ゴルフは止まっているボールにゴルフクラブを衝突させることで起こるエネルギー変換の法則です。

ゴルフクラブを止まっているボールに衝突させるのですから、いい球筋になる形でボールとのインパクト(衝突)を迎えさせることが出来ればOK。

いい形で衝突させることの出来るクラブを使えば、いい球筋になりますよね?


いい形でボールに衝突させることの出来るクラブというのは、いわゆる得意クラブになります。


全ての番手が得意クラブと同じように振ることが出来たら、全ての番手は得意クラブを同じようなボールとの衝突になるので、良い球筋になるのは自明。


ところが、スイングバランスというものは、番手が変わると物理的に同じように振れないように出来ています。
なので、全部の番手を同じようなインパクト(ボールとの衝突)を迎えられるように皆さんは練習をするわけです。
違うものを同じように振るための練習。

あまり意味ないのでは無いでしょうか?



スイングバランスに慣れている方をわざわざクラブMOIマッチングする必要は無いと思いますが、違うものを同じように振れるようにわざわざ練習するよりは同じ振りでより精度を高くするための練習のほうがより効果的だと思います。