ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイの連載「ゴルフ〜北の国から〜」と連動し、クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

July 2016

先日感想を載せさせていただいた方から再度メールを頂きましたので掲載させていただきます。

~~~~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~~~~

ファルコンさま

~~~中略~~~

そして戯言の感想、ブログに使っていただくのは大変恥ずかしいですね\(//∇//)\ギァア。

実はMOIマッチングを知る前に、グリップエンドに重りをつけてクラブバランスを変えてみたことがありました。
私の今のアイアンでバランスはD0くらいであったと思います。
当時マークダウン直後で衝動買いしたもの、重くて振りにくい。
女性用のクラブ並にバランスを軽くしたら振りやすくなるか?と短絡的に。
回答は誰よりもご存知のとおり、総重量が増えてますます振れなくなったとさ。
竹林隆光氏のゴルフクラブの真実を読んで納得。やっぱりスイングバランスは目安というか心の拠り所みたいなものであって、バランスが軽い重いだけで振りやすいかというと…それはない。
そんな時、たまたまネットで見つけて。MOIマッチング?なんだか難しいし振り心地が揃うということがいまいち理解できないけど。
振りやすくなるならいっちょ試してみましょ。
やらないで後悔するよりやってみてダメな方がまだマシ。
結果、大正解ψ(`∇´)ψしてやったり。
※誰に?
今の気持ちです。
マッチングしていただいて、ありがとうございました!

~~~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~


今回はMOIマッチングを決心するまでの経緯をお書きいただきました(^^

やはりポイントは・・・
やらないで後悔するよりやってみてダメな方がまだマシ。
結果、大正解ψ(`∇´)ψしてやったり。 

という部分かと。


こうしてみると女性のほうが潔・・・、ちゃう、論理的なのがよく分かります(^^)v



ご満足いただけなかったら全額返金キャンペーンもBoseIronFactoryが存続する限りやっていますし、再調整なら何度でも工賃無料で行います。

つまりは!!オーナーのリスクはゼロ!!

まだ、MOIマッチングを迷っている方!!

やらない理由が分かりません(^^;;




やっぱり女性のほうが潔くって、男のほうが優柔不断・・・ナノカモ




クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。


 

数値に現れない感覚は確かにあります。


その”感覚”は鈍ることがありますし、体調などによっても変わってきます。

また、数字でウソを付くことは出来ますが、数字自体はウソをつきません。

 
クラブMOIマッチングをしていると、そのMOI値に注目が集まりがちですが、MOI値を合わせるだけでは無いことは少し前に書きました。

クラブMOI値が絶対ということでは無く、クラブMOI値を理論の中心として据え、身体や腕のMOI(第一次慣性モーメント=一次MOI)なども考慮して調整することが大切です。

また、クラブの構造や設計によって異なる重心位置や重心距離、シャフトの違いなども数値には現れにくいけれど大切な要素です。

全てのクラブMOIを統一したとしても、第一次慣性モーメント(一次MOI) や重心、シャフトの違いなどを考慮した総合的なMOIの調整がMOIマッチングであるといえます。



クラブMOIの違いによって球筋が変わってくることは何度も書きました。
イラストB
イラストA
 
この点においては理論としては非の打ち所は無い部分まで来ていると考えています。
ですが、クラブMOIだけではない、MOIマッチング全体を考えると、このことはまだゴルフの全体を理論付けるには至りません。

このクラブMOIの理論を中心とし、第一次慣性モーメントや重心・シャフトの違いなどによる感覚の違いや実際の球筋の違いを数値を含めた理論として確立していくことがJCMOとして、ファルコンとしてのライフワークとして行っていきたいとおMOIます。


もちろん、どうしても数値には表しにくい部分もあります(^^;;

それは、美しさや所有感、打感と言った、ほぼ感情が支配する部分。


その点に関しても、
JCM-01Blade
こうしたクラブや、
2016-02-14-16-44-19
こうしたパター。

2015-4WebShop
銅下メッキで驚くほど柔らかい打感と脅威の飛距離を実現した零式Ver.2015

などを開発・設計・製作しているBoseIronFactoryですから、これからも大切にしていきたいとおMOIます。





クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。



image

只今(23時20分)の室温24.7度。

ずっと雨ばかりだったし、HKDには珍しく湿度も高いので蒸し暑いです。


ったく、梅雨のないはずのHKDだのに7月に入ってからほとんどが雨か霧雨だったし・・・。


内地の暑さに比べればまだマシですが、このところHKDらしくない天気が続いていますね。

零式Ver.2015

美しいだけではありません。
銅下メッキ、軟鉄鍛造ネック一体成型の柔らかな打感。
ロフト12度、ウッド用カーボンシャフト専用設計の圧倒的な飛距離。
アイアンならではの方向性と操作性も兼ね持ち、リンクスの強風にも負けない強く弾道。


ラウンドの際には力強い味方になってくれ、磨くだけでも嬉しくなってしまう美しさは究極の機能から来る美しさといえるでしょう。


ロングアイアンに拘り、ロングアイアンを愛し続けたからこそ創り上げることの出来た、私たちにとって至高のアイアンでもあります。


しかもMOIマッチングによってスチールシャフトの4番アイアンを打てるゴルファーであればほとんどの方が打ちこなすことが可能です。



またまた嬉しい(面白い?)ご感想をいただきましたので、掲載させていただきますね(^^


