IMG_3874

IMG_3857
IMG_3859
IMG_3856
IMG_3861
IMG_3860


IMG_3862

一番上の写真が一番わかり易いかと思うのですが、今BoseIronFactoryの試打スペースではものすごいバンカーを製作中です。

現状でも深さは2メートル以上あり、グリーンの一番高い所との落差は2.5~2.8メートル位になる予定ですが、実は凄いのは深さだけでは無いんです。

難しいバンカーの代名詞といえばポットバンカーや日本ではアリソンバンカーなどが有名ですが、BoseIronFactoryのファルコンバンカー(仮称)は直角にそびえ立った壁が一番のポイントです。

第二のポイントは2段グリーンならぬ、2段バンカーという点です。
深いところは2メートル以上で、浅いところでも1メートル程度の深さで作っています。


また、バンカー横のグリーンは深いバンカーにめがけて急激な傾斜としていますので、なんとかグリーンに乗ったという程度でしたらほぼ確実にバンカーに吸い込まれることになるという・・・。
まさに地獄のバンカーを作っています。

バンカーの壁ですが、90度の垂直の壁ですから砂は張り付きませんし、そのままにしておくと壁の土が雨のたびにどんどん崩れてきてしまいますから、何らかの対策を講じなければなりません。

方法としては、ポットバンカーでよく見るソッドウォールと呼ばれる芝をレンガのように積み上げて壁を作る方法、枕木などを縦に立てかけて土留めとする方法、そして芝を貼り付けて行く方法の3つが主流なのですが、なにぶん垂直の壁ですから、芝は落ちてきてしまいますし、ソッドウォールにしても垂直の壁をソッドウォールにしているところはほぼありません。

やはりここは枕木で半ば強引に止めるしかなさそうなのですが、


枕木って高いんですよ・・・。


そこで考えたのが、土留め用の板。
土留め用の板だったら防腐剤が注入されていて、10年程度の耐用年数がありますし、最初のウチは枕木のような味こそそれほどは無いものの使っているうちにある程度の味も出てきます。

そして厚みこそは枕木に比べるとありませんが、長さ2メートルで幅が210mmとか240mmとかもあるので枕木に比べると圧倒的に安く済みますから(^^;;

問題は2メートルだと少し足りない事なのですが、隣町の標茶町の材木屋さんが販売している土留め用の板がいい感じなので3メートルとか3.6メートルとかのサイズで譲ってくれないかを聞いてみようと思います(^^


HAYABUSA Ironやボールピッカー、そして聖地の整地などなどたくさんやることが多くてほとんど寝る時間も取れませんが、今を逃すと全てが遅れていくのでここが頑張りどころですね(^^


メールのお返事等々が遅れがちですが、何卒お許しくださいませm(_ _)m