バターナイフというワードで検索をかけると、こうした画像のバターを切ってパンにつけるナイフが出てくると思いますし、一般的にバターナイフといえばもちろんこのバターナイフですよね(^^

バターナイフ

でも、ゴルフの世界ではJCM-01Bladeのようなトップラインが極薄でロフトも立ったアイアンのことをバターナイフということもあります(^^

image
これがマッスルバックでトップラインも薄い一般的なアイアン(3番)。

2017-05-11-00-50-55
こちらがJCM-01Bladeの超極薄トップライン(1番)←ファルコン使用の実物です。

JCM-01Bladeはグースもありませんし、トップラインは極薄で、バックフェースもオーソドックスなマッスル形状と、一見して「こんなの打てるはず無いっ!!」と思われると思います。
ファルコン使用のこのJCM-01BladeはシャフトもDG-PROのX(あえてシャフトラベルを貼っていません)ですから打てるはず無いとおおMOIになるのも無理はありません(^^;;


2017-05-11-00-51-30
 
でも、この1番アイアン、クラブMOI的には2630kg-c㎡合わせなのです。

image
ね?
我ながらいい感じで0.1足りませんけど(笑)←分解能がありますから、完璧といえますが・・・(笑)



岩崎くんMOI


2630kg-c㎡ということは、岩崎プロのDG-S200の8番アイアンとほぼ同じですから、ほとんどの方が打ちこなせる1番アイアンということになりますね。



JCMシリーズでしたら、1番アイアンでも、マッスルバックでも、こんなに薄いトップラインでも、変に意識しない限り打てるアイアンになります(^^



皆さんも、バターナイフ使いこなしてみませんか?






クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから2~3週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
おかげさまで大変ご好評を頂いており、BoseIronFactoryでは現在約1ヶ月待ちの状況です。
ご迷惑をおかけしており、申し訳なく思っております。

お急ぎの方はBoseIronFactory以外のJCMO認定店へ!!←以前BoseIronFactoryでMOIマッチングされた方はデータや処方の提供もいたしますのでご安心ください。