ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

December 2016

あと少しでご予約開始になるHAYABUSA。

皆さんからは「ちゃんと予約できるのだろうか?」とか「すぐに売り切れになってしまうのでは?」と言ったご質問を頂きます。


ですが、ご安心ください。


どちらのヴァージョンともお一人さま1セットのみとさせていただきますが、何人の方がご予約されても売り切れにはいたしません。


作れる数量には限りがございますので、時間はかかるとはおMOIますが、 10セットでも50セットでも、たとえ10,000セットでもご予約いただけましたら、責任をもってその数量を作ります。 

image

基本的にご予約の順番で上がってきたHAYABUSAを組み上げる。という形にはなりますが、ご予約頂いた全員にHAYABUSAをお渡し出来るまで、HAYABUSA関係者一同全精力を上げて取り組みます。




あ~~~~~、ドキドキする・・・・。←私が一番ドキドキしているかもしれませんです(^^;;

 
皆さん、Merry Christmasです!!

2015-12-14-15-06-07

さて、今更ながらですが、年末年始の営業に関してのお知らせです!!

 
BoseIronFactoryは年末年始も休まず営業致します(と言うか作業が詰まっていて休めないんです(^^;;)が、シャフトやグリップなどの卸さんやヘッドメーカーさんなどが12月29日~1月4日まで休業のため、現在承っているご依頼以外の作業を行うことが出来ません。

1月5日に発注して、在庫があったとしてもこちらに届くのは1月7日になってしまいますので、その点もお含みおきくださいますようお願い致します。

 
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げますm(_ _)m






皆さん、おはようございますm(_ _)m


ここ弟子屈(てしかが)もかなり雪が降り、つもりましたが、札幌などでは12月としては50年に一度の大雪となったようです。

札幌では降り始めからの積雪が96cmということで、たしかに相当な積雪だと・・・・。


BoseIronFactoryは雪が降ったその量よりも雪が降ったあとにどれだけ風が吹くかで、ファルコニアレーン(町道から家までの道)の吹き溜まる量が変わってきます。 

昨日深夜から今朝にかけては10メートルほどの北北西からの風が吹いていましたから、吹き溜まりがすごいことになっていました。
高いところでは私の腰の上まで来る高さですから、札幌の96cmどころの量ではありません・・・。

ですので、朝5時に起きて明るくなってきた6時過ぎからジョセフィーヌを出動させて除雪の第一弾です。

2時間近くかけて除雪を済ませましたが、また宅急便や郵便が来る11時前にはもう一度ジョセフィーヌしなければなりませぬ。

2016-01-27-15-28-20




さてさて、そんな冬の弟子屈ですが、困ったお知らせです。


札幌が50年来の大雪ということで、内地(本州)との物流の拠点である新千歳空港でも大雪で飛行機の欠航が続き金曜から土曜にかけては6000人もの人が新千歳空港で足止めを食らって空港内に泊まったとか・・・。
札幌発着のJRも全滅で、運休だとか・・・。


そんなこんなで申し訳ないのですが、物流が遅れております。

今日(24日)午前中に着くはずの荷物も明日(25日)か明後日(26日)になりそうですので、申し訳ないのですが、こちらからお送りするにしても部品が届かなければ作業もできませんので・・・。



昨日も幾つか荷物を出しましたが、そんな状況ですので、遅延する可能性が高いです。

今日明日くらいには落ち着くと思います。到着を心待ちにしておられるお客様に関しましては誠に申し訳ないのですが、何卒ご容赦くださいますよう、お願い申し上げますm(_ _)m
 

おかげさまで多くの皆様にご期待頂いている超絶ウェッジHAYABUSA。

12月24日24時(25日午前0時)からのご予約開始となりますが、WebShopでHAYABUSAの詳細をご覧いただけるようにいたしました。


今現在はソールドアウトという形になっておりますので、実際のご予約は上記予約開始時間からとなりますが、まだブログにも上げていない写真もありますので、ご覧頂ければとおMOIます。


2016-10-14-23-17-31
これは最終試作(メッキ前)です。


WebShopはhttp://longiron.net/←こちらになりますので、よろしくお願いいたします!!







