関東、東京23区でも低温注意報という(こちらでは聞き慣れてるけど皆さん聞きなれない)注意報が発令されました。

マイナス3~4度でももちろん水は凍りますから、水道の凍結で水が出なくなったり、水道管が破裂したりする危険があるということです。


水道の凍結防止のものはこちらではたくさん売ってますし、暖房を入れっぱなしにして台所なども温めることで対応してます。
不在時でも暖房は基本入れっぱなしですが、出張や旅行などで長期不在になるときは水道管の水抜きをするバルブで対応します←こっちでは標準装備。


そうした凍結防止作が無い地域の方に凍結防止作を!!

寝る前にほんの少しでいいので出しっぱなしにしてください。チョロチョロと出すことで水が流れますから蛇口だけでなく水道管も凍らないで済みます。


もしチョロチョロ出しを忘れて凍ってしまった場合は、焦らずぬるま湯(お風呂のお湯くらい)で解凍しましょう。
熱湯だと一気に溶けて圧力がかかりますので、破裂する可能性もあります。

ぬるま湯が用意できない場合は、ドライヤーで温めてください。
この場合ハイとローがあったらローで!!
ドライヤーでも吹き出してすぐは100度程度の熱風ですから、弱めにしてくださいね。


以上、マイナス20度になっても今季はまだ一度も凍結させていないファルコンがお送りしました!!