いろいろとやるべきことが多く、ほぼほぼテンパっているファルコンです(^^;;


さて、クラブMOI VS スイングバランス検証 その5は元研修生の今田さん編です。


まずは元データです。

今田元研修生試打データ元





今田元研修生試打データ

はい。3Iの飛距離が大幅に落ちています。

ゴルフフェアの時に収集した情報の中には、「クラブMOIマッチングしたら飛距離が落ちた」と言うプロの声がありましたが、今田元研修生もこの状態ではクラブMOIマッチングなんて使い物にならないと言う印象をお持ちになるのではないかとおMOIます。

飛距離が落ちた原因として1番にあげられるのはクラブMOIが適性で無いこと。

試打クラブのクラブMOIを2630kg-c㎡と言う低めのMOIとしたことで、振り心地が軽すぎていい形でインパクトを迎えていません。

MOI合わせの3番、7番の打ち出し角がバランスより高く、バランスのPWの打ち出し角が高い。
→スイングバランスのPWのクラブMOIは2609kg-c㎡と低い。

これ、クラブMOI理論通りの結果になっていますので、至極当然のことです。

MOI説明2
高いクラブMOIでは振り遅れるので1の位置で。
低いクラブMOIでは振りすぎるので3の位置で、
それぞれインパクトを迎えます。

打ち出し角が適正以上に高くなることで、キャリーとランの両方で飛距離が落ちる訳です。

PWに関してはバランスクラブよりMOIクラブのほうが適正MOIに近いので飛距離・打ち出し角等々でいい結果が出ていますし。


方向性に関しては統一されたクラブMOIによって改善の傾向が見られます。
改善と言っても標準偏差ですから、左右にブレていたものが左に統一されたと言う形ですが(高いMOIの3番バランスで左右距離が右に左に振れていたものが、MOI3番で左に統一されているのが分かりやすい)。


このことから今田元研修生も適正MOI(2660~2670位と推測)になってくれば一層の球筋の安定が見られることとおMOIます。



次回はいよいよスーパーゴルファーサンシャイン今野一哉プロのデータを見ていきましょう。