ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイの連載「ゴルフ〜北の国から〜」と連動し、クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

July 2017

MOIマッチングはひとりひとり違う適正MOIに合わせていくと言う作業ですから、試打用クラブや他の人にMOIマッチングされたクラブを打ってみてもその効果や良さは分かりません。

やった人に関して言えば現時点でもほぼ100%(100%感想を頂けるわけではないので)の方が「やってよかった!!」「もっと早くやれば良かった!!」と言うご感想を頂いていますが、やはりやったことの無い方は「大したことは無い」と言う先入観をお持ちになる方が多いのかもしれません。

また、フジクラのMCI BLACKやDG-AMT等の疑似MOIマッチングシャフトでやったつもりになっている方に関しても、出来れば本物のMOIマッチングを是非ご経験いただきたいと思います。
それらのシャフトはよく出来ているのですが、ちょっと考えればすぐに分かることと思います。



MCI BLACKやDG-AMTのシャフトだけでクラブMOIを簡易的に合わせていく疑似MOIマッチング。

シャフトとヘッド、グリップのクラブとしての総合的な面からのMOIマッチング。


どちらがより効果的かはやったことのない方でもお分かりになるかと思います。



2017-03-18-22-16-57







敬愛するタケ小山名誉顧問。

名誉顧問ですから使っていただきたいとHAYABUSA LimitedForgedをお送りしたのですが、綺麗すぎて使えないとのお言葉・・・。

タケさんとHAYABUSA


嬉しいですが、いくらHAYABUSAと言っても道具です。
道具はやはり使ってナンボですから、バンカーでもベアグラウンドでも、膝丈のラフでも是非使い倒していただきたいとおMOIます(^^

使い倒してスピンが効かなくなってきたり、どこぞやに不具合が出てしまった場合は修理も出来ますし、なんだったら新しいHAYABUSA LimitedForgedを支給するのもやぶさかではありませんから(^^

さてさて、そんなHAYABUSAですが、順次出来上がったモノをご予約順にデリバリーしておりますが、初期ロットのオーナーより、続々と嬉しいご感想を頂いております(^^





まずはHAYABUSA LimitedForgedをお買い上げ頂きましたK様。

~~~~~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~~~~~


土曜日に、ラウンドに行きました。練習場で打つわけでもなく、ぶっつけ本番でHAYABUSAを打ちました。
いままでにない、抜けのよさに感動しました。いままで使っていた(某社の)ウェッジとは全然違う抜けのよさ。
フルショットする機会はなかったのですが、一生付き合えるよき相棒に出逢えた想いです。
オーダーして半年以上待った価値は十二分にありました。また、サービスで付けていただいたカバーもたいへん気に入りました。

昔では考えられないことですが、北海道でも30度を超す暑さのようですが、お体に気をつけてHAYABUSAのバックオーダーをこなしてください。
このたびは、本当によい買い物をさせていただきました。ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~~~


ありがとうございます。
ヌケの良さは絶対に他のウェッジに負けないと思っております。

暑い日から一転して弟子屈の天気は通常営業に戻ったようで、現在の外気温は12.4度、明け方には一桁台にまで下がると思われます(^^;;
真夏なのにストーブ炊いていると言う状態ですが、これが弟子屈の通常ということで・・・(^^;;




次は北見市(弟子屈から100キロ位)在住のw様からのご感想です。

~~~~~~~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~~~~~~

ハヤブサ2本ひっさげて、早速ラウンドしてきました。

怪我の影響で、まだ、完全には左足に体重は乗りませんが、そんな中での
ハヤブサデビューでした。

まずは、パー4第2打をグーリーンサイドバンカーにわざと(笑)いれてハヤブサSの登場です。

ピンまで30ヤードのバンカーショットです。左体重、クラブファースト、バウンスを意識して、
「しゅっ!」っと打ちました。 

なんと、ピンそばにボールがあるではありませんか!!そしてきれいなスピン!!
パーセーブのおまけつき!!やったー!!

砂の抵抗が気になりませんでしたよ!「すごい」


圧巻だったのは、ぱー5残り45ヤードアプローチをハヤブサSで(Aにしようかなと思いましたが)
ロブ気味に打ちたかったので。

思い通りにピンそば2ヤード残して止まってくれました。(止まるという表現は、素人にはとても驚きなんですよ!)
そして、そして、バーディーとっちゃいました!!

