まぁ、結論から言っちゃうと、BoseIronFactoryでMOIマッチングすればプロ支給品以上のクオリティでお渡ししてますので・・・。

おしまい。チャンチャン(^^;;



というわけにもいかないので、具体的に書いていくと・・・

実際に何が違うのかと言うと、見た目ではシリアルが入っていたり塗装やマークがちょっと違ったりということになりますね。

性能面・機能面での違いは全くありません。

では何故そうしたプロ支給品が出てくるのかというと・・・、


1.全くの市販品にシリアル付けたものを支給する場合。
ヤフオク等で売られた時にシリアルふっておけばシリアルからどこのバカが横流ししたか分かる。見つけ次第サポート中止ですが、旧製品を取り巻きにプレゼントしたら横流しされたと言い訳するのがパターンです。


2.開発途中の試作品を使ってもらう場合。
一部のトッププロ若しくは開発に協力してくれたプロのみ。これが本当のプロ支給品になりますが、ルール適合でないと意味ないので、開発が終了して量産試作になったものしか支給はせず、開発途中のものは100%回収しますので、横流しされるものは性能面では市販品と全く変わりません。


という感じですね。

声を大にして言いたいのは、
プロ支給品が特別だということは全くありません。ということ。
その部分を誤解されている方、結構多いですね(^^;;



実際に横流しされるのはヤフオクがほとんどですが、プロ支給でヤフオクを検索すると
スポーツ別(123)
ゴルフ(93)
野球(16)
テニス(11)
サッカー(3)
という結果が出てきます。

プロ支給



ゴルフが圧倒的に多いのは、プロ野球に比べてプロゴルファーの数が多いということもあるでしょうが、プロ支給という言葉に一般ゴルファーがいかに弱いかということも言えるのでは無いでしょうか?


ここまで書いても、
「いやいや、プロ支給品は実際凄いんだよ。特別なんだよ。実際にぶっ飛びだし。」

という方もいらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。
それは特別ということでも無く、凄いということでもなくて、たまたまフィットしていただけです。

プロだからドライバーのロフトは絶対に8.5度じゃなければいけないということでもなく9.5度や10.5度を使うプロもたくさんいますし、11.5度の人だって居ます。
そうしたスペックがたまたまフィットしただけですし、プロ支給というプラセボ効果もあります。



まぁ、そうしたことに未だに騙される人がいるので、市場原理としては仕方ないですけどね(^^;;