~~~~~~~ここから~~~~~~~

ファルコンまつばら様

お久しぶりでございます。
○○○在住の△△です。

マッチングしていただいて以来、ほぼ毎週のようにラウンド(ばかだねぇ)しておりますが、アイアンに対する信頼が半端ありません(笑)
おかげさまで先日ベストを更新し、100切りも射程圏内になってきました!シメシメ。
と調子にのったら、あらら。そんなにゴルフは甘くない。
ウッドがだめな日でも私にはアイアンがあるさ。あなたと一緒に真っ直ぐ前へ進むの(100ヤード)。
たまに?は苦労もあるけれど(バンカーとラフ)、一緒に乗り越えましょう!
てな気持ちです(・ω・)ノハイ。

バカな話はこの位で。

ウェッジのマッチングの予約をお願いします。
予言どおり?重くてコントロールできません。
ザックりが怖くて緩んでトップして撃沈です。
リシャフトしても構いません。
フジクラウェッジ用のMCIを考えておりますが、こっちの方がよい!というのがありましたらお任せ致します。
ご教示いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。


~~~~~~~ここまで~~~~~~~ 


この方はとても女性ゴルファーですが、ゴルフを初めてまだそれほど時間が経っていない方です(^^

「まだ100を切っていないのにMOIマッチングやっても良いのだろうか?」とか、周りの男性陣からは「ゴルフは道具じゃない!!」とか言われてMOIマッチングするのをためらっていたとのことですが、実際にやってみたらこうしたご感想とのことで、今回また新たにウェッジ類のMOIマッチングのご依頼を頂きました。


このブログを御覧の方々は、「ゴルフは道具じゃない!!」ということに関しては「いやいや、道具を使うスポーツだからこそ道具にはこだわらないと!!」というお考えをお持ちの方が多いとおMOIますし、私自身もそう考えているからこそこうしてMOIマッチング専門の工房&工場を建てているわけです。

一方で「まだ100を切っていないのにMOIマッチングやっても良いのだろうか?」という部分ですが、これに関しても私個人は良いとおMOIます(^^


ゴルフは練習しなければ上手くなりませんが、13本振り心地も結果も違うクラブで練習するのは、13通りのスイングをしなければなりません。

ゴルフ雑誌やゴルフのレッスンでは、「ドライバーはこう打つ!!」とか、「ショートアイアンで引っ掛けないためには!!」といった記事や練習方法が毎回のように載っていますよね?

それぞれのクラブに応じた打ち方をしなければならず、それぞれのクラブに応じた練習をしなければいけないのです。

しかも、いろいろなシャフトやフレックスがそれぞれのクラブにささっている訳ですから、それらの数だけクラブMOIも違うんです。
当然レッスンプロが使っているクラブと、ご自身のクラブはクラブMOIが違いますし、雑誌に載っているクラブとも違います。
同じメーカー、同じモデルのクラブでさえも個体差等によって全然違うクラブMOIの場合も多いですから(^^;;

そうした13通りのスイングをラウンドでのライの状態や風向き、練習場とのボールの違いなどをあまり意識すること無く実践できるまで身につけることが出来て初めて練習の成果が出たといえるのでしょうが、そこまで練習するには昔のプロが言うようにトラック何台分ものボールを打たなければいけません。


そう考えると、13通りのスイングを練習するより、1通りのスイング=クラブMOIマッチングで済めばトラック何台分ものボールを闇雲に打つより効果的な練習が出来ますし、実際のラウンドでも△△さんのおっしゃるとおり、クラブに対する信頼は半端なくなるものとおMOIます。

もちろんクラブを変えるのが楽しいという方もいらっしゃいます。
そうした方は様々なクラブMOIであることが楽しいという面もあるでしょうから、あまりお勧めは出来ませんが・・・(^^;;


クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。

今回はご質問頂きましたクラブMOIマッチングの再調整に関しまして書きたいとおMOIます(^^

BoseIronFactoryでは、クラブMOIの再調整は何度でも工賃無料で行っております。

工賃無料ですので、グリップ代及び送料はご負担いただきますが、殆ど使用していないグリップでしたら再利用の工賃も無料となります。


なぜ工賃無料かと言いますと、「一度でバッチリはまる形に調整できなかったのはこちらの責任」であると考えているから(^^;;

