もう10年以上前になる昔のことですが、大阪のバイク仲間の結婚式に同じバイクで駆けつけようとして、その道中に大事故を起こしてしまったことがあります。

いまだにその時に怪我をしたところが痛むこともあるくらいの生死に関わるような大事故でした。

一人で行ったのですが、関西のバイク仲間にいろいろと助けてもらって、バイクの引取り等々本当に助かりました。


その時の恩返しは全然出来ていませんが、今日、ほんの少しだけ出来たのかもしれません(^^;;


今回はゴルフではなく、そんなお話です(^^;;


いつものようにMOIマッチングや新規組み上げのクラブを車に積んで町中のヤマト便に出しに行ったのが15:30分位。工房を出るときには雨が降り出していました。

荷物を出した帰りに町にひとつのセブン-イレブンに行こうとした時です。

踏切を渡ろうとした所、踏切で渋滞(と言っても2~3台)・・・。


「あれぇ?お盆だから渋滞してるのかな?」と思って踏切の先を見ると、ビッグスクーターが倒れていました。
「あ~、雨で滑って自爆かぁ・・・。ライダーは立っているから大丈夫そうだけど・・・」

おせっかいな私はハザードを出して車を左に寄せ、車からライダーとバイクの元へ。


「大丈夫?・・・じゃなさそうだねぇ(^^;;
救急車は呼んだの?あぁ、呼んだのね、じゃぁ、バイクを歩道に寄せるよ~~」

と、最初はそれだけで帰って仕事しようと思ったのですが・・・。

救急車が来て、パトカーも来る頃には雨も強くなってくるし、事故ったライダーは骨折してるっぽい。


「む~~~。とりあえず、これ俺の名刺ね。これじゃバイクに乗れないだろうから、ウチでバイク預かってもいいよ。大型二輪免許も持っているし、雨風の当たらない倉庫に運んで置いといてもいいから、困ったら電話ちょうだいね。事故で興奮して良く分かんないだろうから、病院行って落ち着いてからでいいから(^^;;」

2017-08-13-16-13-10
奥の車が止まっているあたりが踏切です。




ということで、事故現場を後にしてセブン-イレブンでゴルフトゥデイ(皆さん、アンケートよろしくです!!)を仕入れた後に一旦工房に戻って仕事していると、知らない電話番号から電話が・・・。


事故った彼:「先程はありがとうございました。ここ(摩周厚生病院)では簡単な処置しか出来ないということで釧路の病院へ転院になるようです。で、バイクに着替えとか載せたままなのでご迷惑おかけしますが取ってきて頂けると助かるのですが・・・」

ファルコン:「いーよー(^^;;じゃぁ一旦病院に行って鍵預かってケースごと持ってくるね。」

事故った彼:「ALTUS!!助かります!!」

ファルコン:「なんもなんも~~~~!!」←北海道弁で全然大丈夫の意。


車に乗ってそそくさと病院へ・・・(工房から5~6分)

ファルコン:「大変だったね~~~。鍵貸して~~~。バイクもウチで預かっておこうか?」

事故った人:「ありがとうございます~~。そうして頂けると助かります~~~。今保険に電話したところなので明日くらいに保険屋さんが引き取りに行くかもしれませんから、それまででも助かります~~」

ファルコン:「なんもなんも~~~~!!」


で、事故現場の踏切に行くと、知った顔のお巡りさんが・・・(笑)


ファルコン:「あ!!どもども~!!最初に言っておくけど俺は事故と関係ないけど、放っておけないから手伝っているだけですからね~~~。」

お巡りさん:「あはははは~~~。聞いてますよ~~。自爆ということだから来ただけです~~。でね、一応車検証と自賠責確認したいから、ファルコンさん、どこにあるか分かりますか?」

ファルコン:「俺のバイクじゃないから分かんないけど、シートの下とかに入れてないかなぁ?」

二人:「無いねぇ・・・。」

ファルコン:「じゃあ今から病院に荷物届けるからその時にご本人に聞いておきますよ。」

お巡りさん:「ありがとね~~。」



ファルコン一路病院へ・・・。


ファルコン:「ほ~い、荷物持ってきたよ~。でね、一応事故なので警察屋さんがバイクの車検証と自賠責確認させてほしいってことなんだけど、どこにあるの?」

事故った人:「あ、ここに・・・(救急車で運ばれた際に持っていったポーチの中から)」

ファルコン:「じゃぁ借りるね。バイク引き上げる時に車検証無いと叱られるしね。」

事故った人:「了解です。お手数おかけします~。」


ファルコン再び事故現場の踏切へ。


ファルコン:「は~い、お待たせしました~。車検証と自賠責ですよ~。」

お巡りさん:「ご苦労さまです。で、このバイクどうするの?」

ファルコン:「警察じゃあ動かさないでしょ?オレがウチの倉庫に預かることになりましたですよ(^^;;なので、一回工房に戻ってヘルメット取ってこなくちゃ。」

お巡りさん:「そうですか。それはそれはご親切に・・m(_ _)m でも一人だと車どうするの?」

ファルコン:「あ、近所の人拾って来て、俺はバイクで、近所の人に車を搬送してもらうようにしますよ。警察だとそこまで出来ないっしょ?」

お巡りさん:「そうそう、警察はそこまで出来ないからね・・・。じゃぁせめてファルコンさんが引き取りに来るまで待ってますよ(^^」

ファルコン:「んでは、急いで、でも交通違反はしないように戻ってくるから待っててね(^^」


ファルコンそそくさと工房に戻る。

工房に戻ると、ご近所(と言っても4キロ位離れた所)に電話して事情を説明。

ヘルメットとグローブ、ライディングジャケットを持ってご近所さん宅へ行ってピックアップした後、再度事故現場の踏切に。


ファルコン:「ではではご苦労様でした。あれ?エンジンかかんねーし・・・」

ビッグスクーター乗るのは初めてなのですが、バイクと違ってスクーターってサイドスタンド建てたままだとエンジンかかんないのですね。知らなかった・・・(笑)


なんとか無事にエンジンもかかり、濡れた路面でファルコンが転けないよう注意しながら工房へと帰ってきたのでした(^^)v


2017-08-13-19-08-32
ちゃんと倉庫に停めてありますよ(^^

まだご本人からは連絡無いですが、ちゃんと預かりますから、ご安心をです(^^




まぁ、ホントファルコンのおせっかいではありますけども、私自身が色んな人に助けられて今があるわけで・・・。

受けた恩は返せていませんが、少しは人の役に立てたのであればそれで善しですね(^^



ビッグスクーター、今まで甘くみていたけど、結構面白かったなぁ。。。
ちょっと欲しくなってきてしまいましたですよ(^^