さて、感想を頂いたのでご本人の承諾を頂いての掲載です。


今回は番手ごとに詳細なご感想を頂きましたので、ソノママでは無くファルコンの解説的なものも交えてご紹介いたしましょう。


~~~~~~~~ここから~~~~~~~~

先日はありがとうございました。
少し日が空いてしまいましたが、MOIマッチング後の感想を^^;

クラブが届いたその日にレンジで打ってきました。
ファルコンさん、いつの間に私のスイング見たんですか?(笑)

見てません!!(笑)
お会いしたこともありませんしね(笑)



9I~3I、5W~1W、SW、AW、PWの順に打ちました。
私のスイングが不安定なので散らかる場合もありましたが、
概ね以下のような感じでした。

ふむふむ。
ドキドキ・・・。


・SW、AW
なんとなく感じていた「振り難さ」が解消し、マッチング前より
格段に振り易くなりました。
球筋は、フルショットでは気持ち左に行く感じでしたが、
これは私の悪癖のせいかもしれません。
アプローチショットはほぼ真っ直ぐで纏まってました。
これはおそらく今までのスイングバランスでの感覚が残っているからだと思います。
基準番手である6番の感覚で振ることに慣れてくれば問題は解決です(^^



・PW、9I~7I
マッチング前より振り易くなりました。
以前の引っ掛かる感じは全く無く、ほぼ真っ直ぐで纏まってました。
特に以前は7Iが打ちにくく感じていましたが、違和感が全く無くなりました。
ウェッジ類に比べると基準番手に近い分、クラブMOIを合わせる量も少なくなっていますから、真っ直ぐにまとまったのだとおMOIます。
6番と7番ですとMOIマッチング前の状態で、6番が2693kg-cm2、7番が2681kg-cm2と少しMOI値が乖離しています。
7番のほうが振り心地が軽いので、軽い=振りやすいと思いがちですがそんなことはありません。シャフトだけを振ると違和感がハンパないように、軽すぎても重すぎてもいけませんから。
適正なクラブMOIはゴルファー一人ひとりによって違いますので、この方の場合は2690~2695近辺のMOI値が適正だということになり、今回は2695kg-cm2にて合わせていった形になります。


・6I
基準番手ですが、マッチング前より振り易くなった気がします。
9I~7Iからの流れが良くなったので、その様な感覚になったのかもしれません。
もしくはファルコンマジックでしょうか。

そうです!!魔法をかけたのです!!

ってことは無くて、この方の場合はその球筋の傾向からファルコン的には一次MOI(腕や身体のMOI)が不足していることが分かりました。腕や身体のMOIが不足している場合、高いクラブMOIでもフェースが返りすぎて球筋が左に行く傾向があります。腕や身体のMOIが不足しているとクラブが垂直に降りてきません。クラブが垂直に降りてこないとスイングに必要なためを充分に作ることが出来ず、アーリーリリース気味になります。
アーリーリリースになるとクラブフェースが早く戻ってくるので、フェースが閉じて当たってしまいます。
それを防止すればクラブフェースはしっかりとスクエアに戻ってきますので、球筋も安定して振りやすくなるということです。
ただし、オーナーの身体を手術するわけにはいきませんから(笑)、クラブの中で一次MOIをコントロールするのはかなりのノウハウが必要になってきます。

実際にどうやって一次MOIをコントロールしているかというと、これを加工して使っています。

image

2016-10-27-06-23-52

これ、バット部分のフタなのですが、これに上記の写真のように真鍮のオモリを圧入してカウンターバランスとして使用しています。
カウンターバランスはバットエンドに重量を持ってくることでクラブのタメに必要な、クラブを垂直に落としてきやすくする効果があります。
一般的にカウンターバランスは10gとか20gとか、皆さんかなりの重量を入れがちですが、この形であればバットエンドそのものにオモリを入れられますし、ひとつひとつ手作業で作っていきますので、2~10gくらいのオモリであれば作ることが出来ます。
一次MOIの調整用であればその程度で充分なので、必要最小限の重量で済みますし、バットエンドから出る部分も0.05~0.1インチ程度まで短くすることが出来ます。
このようなカウンターバランスを一律5gとか8gとかでは無く、番手によって細かく重量を変えていくことで、その番手ごとに最適でかつ必要最小限の重量で済むということになります。

基準クラブですので、クラブMOI自体は体感できるほどには変えていませんが、このカウンターバランスによってクラブがより振りやすくなったと言えますね(^^




・5I 
マッチング前より振り易くなりました。


・4I、3I
マッチング前から全く別のクラブになった様な感覚です。
凄く振り易いです。
しかも打てます(笑)
球筋もほぼ真っ直ぐで、高さも十分に出ていました。
ファルコンさんの言われるとおり良い感じで振り切れますが、
気持ち軽いかな~という印象も受けました。
3番4番だけ後から購入されたのでシャフトがDGではなくDG-CPTになっていますので、重量的には軽くなっていますしね(^^
リシャフトしても良かったということでしたが、今回は前との状態の違いを感じていただくためと、CPTでも問題なければわざわざシャフト代を払ってまでリシャフトする必要が無いのであえてCPTのままでMOIマッチングいたしました。
メールでもお話したとおり、再調整はいつでも何回でも工賃無償で行いますので、暫く使ってみても軽いと感じるようでしたらまたこちらにお送りください。
その際はシャフト代と送料のみで対応させていただきますので(^^



・5W
