クラブの試打やシャフトの試打で好結果が出たからと言って安心してはいけません。
同じヘッド、同じシャフトで組み上げても、クラブMOIまでは同じにはなりません。

試打で良くても実際に打ってみると「あれ?なんか違う」ということはいくらでも起こります(^^;;

Ver.2015-2WebShop
Ver.2015-1WebShop


例えば零式の場合ですが、ヘッド重量はプラマイ0.05g(0.1gの誤差)まで落とし込み組み上げをしますが、同じシャフトで同じグリップ、同じ長さ(42.5インチ)でもクラブMOIの公差はプラスマイナス20kg-c㎡程度は普通に出ます。

プラマイ1~2gのドライバーヘッドなどをMOIらずにそのまま組み上げるとMOI値でプラマイ40kg-c㎡程度は出てきますから、別物と言っても良いかとおMOIます。

みなさんも「ヘッドもシャフトもグリップも同じで組んだのになんか違うんだよなぁ・・・」ということはよくあると思いますが、その事を「ご自身のスイングが悪いから」だとか、「試打の時は体調が良かったけれど今日は疲れてるのかなぁ」とかMOIとは違う理由をつけていないでしょうか?

特にスイングバランスだけを合わせる事をすると、ホーゼル内に鉛を入れたらグリップを重くするということでいくらでも調整出来てしまいます。

かりにそうやってスイングバランスを試打クラブと同じにしたとすると、(MOI以外の)スペックは同じでも全く違うクラブになります。


購入したショップでも「試打クラブと全く同じスペックですから」と説明せざるを得ないでしょうから、「なんか違うなぁ?」と感じてもご自身が悪いから違うように感じるということになってしまう恐れもあります。


こうした事はとても残念ではありますが、MOIマッチングがもっと普及して皆さんに知られていくにつれて少なくなっていくと思っていますから、もっともっと頑張って普及させていかなければいけませんね(^^;;