ふぁるこんさん、ふぁるこんさん。G.J!!!!!!!



今回はハヤブサAの出番はなっかたのですが、Aもすごいんだろうなー!

次のラウンドが楽しみです。

~~~~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~

ありがとうございます!!

あれだけの大怪我をされたので、くれぐれもご無理なさらぬよう・・・m(_ _)m

AWとSWではかなりグラインドを変えております(それがHAYABUSAを作るのが大変な理由のひとつ)が、抜けと言う面ではAWのほうがより抜けるように作っています。
ですのでAWでアプローチしたら、今以上の抜けでびっくりされると思います(^^





しっかし、つくづく思うのですが、お客様って本当に有り難いですね。
HAYABUSAは昨年の12月に予約開始した時はまだ実物の写真も無いのに、2本で10万円以上もするクラブをご予約頂き、キャンセルは1件も無い。
良いものを作っているつもりではありますし、実際にデリバリーをさせていただいたお客様からは「待った甲斐があった。一生もののウェッジです」と言った感想を頂いていますが、本当に有り難いと思っていますm(_ _)m


画像

飛距離は置いといて、まずはサイドスピンが29と言う点に着目してください。
そしてその次に着目すべきことは、打ち出しの左右角が2度、ということ。

2度右に打ち出して309.6ヤード先で9.8ヤード右にブレています。

サイドスピンが29でほぼほぼ無視しても良い数値ですから、9.8ヤードズレたのは打ち出しの左右角が2度ズレたことによるものだと考えていいかと思われます。


ここからどのような情報を読み取るか・・・。実はそれがいちばん大切なところです。




仮に同じ条件で打ち出しの左右角が1度ズレたとしたら9.8÷2=4.9ヤードのズレ。

同じ条件で飛距離が100ヤードだったとしたら、3.165ヤードのズレということになります。

では、50度のロフトでライ角が0.5度違ったとすると、ターゲットに対して何度ズレるか・・・。





また叱られてしまうので、そこは止めておきましょう(笑)

image
こちらはメッキ前の状態です。



HAYABUSAの最終研磨&磨きを行いました。

LimitedForgedが2セット、ノーマルバージョンが1セットの計6個です。


まだまだお待たせしている状態ですが、全ての工程でとてつもなく時間がかかるウェッジですから、上がってくる数も非常に少ないためご注文いただいた方には本当にご迷惑をおかけしております。

上がってきた数量に対して、オーダーいただきました順番でロフト・ライ、シャフトやグリップなどをお聞きして最終研磨&磨きを行いメッキに出します。

なにぶん上がってくる数量が極端に少ないため、申し訳ございませんがまだ順番が来ていないオーナーに対しましてはもう暫くのお時間を頂きます。
(研磨は出来ても、ミーリングは私では出来ないので・・・)


image
image


image


ここまで磨き上げることは通常のウェッジでは行いませんが、HAYABUSAの場合は様々な理由から顔が映り込むほどに磨き上げます。


HAYABUSAが綺麗になった分、私の手が汚れますが、別に犯罪者じゃないので勘弁してください(笑)


通常は安全面からも軍手をして研磨しますけども、軍手をしていると削った感覚がわかりにくくなるので、素手でやります(←鈍感なだけ)。






さて、今日は結構汗もかいたし、温泉で汗を流して、また作業(今度はあまり汚れない作業を)することとしましょう!!

弟子屈に戻ってきております。

不在にしている間(今もですが)、こっちもあづがっだようで、試打スペース他の芝やら雑草やらの伸び方がマジパネェっす。
芝咲GO!さんに出動してもらっているのですが、出動してすぐにVベルトがブチ切れると言うアクシデントが発生し、今日ようやく修理が完了、ようやく芝咲GO!さんの活動再開です。

image
ブチ切れた芝咲GO!さんのVベルト
(長さや強度的に専用品になるので高いっす・・・)


