Titleist915D3のMOIマッチングのご依頼をいただきました。

Titleist915D3の場合はヘッド後方のウェイトで調整が出来ますし、社外品でいろいろな重量のものがでていますので、今回のオーナーさんも社外ウェイトの17g若しくは14gに変更してヘッドを重くした分、バットカットでご自身の振りやすいところまでセルフMOIをされていると言う状態での入庫です。

そこまでご自身でやった上でご依頼を頂いていますから、単にウェイトの調整だけでお戻しするわけには行きませんです(笑)


オーナーの915D3での球筋なども存じ上げていますので、球筋がイマイチ安定しない原因はMOIだけでなく重心距離、重心深度にもあると思われます。


オーナーからは17gのウェイトを中心に調整して欲しいとのことでしたが、17gそのままでは深くて長い重心はそれほど動きません。

ですので、14gのウェイトを使って余った3g分の重量をジェルで調整です。

BoseIronFactoryの場合、ジェル自体もいくつもの種類を取り揃えていて、今回は通常温度では硬く、動きにくいジェルを使います。
ウェイトの穴から温めてゆるくなったジェルを3g程度入れ、ヒートガンではなくドライヤーの熱でヘッドを50度くらいになるまで温めてやります。
そうするとジェルが移動してくれるので思い通りの位置に来た頃合いを見計らって熱を加えるのを止め、ゆっくりと冷やしてあげればジェルは固くなっていい位置で固定されます。

3g程度では正直それほど変わる訳ではありませんが、このオーナーの場合は相当にセンシティブな方ですのでそれで充分なはず・・・。

2017-09-05-15-14-46


その後は狙い値になるまでバットを削って(カットではありません(笑))、グリップを挿して完了です。

明日から遅い夏休み(なのか?)を頂きますので、今日もがっつりとMOIってますよ(^^

そうそう、明日は女満別空港からのフライトなので、いつもの癖で釧路に行かないように注意しないと”行けません”ね(^^;;