 

「プロでも打てないのにアマチュアがロングアイアンなんて打てるわけがない」と言うレッスンプロやコーチがたくさんいます。

以前よりこのブログをお読みになっている方は、そんなことは無いとお分かりだとおMOIますが、ロングアイアンが打てないことの理由の殆どはクラブMOIが高いことによるものです。

岩崎くんMOI

3番アイアンが2696.6kg-cm2であるのに対して、9番アイアンは2622.1kg-cm2。
74.5kg-cm2もの差があったのでは殆どの方は当然のごとく振り遅れますから。

人間が出力できるパワーには限りがあり、クラブMOIが高い=振り心地が重いということは、振るためによりいっそうのパワーが必要になり、そのパワーが適正に出力できない場合は振り遅れることとなります。

振り遅れるとどうなるかというと、下図のCのフェースローテーションでボールコンタクトを迎えることとなり、
イラストB
イラストA


1の位置でスイングアークのボールコンタクトを迎えることとなります。

その為、ボールは上がらず、弾道も右に行きやすく、更にはCの位置でボールコンタクトを迎えることでボールのサイドスピンはスライスのスピンがかかることになります。



ロングアイアンが打てないという人はこの”単純”な物理の現象を知らないので、「ロフトが立っているから右に行く」 とか、「長いから右に行く」とか、理論的に整合性の無いことを言って私達を惑わします。

それを真に受け、クラブメーカーもクラブMOIに着目しようとしませんし、アイアンセットもロングアイアンは無くなる傾向が顕著です。

そうしたメーカーはユーティリティでロングアイアンの代わりをさせようと躍起になっていますが、アイアンよりもユーティリティのほうが買い替えも進みますし、単価も高い。

大手の総合クラブメーカーとしてはそのほうが絶対的に儲かるシステムですから、クラブMOIマッチングは知っていても知らんぷりするメーカーも多いと思われます。


ここで考えなければいけないのは、姫路などを代表とする、鍛造アイアンのメーカーです。

彼らはアイアン以外はほとんど作っていませんから、アイアンを5-PWの6本セットではなく、7本セットや8本セットで打ったほうが良いはずなのです。

ですが、殆どの鍛造アイアンのメーカーは5-PWのセットで、4番をオプション、3番はオプションでも販売しないという戦略を取っています。

残念!!

と思うのですが、まだまだクラブMOIマッチング自体がメジャーではありませんし、ある意味致し方のないことなのかもしれません。


そこで、クラブMOIマッチングの一層の普及のために何が必要かと考えた上で、鍛造メーカーさんに一つのご提案があります。

それは、クラブMOIマッチングの商標関連を非独占ではありますが、”無償で”使っていただいて構わないので、クラブMOIマッチング専用のアイアンヘッドを作ってみようと言うメーカーさんを広く募りたいと思っています。

もちろん無断でご使用OKということではなく、クラブMOIマッチング専用ヘッドの開発にあたってJCMOに監修をさせていただきたいということです。

監修に関しても交通費や宿泊費などが必要である場合はその必要経費のみ持って頂ければOKということで、こちらが儲けることはいたしません。



フジクラがシャフトの面からクラブMOIマッチングを実践しているように、ヘッドの面からクラブMOIマッチングをやってみたいというヘッドメーカーの方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひseabose@me.comまでお問い合わせください。




って、ここで書いてもなかなか見ないと思うので、JCMOのWebSiteにも書こうとおMOIます(^^;;

「ハゲのファルコンってば、バカ高いHAYABUSAを売ってガボガボ設けてウホウホのウハウハのハゲハゲな左うちわになりたいがために超絶ウェッジだとか作るの大変だとか言ってるんでねーの?」

なんて声が聞こえてきそうです(最近そういうことには耳を閉ざすので実際には聞こえませんが(笑)) 



まぁ、 まだ実際に皆さんHAYABUSAを見てもいないですし、打ってもいない。
そんな状態で本当に超絶だなんて確かに想像し難いのかもしれませんから致し方ないのですが( ´Д`)y━・~~

ん~、HAYABUSA売っても正直利益率低いんですよね。
HAYABUSA LhmitedForgedなんて完全コスト度外視ですから原価率85%超えそうで、その割には手間がかかるので手間暇考えると赤字ぢゃね?ってくらいですし(^^;;

それでも何故に作るのかと考えれば、皆さんにこの超絶さを味わってもらいたいと言うこと、そしてHAYABUSAにかかわる人たちのスキルアップがここで出来ると考えているから。


皆さんに超絶さを味わってもらいたいと言うのはまずご説明不要かと思います。

HAYABUSAにかかわる人たちのスキルアップと言うのはいくつもあります。

まずひとつめは研磨の岡村氏をはじめとする共栄ゴルフ全体のスキルアップです。
まず、鍛造。
鍛造は通常は3回叩いて終わりですが、通常の鍛造よりも鉄の密度を上げてより重量を確保したいので5〜6回は叩いて欲しいとお願いしています。


