ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」でお馴染みのファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

August 2016

BoseIronFactoryでは2液アクリル系の強力な接着剤を使ってヘッドとシャフトの接着を行っています。
アクリル系はエポキシ系の接着剤と違ってそれほど熱を加えなくても硬化しますが、それでも70~80度くらいまでの熱を加える事で接着強度が格段に強くなります(^^

ですので、BoseIronFactoryでは夏でもファンヒーターの前に熱硬化用の治具を置いて、温度管理をしながら接着しています。

MOIマッチングではシャフトを抜くことが多いので、そうした接着待ちの間にこうしてブログなどを更新したり、メールのお返事を書いたりしています(^^

そんなこんなで、今日のMOIマッチングの合間、接着待ちの時間を使って、女性用練習アイアンの試作です(^^



BoseIronFactoryの練習用アイアンと言えばロングセラーのDoMアイアンがありますが、DoMアイアンのクラブMOIは2750kg-cm2と女性向けではありません。

DoM

またシャフト自体も柔らかいグニャグニャシャフトを使っているため、余計に振り心地=クラブMOIが重く=ヘッドが効いた状態に感じることから、2500kg-cm2~2550kg-cm2程度のモノが必要だと感じていました(^^;;

ヘッド自体もDoMアイアンがロフト15度でヘッド自体も極小のマッスルバックですから、いくら練習用とはいえゴルフを始めたばかりの女性には当てるだけでも大変な苦労です。

そうしたことを鑑み、BoseIronFactoryのヘッド製作のノウハウを活かした形で大きめでキャビティのヘッド、しかもヘッド重量はMOIを下げるために出来る限り軽いヘッドを使っての試作を行っています。


ヘッドの原型モデルは軽いキャビティであるL.D.I.Project-X。
ただし、8度では女性にとって全く球が上がらないので、21.5度まで寝かせています。

2016-08-21-12-18-02
2016-08-21-12-18-44
こちらは通常の8度のL.D.I.ヘッドです。


試作とは言っても13.5度ものロフトを寝かせるのは普通では無理ですから、Factoryならではの少し特殊な方法を使っていますけれども・・・(^^;; 



このプロトタイプは先日整地をしてくれたお隣の酪農家さんの若奥さんに使ってもらおうかと。
先週の木曜日にお会いした時に、「ファルコンさぁ~ん!!私ゴルフ始めたんですよぉ~!!でもなかなかうまく当たらなくてぇ~(>_<)」と言っていたので(^^;;


このくらいでは先日の整地のお礼ということにはなりませんけれどもね(^^

天気に良いも悪いも無いと基本的には考えていますが、こう雨ばかり続く(北海道では)のはよろしくありません(;^_^A

スイングバランスはあくまでも目安であって、さして大切とはおMOIませんが、晴れや雨、曇りなどとの天気のバランスは大切であると考えています。



ん〜、台風6号が来て7号も来て、今も前線が停滞していて今度は11号の後に9号も同じように北海道上陸見込み。

7月も8月も雨ばかりでしたから、せめて2〜3日でも続く快晴になって欲しいところです。
さすがにほぼ毎日雨だと気分も滅入ってきますし、831も牧草も、芝も雨ばかりでは育ちませんしね(;^_^A




ありがとうございます!!

ご感想を載せさせていただきます!!


〜〜〜〜〜〜〜〜ここから〜〜〜〜〜〜〜


ファルコンまつばら様


お世話になります。

昨日朝、AWを引き取りに行ってそのままラウンド突入してきました。

いやぁ~、やっぱりさすがですね!MOI
練習で一発も打ってないのに、初っ端からイメージ通りの球が出ました。
おかげさまでハーフベスト更新できました!

ありがとうございました!
これからも相談にのってください。



〜〜〜〜〜〜〜〜ここまで〜〜〜〜〜〜〜


こちらのオーナーはアイアンセットのMOIマッチングをおやりになられてその効果に感激され、なかなか上手くいかなかったショートゲームの新たな武器として同じセットのシリーズのAWを組み上げされました。

こちらにアイアンセットのデータはありますので、データを参照しつつ組み上げました。

ただ、ウェッジでアイアンセットとは使い方も変わってきますから、アイアンセットそのままのクラブMOIではなく、ウェッジとしての使用法を考えての組み上げとしています。




しっかし、ぶっつけ本番でハーフベスト更新だなんて、MOIマッチングの威力と言うよりはやはりオーナーの実力ですね(^^)v




クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから2週間程度でMOIマッチングは完了いたしますが、現在約1ヶ月待ちの状況です。
随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。 

襟裳岬から上陸し、勢力はそのままに道東を抜けていった台風7号。

BoseIronFactory自体の被害は山葡萄の吊り棚が壊れたくらい。あとはそれほど長くない停電が4回ほどですが、道東ではかなりの爪痕を残して行きました(>_<)

木が倒れて電線を切ってしまったり、屋根が剥がれたり飛ばされたり・・・。


弟子屈カントリーでも数えきれないくらいの木が倒れて、昨日(18日)まではコースクローズでした。

本日、19日からは通常営業していますが、台風の爪痕を全て綺麗にするまでには・・・(^^;;


