アイアンの重量フローは7gピッチじゃないといけないというのは、スイングバランスを合わせやすいと言うだけの理由なんです。

そこで精度がどうとか言っても、クラブMOIマッチングはもっともっと上のレベルにいるので、ぶっちゃけどうでもいいんです。

本当に申し訳ありませんm(_ _)m


実際にMOIマッチングする場合、一般的に精度が高いと言われている0.5gどころかプラマイ0.05gで最後の加工をしてから組み上げます。
(実際にどのような重量フローとするかはMOIマッチングのキモの部分ですのでお知らせすることはしておりません→その重量フロー(だけ)で簡単にできると思われると結局はお客様に迷惑をかけることになりますので)

それでも0.1gも違えばMOIマッチングにとっては大きな違いですから、シャフトの公差や長さの0.1mm単位での調整と合わせ技にして最終的にMOI値を合わせていきます。

ヘッド単体の状態でも10倍の精度までにして、更にはシャフト重量公差や長さまでも本当に細かな調整をした上でMOIマッチング組み上げをするので、一般的な工房さんでの組み上げに比べて恐ろしいほどの手間と時間をかけています。