ウェッジの歯って、皆さん使いますか?

使うと言う方はそれほど多くないのではと思います。

私自身もほぼ使いませんし、使い方で考えられるのは・・・

グリーンエッジでウェッジの歯を赤道にチョコンと当てて転がす位でしょうか。
(普通はパターを使いますけどね・・・)



使うか使わないかは、さておき、皆さんはウェッジの歯ってどのような機能を持っているとお考えでしょうか?


私は考えても考えても機能的なメリットは思い浮かびません。←バカなだけとも言います(笑)



逆に、ウェッジの歯のデメリットに関してはすぐに思い浮かびます。


一番のデメリットは、ウェッジの歯が引っかかってザックリやチャックリすることではないでしょうか?


まずザックリやチャックリのメカニズムを考えていきます。



ウェッジの使い方を考えていくと、ロフトなりの最大飛距離で打つことももちろんですが、それ以上に多いのがグリーン周りでのアプローチです。

アプローチウェッジと言うくらいですから、アプローチが主たる使用方法となってきます。


そのアプローチでザックリやチャックリをする訳ですが、ウェッジがグリーン周りで使うことが多いということを考えると、歯は不要とも思えるのです。

砲台グリーンになっているコースはあってもグリーン全体が凹地になっているコースは見たことがありません。


このようにグリーンに向かってアプローチをする時、グリーン手前でもグリーン奥でも、ほぼ100%の確率で左足上がりのライとなります。

左足上がりのライで普通にクラブを振ると、余程のすくい打ちをしない限りはウェッジの歯は地面に刺さる方向でスイング軌道を描きます。

グリーンキーパー見習いをしていて分かったことなのですが、芝の殆どは上から下に向かって芝目が来るので、芝目にも逆らう形。
更に言うと、グリーン周りのライを作る時やグリーンの改修を行う時、修繕する時は土を相当に叩いて圧をかけます。そうしないと上から下に向かって土が流れたりします。

また、グリーン周りはゴルファーが最も多く歩く部分ですので、そうした意味でも圧迫される事となります。


ですので通常の歯のあるウェッジの場合、まず、芝目に引っかかって減速し、更には芝の下の、フェアウェイよりはるかに硬い地面に引っかかってザックリやチャックリすることとなります。



ただでさえ左足上がりのライなのに芝目も地面もスイング軌道に対しては逆目の事が多いのですから、歯を入れる打ち方をするとザックリやチャックリが出る可能性は非常に高くなる訳です。

そうした面からJCMシリーズやZESTAIM Fi-0CB LimitedForgedのようにリーディンエッジの下を削る研磨もありますが、グリーン周りから使うウェッジではロフトが寝ているぶん更に削ってやる必要が出てきます。



IMG_9095
そうして生まれたのが、HAYABUSAのたまご型ソール。

玉子

玉子半分



たまごを半分に切った形にすることで、チャックリやザックリすることがほとんど無くなっています。




たまご型にしたのは実はもう一つ理由があります。

その理由は・・・。

次回に書きますので、ブログのチェックを欠かさぬよう、お願いいたしますね(^^




ちなみに・・・。
HAYABUSAノーマルVer. HAYABUSALimitedForged共に初回入荷分はご予約で完売(LimitedForgedはまだ初回分も入ってきていませんが・・・)しております。
2回目以降の製造を急いでおりますが、こうした特殊な研磨が必要になってくる新発想のウェッジですので、上がってくるまでに相応の時間がかかります。
ご予約は承っておりますが、お時間は頂戴いたしますのでご了承くださいm(_ _)m