そして研磨がふたつめ。
岡村氏でさえ難しいと言うHAYABUSAの研磨。
現時点では私と岡村氏しかこの研磨が出来る人は世界にいません。
ですが、HAYABUSAが売れてくれればその研磨そのままでの廉価版の発売も考えていかねばなりません。
そうなるとフェースミーリングやスコアライン彫刻をやめて、更には岡村氏だけでなく他の共栄の研磨職人もHAYABUSAの研磨をしなければ間に合いません。 
現状では2人しか研磨できないHAYABUSAですが、量産体制をとる場合、私から岡村氏への技術の継承だけでなく、岡村氏から他の研磨職人に対しての技術の継承も考えています。


みっつめは、フェースミーリング技術の確立です。
特殊なフェースミーリングはコンピュータ加工で行うとは言え、まだ市販のウェッジには採用されていません。
HAYABUSAでこの特殊なフェースミーリングが多く行われるようになったとしたら、フェースミーリングの技術的な面でも大きな進歩をすることとなります。


BoseIronFactoryは社員一人の極小のメーカーでありますが、共栄もフェースミーリングの会社も、メッキの会社も大企業とは言えない町工場的な会社です。

下町ロケットではありませんが、HAYABUSAもこうしたとてつもない技術を持つ町工場的なところで作られるんです。
そうした大きいと言えないメーカーさんのチカラを結集して作られるHAYABUSA。


そうは言ってもゴルフのウェッジですからNASAに採用されることは絶対にありえません(笑)。
しかしながら、実はNASA以上の技術を満載しているんです。←NASAの技術で開発されたお布団とかランドセルがあるくらいですから・・・(笑)
除菌スプレーもNASAですよ(爆)

image


このHAYABUSAはBoseIronFactoryを中心とした日本の町工場の技術を結集したプロジェクトと言っても過言ではありません。


既にご期待頂いている方々はたくさんいらっしゃいますが、決して裏切るようなことはいたしませんので、その後期待をどんどん膨らませて頂いてお待ち下さいね(^^



殆どの方が打ちこなせる本物の0番アイアン、零式キャビティことJCM-03Div.ZERO。

2016-11-18-00-30-31
 

毎回少量入荷で皆さんにはご迷惑をおかけしておりましたが、今回、少し多めに入庫したので試打用の零式キャビティを作りました。


試打用スペックは・・・・

ロフト:12度

ライ角:58度

レングス(長さ):42.625インチ(60度法)

総重量:334.9g

クラブMOI: 2720.4kg-cm2

振動数:265.36cpm

シャフト:フジクラSPEEDER EVO3FW 60S

グリップ:ゴルフプライドツアーベルベットラバー60R


と言った感じです。

三菱レイヨンFUBUKI Axヴァージョンの試打用も作成予定ですが、FUBUKIのほうは年明けからのお貸出しとなりますのでご了承ください。


通常の零式キャビティよりも0.125インチ長めに作っていますので、クラブMOIも2720kg-cm2となっておりますが、短く持つことは出来ても長く持つのは難しいので、試打用としてはこんな感じかとおMOIます。

打ってみて右に行くようでしたら、少しづつ短く持って試してみてくださいね!!


送料のみでお貸し出し致しますが、とりあえず1本のみですので、試打ご希望の方はseabose@me.comまでメールにてお問い合わせください。





クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在のご予約状況は年明け17日以降の作業となりますが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。




5

5


日本最東端のRODDIOコンシェルジュであるBoseIronFactory。

BoseIronFactoryでもRODDIOのBaffyが売れに売れています。



image
こちらはもう、こんな状況ですので、試打は出来ませんが、膨大なお客様のデータもありますし、

image
たとえ吹雪だったとしても、
image
ホワイトアウトでも、問題なく組み上げます(^^)v

クラブMOIマッチングで組み上げれば、遠くてBoseIronFactoryまでお越しになれないオーナーでもバッチリの弾道に組み上げることが出来ますからね(^^



だって、このBaffyも、まだお会いしたことのないオーナーの元に旅立っていくのですから(^^



それに、クラブMOIマッチングでの組み上げでしたら、いつでも何度でも工賃無料で再調整を行いますので、遠方のオーナーでも安心という訳です(部品代及び送料は頂きます)。 

image


ファルコンサンタの森の保育園慰問?完了です。

直前に日本語禁止ということでちょっと焦りましたが、アメリカ人の兄を持つファルコンですから、そこはそれでいい意味で適当に「Hello!!GoodBoy!!GoodGirl!!HO-HO-HO!!」といった感じで・・・(笑)


