ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

January 2019

正月明けから風邪などで体調を崩していて、あまりブログの更新も出来ておりませんでしたが、体調も復調し、作業の遅れを取り戻すべく頑張っております。

現在のMOIマッチングの待ち状況ですが、2月初旬からの作業日程に空きがございます。

作業内容にもよりますが、2月初旬~中旬のお預かりで2月中旬~下旬のお戻しが出来る状況ですので、皆様からのご依頼をお待ちしております。

詳細に関しましてはseabose@me.comまでお問い合わせください。

なお、MOIマッチングの料金に関してですが、1本6,800円(税別)の工賃にグリップ代と送料となっております。プレミアムプランの場合は1本15000円(税別)となります。

PXGやジャン・バティストなどのクラブに関しては、クラブそのものがプレミアムなクラブですので、全てにおいて最高の作業を行うプレミアムプランをお勧めしています。

皆様御存知のように、BoseIronFactoryでは零式や8度のアイアン等、ロングアイアンを得意としておりますが、WebShopでのラインアップにレフティ用のアイアンはございません。

もともとニッチな部類に分類されるロングアイアンですので、右利き用のラインアップだけで展開しておりますが、この所レフティの方からのお問い合わせも多く、特注でレフティの1番アイアン(ロフト15度)や0番アイアン(ロフト12度)などの製作をすることが増えてまいりました。

ニッチなロングアイアンで更に少ないレフティということもあり、常時在庫を持つことは難しいのですが、レフティの超ロングアイアン、作ります!!

もともとキャビティの鍛造型がほぼ無く、マッスルバックを特注対応をする形になりますので、価格的にも少しお高くなりますし、お時間もかかります(1ヶ月~1ヶ月半程度)が、BoseIronFactoryとしてはニッチなゴルファーに関しても見捨てることはいたしませんので、是非お問い合わせください。

なお、HAYABUSAウェッジのレフティ用も現在鋭意開発中です。
全く同じ鍛造型がございませんので、通常のHAYABUSAとは若干性格の変わったものになりますが、HAYABUSAの世界一のヌケを味わっていただくために頑張っておりますので、そちらもご期待下さい!!

大手メーカーさんの新製品ラッシュです(^^

毎年のことですが、ドライバーばかり注目されていますね(^^;;

BoseIronFactoryは世界最小のゴルフクラブメーカーでもありますが、作るものはアイアンとウェッジとパターのみです。
おそらく5年後もウッド類は作っていないと思います(^^;;
(時間が出来たらパーシモンは限定で削るかもしれませんが)


大手メーカーさんのドライバーなどは1本7~8万くらいで月に1万本くらいは販売するのでしょうが、BoseIronFactoryのアイアンやウェッジ、パターは2万円~5万円位で、ボリュームゾーンと言ったらNEW HAYABUSAの3万円台が中心です。

50D-00001740


3万円で月に20本程度の販売、そして皆さんがお考え以上に原価も手間暇もかかっていますから、それだけでは食べていく事もままなりません(苦笑)。
MOIマッチングの工賃と他のメーカーさんの売り上げがBoseIronFactoryの基本ですから、オリジナルのクラブはどちらかと言うとサービスみたいな面もありますから(^^;;

でも、「まぁそれでも良いかなぁ」なんて思っています。

7~8万円のクラブが5年後中古ショップで1本5,000円で販売されるのとは違って、BoseIronFactoryのHAYABUSAが中古ショップで販売されることはほぼ無いでしょうし、5年後も同じ30,000円台で月に20本程度売れてくれれば良いのではないかと(^^

弊社クラブは基本設計に時間と知恵と愛情をこれでもかと言うくらいにかけています。
逆に設計にお金はほとんどかけません(かけられません)。

試打やテストにも(おそらく)大手メーカーさんの何十倍も時間と手間暇をかけています。
トラックマンや試打マシンは持っていませんが、実際に人間がボールを打つことには敵いませんから。

BoseIronFactoryでしか販売していない零式(0番アイアン)を始め、他のヘッドに関しては鍛造メーカーさんが鍛造してくれる限り作り続けるでしょうし、それだけの完成度を持った素晴らしいヘッドであると考えています。

HAYABUSAウェッジもフェースの違いで3種の製品はありますが、フェース面の違い以外は全く同じですし、HAYABUSAのソール形状に関してはおそらくBoseIronFactoryが存在しうる限り変更はしないと思いますしね。



年明け早々に風邪をひいて寝込んでしまいました(鬼の錯乱)。

メールのお返事も出来ておりませんし、WebShopからのご注文も止まっております。

ようやく完全に回復いたしましたので、本日より作業再開いたします。


皆様には多大なるご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございませんが、寝込んでいた分の遅れを取り戻すべく、鋭意(また倒れない範囲で)頑張りますので、何卒ご了承くださいませm(_ _)m

↑このページのトップヘ