ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」でお馴染みのファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

February 2017

今日はずっと強風予報となっていて、今も14~15メートルの風が吹いています。

予報では14メートルということあのですが、実際はBoseIronFactoryでは15~17メートルになりますので、昨日から降っている雪(乾雪=乾いたサラサラの雪)が風で飛ばされて地吹雪となり、BoseIronFactoryに入る道が吹き溜まっています。
辺り一面が真っ白ですのでよくわからないと思いますが、おそらく1メートルくらいは吹き溜まっているものと思われます。

この状況ですと除雪ができるのは早くても夜、風が収まらないと明日の朝の除雪になるかと。

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、本日のご来店の際は無限軌道車(キャタピラ駆動車)、自衛隊高機動車、AMG6×6、ハマーH1、メガクルーザー、大型タイヤショベルでのご来店に限らせていただきますのでご了承ください。

MOIマッチングはアイアンセットから。

 

ヘッド・シャフトが基本的に同じであるアイアンセットのMOIマッチングをすることで、最も効果を感じることが出来ますし、振り心地がよく結果も良いと言う、適性MOI自体もアイアンセットの中にあることがほとんどです。

ドライバーやFW、UTなどで悩まれている方が多いのは充分存じ上げていますが、上記の理由からいきなりドライバーなどのMOIマッチングを行うのではなく、アイアンセットからのMOIマッチングを強く推奨させていただくものであります。


アイアンセットのMOIマッチングをやった方のほとんどがその後ウッドやUT、ウェッジ類のMOIマッチングのご依頼を頂きます。 二度手間になったり、ファルコンを全面的に信頼していただいているような方はパターを除くフルセットでのご依頼も承っておりますが、そうした方でもこちらで作業をする時はアイアンセットを仕上げてからウッド類などの作業に入ります。


年間1,803本のMOIマッチング(新規組み上げも含む)と言う、日本で一番のMOIマッチングご依頼数となっているBoseIronFactoryが言うのですから、どうか信じていただきたく・・・m(_ _)m 



 
クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。

このところWebShopでお買い上げ頂いた方とのやりとりで行き違いが生じている感が・・・。

WebShopからお問い合わせをいただいて、それにメールでお答えしても噛み合わないんです。

もしかしたらというかおそらくメールでお返事する際のメールアドレス(こちらのメール)のドメインで迷惑メールや受信拒否設定になっているものと思われます。

お返事しても届かないと言うのは、なんとも不毛(ファルコンのは髪型ですっ!!)と言うかなんともやりきれない感があるわけでして・・・。


こちらからのお返事は以下のメールにてお返事しておりますので、受信拒否設定や迷惑メールの設定をされている方は、設定の確認をお願い致します。

seabose@me.com(@は全角にしていますので、ご注意ください)

@me.comでのメールが迷惑メールフォルダに入っていないかご確認お願いしますね(^^



ちなみにですが、イオミックのグリップに変更のS様。

差額OKとのご連絡を頂いておりますので、既にイオミックのグリップを発注し挿しております。梱包も終わり、あとはお送りするだけですので、差額の決済をお願い致しますm(_ _)m 

プロゴルファーでもアマチュアゴルファーでも、皆さんいろいろなことで悩んでおられるようで・・・・。

番手ごとの練習をたくさん重ねたり、どんどん新しいクラブを買い替えていったり、ロングアイアンがキチンと打てないから諦めたり、ショートアイアンでヒッカケないように右向いて打ったり。。。


クラブMOIのことを知っていただけば、そうした無駄な出費も無駄な時間も、無駄な労力も必要なくなるのですが・・・。




もちろんクラブMOIマッチングが完全であるとはいいませんけれども、クラブMOIマッチングで解決できることはたくさんあります。
そしてそれは今までのバランスやライ角やレッスンやフィッティングでは解決できなかったこと、解決するのが難しくて諦めていたことなどの多くが解決出来るんです。




この所バタバタでお返事するのに2~3日のお時間をいただくことも多いですが、悩んでいないで是非ご相談くださいね。 





MOIマッチングをより一般的にするために日々出来る限り動いているわけですが、今日、ようやくひとつの山が動き始めました。
正直今はそれほど大きな山ではありません。

けれども、これからしっかりとやっていくことでより一層大きな山になって行くこととおMOIます。


発表はゴルフフェアくらいになるとおMOIますので、皆さんお楽しみにっ!!





ツアープロのサポートってのは日本で最高峰のクラフトマンが最高の技術でプロのクラブをメンテナンスしていると思われがちだが、実際のところ現場で最も求められる事はスピードなので、パーツのストックは豊富だが、アッセンブル作業に関しては最低限の質で行われることが多い。


なので信頼できるクラフトマンに時間をかけてクラブを任せた方が質の高い仕上がりになることは少なくないので、工房探しはマジおすすめ。



あるプロがツイッターで書いていたのですが、言いにくいことをいいますねぇ・・・。


ツアーサポートを経て独立し、工房を設ける方はたくさんいらっしゃいますし、その中には当然ものすごい技術を持った方もいらっしゃるとおMOIます。

でも最低限の質をそのままの方もいるのかもしれません(←見たことはありますが、全部の作業を見たわけではありませんのでなんとも言えませんです)。



たまに「ソケットなんて仕上げなくても性能には影響ないから。」と公言しているツアーサポート経験者もいらっしゃいますので、「そういった方はそういうお考えなんだな。」とおMOIますし、ツアーサポート経験者でなくともソケットを仕上げない(or段差や接着剤はみ出しやソケット浮き)なんて気にされない工房さんもありますね。 
その他にはバットカットが斜めになっていたり、グリップがちゃんと刺さっていなかったりと、見えるところ・見えないところでスピードアップのために妥協(←言葉を選んでます)しているのが分かる場合も多いです。


ではBoseIronFactoryに関しては100%そんなことはないかというと、ありますあります。そりゃあたまにはあります。 ←開き直りとも言う(笑)

でも気づいたら直します。やり直します。

なので時間もかかります。←逆ギレかっ!!


