はい。
早くバランスVSクラブMOIマッチングの続きをやれと、各省庁から催促が来ているファルコンです(←弟子屈の町役場からは来てませんが)。

分かっちゃいるけどもう少し待ってくださいね。 なにしろ結構時間かかるので・・・(^^;;


さて今回はそんな忙しさにかまけて試打用(テスト用)の発注するのを忘れていたRODDIO UTのお話しです。 


RODDIOと言うとやはりぶっ飛びのFWが最初に思い浮かびますが、今回のUTはFWを凌駕する程の出来の良さです。

そのまま組んでも素晴らしいのですが、チューニング幅の広さで言ったら今までのRODDIOを遥かに凌ぐチューニング幅がありますから、きっちりとチューニングできる所で組んでもらうのが最善だといえるでしょう。


中にはいるんですよ。
シュリンクそのままでハッチを1回もあけることなく組み上げてお渡しするようなところも・・・。
(どこだとかは絶対に言いませんし言えませんし聞かれても答えませんが、「RODDIO買ったけど合わないから、ファルコンさん、MOIマッチングすれば良くなりますかね?」というような方が結構いらっしゃってそのクラブを見てみると、ハッチを開けた形跡すら無いという・・・)

もちろんほとんどのコンシェルジュショップはそんなこと無いとはおMOIますが。

ヘッドが45,000円、シャフトが20,000円と計65,000円と言うRODDIOの価格設定ですが、それに見合うチューニングが出来る所を探して組み上げてもらうことをお薦めするものです(BoseIronFactoryでも良いですが、他のクラブでMOIマッチングした実績が無いと適正MOIが分からないため組み上げ出来ませんのでご了承ください)。


で、その価格。
税別65000円、高いです。

でも、他のメーカーの高いUTでもそのくらいの値段のものはあります。
で、他のメーカーの高いUTにはどれほどのチューニング幅があるかというと、ほとんどのメーカーは個体差で指定するだけでそれ以外は全くチューニング出来ないものもあります。
同価格帯の他のUTを見てもスクリューがあったり無かったりするくらいで、ぶっちゃけチューニング幅としてはそれほどあるというわけでもなく・・・。

2017-03-17-11-55-35
2017-03-17-11-55-57
2017-03-17-11-56-05
2017-03-17-11-56-11
2017-03-17-11-56-29
2017-03-17-11-56-38
2017-03-17-11-56-55
2017-03-17-11-57-52
2017-03-17-11-59-45
2017-03-17-12-00-36

これだけの作りの良さ、精度の高さ、チューニング幅の広さを見てしまうと45,000円と言うのは正直バーゲン価格です。
もちろん私達工房にはもう少し安い値段で入ってくるので、RODDIO自体の儲けもそれほどありません。

こういうのを見てしまうとチューニングできないヘッドをそのまま接着しておしまいのヘッドは4,5○○円でも良いのではないかと思うくらいです。←また叩かれるぞ!!


MOIマッチングをやっていると、MOIマッチング自体で見た目はほとんど変わらないということもあり、モノの価値って何なのだろうと考えるときがよくあります。

RODDIOの場合、チューニング幅と言う、見えない部分で付加価値を大きく上げることが出来るという点でMOIマッチングに共通した部分があるというのもRODDIOに惚れ込んだひとつの要因なのかもしれませんね(^^



発売は5月15日。
5/14出荷になるでしょうから、ここ弟子屈にヘッドが到着するのは16日になると思われます。その上1本きっちりとチューニングするのに2~3日はかかりますから、その頃のMOIマッチング作業が無くて暇を持て余していたとしても、5月20日前後のお送りになります。


1日も早く使いたい方は15日に受け取れるような工房さんで頼むことをお勧めします(^^;;←ヲイヲイソレデイイノカ!?