ボールマークを直すのは、自分自身が気持ちよくラウンドするためのものだと考えましょう(^^

え?なぜかって?

だって自分のボールマークを直さないってことは、他の人も直さなくても文句言えませんよね?

ということは、他の人のボールマークに自分のラインが引っかかってボールが蹴られても文句言え無いってことじゃないですか?


ディボットにボールがハマって打ちづらいとかバンカーが均してなくて打ちづらいと言うことも同じです。 

まず自分自身でキチンと目土をしたり、バンカーを均したりすることが、気持ち良いプレーをすることに繋がるのです(^^


「俺は客だ!!それはコース管理やキャディの仕事だろ?」と言われるかもしれませんが、皆さんがプレーする間ずっとついてまわるわけにはいきませんし、 ついて回ったら逆に迷惑じゃないですか?

それにボールマークを直したり、ディボットの目土、バンカー均しをするって実は結構楽しいんです(^^



慣れるとすぐに出来ますし、綺麗に出来ると気持ちいいんです(^^



グリーンフォーク 使い方


バンカーレーキはさすがに置いてあるもので良いと思いますが、自分専用の目土袋やグリーンフォークを持っているだけで「あ、この人は出来るゴルファーだな!!」とコースの人の見る目も変わってきますよ!!


image

綺麗なバンカーなら入ってしゃあないか!?って気分にもなれるものです(^^;;


image
グリップが付いた目土用のスコップもあるんですよ!!
(BoseIronFactoryでも近々に発売予定です)