流石に私も写真を撮る余裕もなく、今日になってようやくコース内の幾つかの写真を。


2016-08-19-12-47-53
 


2016-08-19-12-47-48
ティーグラウンドやフェアウェイにかかる倒木は昨日のうちに処理しています。


2016-08-19-12-47-38
2016-08-19-12-47-21



 完璧に綺麗になるまでは当分かかるでしょうね・・・。


ほんとに大変っす(^^;; 

先日上げたD型倉庫の整地のお話しの続きです(^^;;

整地してクルマなどが入れるようになるまでに○十万追加でかかるということで、なんかもう、泣きたい気分でありました(泣)

そんな中、工房でMOIマッチングしていたら、クルマの音が・・・。


宅急便かな?と思って見てみると・・・。

2016-08-14-13-47-12
10トン車が来て山ズリ(砂利)を・・・。

慌てて外に出てみると、お隣の酪農家さんがタイヤショベルに乗ってにこやかに「明日から雨予報だからぁ~、今日中にやってやろうと思ってよぉ~!!(^^」と。

2016-08-14-13-25-13
これで10トン車1台分(約6~7立米)

10トン車2台で、5往復。60~70立米もの山ズリ(砂利)を頂いた上に、タイヤショベルで整地までしていただいてしまいましたm(_ _)m

2016-08-14-14-13-58
IMG_0194

酪農家さんのところを整地した際に出てきた山ズリですので、ゴロゴロとした大きめの石(直径30㎝くらい)もありますが、ここの部分は最大で40~50cmも土入れが必要だった場所ですから、全く問題なしです(^^


しかも、「これ以上やっちゃうとお金貰わなくちゃいけね~からぁ~、山ズリ2台分置いとくから、あとはファルコンさん、暇な時にうちに来れば小さいタイヤショベル貸てやんから、自分でやればええさぁ~(^^」とのありがたいお言葉・・・m(_ _)m

この大きなタイヤショベルでしたら私は運転できませんけれども、小さいやつならなんとか出来ると思います。
適宜、天気の良い時にお借りしに参上しますね(^^



正直、こうしたところに住んでいると大変なことはたくさんありますし、嫌なこともたくさんあります。

でも、こうした隣人の優しさにふれると、本当にこの土地を選んで良かったとおMOIます(^^


この御縁と御恩は大切にしたいとおMOIます(^^)v


 

台風6号の被害がたいしたことないと思っていたら、すぐに台風7号が・・・(>_<)

常日頃からの私の行いが悪いのですが、それでもお盆休みを利用してHKDに遊びに来たりしている方にも同じように台風は来ているわけでして・・・。

2016-08-18-11-13-14
これは弟子屈の町中からBoseIronFactoryに入ってくる町道の様子。
倒木と木の枝、落ちた葉っぱが道に・・・(^^;;

弟子屈カントリーは当然(?)もっと凄いことになっているのですが・・・(>_<)


 
雨ばかり


台風が過ぎても、まだしばらくはカラッとは晴れません。

行いが悪いのは充分反省しているつもりですが、まだ反省が足りないようですねm(_ _)m





 

BoseIronFactoryのWebSiteを大幅改定しました。

お問い合わせも多かったワンレングスアイアンはクラブMOIマッチングの検証として作りましたが、検証が無事終了しましたのでページも削除しました。

ワンレングスアイアンのクラブMOIマッチング視点での検証につきましては、近々ブログなどで書きますのでお待ち下さい。


http://www.ironfactory.info/

トップ画像



まだまだ誤解されていたり認知が進んでいるとはいえないクラブMOIマッチングですが、クラブMOIマッチング専門のチューニングショップとして、今後共全力でクラブMOIマッチングの普及・啓蒙に邁進していきますので、よろしくお願いいたします。

クラブMOIの計測では、1mの部分に1gの重量増があった場合に10kg-cm2のMOIが増えます。


実際に私が持っているクラブでご説明しますね。

さて、ここにクラブMOIが2758.8kg-m2のクラブがあります。

そのクラブの1mの部分に、1gのオモリを付けるとクラブMOIは2758.8kg-cm2と10kg-cm2高くなります。

同様に1mの部分に10gのオモリを付けると100kg-cm2上昇して2858.8kg-cm2に、20gのオモリを付けた場合には2958.8kg-cm2と200kg-cm2高くなります。


ですので、クラブMOIスケールの精度を知る簡便な方法として1円玉=1gを1mの部分に貼ればその精度を見分けることが出来ます。


image

BoseIronFactoryでは毎日キチンとキャリブレーションを行い、風やホコリ、気温などによる外的要因を出来る限り排除し、一定の環境下に置くことで、計測時に出る分解能ギリギリまで追い込んだ状態での計測を行います。

このクラブMOIスケールは板バネを採用しており、温度によってバネの強さが微妙に変わりますし、風(エアコンの風のような気流のようなものも含みます)によっても変わってくるからです。



