ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

March 2019

誠に勝手ながら、ゴルフフェア等での出張のため、明日(3月20日)から3月25日までBoseIronFactoryでの作業はお休みとさせていただきます。

メール等でのお問い合わせ、作業ご予約などは行いますが、お返事等が遅れる事もございますので、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

なお、ゴルフフェアへは金曜日は終日おりますが、土日は行ったとしても滞在は数時間になると思われます。
会場で見かけた際はお気軽にお声がけください。

(見た目と違って打たれ弱いので石や罵声は投げかけないようにお願い致しますm(_ _)m)

昨日入庫して、今日MOIマッチングを開始したアイアン型UTのお話です。

DG-AMT BLACKの4番用を挿してあるUTでそれほど長く作っていないのにバランスはD3.1という状態だったので予想はしていましたが、ヘッドを抜いてみて「あらやっぱり・・・」という状況。

シャフトからリードパウダー(鉛粉)が出るわ出るわで、リードパウダーが13g弱も入っていました。


IMG_2932

このクラブは友人からの戴き物だということですが、高いお金出して手放すしかなかった前のオーナーさんが可哀想に思えてしかたがありません。

せっかく良いクラブなのに、このように13g弱ものリードパウダーを入れるということは、DG-AMTというウエイトフローして長くなるに連れて軽くなるシャフト、A-GRAINDという良いヘッドの性能をスポイルする方向で組上げているんですから・・・。

特に重量帯別になっているDG-AMTの場合、13g者リードパウダーを入れるのであれば、通常のDG-AMTでもDG-AMT TOUR WHITEでも全く問題なく、むしろ軽いくらいですから、わざわざAMT BLACKにする意味なんて全く無いんですから。

そう考えるとバランスを出すためだけにリードパウダーを入れていると言うことは明白であって、スイングバランス有りきということになります。
せっかく選んだAMT BLACKというシャフトも全く意味は無く、単に降りにくくなるだけです。


他の工房さんを否定するようなこと、他の工房さんの考え方を否定するようなことは書かないようにしようと思っていましたが、この13gというのを見るとあまりのレベルの低さに怒りを通り越して、悲しさがこみ上げて来ます。



皆さんにはそうした無駄なお金を使って欲しく無いので、禁を破って敢えて書かせていただきました。

IMG_2934
写真だと大した量には見えませんが、実際にシャフトの中に入ると雪崩のように出てきます。

NewHAYABUSAウェッジの嬉しい感想を頂いておりますので、ご紹介させていただきますね(^^

「ハヤブサウェッジはもうすごい!
54度が届くまでに行ったラウンドで、56度で冬芝なんですけども、チャックリなく、なんとも気持ちいい感じで打てますね。
これはもう市販のウェッジは打てません!
早く夏芝で打ってみたいです。
M425も作ってもらってなんなんですが、M425のグース感でファルコンソールなんてウェッジがあれば完璧じゃないか、とグース好きの僕は思ってしまいます。いやぁ、ファルコンソール、おそるべし!!!」

IMG_2050
IMG_2035



50度、52度、54度(SWベース)、56度、58度在庫ございます。
お買い求めはBoseIronFactoryWebShop
https://longiron.net/
からお願い致します。

IMG_2050
IMG_2057-2
IMG_2052


New HAYABUSAウェッジの写真を撮ってみました(^^


カッコいいだけじゃないんです。

カッコ良いのは性能を追求した結果、たまたまカッコ良くなってしまったとも言えますので、実は設計・製造字にカッコ良さはホント二の次三の次でした。

HAYABUSAというとBoseIronFactoryファンの方にはHAYABUSA LimitedForgedがお馴染みかもしれませんが、HAYABUSA LimitedForgedの性能を100%とすると、こちらのNewHAYABUSAは95%くらいのところまで追求しています(MOIマッチングの部分は除き、ヘッド本体での性能のイメージです)。

価格はLimitedForgedが128,000円なのに対して、こちらのNewHAYABUSAは高い方のMODUSでも
34,000円ですので、4倍弱の価格設定です。

5%を追求するために4倍以上の手間暇と技術をかけているLimitedForgedはファルコン的には本当に究 極のウェッジであると自負していますが、高いのも重々承知しておりますので、一人でも多くの方に MOIマッチングの物理的考え方が無ければ作ることの出来なかったこのHAYABUSAの凄さを感じて頂け ればと思っております。

ロフト設定も48、50、52、AW54、SW54、56、58と非常に豊富なバリエーションとなっています。
(48度は5~6月発売予定、54度AWは欠品中で5~6月入庫予定)

50度、52度、56度、58度に関しては在庫もある程度ございますが、一度欠品すると2~3ヶ月はお待ち 頂く事になりますので、在庫のあるうちにBoseIronFactoryWebShop(←クリッククリック!!)からお 買い求めください(^^

FullSizeRender
FullSizeRender
   


うむむ。

単に「これ組みました〜(^^)」
って感じのブログ、私個人が見てつまらないのであまり書いてませんが、ちゃんと仕事はしてますので半ば生存確認の意味を込めて(笑)

RODDIOクリークRソールのファルコンチューニングバージョンです。

Rソールの方向性、抜けの良さはそのままにテイクバック時の引っ掛かりを無くすソールチュー二ングです。
削った分ソール重量は軽くなりますが、スクリューやタングステンシートなどで幅広い重量調整が可能なRODDIOならではのチューニングと言えるでしょう。

こんな大胆なチューニングを許してくれるRODDIOに感謝!!




IMG_2854


IMG_2841
雪の中外回りして疲れた弊社取締役営業部長と宣伝部長(^^)
起こすんじゃにゃいにゃ!

IMG_1969


大変ご好評を頂いているNewHAYABUSAウェッジですが、多くの方のご希望により、新ロフト48度を製作する方向で考えております。


IMG_1970

ロフトを変更するとソール形状が変わってくるので、曲げた場合は再研磨をしなければその性能を発揮することは出来ません。

そのためHAYABUSAの場合は最上級バージョンのLimitedForgedを除き、48度には対応しておりませんでしたが、多くのご要望をいただきましたので、専用設計にて48度の製作をすることに致しました。

これから作るので2~3ヶ月はかかるとおMOIますが、48度でもHAYABUSAの性能の全てを発揮できるよう製作致しますので、よろしくお願い致します!!

↑このページのトップヘ