先日も同じようなことを書きましたが、大切なことですので、もう一度。

クラブMOIが高いと振り遅れて右に行くことは何度もご説明してきました。

ですが、ドライバーでのチーピンをはじめ、殆どすべての番手で左に行く人も少なくありません。

このことでクラブMOIマッチングを否定される方もいらっしゃるでしょうが、クラブMOIマッチングから見えてきたこと、分かってきたこともあるんです。


実際にそのような症状のオーナーに宛てて書いたメールをここに載せさせてもらいます(^^


○○さま

ほとんどのクラブが左に行きますか(^^;;
試しにグリップエンドにカウンターバランス(硬貨2~3枚をガムテで巻いても可)をつけて打ってみてください。
それで解消されるのであれば腕や肩のMOI(第一次MOI)が不足していることが考えられます。

一次MOIが不足していると、クラブMOIが高くても低くてもダウンスイングでクラブが垂直に降りてこないため、コックが必要以上に早く開放されてアーリーリリースになります。
そのためクラブMOIが高くてもクラブだけが先に行ってしまいます。
このことで、フェースローテーションフェースが本来よりも早くローテーションしますので、フェースが閉じた状態でボールコンタクトを迎えることとなり、左に行くということになります。

クラブMOIだけでなく、第一次MOIのことまで考えて行うのが我々JCMOのクラブMOIマッチングですから、各番手でどのくらい左に行くかを問診票に書いていただくことで、それぞれの番手に必要な重さのカウンターバランスをグリップ内に入れたクラブMOIマッチングが出来ます。






腕や肩のMOIを可変させることは我々クラフトマンに取って出来かねることですが、このようにしてカウンターバランスをグリップエンドに仕込むことで、腕や肩のMOIを増大させることが出来ます。
グリップエンドにカウンターバランスを仕込むことで、ダウンスイングでクラブが真下に落ちやすくしてやるんです。
結果、アーリーリリースが解消され、タメが出来る。
タメが出来た後に一気にクラブが回ってきますから、アーリーリリースによるクラブの先行を抑えることが出来て、左に行くことも無くなります。


こうした研究・検証も行い、活かしていくことが大切だと私たちは考えています。


IMG_8946 (3)

写真は特に意味はありませんが、欠品前に皆さんご依頼を!!

 




クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。

なお、1ヶ月も待てない!!と言うお急ぎの御客様はJCMO認定の工房へお問い合わせください。
皆さん、素晴らしい技術と知識をお持ちですし、BoseIronFactoryでMOIマッチングしてもキチンとデータの共有などもできますから安心してくださいね(^^