2016-08-13-07-57-44
1円玉を付ける前。

2016-08-13-07-57-04
1円玉をつけた後。なるべく古い1円玉を探したら固定用のテープを付けても0.99gでした(^^;;


MOI計測の精度に関しては1円玉の簡易な精度確認だけでなく、実際に計測器をソニー系列の研究センターに持ち込み分解することで、基盤の精度確認や設計意図まで確認するという作業も行っています。

BoseIronFactoryではその上でメーカー基準を上回るキャリブレーションを計測ごとに行っていますので、ご安心して頂ければとおMOIます(^^)v



 
クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。

今日のInterFMグリーンジャケット。

QPさんがお話していたシャフトの重量帯選びのポイントの追加ポイント(^^;;

シャフト選びは重量帯も大切!!
ヘッド重量を考慮して、総重量が自分の振りやすい重量になるようにしましょう( ´ ▽ ` )ノ

ということなのですが、 仮にご自身の振りやすい総重量が320gだったとしても、320gでのクラブMOIは様々です。

軽めのヘッド、軽めのシャフト、軽いグリップで50インチで320gというのも充分に作れますし、重いシャフト、重いヘッド、 重いグリップで320gでしたら40インチくらいにすることも出来ます。

総じて大切なのは、適正MOIをしっかりと見据えた上で総重量や長さを決めることだと考えています。

総重量が320gということが大切なのではありません。
クラブを振らないでゴルフするならば別ですが、クラブを振ってゴルフをする以上、総重量が一番寄与するのはキャディバッグから出してアドレスするまでで、スイングが始まったら総重量では無く、クラブMOIが支配しますから。


2016-05-01-15-07-22




クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。

すみません、優しいと言っても優しいクラブのお話ではありません(笑)

さて、昨日のブログに、明日はヤヴァイぞと書きましたが、本当にヤヴァかったのでその終始をば(^^;;


まずは一昨日のお話からです。
一昨日の私はカップ切りの担当だったので朝イチでのバンカー均しは担当していませんが、流れた砂を戻す作業をカップ切りが終わってから行っていました(^^

私が一番早く戻ってきて、すぐに手伝いに行き、コース管理みんなが手伝ってなんとか9時くらいに終わりました(^^;;
アーリーバードのない弟子屈カントリーならではです(^^;;


今日も手伝って貰えれば問題ないのですが、今日はいつもアウトコースのバンカーを均してくれるベテランさんがお休みなので人出が足りません(>_<)

 と、いうことは・・・私一人で(摩周湖側=山側=一番ヤヴァい)インコースのバンカーを均さねばならず・・・。


バンカーレーキ車に乗ってコースに出るとき、いつもは積んでいないスコップを積んで用意周到にして出発。

均す順番はいつもの通りで行ってみることにしました。



練習バンカー✕2→ほんの少し流れていただけ→補修!!

15番ガードバンカー✕3→そこそこ流れていましたが→なんとか補修!!

16番クロスバンカー✕1→流れまくり(泣)→スコップ大活躍で濡れて重くなった砂を100~150キロくらい元に戻して補修!!
補修している時にメイングリーンキーパーが軽トラに乗ってにこやかに通り過ぎる・・・(クロスバンカーそばの修理地を見に来たのかな?)

10番ガードバンカー✕2→おやぁ?あれぇ?なんだろう~?


image
いつも砂が流れるところに新しい砂が!!

そうなのです!!

さっき16番でにこやかに通り過ぎたグリーンキーパーが先回りして砂を補充してくれていたのです!!

これなら流れてしまった砂を人力でかき集めてくることもないので助かります!!




その後、11番、12番、13番も14番も、16番のガードバンカーも、17番も18番も全てのホールで流れているところに砂が補充されていました( ´ ▽ ` )ノ

キーパーありがとうございますっ!!

やっぱね、グリーンキーパーともなるとね、違いますねぇ・・・(^^

いつもはサブキーパーに任せ一人で黙々と仕事しているキーパーなのですが、 やっぱり頼りになります。



ちなみに・・・ですが。
メインキーパーとかサブキーパーともなると、その立場にあぐらをかいて偉そうにしている人もいるようですし、中には日頃のストレス解消のために新人に理不尽なことを言ったり、気に入らない人に怒鳴り散らかしてパワハラをして辞めるように仕向ける人もいるそうです。
ファルコンもグリーンキーパー見習いと言えば聞こえは良いですが、実際には土木作業がかなりの割合いを占めます(だから筋肉付いて来ちゃったわけでして・・・)。
そうした土木作業的な仕事ですから、コース管理の仕事は上記のようなイジメやパワハラが結構あると聞きます。




 
でも、このMキーパーに変わってから弟子屈カントリーがみるみる良くなっていったと皆さんおっしゃいます。

その理由のひとつはこうしたMキーパーの素晴らしい人格によるところもあるのではないかとおMOIます(^^


やっぱり弟子屈カントリーは最高っす( ´ ▽ ` )ノ

皆さん、おいでませ~( ´ ▽ ` )ノ 

↑このページのトップヘ