あっとうてきな飛距離を売りにしているクラブは多くありますが、中でもRODDIOのFWとHYBRID UTに関しては突出した飛距離性能を誇ります。

その飛距離性能を引き出すのは、その作りの良さに他なりません。

あらゆる部分に妥協をしないそのモノ作りの姿勢はHAYABUSAの開発に於いても大いにインスパイアさせていただいた部分です。

BoseIronFactoryがウッドやUTを作らないのは、自分で作らなくてもRODDIOというメーカーが期待以上のものを作ってくれるからでもありますから。


IMG_8946 (3)
中でもRODDIOの最新ヘッド、HYBRID UTに関しては、その凄さに皆様驚かれます。

お客様からは見えないところにどれだけの技術を詰め込むか。

そんなこだわりにこだわり抜いた企業の姿勢があるからこそ、その性能に行きてくるんです。


2017-10-09-16-59-10
2017-10-09-16-59-44

高級で有名な某メーカーでもここまでの精度の加工はしていません。
しかも番手によって微妙に裏の加工を変えているんです。




2017-10-09-17-00-10
FWのTーソール。
重心深度を思い通りにするために中心の円の中心から外したところを削るなんて!!

基本お待たせしてしまうRODDIO HYBRID UTですが、2番でステラ7シャフトのものでしたら、在庫がございますので、ほとんどお待たせすること無く納品が可能です。

もちろん適正MOIにしてお届けしますので、買った瞬間からナイスショットでぶっ飛びを!!