もちろんMOIマッチングやMOI組み上げの仕事も行いつつですから、あづい中体力の消耗はハゲしいですが、もうこれ以上抜ける毛は無いですし、HAYABUSAもこれ以上抜けない位抜けますから、気合を入れて乗り切らねば!!です。


メガシウマイ弁当を食べに(笑)、本日の夜から9日(日曜)まで上京します。
(本当はMOIセミナーの講師の仕事と諸々の諸事情があるので、メガシウマイ弁当はあくまでもついでです(^^;;)


その間の仕事は片付けて行くつもりでしたが、一部未着の部品などがあり、持ち越してしまうことをご容赦くださいませm(_ _)m


ちなみに7月13日以降の作業日程に関してはまだ空きがございますので、MOIマッチングのご依頼もお待ちしております。

MOIマッチング作業はお預かりしてから10日~2週間程度かかります。
結構時間はかかりますけれども、その分良い仕事をすることを心がけておりますので、何卒よろしくお願いいたします(^^

今月のゴルフトゥデイ「ゴルフ北の国から」は諸事情により休載です(^-^;

楽しみにされているみなさま、すみません。ごめんなさいm(_ _)m

でもいい記事がたくさんですから、是非是非読んでくださいね!


あと、ゴルフトゥデイのネットから豪華プレゼントが当たるアンケートがありますので、みなさま是非是非アンケートにお答えいただいて「休載寂しい」とお願いしますm(_ _)m



HAYABUSA LimitedForgedに関しては、再三お伝えしている通りなのですが、こだわりにこだわり抜いて作っています。

通常プラスマイナス3kg-c㎡以内に収めるクラブMOIの偏差(BoseIronFactoryの場合はプラスマイナス1kg-c㎡程度)も、クラブMOIスケールの分解能ギリギリまで追い込むこととしています。


2017-07-03-21-42-23
2017-07-03-21-44-22


2017-06-25-21-01-28



2017-03-18-22-16-57

全盛期の中嶋常幸プロでさえ、ドライバーの先にある1円玉の1/4=0.25gの変化に気付くのが限界だったと言うお話がありますが、当時の43.5インチのそれをクラブMOIの差にするとおおよそ3kg-c㎡です。

JCMOの基準としてのプラスマイナス3kg-c㎡は、その中嶋常幸プロを基準とするところですが、クラブMOIスケールの分解能は0.4kg-c㎡ですから分解能ギリギリまで追い込むとすると、45インチ換算では0.03gの差ということになります。

もはや絶対に気付くことの無い差であると共に、分解能以下の計測は無理ですし、実際に0.4kg-c㎡位でしたらほんの少し空気が動いただけで変わってきます。



ここまで来ると完全にファルコン自信の自己満足とも言えますが、それでも息を殺して0.4kg-c㎡の分解能ギリギリにまでこだわるのは、HAYABUSA LimitedForgedが全てにおいてこだわって作っているからに他なりません。

BoseIronFactoryの歴史は2007年、横浜のマンションの一室で始まりました。その後、横浜から横須賀に移転し、今は北海道の東の中心とも言える弟子屈町(てしかが)の広大な牧草地の中に広大な土地を購入し、工房を構えています。
横浜や横須賀は都内からのアクセスも良く便利で、お客様のご来店もしやすい環境でした。

横浜や横須賀に比べると弟子屈はお店も多くはありませんし、交通の便も不便と言えます。夏は25度以上になる日も少なくエアコンも必要ないくらいですが、冬はマイナス20度以下になることもあり、とても厳しい環境です。
「何故わざわざそんな弟子屈にBoseIronFactoryを移転したのか?」疑問に思う方も多くいらっしゃると思います。
それは弟子屈のある道東が日本で最もスコットランドに近い環境だからです。
スコットランドはゴルフ発祥の地であり、最も歴史と格式のあるTHE OPEN(全英オープン)はスコットランドのリンクスで開催されます。
多くの日本人プレイヤーがTHE OPENに挑んできましたが、スコットランドリンクスの風や芝に日本人プレイヤーが阻まれている状況で、優勝が無いどころか上位入賞も少なく、今でも多くの日本人トッププレイヤーが予選落ちを余儀なくされています。
