FullSizeRender


よく考えたら凄いことなのですが、この写真の中でTN-87プロトタイプを除き、全て日本国内で新品で入手できる1番アイアンです。
そしてTN-87を除いて全て私が作ったアイアンです。

そうそう、あともうひとつ新品で入手できる1番アイアンがあります。
ジオテックのプロトタイプJF-10です。


JF-10
今手元に無いので写真は7番アイアンですが・・・。

ちなみにこのJF-10の1番2番も私、ファルコンが監修して作っています。



マスダゴルフの増田雄二さんがファストマッスルの1番アイアンを受注生産でお作りになっていますが、マスダゴルフさんもBoseIronFactoryではお取り扱いさせていただいておりますので、ファストマッスルも含めて全部BoseIronFactoryで組上げられるということになりますね(^^


自分で言うのも恐縮ですが、ロングアイアンにかけては日本一の品揃えは間違いないでしょう(^^
(0番アイアンも零式、JCM-03Div.0と2種類のラインアップがありますし、更に上を行くロフト8度のL.D.I.もありますから・・・)


2番アイアンも含めるとJCM-02の中空マッスルもありますから、改めて考えるとBoseIronFactoryってとんでもない工房なのかもしれません(^^;;



ドライビングアイアンの市場ってゴルファー全体を見たら、無視してもいいくらいの超極小な市場なのは間違いないでしょうし、BoseIronFactoryの中でもドライビングアイアンって売り上げの比率は高くありません。
ですがドライビングアイアンを欲しい人ってまだ完全に0になった訳でも無いんです。

「ロングアイアンは難しい・ロングアイアンなんて打てるはずも無い」って言われて長いですが、クラブMOIマッチングをすればほとんどの方は打てますし、私自身、見栄だけで打てない飾りになってしまうクラブは作るつもりもありませんから。

ですので、一人でも多くの方にクラブMOIマッチングの考え方を取り入れたドライビングアイアンなら打てるんですよ!!って分かっていただくためにもBoseIronFactoryは存続する限りドライビングアイアンや0番アイアンを作り続けます( ´ ▽ ` )ノ


皆さん覚悟しておいてくださいね~(笑)