夏になって北海道に来る方たちも増えてきますので、こちらでの注意事項を(^^;;

まず気候。 富良野や旭川、帯広などの内陸に近い部分は日中は暑くなりますが、日が沈むと寒くなるので長袖もあったほうが良いと思います。
暑いと言っても湿気があまりないので、日陰に入ると本土よりは十分涼しく感じます。

一方で釧路や根室の夏は涼しいです。 8月でも最高気温が17~18度、最低気温が10度前後ということもありますし、晴れていても25度以上になることはそう多くはありません。
ただし、釧路や根室などは夏の間、海霧と呼ばれる霧が多く、霧のために涼しいということもありますが・・・。

海沿いの地域は関東や関西からマイナス5~10度位の地域が多く、夜でも18~20度位かと。

弟子屈に関して言うと、朝晩は12~15度位、日中は晴れたとしても25度くらいのことが多いです。


ちなみに7月4日午後11時現在のBoseIronFactoryの外気温は10.3度。
室内気温は20度でTシャツの上にフリースを着てこれを書いています。

いろいろ持ってくるのは大変ですから、フリース1枚あると良いかと思います。



北海道に来るほとんどの皆さんの移動手段は車(一部バイクかな)でしょう。

北海道では札幌などの大都市圏を除いて渋滞はほぼありませんから、基本移動は快適と思われますが・・・。
移動距離に関してですが、都市部を除く移動であれば1時間に50~60キロ走れるとして問題ありません。
2時間で100キロ、3時間で150キロと見ておけばコンビニ休憩(こちらではセイコーマートがおすすめです)を入れても十分かと思います。



でも、せっかく楽しい旅行に来たのにスピード違反で捕まる方、やっぱり多いです。

国道などの幹線道路は制限時速60キロ、カーブが多い山道等は50キロ、そして町中(村も集落も)が40キロとなっているところが多いです。都内で見られるような30キロ規制の道は北海道ではほとんど見た記憶はありません。

流れに乗っていれば安心と思う方もいらっしゃるでしょうが、走っていると前後に車がいなくて流れが読めないところもたくさんあります。
(BoseIronFactoryの前の町道なんて国道と道道をつなぐ抜け道なのに1時間に1台も通らないときがありますから)

制限速度を超えて走るのはもちろんNGですので法定速度で走るのはもちろんですが、流れを見ていると70位で走っている車は多いですね(^^;;

ちなみに町中に入る時は要注意です。
60キロから急に40キロ制限になるので、注意していてもステルスやらネズミ取りが結構いることも多いので。


車で走る際に、スピード以外で注意してほしいのが動物です。

ヒグマはさすがに道で出くわしたことはありませんが、エゾシカ、キタキツネ、タヌキ、にゃんこ等は車で走っていてもよく道に飛び出してきます。

場所によっては24時間いつでも出てきますが、轢いたらやばい筆頭はやはりエゾシカでしょう。
エゾシカは大きいものだと150キロ位になるみたいで、エゾシカも車もお亡くなりになる確率が高いので、轢いちゃダメです。

エゾシカは大都市の都市部以外ならどこでも居ます。
弟子屈くらいの小さな町になると町中にも迷い込んで出てくる時もありますから。

(今こうして書いている間にもエゾシカがウチの敷地内でせっかく撒いたケンタッキーブルーグラスはみはみしてます。多分。)

エゾシカ


エゾシカの出没時間帯は朝(夜明けちょい前~朝8時位)と夕方(16時位~20時位)が多く、山道はもちろんですが、市街地の終わり部分(民家がポツンポツン)にも出ますから、注意が必要です。

そしてこの時期は牧草の一番草を刈って、新芽が出てくる時期なので、その新芽を食べに森から退去して来ることも多いです。
見晴らしのいい牧草地を通る時も注意が必要。

鹿って奴は馬鹿と書くようにあまりアタマはよろしくありません。
(馬はおりこうですけどね)

なので、一気に走って逃げれば良いものを、道路の真ん中で「え?俺轢かれるの?死んじゃうの?」といった表情で固まります。

固まるのでそのままズドーンと轢いてしまうことも多いので、すぐにブレーキかけられるようにしておきましょう&気持ち中央に寄って走ると回避スペースが気持ち広くなりますので、出てきそうなところは中央線に少し寄って走るのも良いかと(基本はキープレフトですが)。



さて、その次に轢きたくないのがキタキツネやにゃんこやタヌキ。

この中で一番多いのはキタキツネです。
特に今の時期はコギツネが親から離れて独り立ちする時期ですので、車や人に免疫のないコギツネなどは結構車道に出てくることが多いです。

人馴れしているのは餌をもらいに自分から近づいてきますが、そういうキタキツネは数日後その場所で車に轢かれて死んでいることがほとんどです。
スピード落として止まってくれて餌をくれる車ばかりじゃありませんから。

そうしたキツネは車に轢かれずに生き残っても、冬の間は餌をもらえないので確実に死にます。
ゴルフ場にいるキタキツネなども自分で餌を取ることを止めた時点でもう翌年に生きて会えることはないのです。

観光で北海道にいらっしゃる皆さん、キタキツネは可愛いですが多くの場合エキノコックスという病気を持っていますし、皆さんが餌を与えることで車を怖がらなくなり轢かれたり、冬を越せなかったりしますので、餌やりはお止めください。


長くなりましたが、もう一点車に関すること。
暗くなってからの長距離移動はできる限り止めましょう。
エゾシカ、キタキツネ、タヌキににゃんこはもちろんですが、確実に殺戮してしまうのが大量の虫です。

峠道でも走ろうものなら、バチバチバチバチと、ゲリラ豪雨の中を走るくらいの勢いで車にあたってきます。
中には体長10cmを超えるような大きな蛾も居ますから、決して気持ちのいいものではありません。

(精神的に病んでいて「殺してやるぅ~~~!!」というような方には夜の長距離ドライブをお薦めしますが・・・)


そうそう、虫で思い出しましたが、7月後半からお盆明けまでの期間は、アブにも注意です。

特に牧草地帯などにはもう勘弁してくれ!!というくらいのアブが居ます。
(主に牛を刺して血を吸って卵を生むようですが、牛よりも人間の血のほうが美味しいらしく、これでもか!!ってくらい来ます)

アブは温度に反応して寄ってきますので、エンジンの熱に反応して車にたかります。

車を止めた瞬間から何十匹何百匹のアブが車にたかってきて、エンジンが冷えるまでの間いなくならないので、エンジンが冷えるまで車の外に出ないか、逆にすぐに出てサッと室内に避難するのがよろしいかと。

ちなみにこちらでアブ避けとして必須なのがハッカ油。
ハッカ油を来ている服や首筋にちょんとスプレーしておくとアブは匂いが消えるまでは近づきませんのでお試しを。
ハッカ油でどの空港でも売っているのが北見ハッカ商会の10ml1,080円のスプレー。ちょっと高いですが、お二人で1週間程度の旅行なら十分な容量です。
(ちなみにBoseIronFactoryでは違うメーカーの大容量のモノを常備して結構大量につかっています)


またこの他に何かご質問があれば、コメントいただければお答えしますので・・・。