ミズノだろうがタイトリストだろうがテーラーメイドだろうが、ホンマでもゼクシオでも他のクラブでも、ほとんどのメーカー製のゴルフクラブには異物と言われるような重量調整のための重りが入っています。

これらはバランス合わせのために入れられるのですが、工房が作った地クラブ(コンポーネントパーツのクラブ)でもこうした重りが入っていることは結構あります。

こうした重りはそれを良しとしない傾向が強く、ギア好きな人たちの間では”異物”といって嫌われます。
中には異物が嫌いなために、接着剤に鉛の粉を混ぜて接着し、接着強度を大幅に落としているようなところも・・・。


”異物”の除去を専門に行っている工房も多く、そうした工房ではバランス合わせのためにバックフェースに鉛を張って調整していますが、そもそもバランスがD1やD2でなければいけない理由が私には考えつきません。

重りを良しとしない理由は大きく分けて2つ。

ひとつは重心(距離)が変わるということ。

もうひとつはシャフトの動きを損ねるということ。

この2つの点に関して言えばどちらも正しくもあり、間違ってもいるということで今回はお茶を濁しておきますが、単にバランスを合わせるためだけに重りを入れるというのはまだまだ発展途上だなぁと言うのが正直なところです。

全体において言えることですが、細かな部分にばかりとらわれ過ぎて大きな点を見逃しているような気がします。