BoseIronFactoryのようなMOIマッチング専門店が他の工房と違う点は、他店やメーカーで組まれたクラブの調整が圧倒的に多い(弊社の場合は売上の95%程度が他店・他社で組み上げられたクラブ)ということです。

それらはほとんどの場合バラして組み直しますから、いい仕事している場合は取り入れ、NGな仕事をしている場合は何も言わずに組み直します。


中には空き缶をシャフトとヘッドのシム(大きさや挿入角度の調整)として入れたり、
2017-06-14_22-37-53_000
2017-06-14_22-41-34_000


ガムテープ(布テープ)でグリップの太さを調整したり、


2017-11-27_22-46-36_748

ネジをカーボンシャフトのチップにねじ込んでバランス調整したりするところもあります。





やり方は人によって様々ですから、ディスるつもりはこれっぽっちもありませんが、大切なEPONの限定モデルから空き缶が出てきたらお客様はどう思うか。。。

そんなところに我々が行うべき作業の方向性が見えてくることもあるとおMOIます。