これはBoseIronFactoryの考え方で、JCMOに加盟されている他の工房に対して強制することはしておりませんので各店の判断によります。


再調整にかかる条件ですが、再度の調整ですので、クラブMOIマッチングを行ったクラブに限ります。
調整したデータは基本こちらにございますので、そのデータと照らしあわせて再調整を行います。

ですので、調整したクラブと同じモデルであっても、2セット持っていて調整していない2セットめを再調整してください。ということは出来ません←これはゴルファーのマナーにも反するとおMOIますし、今までももちろんそうした方はいらっしゃりませんが・・・。



また、MOIマッチング後にリシャフトしたクラブやリヘッドしたクラブも対象外です。
シャフトもヘッドも変えてしまうと全く違うMOIになりますので、ゼロからクラブMOIマッチングすることとなり、再調整とはいえませんので(^^;;


ちなみにグリップを交換したクラブは問題無く対象となりますのでご安心くださいね(^^


また、BoseIronFactoryでのMOIマッチング後、ご自身で調整された場合ですが、バットカットやヘッドの研磨等をした場合はNGです。
ヘッドに鉛を貼るくらいでしたらOKですが、詳細はseabose@me.comまでご相談くださいね。

image
写真はイメージです(^^;;





 

BoseIronFactoryにてリシャフトを含むMOIマッチングを行った際に抜いたシャフトですが、基本的にはこちらで廃棄させていただく形をとっております。

MOIマッチングでの挿し直しの際には、カーボンシャフトでもほとんどの場合熱をかけずに抜きますので問題ありませんが、リシャフトをされてのMOIマッチングの場合は事前のお申し出を頂きませんと熱をかけて抜くことが多いです。

なぜ使い分けているかと言いますと、以下の2点の理由によります。

1.BoseIronFactoryで使用しているシャフト抜き機は非常に強力なため、カーボンシャフトを熱をかけずに抜くとシャフトを引きちぎってしまうことがあります(過去1度だけですが・・・)。

2.熱をかけず、かつシャフトを引きちぎらずに抜くには、非常に手間隙と技術が必要となってきます。
その分非常に時間もかかりますので、オーナーを少しでも早くお届けするためにも熱をかけて抜いたほうが速いです。


時間かかっても熱をかけずに抜いて欲しいという方もいらっしゃるかもしれませんが、熱をかけずに抜く場合は引きちぎるリスクがありますし、万が一引きちぎってしまった場合はこちらの負担にて新品シャフトに変える事となります。


そのため事前のお申し出があった場合のみに熱を出来るだけかけない形で抜くこととしております。


ちなみに熱をかけてもかけなくても、一度抜いたシャフトのメーカー保証は殆どの場合効きません。
抜いたシャフトはそれだけリスクがあるということでもありますし、危険でもあるということです。

そうしたことからも中古シャフトの持ち込みでBoseIronFactoryで挿し直す。といういうことも行っておりませんので、ご了承いただけますと幸いです。


まぁ、スチールシャフトでしたら熱をかけてもほとんど問題はありませんので良いのですが、スチールシャフトを返却して欲しいという方はほとんどいらっしゃりませんけれども・・・(^^;;


ちなみに、抜いたシャフトを問題なく使えるのは布団たたきくらいでしょうか?
グリップ付きなら叩きやすいですが、布団たたき用のアタマが無いとほとんど意味は無いですが・・・(^^;;


image
写真はイメージです(^^;;



クラブMOIマッチングは単にクラブMOIを合わせていくだけのものでは無いと考えています。

オーナーの様々な症状に合わせて、単にクラブMOIを合わせるだけでなく、様々な処方を取りますから(^^

クラブMOIマッチングで一番難しく、かつ一番楽しいのは、こうした症状に合わせて処方を考える時かもしれません。

もちろん処方を考えるだけでなくて、その処方に合った薬を作ることも多いです(^^


例えば、今やっているのは、1年半くらい前に共栄ゴルフのZESTAIM Fi-0CBの新規組み上げをされたオーナーの再調整。
2016-07-27-18-21-42


4-PW、AW、SWの組み上げをされましたが、4番は”ロングアイアン”というイメージがなかなか抜けなくてついつい力を入れて振ってしまうために左に行ってしまうという症状。

2016-07-27-18-22-11


この場合、単にクラブMOIを高くするという処方もアリですが、それだけでは芸が足りない(^^←クラブMOIマッチングは芸か!!(笑)

