ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイの連載「ゴルフ〜北の国から〜」と連動し、クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

August 2017

5月6月はRODDIOのハイブリッドUTなどの新製品が多く、MOIマッチングのご依頼も多かったのですが、8月に入ってご依頼も落ち着いているようです。

あまりたくさん詰め込むと新工房の作業も出来なくなるので微妙ですが、今からでしたらそれほどお待たせしないでMOIマッチング作業も出来ますので、皆様からのMOIマッチングのご依頼をお待ちしておりますm(_ _)m



ご依頼、お問い合わせはseabose@me.comまでお願い致します。
工賃は1本5,500円、送料は全国均一で1,500円。
グリップは基本新品を挿しますので、別途グリップ代がかかります。


もう10年以上前になる昔のことですが、大阪のバイク仲間の結婚式に同じバイクで駆けつけようとして、その道中に大事故を起こしてしまったことがあります。

いまだにその時に怪我をしたところが痛むこともあるくらいの生死に関わるような大事故でした。

一人で行ったのですが、関西のバイク仲間にいろいろと助けてもらって、バイクの引取り等々本当に助かりました。


その時の恩返しは全然出来ていませんが、今日、ほんの少しだけ出来たのかもしれません(^^;;


今回はゴルフではなく、そんなお話です(^^;;


いつものようにMOIマッチングや新規組み上げのクラブを車に積んで町中のヤマト便に出しに行ったのが15:30分位。工房を出るときには雨が降り出していました。

荷物を出した帰りに町にひとつのセブン-イレブンに行こうとした時です。

踏切を渡ろうとした所、踏切で渋滞(と言っても2~3台)・・・。


「あれぇ?お盆だから渋滞してるのかな?」と思って踏切の先を見ると、ビッグスクーターが倒れていました。
「あ~、雨で滑って自爆かぁ・・・。ライダーは立っているから大丈夫そうだけど・・・」

おせっかいな私はハザードを出して車を左に寄せ、車からライダーとバイクの元へ。


「大丈夫?・・・じゃなさそうだねぇ(^^;;
救急車は呼んだの?あぁ、呼んだのね、じゃぁ、バイクを歩道に寄せるよ~~」

と、最初はそれだけで帰って仕事しようと思ったのですが・・・。

救急車が来て、パトカーも来る頃には雨も強くなってくるし、事故ったライダーは骨折してるっぽい。


「む~~~。とりあえず、これ俺の名刺ね。これじゃバイクに乗れないだろうから、ウチでバイク預かってもいいよ。大型二輪免許も持っているし、雨風の当たらない倉庫に運んで置いといてもいいから、困ったら電話ちょうだいね。事故で興奮して良く分かんないだろうから、病院行って落ち着いてからでいいから(^^;;」

2017-08-13-16-13-10
奥の車が止まっているあたりが踏切です。




ということで、事故現場を後にしてセブン-イレブンでゴルフトゥデイ(皆さん、アンケートよろしくです!!)を仕入れた後に一旦工房に戻って仕事していると、知らない電話番号から電話が・・・。


事故った彼:「先程はありがとうございました。ここ(摩周厚生病院)では簡単な処置しか出来ないということで釧路の病院へ転院になるようです。で、バイクに着替えとか載せたままなのでご迷惑おかけしますが取ってきて頂けると助かるのですが・・・」

ファルコン:「いーよー(^^;;じゃぁ一旦病院に行って鍵預かってケースごと持ってくるね。」

事故った彼:「ALTUS!!助かります!!」

ファルコン:「なんもなんも~~~~!!」←北海道弁で全然大丈夫の意。


車に乗ってそそくさと病院へ・・・(工房から5~6分)

ファルコン:「大変だったね~~~。鍵貸して~~~。バイクもウチで預かっておこうか?」

事故った人:「ありがとうございます~~。そうして頂けると助かります~~~。今保険に電話したところなので明日くらいに保険屋さんが引き取りに行くかもしれませんから、それまででも助かります~~」

