タンカー事故での日本の海が危ないというツイートや記事を見ていて思ったので書かせていただきます。

流出したのはコンデンセートという非常にナフサに近い成分の油です。
ナフサは粗製ガソリン、直留ガソリンとも呼ばれ、私達がグリップ溶剤としても使うホワイトガソリンの原料でもあります。
性質は水よりも軽く、ホワイトガソリンの原料として使われるくらいですから揮発性も高い。


ではここでアラブなどの油田からどういう石油類が出来るか簡単に説明しましょう。


石油精製図


アホ記事によるとコンデンセートのことを原油と”誤解”している記述が見られます。
そもそも”誤解”とは知識や理解力がないために誤って解釈することですので、「オメーバーカ!俺の言ってることも理解できねーのか!!このカス!!」と言っているのと一緒ですので、アホ記事を書くアホ記者には正しい表現と言えるでしょう(笑)

ここに温度の表記があるのでちょっと分かりにくくなっていますが、プロパンガスで35度というのは35度で気化するとか35度で蒸発を始めるとかではない事にご留意ください。
35度でもガスですし、気温が20度でも灯油臭いし重油も臭いです。
臭い=揮発している=蒸発した油が空気中にあって臭い。ということです。


さて、今回流出したのはほとんどがコンデンセートです。

船で運んでいてその船は重油で動いていたでしょうから、重油も少しは流出していますが。

コンデンセートはナフサに近い成分であると言いましたが、ナフサは重油→軽油→灯油→ナフサ→LPガスと言う成分の一番ガスに近いところがコンデンセートです。
ナフサは更に精製してガソリンの原料(市販のガソリンっていろんな添加物が入っています)として使われたりするので、コンデンセート自体も火を近づけたら爆発的に燃え上がる危険物です。


火を近づけたらというところが実はポイントなのですが、火を直接くっつけなくてもガソリンやナフサやコンデンセートは着火します。 これはすなわち揮発性が高い=すぐに蒸発するということなんです。


弟子屈のように冬の間は常にマイナスで時にはマイナス20度を下回るようなところで重油などはそれほど強烈には蒸発しませんが、弟子屈でもガソリンなどは思いっきり蒸発=揮発します。

ましてや東シナ海の赤道に近いところだったらどうでしょう?

流出したコンデンセートが1mmの厚み(実際にはそんなことありえません。もっと薄い被膜になります)で海の上を漂っていたとしても、表面積が大きく高い気温にさらされるため1mm程度の膜で漂っていたら1時間もしないうちに95%は揮発=蒸発します。
第一に、沈没して何時間経ってますか?という話でもあるのですが・・・。

で、すぐに蒸発するので、海鳥などが沈没して(流出して)すぐに上空を飛んでいったとしたら「んだよ~、この海域はえらくくっせーなぁ(>_<)」と思うでしょうが、海洋上という広大に開放された空間ですので、蒸発したコンデンセート自体も空気に希釈されますので、今はもう全然石油臭くはないでしょう。




ということで・・・東シナ海での事故で、海水温も高く、気温も高いので、いくら大量に流出したと言っても、海流に乗って日本に来るまでにはそのほとんどが希釈され蒸発するものと考えられます。

一方で奄美大島に漂着した黒い油上のものをさして危ないという方。

タンカーに大量に積んでいたコンデンセートの色は無色透明若しくは淡い黄色です。
でも奄美大島の浜に漂着したものは黒いです。

仮にコンデンセートが波や海流によって撹拌され、海水と混じった(実際は混ざらないので混ざったように見えたとしても)としても乳化という現象になりますので、黒くなることはありえません。
乳化するとマヨネース的な黄色になりますからね(マヨネーズも油との乳化作用であのようになる)。


その為、奄美大島に漂着した黒い油状のものはタンカーの燃料である重油だと考えるのが順当でしょう。


そしてここで最大のポイントです。文字を太字にしておきますので、皆さん目をかっぽじって見てくださいね(笑)


燃料の重油が漂着したのに積荷であるコンデンセートらしき黄色や透明のものは漂着していない。
同じ時に同じ場所で、同じタンカーから流れ出て、燃料の重油の何千倍も流出したのに漂着しないのはおかしい!! ですよね?

となるとやはり流出したコンデンセートは殆どが揮発してしまったと考えられますので、ほとんど日本の海に与える影響は無いと思われます。


タンカー事故のクソなフェイクニュースはあくまで”可能性”があると言っているだけです。

可能性の話で言えば、私が海に向かって小便しても汚染の可能性はゼロでは無い。 仮に私が海にペットボトル捨てたらコンデンセートと違って揮発=蒸発しませんから100%確実に汚染されます。

マスコミが報道しないのは限りなくゼロに近い、悪魔の証明である今回のタンカー事故を報道する必要が無いと思っているからでは無いでしょうか?



以上、でしゃばってしまいましたが、お気になされている方のご参考になればと・・・。