マッチング前より振り易くなりました。
球筋もほぼ真っ直ぐで纏まってました。
良かったです(^^
実はアイアンからUTだったり、アイアンからFWだったりと言うようなヘッドやシャフトが変わるMOIマッチングのMOI値を決めるのが一番大変な作業だったりします。
アイアンでしたら同じ設計のヘッドに同じシャフトですが、変わってくるとどのくらいの差をもたせるのが良いのか、未だに悩むので・・・。


・3W(VAPOR)
元々の3W(SasQuatch)とのヘッド形状の違いからか、
最初はアドレスの時からフェースが被ってしまい、
引っ掛け連発でした。
が、慣れてくるとほぼ真っ直ぐで纏まる様になりました。
とても振り易いです。
ですね。
アイアンも他のクラブも、前のスイングバランスの感覚が残っていると球筋が安定しません。
クラブMOIを下げたクラブで以前のように頑張って降ってしまうと引っ掛けになりますし、クラブMOIを上げたクラブで以前のように力を抜いて振ると右に行きますので。
他のクラブでもおっしゃっていますが、基準クラブ=得意クラブのつもりでスイングすると全部の番手でいい球が出るようにMOIマッチングしています。


・3W(SasQuatch)
これ、面白いです。
VAPORに比べると重量がかなり軽いのに、なぜか打てちゃいます(笑)
とても振り易いです。
球筋はプッシュ気味でしたが、これはVAPORとのヘッド形状の違いに
よるものかも知れません。(VAPORの後に打ちました)
面白いでしょう?(笑)
ヘッド・シャフトは違いますが、MOIを合わせてあるのでそのヘッド・そのシャフト本来の性能や性格の違いが如実に分かりますから。




・1W
マッチング前より振り易くなりました。
球筋は軽めのスライスで纏まってました。 
ヘッド・シャフトの特性なのか、私の力量のせいなのか…
良い球も出てましたので、もう少し打ち込んでみます^^; 
慣れるまで暫く使ってみても直らない場合はまたご相談ください。
再調整は何度でもいつでも工賃無償で行いますので(^^



番手別には以上です。
ありがとうございますm(_ _)m


こんな風に書くと全番手で真っ直ぐビシビシ打てたみたいですが、
実際には以前の感覚で打とうとすると全くダメで、「基準番手と同じ様に…」と
心掛けると上手く打てました。
はい。ここ大事です。
MOIマッチングは基準番手と同じ力感でスイングすることでその効果を最大限に発揮しますので。



前までは全番手で同じ様に振っているつもりでしたが、
無意識に調整してた(調整させられてた)という事が良く分かりました。
はい。ここも大事です。
レッスンや雑誌などで、「どの番手も同じように振りなさい。」言われることがあると思いますが、MOIマッチングをしていないクラブではそのことは間違いです。
同じように振ったとしてもクラブMOIという物理的な部分が違うので、同じように振っていたのでは同じ玉が出ることは物理的にありえないのです。
無意識に調整すること=「同じように振る」という意味なのかもしれませんが、クラブMOIという物理法則自体をほとんどの方は知りませんから、困ったものです(^^;;
逆にMOIマッチングしたクラブであれば全番手で同じように振ることで同じ”良い”球筋になっていきます。



クラブに対する不信感の様なものが無くなりましたので、
ミスショットの原因を特定し易くもなりそうです。
しばらくは、「マッチングされたクラブに慣れる」練習が必要ですね。
ですね(^^
スイングバランスのクラブが99.999%ですから、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。
ですが、同じように振るというゴルフをシンプルにしてくれるのがMOIマッチングですから、しっかりと慣れて頂きたいと思います。




後で気付きましたが、クラブを持ち替えた時に素振り無しで打っても
違和感がありませんでした。
あと、練習後の疲労度も軽減されたような気がします。
そうですね。
同じように振るだけで良いように作っていますので、慣れてくると全く素振りなしでラウンドされる方も多いですよ(^^
疲労の軽減はおそらく多くの番手でクラブMOIが下がったという物理的な原因と、同じように振ればいい結果が出てくる安心感から来る精神的な疲労の軽減の相乗作用だと思います(^^



実際に打つまで、効果を実感できるのか凄く不安でした。
(私にとっては安くない投資でしたし^^;  
が、そんな不安はスグに吹き飛んでました。
もっと早くお願いしておけば良かったです。
ゴルフが益々楽しくなりそうです!

ありがとうございます。
そう言ってくださるとこちらも嬉しいです。
効果を実感できない方は、「MOIマッチングなんてデタラメだ!!」って最初から疑ってかかっている方だと思います。MOIマッチング自体は物理的な見地からのチューニングですから、間違いなく本物なのですが、それでもやらないのはやっぱり私の不徳の部分でしょう。
「ファルコンなんかハゲで髭でメガネで弟子屈という秘境に逃げていったアホでしょ?そんなやつの言うことなんて嘘に決まってますがな!!」みたいな部分もあるでしょうから(^^;;

個人的にはMOIマッチング舐めんな!!って思ってますけどね(笑)


長文・乱文、失礼致しました。
MOIマッチングが更に普及し、もっと身近なものになればと思います。
日々お忙しいとは思いますが、お体ご自愛ください。
今回は本当にありがとうございました。

はい。頑張って普及させていきたいです(^^
そのためにもガンガン、じゃんじゃん、宣伝してくださいね(^^)v



今後とも、宜しくお願い致します。 
こちらこそよろしくお願いいたしますm(_ _)m
そして本当に有難うございました!!