人間ですもの。出せる力には限りがあります。

ましてや日頃から激しいトレーニングをしていないアマチュアゴルファーだったらなおさらのことです。


極端な例ですが、150インチのドライバーを振ることをイメージしてみてください。

とてもじゃないですが、重すぎて振り遅れるイメージしか無いですよね?

そうなんです。
スライスって結局の所は振り遅れるからスライスするのであって、振り遅れることでフェースが開いて当たるということなんです。

じゃぁ軽い280gのドライバーにすれば軽いから振り切れるはず・・・。

というのは多くの人が考えてきたことですが、何故それでもアマチュアゴルファーの殆どがスライスに悩んでいるのか説明できませんし、スライスが怖くないという触れ込みのドライバーが全て超軽量という訳でもないですよね?

で、実際に280gとかの軽いドライバーでもスライスする人がたくさんいるし、逆に320gとかの重いドライバーでもスライスしない人も多い。

そうなんです。
軽ければスライスしないというわけでもないし、重ければ振り遅れるというわけでも無いんです。




こうなるともう何が原因なのかも分からなくなってきますが、ぶっちゃけ本当にメーカーの人も何が原因か分かってないんですね(笑)




私達はそれに対する明確な答えを持っています(^^

ご説明していきますね(^^


軽くてもスライスするドライバーを見ると、ほぼ間違いなく長いです。

重くてもスライスしないドライバーを見ると、ほぼ間違いなく短いんです。


詰まるところ、重さと長さの兼ね合いで振り遅れるか振り遅れないかは決まります。

重さと長さの兼ね合いがちょうどあなたに合ったドライバーがスライスしないドライバーということです。



そして重さと長さの兼ね合いを見るのには、クラブMOIという指標しかありません。


クラブMOIという指標さえ持てれば、物理的にスライスしないドライバーを作るのは難しいことではありません。

現在発売されているドライバーのクラブMOIを測ると、吊るしで売っているドライバーのほぼ全てがゴリラかプロレスラーでなければまともに振ることが出来ないほどの高クラブMOIのドライバーですから、長さを短くすることで間違いなくクラブMOIは下がりますから。




疑う方は1インチから2インチ程度短く持って打ってみてください。

スライスは収まりますし、振りやすくなるのでヘッドスピードも落ちずに飛距離も落ちませんから。



時間が出来たら、お試しMOIマッチングでドライバー1本からのMOIマッチングもしてみようかと考えています。(ヒマになるなんていつになるか分かりませんけどね)