幸いなことに、それを良しとしていただけるオーナーがほとんどですので、このままそのまま行けるところまで頑張ってみようかとおMOIます。




ちなみにですが、MOIマッチングでシャフト抜きの必要が無い場合はソケット仕上げの荒さに気づいてもそのままと言う場合もあります。
ひどい場合はやり直すことも多いですが、オーナーご自身もその状態でお使いになっているわけですし、こちらとしてもMOIマッチングのご依頼で、ソケット修理のご依頼ではありませんから、直しても修理工賃いただくわけにはいきませんしね(^^;;

ゴルフはクラブをボールがぶつかって飛んでいく物理の基本原則です。

そこにスイングバランスと言う物理でもなんでもないものを持ち込むから話がおかしくなる訳で・・・。
 
慣性モーメントは同じ物理の基本原則ですから、クラブMOIマッチングのほうが物理的に優れているといえるでしょう。


14インチのところに1kgのオモリをつけてもスイングバランスは変わりませんが、誰も重くて振ることは出来ません。

対してクラブMOIは計測不能になるくらいに変わります。



クラブMOIマッチングが絶対という訳ではありませんが、クラブMOIの考え方をしていくことによって今まで説明できなかったことの多くが論理的に説明出来ます。

今後共クラブMOIマッチングの検証を通じて、様々な事象を明確にしていきたいとおMOIますのでよろしくお願いいたします。

 



PS.メールのお返事等、バタバタしており遅れておりますm(_ _)m
必ずお返事を差し上げますので、もう少々お待ち下さいませm(_ _)m 

5番はもちろん、6番もまともに当たらないと言う方から「MOIマッチングすれば打てるようになりますか?」と聞かれ、「もちろん!!3番も打てます!」とお答えしたら「では3番から作ってください」といった感じで3番アイアンから新規で組み上げることになりました。

2017-02-12_23-37-55_186
 

でもMOIマッチング専用ヘッドのJCM-03Cavityですから、心配はしていません。
逆に「打てなかったらその分ご返金します」と言うくらいに自信満々なのです(^^)v

ロングアイアンが打てなくて悩んでいる方、是非BoseIronFactoryにご相談くださいね!!






クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。 

ノートンと言えば、バイクの世界ではイギリスのバイクブランド(ちょっと古め)ですが、コンピューターの世界ではアンチウイルスソフトで有名です。

そのアンチウイルスソフトのノートンの脅威性テストで、BoseIronFactoryのWebShopに引き続き、このブログも脅威とみなされたようでして・・・(^^;;


ったく、WebShopのときもそうでしたが、ノートンって仕事のじゃまばかりしやがりまくりやがります←日本語おかしい。


こちらのブログはライブドアブログで書いているのですが、ドメインはオリジナルドメインにしています。
ドメインがオリジナルというだけで、実質はライブドアブログなので、単純にドメインから転送されるだけの設定。

つまるところ、ノートンに何と言われようが、こちらではどうしようも出来ませんし、脅威自体、あるとも考えにくいんです。


海外からコメントできなかったり、ノートンにいじめられたりしてはいますが、アメブロに本格的に戻るつもりもございませんので、どうか皆様ご了承いただきたく・・・m(_ _)m



将来的に人的・資金的に余裕が出来れば独自ドメインで自社サーバを立てることも考えますが、それは0年20年先になるだろうなぁ・・・。
とおMOIます(^^;;
 

引きこもって作業していてふと考えたことがあります。


それは、「出来る」と「やる」違うのではないかと言うこと。


2017-02-12-12-50-23
これはRODDIOのFWクリークのノーマルのソールプレートです。




そのままでももちろん素晴らしいのですが、このクリークは女性のご依頼によって組み上げるので、ヘッドが重いんです。

通常でしたらスクリューをチタンに変えての軽量化くらいしかしませんが、BoseIronFactoryはリューターにタングステンのチップを付けてソール本体を削っていくことで重量調整をします。

2017-02-12-12-50-53
メガネがあるので直接削りカスが目に入ることはありませんけれども、危険が危ないのでゴーグルをしての作業となります。
メガネ下がってますね・・・。 


2017-02-12-13-31-24
こんな感じで軽量化しつつ、一層の深重心になるよう削るんです。

 
それってどこの工房さんでも出来ることですが、今まで100本以上のRODDIOのFWを見てきましたが、やっているのは見たことがありません。

出来る作業だけどやらないのと、出来たらやりたくない作業だけどやるのは結構違うのでは無いかとおMOIます。


正直効率は悪いです。
1本組み上げるのに1日2日かかっていたのでは、普通の工房さんの収入の数分の一以下になりますし。


1日に何十ものクラブを組み上げ、効率重視で勝負するところもあれば、1本1本にこうした手間をかけ効率の勝負を捨てたところもあって良いのではないかと、ファルコン個人的には思うものであります(^^;;




ですので催促は出来るだけしないでくださいね~~~~(^^;; 

↑このページのトップヘ