私自身、ゴルファーとしてはアマチュアの中でも一番底辺にいるプレイヤーですから、スイング論やプレイに関しては何も言えませんし言いません。しかし、ゴルフクラブに関してはプロフェッショナルでいたいと思っています。
ほぼ毎年のように「THE OPENのための秘密兵器」と称してTHE OPENのためだけのロングアイアンが作られるといった状況を見て、そんなに甘いものではないと感じておりました。
THE OPENで日本人が活躍するには、THE OPENと同等、もしくはTHE OPENよりも過酷な自然環境の中でゴルフクラブを見つめ、ゴルフクラブと接し、ゴルフクラブを設計し、ゴルフクラブのテストを重ねることこそが、私に出来る唯一のことと考えています。
冬を除く弟子屈の環境は、単に過ごしやすい気候であるだけでなく、朝と夜の霧、日中の風、そしてホールバイホールで晴れていたり雨が降ったりと一日の中に四季があるスコットランドリンクスと非常に良く似ている環境です。
そしてその環境の中で育つ芝も、単に洋芝であるというだけでなく、スコットランドリンクスに限りなく近い芝質に育ちます。

また、弟子屈は道東の中心とも言えるところにあることから、弟子屈カントリークラブだけでなく、海沿いでいつも強い風が吹いている本物のリンクス、根室ゴルフクラブや釧路カントリーなどへのアクセスも良好です。

THE OPENのための「秘密兵器」と言いつつ、鳥かごの中で試打マシーンが打って開発されたクラブよりも、ここ北海道の道東にある様々なゴルフ場の様々なライで、強風や雨といった様々な環境のもとでテストを繰り返して開発されたクラブこそが、THE OPENなどの過酷な環境で使えるクラブとなるのではないでしょうか?
2017-07-01-05-03-44
広大なBoseIronFactoryのテストフィールド。
まだ整地中ですが・・・。



HAYABUSAを始めとするBoseIronFactoryのクラブは、そうした環境の中でテストを繰り返すことでブラッシュアップされ、作られているのです。


IMG_9183
IMG_9242
過酷な環境の中、何万球もの試打を繰り返して完成したHAYABUSA LimitedForged。

もうひとつ、BoseIronFactoryの目標として、ここ弟子屈にクラブMOIマッチングの聖地を作る。ということがあります。
クラブMOIマッチング自体は得意クラブに振り心地を合わせていくことで球筋までも得意クラブと同じにしてしまうという最新のチューニング方法ですが、基準となる得意クラブを詳細に計測し得意クラブのクラブMOIに他の番手を整えていくことで、スイングを見なくとも問題なくMOIマッチングが可能です。
アメリカにいるゴルファーのクラブを弟子屈でチューニングすることも可能ですから、クラブを送る環境さえ整っていればMOIマッチングは可能になります。

実はそうした点で弟子屈にいることはメリットにもデメリットにもなりません。
ですが、都内にこれほどまでに広大な土地を用意して工房を行うことは事実上不可能ですし、クラブMOIマッチングを広めていくためには私一人のチカラでは不可能ですから、クラブMOIマッチングを一緒に広めていってくれる仲間のクラフトマンが必要になります。
そうしたクラフトマンにクラブMOIマッチングのノウハウや知識を提供するためのセミナーハウスとしても使える工房を作るためには、やはり最低でも2,000坪位は必要であると考えています。
実際に敷地の中にバンカーやグリーン、洋芝の上から打てる試打スペース、そしてゲストハウスやセミナールームと考えると2,000坪でも狭いのです。
幸いなことに弟子屈にはフラットで広大な土地がたくさんありますから、9ホール位ならすぐに出来る土地がいくつもあり、実際に売りに出ています。将来的にはTitleistのテキストフィールド並の広さを誇る土地も確保して日本の全てのゴルファーがここ弟子屈をクラブMOIの聖地として来てくれることが私の最終目標です。
まだまだ先は長いですが、これらは夢では無く目標です。
夢は叶えるものですが、目標は自らの努力で達成するもの。
自分の努力次第で達成できるかどうかは変わってきますから、たとえ少しづつでもしっかりと進めていきたいと考えています。


株式会社BoseIronFactory
ファルコンまつばら

↑このページのトップヘ