ファルコン:「なんもなんも~~~~!!」


で、事故現場の踏切に行くと、知った顔のお巡りさんが・・・(笑)


ファルコン:「あ!!どもども~!!最初に言っておくけど俺は事故と関係ないけど、放っておけないから手伝っているだけですからね~~~。」

お巡りさん:「あはははは~~~。聞いてますよ~~。自爆ということだから来ただけです~~。でね、一応車検証と自賠責確認したいから、ファルコンさん、どこにあるか分かりますか?」

ファルコン:「俺のバイクじゃないから分かんないけど、シートの下とかに入れてないかなぁ?」

二人:「無いねぇ・・・。」

ファルコン:「じゃあ今から病院に荷物届けるからその時にご本人に聞いておきますよ。」

お巡りさん:「ありがとね~~。」



ファルコン一路病院へ・・・。


ファルコン:「ほ~い、荷物持ってきたよ~。でね、一応事故なので警察屋さんがバイクの車検証と自賠責確認させてほしいってことなんだけど、どこにあるの?」

事故った人:「あ、ここに・・・(救急車で運ばれた際に持っていったポーチの中から)」

ファルコン:「じゃぁ借りるね。バイク引き上げる時に車検証無いと叱られるしね。」

事故った人:「了解です。お手数おかけします~。」


ファルコン再び事故現場の踏切へ。


ファルコン:「は~い、お待たせしました~。車検証と自賠責ですよ~。」

お巡りさん:「ご苦労さまです。で、このバイクどうするの?」

ファルコン:「警察じゃあ動かさないでしょ?オレがウチの倉庫に預かることになりましたですよ(^^;;なので、一回工房に戻ってヘルメット取ってこなくちゃ。」

お巡りさん:「そうですか。それはそれはご親切に・・m(_ _)m でも一人だと車どうするの?」

ファルコン:「あ、近所の人拾って来て、俺はバイクで、近所の人に車を搬送してもらうようにしますよ。警察だとそこまで出来ないっしょ?」

お巡りさん:「そうそう、警察はそこまで出来ないからね・・・。じゃぁせめてファルコンさんが引き取りに来るまで待ってますよ(^^」

ファルコン:「んでは、急いで、でも交通違反はしないように戻ってくるから待っててね(^^」


ファルコンそそくさと工房に戻る。

工房に戻ると、ご近所(と言っても4キロ位離れた所)に電話して事情を説明。

ヘルメットとグローブ、ライディングジャケットを持ってご近所さん宅へ行ってピックアップした後、再度事故現場の踏切に。


ファルコン:「ではではご苦労様でした。あれ?エンジンかかんねーし・・・」

ビッグスクーター乗るのは初めてなのですが、バイクと違ってスクーターってサイドスタンド建てたままだとエンジンかかんないのですね。知らなかった・・・(笑)


なんとか無事にエンジンもかかり、濡れた路面でファルコンが転けないよう注意しながら工房へと帰ってきたのでした(^^)v


2017-08-13-19-08-32
ちゃんと倉庫に停めてありますよ(^^

まだご本人からは連絡無いですが、ちゃんと預かりますから、ご安心をです(^^




まぁ、ホントファルコンのおせっかいではありますけども、私自身が色んな人に助けられて今があるわけで・・・。

受けた恩は返せていませんが、少しは人の役に立てたのであればそれで善しですね(^^



ビッグスクーター、今まで甘くみていたけど、結構面白かったなぁ。。。
ちょっと欲しくなってきてしまいましたですよ(^^

人気のバフィーが揃い踏みです。


どちらも圧倒的な飛距離性能を誇るFWだからこそ、MOIマッチングでその性能を最大限に引き出してやりたいと思います!!







クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから2~3週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。

ファルコンがいくら「スッゲ~~~!!」と連呼しても、「どうせ大したことないでしょ?」と思っている人が多いのだと思います。

まぁ、このことはMOIマッチングに於いてもHAYABUSA関してもそうなのですが、まだまだゴルフ業界の新参者であるファルコンがいくら「スッゲ~~~~!!」と言っても信じてもらいにくいですね(^^;;


そうは言っても、いくらハゲでメガネでヒゲのオヤジが口で言っても信じてもらえないでしょうから、HAYABUSAの試打用クラブをご用意しようと思います。

試打用は8月下旬に3rdロットが上がってきたら、まずは1セット用意する予定です(^^


2017-05-12-10-43-22
ご用意するのはノーマルバージョンとなります。

8月下旬に上がって来る予定ですから、そこから最後の研磨と磨きを行って、9月中旬くらいからの貸出を考えています。



ということで、HAYABUSAをご購入の北見市(弟子屈のご近所)S様のご感想をば・・・。

~~~~~~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~~~~

ファルコンまつばら様

いつもお世話かけまくりの北見市のSです。

早速HAYABUSAでラウンドしてきましたー!
まずザックリしません。本当ーに出来ません。

バンカー、一発でスパっと出ます。開いたりなんて考えないでスクエアに構えてドン!
面白いくらい出ます(´∀`)
アプローチ…はそもそも…。ウェッジじゃなくテキサスウェッジなので…。はい、HAYABUSAが泣くので練習してます。
※カッコよくテキサスウェッジ言うなっW(`0`)W

不思議なのは以前のウェッジより少し重く、且つ、MOI値も高くなっているのに振りやすいのです。というかコントロールしやすいのです。

まっ、難しい事はファルコンさんにお任せしてますので、明日も楽しくバンカーから脱出して来まーす(そもそも入れるなよっ(笑)


~~~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~~


この方、ゴルフ初めてまだ3年にもならない女子。
スコア的にも100はまだ切っていない、女性ではホント平均的と言える方っす。

チャックリやザックリが酷くて、それを怖がってトップしてのホームランで往復ビンタという方ですから、パターでのテキサスウェッジを多用しているのですが、大丈夫です。ご安心ください。HAYABUSなら、上げて寄せての天使のブラ的なウェッジですから。



実際にファルコンとしては珍しくこの2週間で8ラウンド(1.5×2含む)と言うラウンドを通してず~っとHAYABUSAを使い続けましたが、ダフることやハーフトップをすることはあっても、チャックリ・ザックリは全く無し。
しかもチップインを何度もやりそうになるなど、今まででは考えられなかったアプローチ野郎になってしまいましたし・・・(笑)

バンカーからも、深く考えることも開くことも無く、普通のアプローチと同様に振るだけ。

そうすれば勝手にエクスプロージョンしてピンそばに言ってくれますし、バンカーからでもしっかりとスピンが効いてピタッと止まってくれます。



ん~~~、それでも信じてもらえない人がいるでしょうから、HAYABUSA全額+α返金キャンペーンをやっちゃいましょう。

ご購入頂いて2ラウンド以内で返品される場合、ご購入金額に5,000円のお詫びをプラスしてご返品を受けるってのはいかがでしょうか?

HAYABUSAノーマルバージョンの場合は送料込み74,000円ですから、使ってみて合わなければ79,000円をご返金しちゃいますし、HAYABUSA LimitedForgedなら、使ってみて合わなければ111,500円のご返金。

購入するだけして使わないでそのまま気に入らないということで返品すれば5,000円儲かってしまう訳ですが、ゴルファーでそうしたズルい方はいらっしゃらないと言う性善ゴルファー説に立ってやってみるのもいいかもしれませんです(^^

まぁ、それだけ自信があるってことです(^^)v

もちろんお一人様1回限りで、お送りする住所も1箇所(家族で儲けだけ頂くのはNG)と言うかたちにして・・・。


細かいレギュレーションは実際に試打用が出来る頃までに考えることとしましょう(^^;;

