラブMOIによってスイングスピードもクラブの挙動もいい状態で安定するクラブが良いクラブとなります。

この適度な抵抗=クラブMOIはゴルファーひとりひとりによって違います。

まずはご自身にとっていろいろな意味で良い状態で振れるクラブ=基準クラブを見つけてみてください。
そのクラブのMOIを計測し、その方に合った抵抗=MOIを把握することからクラブMOIマッチングは始まります。





クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。

寒いシリーズも佳境を迎えて参りました←シリーズになってんかいっ!!(笑)

今回は定番中の定番。

濡れタオルを回すと・・・です(^^;;


単に回して凍らせるだけなのですが、凍ったまま少し置いておくと更にカッチンコッチンになります。






まぁ、体感的には大したことのない寒さなのですが、実際にはマイナス15度とかですので、当たり前に凍るのです(^^;;







「マイナス40度の世界ではバナナで釘が打てます」

「新鮮な薔薇もこの通り・・・」


と、言うモービルのCMを覚えていらっしゃる方は私と同年代かもう少し上の年代かと思いますが、結構バナナで釘を打つのは弟子屈の移住者の間でもポピュラーなようでして・・・(笑)

ということで、やってみました!!


バナナ自体は随分前に購入したものですので、実は熟れ熟れ。

冷え込む夜を狙ってやらないといけないので、購入してから結構時間が経ってしまい茶色くなってしまいました(^^;;



 


熟れきった柔らかいバナナでも釘は打てるっ!!

寒さは厳しいですが、それ以上に楽しめますね(^^

同じ三浦のCB2007、同じ4番アイアンのヘッドですが、実はこの2つは全くと言っていいほどの違いがあります。


image

クラブMOIマッチング用に特注した4番と通常の4番。

一見しただけでは全く違いは分かりませんがBoseIronFactoryは常に完璧を目指しています。


三浦技研Aサポート店ならではのクラブMOIサポートをさせていただきますので気になる方はお問い合わせください。





クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。


弟子屈というところは北海道の中でも寒さが厳しいところです。

海から80キロ程度内陸部にありますし、南側は根釧の平野部が開けていますが、西側には阿寒の山々、東側には摩周の山、北側には美幌の山が連なっているため3/4を山に囲まれた盆地的な地形もあるでしょう。

冬の間は写真のように好天が続くことも多いので、夜は放射冷却で冷え込むことも多いのです。

image


昨日の朝もマイナス22~23度くらいまで冷え込みましたし、今朝もマイナス19度くらいにはなりましたから、横須賀とは比較にならない位の寒さです。


そんな弟子屈でひとりで暮らしている(YoMe3は横須賀で仕事をしておりますので)と、心配なのは風邪をひいたり体調を崩すことですが、不思議な事にこちらにいたほうが体調は良いんですね(^^)v

喘息も持っているのですが、横須賀や横浜では冬に外に出ると咳が止まらなかったのに、弟子屈で暖かい部屋から寒い外に出て40度近い温度差があっても不思議と発作が出るまでにはなりません。
(まぁ、喘息と言っても猫アレルギーとハウスダストからの喘息でして、でもにゃんずを飼い慣らしているというこれまた不思議な・・・(笑))

喘息に関してはやっぱり空気が綺麗だからでしょうかね?

でも風邪をひかないのは何ででしょう?
あまりに寒くて風邪のウイルスが弱まっているのかもしれませんが(笑)


ともあれ、体感温度的には実はそれほど寒くないんですね。

おそらく外に出る時間が短いこともありますが、長く外に出ていたとしてもほとんどが除雪作業で動いていますから、それほど身体が冷えきるということはありません。

まぁ、もちろん1時間も除雪作業をしていると足先や指先は冷たく、痛くなりますが、皆さんが思うほどのことはないですね(^^

関東などとは「寒さの質が違う」というのがここ弟子屈に来て改めて思ったことです(^^




 

↑このページのトップヘ