今度はHAYABUSAのご感想をアップさせていただいちゃいます。

ポイントは目立つようにしております(^^

IMG_9000



~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~

いただきましたHAYABUSAのSWを使って3月からこのGWにかけてラウンド5回してきましたのでその感想を。

 

一言、最高です!

シュッと締まってFAストレートの男前の顔立ち。

スピン掛けてねと語りかける長めのホーゼル。

構えた時に見えるその姿に私は見惚れてしまいました。

そしてなんといっても実戦に強いこと強いこと。

薄芝、雑草の中、深いラフ、締まったバンカー、ふかふかの砂丘みたいなバンカー・・・場所関係なし。

まったく引っかからず突き刺さらないし、跳ねもしない、抜群の抜け、そして気持ちいい振り心地。

文句のつけようがないですね。

実は、届いてすぐに行った打ちっ放し練習場で「なんか普通・・・」と感じていました。

それが現場でこんなに働いてくれるとは。

そのおかげか、緩んでダフッて跳ねてトップという、今までよくしていたミスが激減。

グリーン周りがなんとも楽しくなりまして、自信もって打っていけるようになりました。

いいものをいただきました。

大事にメンテして、実戦で酷使していこうと思います。

本当にありがとうございました。


~~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~

いや、マジに、ホントのところ、
実は、届いてすぐに行った打ちっ放し練習場で「なんか普通・・・」と感じていました。

それが現場でこんなに働いてくれるとは。

この部分ってホントそのものなんですよね・・・。

先日の滑るソールとの違いは練習場の硬いマットの上からでは感じにくいんです。

このあたりはMOIマッチングと多少似たところがあって、MOIマッチングが実際にご自身専用に調整されたものでなければその真価が分からないように、HAYABUSAもまた実際に芝の上などのラウンドそのものでのシチュエーションで真価を発揮します。

HAYABUSA自体の、今までに無いソール形状からかなり高価なウェッジと言えますけれども、その中に詰まっている原価や開発までの苦労や開発費を考えると一般発売用の価格でようやくほんの少し利益が出てきます。この価格だったらあと2,000セット販売してようやく少し利益が出るくらい(^^;;

もちろん原価を下げる努力もしていきますが、吊るしのウェッジを何本も買い換えるよりHAYABUSAにしてしまうほうが結局の所安上がりで効果があるかもしれませんね(^^;;


9211-2