成田美寿々プロがRODDIOのプロトタイプ385ccドライバーを使って優勝するなど、非常に好調です。


現時点では460ccや440ccなどの大型ヘッドのドライバーと言う選択肢しか無い状態ですが、大型ヘッドが合う人もいれば普通の大きさのヘッドが合う人もいる訳で、今後はこうした選択肢が増えていくことと思います。

よく言われている大きいほうが簡単であるとか大きくなったことがギアの進化であるとか言うのは、ある意味正しくある意味違うのでは無いかと考えています。

大きいと重心距離は伸びますが、重心距離が伸びると言うことはシャフト軸線上から重心距離が遠くなると言うことでもあります。

実はこの重心点がシャフト軸線上に無い、と言う点はゴルフを難しくしている最大の要因なのです。

シャフト軸線上にあるゲートボールのスティックで静止しているボールを打つことはそれほど難しく無いですし、シャフト軸線上にあるラケットで動いているボールを打つことやバットでボールを打つことも可能。

ですが、ゴルフクラブはシャフト軸線上に重心点が無い(=重心距離がある)ために止まっているボールなのに空振りすることすらあります。
シャンクするということもシャフト軸線上に近い所で打つことが身体にとって自然なために起こる現象とも言えます。


このことはゴルフのルール上致し方のないことであり、ゴルフ自体を楽しく面白くしている理由でもあるのですが、逆に考えるとドライバーの長すぎる重心距離はFWやUT、アイアンやウェッジとかなり違った重心距離になります。

ライ角で言うと、0.5度刻みでフローしていたものが、いきなり2度3度変わっていくと考えると分かりやすいでしょうし、長さが0.5インチ単位でフローしていたものが、いきなり2インチや3インチ変わってくると考えれば分かりやすいのかもしれません。

これを大きさに置き換えて考えてみると、イマドキのFWはどれも230ccに満たない大きさ(大きなモデルでも220cc程度で小さいものだと150cc台ですから、平均すると180cc程度)ですが、ドライバーだけ440ccとか460ccとかになってしまいます。
大きさだけみてもいきなり2倍以上になるわけですから、クラブの流れという面で見てもドライバーだけ突出して大きいんです。

まぁ、長さでみても43インチのスプーンの次が45インチなり45.5インチになっているので様々な面でドライバーは他のクラブを違う打ち方をしなければいけないのですが・・・。




アイアンやウェッジは上手く打てるのに、ドライバーだけは上手くいかない・・・・


IMG_9356


そうした大型ヘッド=優しいと言う流行の中で前述したRODDIOの385ドライバーの重心距離は当然短く(まだ発売前なので非公表ですが・・・)、重心距離の長いドライバーのスイングだけを変えにくい人にとっては待ちに待ったと言えるドライバーです。

合う人、合わない人はいますから、これが絶対!!と言うことではありませんし、合わない人にとっては「いまさら小さいのになんて戻れない」と言う方もおられるでしょう。

しかしながら、この普通サイズのドライバーを心待ちにしていた人は多いはずですし、ドライバーに悩んでいるゴルファーにとっては試してみる価値は十二分にあるヘッドと言えます。

私個人的な感想と言えば、先日RODDIOの方が来られて打たせていただいたのですが、私の個人的な感想は「50万円でも良いからこのドライバーを売ってください!!」という感想に尽きます。

私は試打のプロでもプロゴルファーでもありませんから、スピンがどうとか、強い弾道とかそうしたことは言いません。
ですので、50万円出しても欲しいと言うことでお茶を濁させてくださいね(笑)




RODDIOのFWを初めてバラした時にその作りの良さ、その精度の高さ、その手間のかかり具合に感動しましたが、今回385ドライバーをみてその時以上の感動をさせてもらいました。


