突然ですが、勝手に今後の予定を考えてみる。


今週のファイナルQTで三木プロが20位以内に入る。

もうひとりファイナルQTに進んだ某プロも20位以内に入る。


三木プロも某プロも来シーズンの試合までしっかりと練習してシーズンに備える。
(三木プロは来シーズンまでにHAYABUSA Ironを打ち込んでHAYABUSA Ironに慣れる)

来シーズンのレギュラーツアーが開幕する。

最初はなかなか厳しいだろうけど、合うコースの時にはかなりいいところまで進む。

蝶ネクタイのプロという事で、少しづつ注目され始める。

少しづつレギュラーツアーにも慣れて予選通過も増え、上位に食い込んでくる。


蝶ネクタイだけでなく、「何だこのバックフェースが窪んだアイアンは?」というところにも注目され始める。

上位に食い込んでくる事も増え、それに伴いテレビでもHAYABUSA Ironが映るようになる。

後半戦の出場権も取れちゃうと共に賞金ランキングでも50位台に食い込んでくる。

更にテレビで映されることが増えてきて、ゴルフ雑誌やWeb媒体などにも出るようになる。

優勝しちゃう。
(三木プロTVのチャンネル登録者が10万人を超える)

雑誌やWeb媒体のインタビューでMOIマッチングとHAYABUSAシリーズの事を少し話す。


HAYABUSAやMOIマッチングの問い合わせが増えて、生産と組み上げ、MOIマッチングが追いつかなくなる。

次のシード権が取れる。


三木プロも幸せ(^^

三木プロのご家族やサポートしている人たちも幸せ(^^

私たちも幸せ(^^

今ここを読んでくださっている皆さんも先見の明があることと、MOIマッチングやHAYABUSAシリーズをいち早く入手していること、MOIマッチングしていることで友人知人に自慢できるので悪いことはありません(^^


シード落ちちゃったプロやその関係者は幸せじゃないですが、MOIマッチングやHAYABUSAの事を知る機会になったという点では、その後のプロ生活もいい方向に進む可能性が高くなるので相対的に見れば悪いことでは無いでしょう(^^;;

クラブメーカーもMOIマッチングを知って、取り入れる機会を持つことに繋がりますので、今後いい方向に進む可能性が大きくなるので相対的に見れば悪いことでは無いでしょう(^^;;
(MOIマッチングの商標使用も非独占でなら使用OKですしね)



IMG_2525 (2)
IMG_2516 (2)
IMG_4470


まぁ、でも私にいろいろと意地悪や嫌がらせをしてきた人に対しては特にこちらから何もすることはありません。
もし上記のようになったら、意地悪や嫌がらせなんてなぁ~んもしてない体を装って、すり寄ってくるでしょうけれども、そこは忘れませんから、そうなっても何もしません(笑)