総勢8人(だったけか?)の小さな保育園で、来年の3月で閉園(保育児童が少なくなってしまうため町中の保育園に統合されるそうです)になるので、最後のお勤めをしっかりと楽しんでもらえたとおMOIます(^^



中でも一番小さなおんにゃのこは、ファルコンサンタのことがエラく気に入った様子で、みんなで並んでファルコンサンタに歌のプレゼントをしてくれている間もファルコンサンタの方にテクテクとやって来て膝の上に乗ったり、ファルコンサンタの膝の上で写真を撮ってくれとせがんだりしてかあいかったす(^^ 




HAYABUSAのことやMOI待ちの方もたくさんいらっしゃるし、昨日は20年来のバイク仲間の訃報があったりと、正直どうしようかとも考えましたが、亡くなったバイク仲間なら二つ返事でサンタ役を引き受けただろうし、ちょうど告別式の時間にサンタの訪問というのも何かの縁だとも思えたし、何よりも子供たちの笑顔を見ることが出来たので、引き受けて良かったとおMOIました(^^


みんな、元気に、素直にすくすくと育ってくれよぉ~(^^




そしてみんなゴルフをするのじゃ!!(笑)


以前アメブロに書いていた「MOIマッチングのトリセツ」シリーズの中から、いくつか抜粋して加筆修正したものを載せていきますです。

今回はMOIマッチングされたクラブでラウンドする際のトリセツです。

多くの方は何セットもクラブを持っているわけではありませんから、その日の体調や感覚で複数のクラブMOIのセットを使い分けるということは難しいです。

MOIマッチングするとすべての番手で球筋も揃ってきますが、仮にその日の体調で少し右に行ったり左に行ったりすることもあるかとおMOIます。

その見極め方法と対処方法が分かれば、スコアもまとまってきますよ!!




久しぶりのラウンドはずっと行ってみたかった名門コース!!

早めに着くのはゴルファーとしてよくあることですし、ラウンドする前に練習をされる方も多いと思います。

早めにコースに着き、着替えてストレッチをして、マスター室でコインを購入してドライビングレンジへ。


1コインで大体20~30球、すべての番手を確認する程の球数はありません。
もう1コインやるかやらないか悩む所だと思います。

オーナーの適正MOIにMOIマッチングされたクラブの場合、1コイン分でその日の状態のかなりの部分が分かります。

ドライビングレンジに持っていく番手は多くてもアイアン1~2本、ウェッジ1本、FWorUTとドライバーの4本でOKです。
面倒でしたらFWは無しでも構いませんし、アイアンはどの番手でも構いませんが、やはり6~8番あたりが無難でしょうか。

身体をほぐした後にアイアンを打ってみます。

その日の体調や気温、その他諸々の条件が重なることで、思い描いた球筋にならないこともあるかと思います。
2~3球打ってみて、どれも思い描いた球筋になる場合は特に気をつけることはありませんから、そのままの気持ちでラウンドしていただいてOKです。

思い描いた球筋にならない場合、ちょっとした調整が必要になります。

思ったよりも右に行く場合には、気持ち短めにアイアンを持って打ってみてください。

思ったよりも左に行く場合には、気持ち長めにアイアンを持って打ってみてください。


多くの場合それで症状は改善されるはずですので、ラウンド時も実際の球筋を見ながらクラブの握り方を微調整しながらラウンドしてみてください。

ドライバーやウェッジ、UTやFWに関してもその日の体調などによってアイアンと同じような球筋に変わってきます。
アイアン以外でも右に行く場合は短めに、左に行く場合は長めに持つということは変わりませんので、少ない球数で効果的に調整ができるよう調整してみてください。






もちろんこの方法はスイングバランスのクラブでも有効です。ですが、番手によってクラブMOIが違うためどの程度調整するかはクラブ次第とも言えますし、ショートアイアンでひっかける場合などは、グリップの無いところを握ってスイングするくらいでないと球筋までを調整するのは難しいです。

クラブMOIを揃えているクラブのほうが体調などによって変わるその日の調子を調整しやすくなるのもクラブMOIマッチングの利点のひとつかと思います。




クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在年末お預かり、年始のお戻しのクラブMOIマッチングとなりますが、随時作業は行っておりますので、お問い合わせください。



↑このページのトップヘ