今年中の発売は無いようですが、たとえ半年、1年待ってでも、絶対に買います。

だって、このドライバーをもう10年位待っているのですから、そのくらいは大した時間ではありませんから(^^;;





地方も地方、北海道の超ド田舎である弟子屈に移住して2年余り・・・。

まぁ、暫くここで暮らすことは間違いないですし、多分一生ここに住み続けると思っています。



さて、イケダハヤトと言う人が、「まだ東京で消耗し続けるの?」と言うのを書いています。

彼の考え方には共感する部分もありますが、実は多くの部分では共感していません。

と言うのは、東京だから消耗するとか、地方だから消耗しないと言う、単純なものではないことをファルコン自身の身を持って知っているから。

ぶっちゃけ地方でも東京でも消耗する人は消耗するし、合う人と合わない人が居ます。そして、合わないけど合わせていくしか無い人と合わないので合わせていく必要が無い人がそれぞれ東京でも地方でもいるんです。


弟子屈は天国ではありませんし、東京は天国でも地獄でもありません。



それぞれ一長一短があるし、どっちがどのように良いということは合うか合わないかによると思うんですね。

ではファルコンの場合実際のところはどうかというと、東京(横浜や横須賀)でも別段大きな問題はありません。
美味いものは圧倒的に東京のほうが多いですし、ゴルフの環境も言われているほどは悪くはないです。
買い物は便利だし、商品の品ぞろえも抜群に多い。

仮に行ったお店に欲しいモノが無くても翌日、下手したら当日には取り寄せられます。

夏は暑いけれど、エアコンをガンガンに入れれば特に問題ないですし、冬はやっぱり弟子屈のほうが寒い。


それでも私が弟子屈にこだわるのは、ここでしか出来ないことがあるから。

どこでも出来ることであればどこに居ても同じですが、ここでしか出来ないことがあるのであれば、ここに居なければいけないのですから。


ファルコンの場合は、まず弟子屈の真冬以外の気候です。

真夏の晴れた日でも25度くらいまでしか上がらなくて、朝晩は一桁台にまで気温が下がることもしばしば。
午前中早目の時間は霧が多いし、午後になると風が出てくることも多い。
これってまさにスコットランドなんですね。

まぁ、この点に関して言えば根室のほうがもっと凄いのですが・・・。

では何故根室では無く弟子屈なのか・・・。


これもいくつかあるのですが、一番の利点は道東の地理的な中心であることです。
スコットランドの気候に近い上に、道東の地理的な中心ということで、根室や釧路、網走や北見にいくことも割りと容易です。

それと、ここでしか広~い土地を(割と簡単かつ安く)入手することは出来ません。

現状でも約2,000坪、将来的には気兼ねなく試打出来るように30,000坪は欲しいのですが、それだけの土地を他で探すとなるとまず無理。

ですが、ここなら頑張れば買える値段でそのくらいの土地はありますし、それもごく近所にあるんです。
BoseIronFactoryは一応法人ですけれども、実質一人でやっている超極小の企業です。
そんな超極小の企業でもTitleistのテストセンター以上のテストフィールドを持てたら、HAYABUSA以上に凄いクラブを作れる可能性は充分にありますし、全英で日本人がBoseIronFactoryのクラブを使って優勝するといったことも夢ではないのかもしれません。


全英で活躍できる道具を作り、全英で活躍できる人にその道具を使ってもらう。


それが可能となるのは弟子屈でなければならないんです。

練習場や鳥かごと実際のコースは全く違いますし、本州以南のどのコースであっても全英が開催されるコースと芝自体が違います。
日本でスコットランド以上の厳しい気候があり、スコットランド以上の手強い芝が育つのはここしかありません。

そうした全英以上に厳しいフィールドでテストや練習を重ねてこそ、全英で通じるモノが出来ると思いますし、ここでしか出来ないクラブが作れると思うんです。







クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。

↑このページのトップヘ