IMG_8972
HAYABUSAの特徴であるソールの研磨。
物理的に抵抗ということを考えた末のソールです。


IMG_8970
この角度から見ると、ソール全体が丸くなっているのがわかるとおMOIます。
これは、どのようなライであってもソールの設置が面や線ではなく、点になることを意味します。
接地する部分が多ければ多いほど、設置部分には抵抗が生まれ、ヌケは悪くなります。

ソールが広いから滑ると言うことではなく、ソールの設置部分を最小限にすることでヌケを良くした、発送の転換。

更にはリーディングエッジも”エッジ”というような尖った形では無く、丸くすることでチャックリをなくしています。
この丸さのおかげで左足上がりのライで鋭角なダウンブローでクラブを入れてもチャックリすることはありません。

ひとつだけこのウェッジの弱点をあげるのであれば、それは練習場などの硬い地面でのクラブの座りが悪いこと。
ですが、ご安心ください。
練習場や店舗でラウンドする方はいらっしゃいませんし、実際の芝の上では座りが悪いと言うことはありませんので・・・。



IMG_8975

写真のHAYABUSAはメッキをかけた撮影用です。

HAYABUSAノーマルバージョンでも、ロフト・ライをファルコンまつばらが0.5度単位でカスタマイズした後、最終研磨とバフがけをした後にメッキにかけます。
その為ロフト・ライの調整痕も綺麗になってから組み上げますので、おひとりおひとりに最善の形にカスタマイズされての組み上げとなります。


HAYABUSA LimitedForgedは特殊なフェースミーリングのため、もう少しお時間を頂きますが、ノーマルバージョンのHAYABUSAはこちらから求め頂けます(^^







クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。お