私の場合、こうした症状の時は、クラブMOIを少し上げつつ、第一次MOI(腕や身体のMOI)を上げるために手作業でカウンターバランスを仕込みます。 

左に行く度合いがどのくらいかによってカウンターバランスの重量は変わってきますので、調整しやすく空気抜きの穴も開いている真鍮おもりを使用してカウンターバランスを作ります。


image



ABS樹脂の丸棒から削り、シャフトの内径と同じにして、真ん中に3ミリほどの穴を開けてから真鍮おもりを熱して圧入。

自作することで0.1gの単位まで割り出した重量にすることが出来ますし、バット延長してクラブMOIを上げる分の突き出し量も0.1ミリ単位で調整できます(^^


こうしていろいろと処方を考え、その処方を具現化するための薬(治具やこうした自作のカウンターバランスなどなど)を行うにはどうしても時間がかかります(^^;;

現在約1ヶ月待ちという状況ですが、お待たせしてしまっているのは、決してサボっている訳ではなくて、こうしてひとつひとつの作業を慎重に、かつ出来る限り丁寧に行っているからというのが大きいです(^^;;

お待たせしている分以上の満足感を味わっていただくため、もっともっとがんばっていきまっしょいですね(^^

 

皆さん、

「この弟子屈に理想の工房、クラブMOIの聖地を!!」

というのをファルコンの”夢”と言って頂く方が多いのですが、実はファルコンにとって理想の工房もクラブMOIの聖地も、決して夢では無いんです(^^;;

夢は”叶う”ものですが、なかなか叶うのは難しいです。

ですが、夢では無くて目標であれば、”叶う”では無く、”達成”するということになります。

叶うというと受動的なイメージですが、達成するなら能動的ですし、自分次第とも言えます。


クラブMOIの聖地となるには、クラブMOIという概念自体が普及していかなければいけませんが、普及自体は全くもって心配していません。
これほどまでに素晴らしいクラブMOIマッチングが普及しないはずがありませんから(^^


クラブMOIマッチングが普及していけば、クラブMOIマッチングを早くからはじめ、JCMOを立ち上げ、PCMやゴルフトゥデイ、choiceなどのクラブMOI関連記事なども書いていたりするファルコンやBoseIronFactoryはその普及に0.00001mmくらいは貢献したことになるとおMOIます(^^;;

そうなるまでに工房として、Factory(工場=こうば)としての理想のものにしていけば、自ずとクラブMOIの聖地になるのではないかと。

BlogPaint
このくらいのサイズの看板作りたぁ~い!!


もちろんすぐには出来ないのは承知していますし、もしかしたら10年や20年かかるかもしれません。

まぁ、それまでにファルコン自身が死んでしまうかもしれませんが、 それでもきっと、おそらく多分まず間違いなくクラブMOIは普及します。


普及した時に、「そういえばもう死んじゃったけど、ファルコンとかいうハゲでヒゲでメガネのアホがずっ~っとクラブMOIって叫んでたな・・・」 というくらいになればOKではないかと(笑)


まぁ死んでしまったら夢は見られませんから、やっぱり目標ってことで良いのではないかとおMOIます(^^;;←結構しぶとく生きてるとおMOIますが・・・。 

それほどの金額ではありませんが、今日、他の工房さんではあまり見かけないであろう設備が到着(^^)v

それは何かと申しますと・・・


ドリルシャープナ( ´ ▽ ` )ノ


関西にいる金属加工の師匠(勝手に呼ばせていただいています)からは「ドリルの研磨は金属加工の基本。修行だと思ってしっかりとやりなさい」と言われていたので、今まで切れ味が落ちると自分で研磨していました。

ドリルの先端の研磨のような作業をしたおかげで、パターやウェッジなどの研磨もかなりいい感じに出来るようになってきたので(まだまだ修行ですが)、少し楽をさせていただ・・・、ちゃう、専用のシャープナがどのくらいの実力か見てみようとおMOI、購入しました(^^;;←ホントは楽したいだけ?

2016-07-27-17-56-39

まぁ、そうは言っても先日研磨したドリルがまだバッチリ切れ味が良いので、切れ味が落ちるまでは使いませんけどね(^^;;



BoseIronFactoryではタングステンが圧入されたアイアンなどもドリルで落とすこともあります。
そのため通常の鉄工用ドリルよりも硬くて強い刃のドリル(しかも高価(^^;;)を使っていますので、上手く研げると良いのですが・・・(^^;; ←安いドリルシャープナだから難しいかなぁ・・・

↑このページのトップヘ