HAYABUSA Ironの最終試作の記事をお読みになった方から既に予約したいとの有り難いメールなどを頂いております。

HAYABUSAウェッジの時もそうだったのですが、まだ製品版の完成もしておらず、価格も正式な発売日も決まっていないにも関らずそうしたお話しをいただくということは、本当に感謝ですし、感激です(^^

HAYABUSA Ironに関しての詳細は出来る限り早く詰めていきますので、決まり次第随時お知らせしてまいります。
また、HAYABUSA Ironの設計思想や製品の特徴などに関しても随時お話ししてまいりますので、もう少しお待ち下さいm(_ _)m


さて、ある意味HAYABUSA Ironよりも凄い新製品のご案内です。

今まで、弊社では零式、零式キャビティ(JCM-03Div.0)の1種類の0番アイアンを製造してまいりましたが、今回新たにもう1種類の0番アイアンを作りました。

ベースとなるのはブレード(マッスルバック)でありながら、フェースも大きく重心も低いことからミスに強いブレードアイアンのJCM-01Bladeです。


IMG_3502
FOR CLUB MOIの文字が眩しいぜ!!(^^)v


零式では難しいけれど、零式キャビティでは他のアイアンとの流れがイマイチと言う方に向けての製品で、難しそうな見た目からは想像できない優しさを秘めたモデルとなっています。

他のメーカーさんには0番が無いので直接の比較は出来ませんが、国内外で圧倒的な人気を誇る有名鍛造ヘッドメーカーで一番売れているキャビティモデルの7番とJCM-01Bladeの7番を比較したことがあります。
結果、重心高もフェース面積(フェース長やフェース高)もほぼ同じでしたから、いかにJCM-01Bladeの基本設計が良く出来ているかがお分かりになると思います。


1番まででしたら通常のアイアンの流れでアイアン用シャフトを挿すべきだと考えていますが、0番アイアンに関しては特にウッドが苦手なアイアンマンに向けたモデルとなりますので、飛距離に特化することが必要と考えています。
そのためこの0番アイアンも零式や零式キャビティと同じく、ウッド用カーボンシャフトをそのまま挿せるように、8.5mmでホーゼル穴をあけています。
(オプションにはなりますがアイアン用スチールシャフトを挿したいという方向けにアイアンシャフト用にチップ径を拡大することも出来ます)

ウッド用カーボンシャフトを挿すことで、カーボンならではの飛距離も出ますし、スチールより軽く長くすることが出来ますので、クラブMOIもそれほど高くなることなく長さも稼げます。
ヘッド重量的にも零式や零式キャビティと同程度での設計とすることで、当たり負けすること無く42.5インチ程度の長さになります。

気になる価格ですが、零式よりはお安く、零式キャビティよりは高くなる価格となります。
販売開始は詳細が決定し次第開始しますので、もう少々お待ち下さいませ。


これで0番アイアンのラインアップは3種類となりますので、ロングアイアンにかけては世界一のラインアップになりますね(^^