きれいなスイングとか、スイングプレーンとか、スイング自体にも様々な理論だったり、方法だったり、やり方がありますね(^^

いくらゴルフは物理だからインパクトの瞬間が大事だと言っても、そうしたことを否定するものでは全く無いのでご留意ください。


こうしたスイングにかかる様々な理論や方法ややり方に関して、クラブMOI的な視点で見ると、どの方法に関しても「一番効率的にヘッドのパワーをボールに伝えるか?」という点に集約されるとおMOIます。


私はクラフトマンですので、スイングがどうかと言ったことはプロではありませんから、何も言いません。

どのようなスイングであれ、最適なクラブを作るだけです。


仮にHAYABUSAのようなとてつもないクラブであっても、合わないMOIで作られたのではその性能の半分も引き出せないので。


スイング論やレッスンなどでは、いかにしてボールに効率的にエネルギーを伝えるかを教えるものだと考えています。

そしてその頂点にあるものは、エネルギー保存の法則という物理法則なんですけどね(^^;;